メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

『ふくろうの本 図説 チベット歴史紀行』(河出書房新社)

2016-09-18 12:24:05 | 
『ふくろうの本 図説 チベット歴史紀行』(河出書房新社)
石濱裕美子/著 永橋和雄/写真 初版1999年 1800円

※2001.8~のノートよりメモを抜粋しました。
「読書感想メモリスト2」カテゴリーに追加しました。


あらすじ(ネタバレ注意

私がパステルで何気に描いたポールのようなものは、仏教徒のシンボルの「タルポチェ」ってやつだろうか?

チベットの年代記と『王統明示鏡』は、日本の神話に近いが、それなりに歴史的事実も含まれていて面白い。

統治者がいなかったため、中国、イギリス、インドなどの支配、影響は今も続いているが、
複雑な国情にあっても、チベット仏教の厚い信仰者である
民衆の団結力、文化の高度な質と美しさは誰も冒せなかった

数多い興味深い逸話も、読んだ日が経ってしまって記憶が薄いのが残念


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『世界の子どもたち 24 ... | トップ | 角川映画の40年@東京国立近... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。