ペトロとカタリナの旅を重ねて

あの日、あの時、あの場所で
カタリナと歩いた街、優しい人たちとの折々の出会い・・・
それは、想い出という名の心の糧 

番外:ごぶさたしております&がんばっています!

2018年03月23日 | 日記

 

petroになりかわって娘が投稿いたします。

 

いつもpetroとうさんのブログに

あたたかいコメントをほんとうにありがとうございます。

みなさんとのつながりはpetroとうさんにとって宝物です。

 

そのpetroとうさんは3月13日の夜半に脳梗塞で救急搬送され、

現在一生懸命治療とリハビリに取り組んでおります。

 

10日経った今でも、まだまだ状態は安定しませんが、

「今週の日曜日のごミサに与るのでお洋服持ってきて?」

「来週23日のレジオは出なくっちゃ」

「車に乗ってきて?一緒に家に帰るんだ」

と、お出かけする気満載です。

 

きちんと養生して、リハビリをがんばって、

またみなさんに元気にお目にかかります。

あたらしい旅の予感もありますしね。

 

とはいえ、早くも、「ブログでお見せしたいネタで一杯だ!」だそうで・・・、

子供たちが代わりに、

もしかしてpetroとうさんがリハビリを兼ねて(!)、

記事をアップするかもしれません。

時々はのぞいてくださいね!

 

なによりみなさんからいつもいただいているあたたかいコメントが

petroとうさんには何よりの励みです!

ぜひ励ましのメッセージをよろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

 

コメント (44)

どうしようかな?

2018年03月13日 | 日記

 一気に春!って感じのお天気が続いています。
 東大寺・二月堂の修二会、お水取りのクライマックス、14日だったかな、この日は時ならぬ春の雪が舞ったリすることが多いけれど、この本行が終わると関西地方は春本番です。

 ところで、二月の連休の前の金曜でした、S神父様、ベトナム出身の若い神父様です。と担当する信徒さん宅に聖体奉持に伺う車中で、「温かくなったらベトナムに行こうよ」と誘われました。

 ほう、好いですねえ、なんて、いい加減な相槌を打っていたのですが、先週のレジオマリエ、集会後の雑談で渡された一枚の紙、5月の末に六日間の日程で、北から南と効率よく教会を訪ねる巡礼が組まれていました。

 別れ際にS神父様に「行くだろう」ってな表情でじっと見つめられ「少し、悩んでみます」と答えたのですが。

 三年前に<エルミタージュ美術館>(写真)を訪ねた折に感じたのですが、年寄りの独り旅、美術館以外は手持無沙汰で面白くありません。
 さりとて、いまだに術後後遺症を抱える身としてはパックツアーは自信がないし、ってところで、例によって<決められなくて>ウジウジしています。

 この巡礼、航空会社がスターアライアンスグループと連携しているうえに、募集人員が16名と魅力的、Cクラスが利用できるのなら行ってもいいかなと。
 迷っています、どうしたらいいでしょう? 知るか、自分で決めろ、って、ですよねえ・・・。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1533

コメント (1)

ゴッホ(6)「アイリスのある静物」

2018年03月12日 |  ∟ベネルクスの美術館

 ※ オランダ ‐ アムステルダム/ゴッホ美術館編(7)‐ ベネルクス美術館絵画名作選(28)

 孤高の画家フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890/オランダ/後期印象派)。

 耳切り事件の後、サン・レミの診療所に入所、その一室をアトリエとして借り制作していたものの、苦悩と退屈の生活から抜け出すため、90年5月、友人であり精神科医でもあったポール・ガシュのいるオーヴェル=シュル=オワーズへと出発する。

 その数週間前に描いたとされているのが「アイリスのある静物」(1890年/92×74cm)。

 ちなみに、描かれているのはダッチ・アイリス、和名では文目(あやめ)にあたるようだ。

 本作、「花瓶に入った背景が黄色のアイリス」とも呼ばれているように、鮮やかな黄を背景に、丸みを帯びた花瓶に生けられたアイリスがくっきりとした輪郭で描かれている。

 取分け青い花弁、その間から覗くこの花特有の直線的な緑の葉が、背景の黄との色彩対比を際立たせ、全体に力強さを与えている。

 ただ、本作が描かれた頃は、精神状況が危機的状況にあったらしく、弟テオに宛てた手紙の中で、“ 僕には新鮮な空気が必要だ。サン・レミいては退屈と哀しみに押しつぶされてしまう ” と窮状を訴えている。

