メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

『世界の子どもたち 24 タイ マナと緑の大地』(偕成社)

2016-09-18 12:23:05 | 
『世界の子どもたち 24 タイ マナと緑の大地』(偕成社)
折原恵/写真・文 初版1988年 1442円

※2001.8~のノートよりメモを抜粋しました。
「読書感想メモリスト2」カテゴリーに追加しました。


あらすじ(ネタバレ注意

気候:6~10月は雨季 11~12月は乾季
平均気温:27度 4月が最も暑く40度!
言語:タイ語
タイ人:90%
宗教:小乗仏教
通貨:1バーツ=約6円
経済:中国の華僑が中心 貧富の差が大きい
輸出入の相手:主に日本 企業も多く入っている
農業:7割

歴史:
1C 中国のタイ族が南下
1238 スコータイ王朝を統一
17C ラマ1世が首都をバンコクにして、現在のチャクリ王朝を成立
1896 独立宣言
1932 王族専制政治→新政府タイになる



本書の主人公のマナは、小さな村にいながらきちんとした義務教育を受け、
母なるメナム川ほか多くの大自然の中で、自分たちで遊び道具を作って遊んだり、
早起きして家の手伝いをしたりして偉い!

着ているTシャツはボロボロだけど、自分で繕いも出来るし

母は、朝早く市場に果物を売りに行き、父は畑仕事 食事は両親で作っている

高床式住居で、洗い物の水を直接下に落としても、台所洗剤や漂白剤なんて使っていないから全然平気なんだ


こうしたアジアの国々を見ていると“豊かさ”について本当に考えさせられる

「ウチに余っている衣類を送ってあげたい」と思う一方で
「シャツなんかどうでも、私たちよりずっと幸せで、満足しているのかも」という複雑な心境になる

友だちが暮らす首都バンコクは、また全然違うんだろうな。


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『五番目のサリー』(早川書房) | トップ | 『ふくろうの本 図説 チベ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。