パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

スノーピアサー ★★★★

2014年02月08日 | アクション映画ーサ行

『母なる証明』などのポン・ジュノ監督が、フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に放つSF作。新たな氷河期が到来した地球を列車でさまよう数少ない人類の生き残りが、支配層と被支配層に分かれて車内で壮絶な戦いを繰り広げていく。『アベンジャーズ』などのクリス・エヴァンス、『JSA』などのソン・ガンホ、『フィクサー』などのティルダ・スウィントンなど、国際色あふれるキャスティングを敢行。彼らが見せる濃密なストーリー展開に加え、絶望の近未来を具現化した鮮烈なビジュアルにも目を奪われる。
あらすじ:地球温暖化を防ぐべく世界中で散布された薬品CW-7により、氷河期が引き起こされてしまった2031年の地球。生き残ったわずかな人類は1台の列車に乗り込み、深い雪に覆われた極寒の大地を行くあてもなく移動していた。車両前方で一部の富裕層が環境変化以前と変わらぬ優雅な暮らしを送る一方、後方に押し込められて奴隷のような扱いを受ける人々の怒りは爆発寸前に。そんな中、カーティス(クリス・エヴァンス)という男が立ち上がり、仲間と共に富裕層から列車を奪おうと反乱を起こす。

<感想>氷河期に突入した地球で、ただ1か所、人間が生き残る場所は、走り続ける列車だけ。そんな設定だけでショッキングな上、虐げられた最後尾に乗っている貧困層が決起し、富裕層が暮らす列車の前方へ向かって革命を起こす、超スリリングな物語で一瞬たりとも息つくヒマがありません。
ドラム缶を繋ぎ合わせて猛突進し、兵士たちを撃破したり、監獄セクションではセキュリティの達人のナムグン、ソン・ガンホを解放。クロノールというドラッグ中毒で、そのクロノールを固めて爆弾にするアイディアも最高。

扉を開けるたびに現れる兵士たち、そして黒ずくめの殺人マシン軍団。手には斧を持ち、拳銃には弾が入ってない。つまり拳銃を乱射するとガラス窓や壁に穴が開き、そこから冷気が入って来て大事になるからなのだ。
自分たちが食料として配布される黒いプロティンという食べ物。それはゴキブリを粉々にして混ぜ合わせたもの。さらには、窓のある明るい車両に子供たちの教室など、前に行くにつれだんだんと文化的になっていく。

前方車両の目を疑う風景や、それは植物園のような果物、野菜が栽培されている車両とか、魚がたくさん泳いでいる水族館みたいな車両とか、そこでは寿司職人がいて、にぎり寿司を食べさせてくれる。それに、サウナ風呂にシャワー室、バーや踊り放題のディスコクラブ、コカインや薬づけになっている富裕層の人たち。
扉を開けるたびに新たな危機が待っている。いわゆるステージクリアーものみたいな、観客は主人公たちが次の車両へのドアを開けるたびに緊張感が味わえる仕組みになっているのだ。かと思えば戦いの最中に年明けのカウントダウンが始まるってどういうこと。

要所、要所での血なまぐさいバトル、さらには濃密な人間ドラマと、あらゆる要素が絶妙にシンクロしている。
スノーピアサーを開発し、先頭車両で運転をコントロールしている、全車両を統括するウィルフォードのエド・ハリス。貫録十分で、何十年もの間地球を走り続ける列車の動力源は、原子力か?・・・先頭車両の床下に動力源があるのだが、そこには下層階級の小さい子供が働いていた。それにしても、雪崩や、雪の固まりが線路にあるのも平気で突破する列車って、線路の補修だってどうしているのだろう。

考えてみればこの列車は、戦いの場であると同時に、生活の場でもあり、そんな地上にあったすべてをぎゅっと凝縮した世界が、1台の列車内に渦巻いていることの空恐ろしさが、この緩急のリズムによってじりじりと浮かびあがってくるのだが、・・・。ラスト直前には、ある意味、生命の心理をついたとも言える、さらなる恐ろしい事実が明らかとなる。
原作がフランスのコミックということだが、残念なことに日本では未出版だそうで、救いのない悲壮感が漂う終わり方なのだが、実際には二人の生き延びた少年と少女が列車から降りて、雪山で白熊を見るという、希望が湧いてくるような終わり方になっている。