 萎れて垂れた一束のアイリスが、そんな不安定で漠然とした恐れを表しているとされている。

 療養所を退所したゴッホ、テオの家で数日間過ごしたもののパリの喧騒を嫌い、早々とオーヴェルへと向かったという。

 彼は、「<アイリス>」(1889年/カリフォルニア‐ポール・ゲティ美術館蔵)や「<アイリスのある花瓶>」(1890年/NY‐メトロポリタン美術館蔵)など、アイリスのまた別の表情を描いている。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1532

コメント (2)

真理を行う者 ‐ 本日は安息日、です。

2018年03月11日 | 聖堂/教会/聖書

 今日は四旬節第4主日、福音朗読はヨハネ第3章で、“ 悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ないからである。しかし、真理を行う者は光の方に来る。その行いが神に導かれてなされたということが、明らかになるために ” と記しています。

 話は変わりますが、俗に “ 隠すより現る ” と言います。
 隠そうとすると目立って、かえって外へ知れやすいという意ですが、朝日のスクープ以来、政権と財務省のドタバタぶり、それを地で行く様相になってきました。

で、国税庁の佐川長官、とうとう蜥蜴の尻尾にされてしまいました。
 身から出た錆、同情にも値しませんが、彼は誰を、何を信じて、誰のために真理を行う者、だと思っていたのでしょうかねえ?

 ところで彼、辞任に際して「確定申告中にお詫びする」と発言したそうですが、その申告、先週の雨の木曜に様式を整えました。

 実は、税務署の窓口の混雑振りに捻くれ酔狂「なんで、並んで迄出さなあかんねん」と昨年から郵送することにしました。

 週明けにも郵便局に持って行こうと、封を緘(とじる)前に念のため署からの案内書に目を通しますと、“ 時間外収受箱を設けている ” とあり、「へえ、そんなのあったんや」と初めて知りました。

 それで、風は冷たかったのですが頗る好天だった昨土曜日、自転車で出かけました。
 着いてびっくり、1メートル四方もあるステンレス製の<立派な箱>がでんと置かれていました。

 箱には “TAX EATER ” と書かれている様な気がしたのですが、そんな良心的な箱を置く訳ない?「お上を揶揄っちゃ駄目よ」、でもね、市役所近くの公園、「修善寺寒桜」が青空に映えてましたが、武士(もののふ)たるもの格ありたい、と思いません佐川さんと麻生さん、もう一人いたっけ!
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1531

コメント (2)

ゴッホ美術館、を、ちょっとそれて

2018年03月10日 |  ∟ベネルクスの美術館

 ※ オランダ ‐ アムステルダム/ゴッホ美術館編(6)‐ ベネルクス美術館絵画名作選(27)

 ロンドン大学構成カレッジのひとつコートールド美術研究所。
 小さいギャラリーながらも秀作を収蔵、炎の画家と呼ばれたフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890/オランダ/後期印象派)の「耳を切った自画像」(1889年/60×49cm)もそのひとつ。

 ゴッホは、アルルでの制作活動を複数の画家に呼びかけたものの、応じてくれたのはゴーギャン(1848-1903/フランス/後期印象派・象徴主義)ただひとり。

 アトリエ兼生活場所である<黄色い家>で始まった制作活動は、あっけなくも二月で破綻する。
 ゴッホは対象を見ながら描いたのに対し、ゴーギャンは写実的表現を否定していたためだという。

 89年の12月、降誕祭を前にした夜だったという。
 芸術論で激論を交わすものの相容れず、家を出たゴーギャンを追う彼の手には剃刀があった。

 追いつくなり激情に駆られたゴッホ、剃刀で我が耳を切り落とし、娼婦ラシェルのもとへ届けるという悲劇を起してしまう。

 本作に話を戻そう、包帯が巻かれた顔は痛々しく見えるもののその表情や視線は、ゴーギャンとのあの激しい確執から解放された所為か、冷静で落ち着きを取り戻したかのようにも見える。

 しかし、懊悩は癒されることなく、本作を描いた翌年、自ら拳銃を撃ち37年の短すぎる生涯を閉じたゴッホ、耳切り事件はその序章であった。
 ちなみに、背後の壁に浮世絵が描かれてい、彼の日本の芸術に対する深い関心が窺える。
 Peter & Catherine’s Travel. Tour No.1530

 ※ 小編は、2014-11 に投稿した記事をリライト、再投稿したものです。

コメント