愛犬ハルと家族のほのぼの日記(夕焼けこみち)

いつも優しい空気の中にいれたらいいな。

雨上がりの公園 1119

2016-12-07 14:13:27 | 猫のこと
朝から本降りの雨で、朝は公園に行きませんでした。
お昼前には雨が止んで陽が差してきたので、
急いでご飯を持って公園へ行きました。

枯れ葉に埋め尽くされた公園に姿を現したのは、

ボス、黒松、黒助さんの3匹だけでした。




ご飯の後のボス、気持ちよさそうに伸び~。

黒松さんはそこでトイレするのかな?

その後傍にやってきて甘えてスリスリ
背中が濡れていなかったので、ちゃんと雨宿りしていたんだね。
よかった。

そこへボスも甘えたそうにやってきて、喧嘩しそうになりました。

喧嘩しないでね、カメラをしまって2匹を撫でなで
その後は、仲良く食後のグルーミングタイム

50分くらい公園にいましたが、
他の猫ちゃん達は姿を現しませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕方散歩 1118

2016-12-07 14:00:53 | 猫と犬
猫は夜行性なので、昼間はおやすみタイム。
14時頃、少し早いお散歩に出ようと下に降りてくると
茶トも白玉さんもハウスに入っていました。





いいお天気の中、のんびり少し遠くまでお散歩へ。

ここの柿も美味しいんだね、残り1つ。

坂道を上がった高台からの風景

陽射しが強くてハルは眩しそうにしていました。

この辺りは菊の花が沢山植えられていて、
見頃を迎えてとても綺麗でした。



















仲良く並ぶ柿の実

穏やかで気持ちの良い午後でした。

家に帰ると白玉さんが、遊ぼうとハルを誘っていました。







部屋の前まで着いてきて、
お尻を嗅がれたらビックリして逃げ出しました。

でもまた戻ってきて、甘えていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公園猫ちゃんと敷地猫 1118

2016-12-07 13:51:45 | 猫のこと
公園へ行くと、いつものメンバーが勢ぞろい
喧嘩をしないよう沢山器を用意してご飯どうぞ。

茶々は少し離れたところでご飯タイム。

黒タンも皆の傍で一緒にご飯を食べていて
この日も食欲がありよかった~と思って見ていました。

ボスはこの日もくしゃみをしていたので、
チュールに薬をまぜて飲ませました。



家に帰ると、ハウスに入っていた茶トが鳴きながら出てきました。

白グレコがご飯中だったんだけど、
茶トが出てきたら食べるのをやめ後ろずさり

ここでは茶トが一番権力が強いんだね。
白グレコさん、すでにどこかに逃げていませんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕方散歩 1117

2016-12-07 12:07:08 | 日記
ハルおじさん、日中は寝てばかりいます。
9/5日に12歳を迎えたのですが、
やはり年をとってきたな~と日々感じます。

15時からお散歩へ。
近くの公園はちょうど紅葉が見頃を迎えとても綺麗でした。





のんびり50分くらいお散歩を楽しみました。





家に帰ると白玉さんと茶トが車の下で待っていました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

敷地の猫ちゃん 1117

2016-12-07 12:02:04 | 猫のこと
家に帰ってくると、
敷地内の猫ちゃんもこの日は甘えたモード

白グレコさん、自転車を止めたそばからスリスリ

どうしたの?撫でてもらいたいのかな?
よしよし、いい子いい子

そこへ白玉さんもやってきて、
手の届かない目の前でコロリン



もう怖くないでしょ。
そろそろ近くにおいで~。

茶トさんは珍しく、どこかにお出かけ中でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公園猫ちゃん 1117

2016-12-07 11:57:04 | 猫のこと
6時のお月様。

入れ物を掃除している間、皆傍に集まってきて静かに待っています。

白黒と黒松さんが甘えてスリスリ

ご飯どうぞ。



黒タンはいつもカリカリを沢山こぼすので
この日から大きな器に替えました。

食欲はとてもあったけど、

なんとなく気になって暫く見ていました。

ご飯を完食した茶々、
傍に甘えにやってきました。

今日はどうしたの?甘えたいのかな?
いい子いい子。

続いてボスもやってきて甘えてスリスリ



くしゃみをしていて食欲があまりなかったので、
チュールに薬を混ぜてあげました。

そこへ白グレさんがやってきたので、ご飯どうぞ。


色んな方に、ここの猫は皆太りすぎだ~と言われますが、
お腹一杯食べてまるまる太ってくれて、
皆少しは幸せと思ってくれているかな?と私的には嬉しく思っています。
これから厳しい冬を迎えます、少しでも脂肪をつけてこの冬を乗り切ってほしい。
シニアの猫ちゃんもいるので、今日も出てきてくれますようにと
祈りつつ公園にお世話に行く毎日です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DAIGOくんの近況 1116

2016-12-07 11:19:00 | DAIGOくん
昼からDAIGOくんの里親様のお家に遊びに行ってきました。
A様の家族になって早いものでもう7か月。
とても大事にしてもらっていて、
幸せな毎日を過ごしています。

