ペトロとカタリナの旅を重ねて

あの日、あの時、あの場所で
カタリナと歩いた街、優しい人たちとの折々の出会い・・・
それは、想い出という名の心の糧 

真っ四角な写真

2017年06月15日 | 日記/世相

 最近、真っ四角な写真が流行っているという。
 長方形、正確には縦横比4:3のL版。が主流だったが、若者を中心にスクエア・正方形で写真を撮ったり、プリントしたりする人が増えているのだそうだ。

 少し前(4/23)の朝日紙がそんなことを伝えていた。
 記事には、“ 正方形での写真投稿を標準とする写真共有SNS 「インスタグラム」の普及が原因 ” とあったように憶えている。

 今も、建築や写真などの現場で使われているらしいが、撮影直後に自動的に現像を行うポラロイドカメラ、子供の弁当箱ほどもあったが。が、下方に3cmほどの余白があったがスクエアなプリントだった。

 話がそれたが、時代に置いて行かれた酔狂、SNS 「インスタグラム」なるものがどんな代物か見当もつかないが、縦長のスマホにはL版の方がフイットすると思うのだが、はて?

 そんな疑問は解けようもないが、SNSへ投稿する際、きれいに配置しやすいのが魅力で、正方形の写真を撮影するのが流行ってンだとか。

 そのままプリントすれば、L判などの従来サイズでは余白ができてしまうため、プリンタ―のメーカーや街の写真屋さんなども、それへの対応を始めているとか。

 そう言えば、先だってアッデートしたわがPCの写真ソフト、クロップ機能のひとつにその四角が追加されていたっけ。
 尤も、最近は写真を渡す人とてなく、プリントすること自体ほとんどないんだけど。

 若い頃、お年寄りが 「長生きすればこんな珍しいものを見せて貰えて」と話すのをしばしば耳にしたものだが、ほんと、この先どんなもンを見せて貰えるのやら?
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1328

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 京都ぎらいが京都になれて ・... | トップ | ティツィアーノ 「楽師とヴィ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記/世相」カテゴリの最新記事