DAIGOくん専用のお部屋があり、
寒くないよう最近コタツも買ってもらいました。
猫ちゃん用のコタツ、小さくて可愛い~。

お部屋は広くゆったいしていて日当たりも良く最高の環境。

伺った時は、気持ち良さそうに日向ぼっこしていました。

少ししてから見ると、
今度はお気に入りのハンモックの中に
幸せ一杯のDAIGOくん、只今の体重は6.9㎏。
ちょっとダイエットが必要かな。

DAIちゃん、こんにちは。

話かけながら撫でなで

毛がふわふわで触り心地がとってもいいです。

お昼ご飯を用意して下さって、楽しくお喋りしながら頂きました。

途中DAIちゃんを見ると、あれいない。
部屋に入ってみると、コタツの中で寛いでいました。

近くへ寄ると傍に来てくれて甘えてきました。

こんなに大切に可愛がってもらって、A様とのご縁に感謝だね。
DAIちゃん、A様を沢山たくさん癒してあげて恩返ししてね。

DAIちゃんの可愛い鳴き声をfacebookにアップしました。
よかったら覗いてみて下さい。  ♡(=^・^=)♡


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公園猫ちゃん 1116

2016-12-07 10:27:13 | 猫のこと
2度寝してしまい、慌てて公園へ行く準備。
出かける寸前にカーテンを開けたら、綺麗な朝焼けが広がっていました。
朝5:50分の空。

公園に着くと、すぐに皆集まってきました。


はい、ご飯どうぞ。

黒タンも手前まで出てきました。



茶々は皆の輪には入ってこないので、
いつもちょっと離れたところで、ご飯どうぞ。

あまりご飯を食べなかったボスと白黒
これなら食べれるね、パウチをどうぞ。

新たな餌入れは、掃除する事なく水が入ったまま。
もう1日様子をみる事にしてそのままにして帰ってきました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕方散歩 1115

2016-12-06 17:38:55 | 猫と犬
鼻黒ちゃんをお届けして、里親様のお家で色々話こんでしまい
家に帰ったのは14時半でした。
帰ってちょっと休憩してすぐにお散歩へ。

寂しげに鳴いていた鼻黒ちゃんの声が耳から離れず
気持ちを落ち着けながら少し長めに歩きました。

山茶花が綺麗に咲いていました。





見るからに美味しそうな柿、残り1つになっていました。

赤い実のなる木の周りには沢山の鳥



更に寒くなるんだね、いよいよ冬本番に突入するんだね。
他の電柱にも沢山の鳥が集まっていました。

途中、プリンちゃんに会っておばさんおじさんと立ち話。

鼻黒ちゃんが時々餌をもらっていた場所へ行き、
餌やりさんが心配しないよう、手紙を置いてきました。

家に帰ると茶トがお出迎え。

ご飯を入れてあげて

家に入りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鼻黒ちゃんを里子へ 1115

2016-12-06 17:26:36 | 猫のこと
最近ずっと鼻黒ちゃんの体調が心配で
どうしてあげたらいいのか?毎日悩んでいました。
鼻黒ちゃんの事を気にかけてくれている方も沢山いたのですが、
実際、飼っていただけないかと訪ねると、皆NOの返事。
他にも色んな方に声をかけて、
鼻黒ちゃんを飼って頂く事ができないか?聞いてみました。
でも返事はやはり皆NOでした。

実は、鼻黒ちゃんは白血病を患っていました。
去勢手術をする際、人懐こい鼻黒ちゃんを里子に出せたらと
血液検査をしてもらい白血病だと分かりました。
下の階に住むおじいさんが可愛がっていて、
白血病だった事を話すと、戻してくれればいいよ、
自分がずっと可愛がっていくから大丈夫と話していたのに、
引っ越しの時鼻黒ちゃんを置いていってしまいました。

仲良しだった4匹

特に黒猫ちゃんとは仲良しでしたが、
手術を目前に目の前で車にひかれて亡くなってしまいました。

その後は、このキジトラちゃんといつも一緒にいました。
でも、キジトラちゃんは連れていったのに鼻黒ちゃんは置いて行きました。

それからはマンションの敷地の外で暮らすようになりました。
何度もそっと抱っこして敷地内に連れてきましたが、
他の猫と合わず外へ戻ってしまい、
それから毎日、出会ったらご飯をあげようと
どこへ行くにも餌を持ち歩いていました。

夏頃からよだれがかなりひどくなり、
食欲がなくてふらついていたりした時期もあり、
だいぶ痩せて、この冬を越せるのか心配で悩んでいました。
自分が飼ってあげるのが一番だと分かっているけど、
現状ではそれができなくて、隠れて飼うか?引っ越しするか?
本当に悩んでいた矢先、引き受けて下さる方が現われました。
この方なら鼻黒ちゃんを大切にしてくれる、
そう思えたのでお願いする事にしました。

そして午前中に鼻黒ちゃんを捕まえに行きました。





なかなか入ってくれませんでしたが、
何度も美味しいおやつで誘導して、20分かかってようやく保護完了。

ずっと車の中で鳴いていて、切ない気持ちになりましたが、
幸せになるんだからねと話しかけて、そのお宅へ運びました。

いつも食べていたご飯等と少しだけ気持ちを持って行ったのですが、
お金は他の面倒を見ている猫ちゃんの為に使いなさいと返されました。

これから医療費が沢山かかるのを承知の上で
鼻黒ちゃんを迎えて下さった里親様には心から感謝しています。
本当にありがとうございます。

鼻黒ちゃん、具合が悪くても本当はお外で日向ぼっこしていたかったかな?
気持ち良さそうにお日様の下でお昼寝している鼻黒ちゃんを見ていたら、
なかなか決断できなくて、本当に悩みました。
鼻黒ちゃんの気持ちが聞けたらどんなによかっただろう。
悩んだ末に幸せを願って里子に出す事を決めたの、勝手にごめんね。
里親さんのお家や里親さんに慣れるまで大変かもしれないけれど、
里親さんはとても心の優しい方だから、
安心して早く心を開いて甘えさせてもらってね。
鼻黒ちゃんの幸せを心から願っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加