熱演や怪演を見せるのは、各国から集められた実力派キャストたち、貧乏人のリーダー格カーティスにクリス・エヴァンスが、反乱部隊の青年エドガー役には「リトル・ダンサー」の少年だったジェイミー・ベルも良かった。

そして、精神的リーダーにはジョン・ハートが、それに列車を知り尽くしている男にソン・ガンホとその娘には「グエムル~」でも娘役をしたコ・アソンが演じて、キャラが強烈で申し分ない。それに、もっともインパクトがあったのは、ウィルフォードの右腕として活躍する、メイソンを演じたティルダ・スウィントン。美女のティルダがまさかこんな姿で登場するとは、入歯を外した時には口あんぐりでした。彼女の演技の素晴らしさには恐れ入りました。
2014年劇場鑑賞作品・・・34 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MIA ミア ★★ | トップ | オンリー・ラヴァーズ・レフ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スノーピアサー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(AF) 本作のMVPはティルダ・スウィントンに決定です!(笑)
ポン・ジュノ監督『スノーピアサー(Snowpiercer)』クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、コ・アソン、ティルダ・スウィントン、ジョン・... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』『グエムル』『母なる証明』(←スゴイ!全部傑作!)のポン・ジュノ監督がフランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原
劇場鑑賞「スノーピアサー」 (日々“是”精進! ver.F)
シロクマは生きてました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402070001/ ポン・ジュノ監督作 / ソン・ガンホ、コ・アソン CMDC-10153 映画OST / 『雪国列車』SNOWPIERC...価格:1,890円(税込、送料別) ★特価...
スノーピアサー (Akira's VOICE)
その手は人のため!  
「スノーピアサー」 闇の獣 (はらやんの映画徒然草)
「グエムル 漢江の怪物」「母なる証明」のポン・ジュノの最新作です。 クリス・エヴ
スノーピアサー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Snowpiercer監督:ボン・ジュノ出演:クリス・エバンス、 ソン・ガンホ、 ティルダ・スウィントン、 ジェイミー・ベル、 エド・ハリス
スノーピアサー  (心のままに映画の風景)
2014年、人類は温暖化を食い止めるため、人工冷却物質の散布を実施したが、予想外の結果を招き、地球は氷河期に突入してしまう。 17年後の2031年、永久機関のエンジンを積み、1年で地球を1周する列車“スノーピアサー”で生活する乗客たちだけが生き残っていた。 止...
『スノーピアサー』 2014年1月29日 角川シネマ有楽町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スノーピアサー』 を試写会で鑑賞しました。 ポン・ジュノ監督の挨拶がありました でも、映画無関係な不要な森脇健児と安田大サーカスの団長がゲストでいらない話が長かった 【ストーリー】  地球温暖化を防ぐべく世界中で散布された薬品CW-7により、氷河期が引き起...
スノーピアサー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SNOWPIERCER】 2014/02/07公開 韓国/アメリカ/フランス PG12 125分監督:ポン・ジュノ出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、コ・アソン、ジョン・ハー...
『スノーピアサー』 (こねたみっくす)
白い外界と暗い車内。本当の方舟はどちらなのか。 フランスのSFコミックを韓国のポン・ジュノ監督がアメリカやイギリスの名優を揃えて描くこの作品。 これまでの監督作品と比べる ...
スノーピアサー/クリス・エヴァンス (カノンな日々)
『母なる証明』のポン・ジュノ監督がフランス人漫画家のジャン・マルク・ロシェットによるグラフィックノベルを映画化したSFアクション・ムービーです。予告編が流れ出した当初は ...
スノーピアサー (そーれりぽーと)
ポン・ジュノが遂に韓国を飛び出して撮った映画ということで、“絶対に”観ておかなければならない大事件を予感させる『スノーピアサー』を観てきました。 ★★★★ これは大事件というよりも、大事故なのかもしれない。 韓流映画からは少し距離を置いているところです...
スノーピアサー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Snowpiercer監督:ボン・ジュノ出演:クリス・エバンス、 ソン・ガンホ、 ティルダ・スウィントン、 ジェイミー・ベル、 エド・ハリス
スノーピアサー/SNOWPIERCER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に、 「殺人の追憶」「グエムル-漢江の怪物-」、「母なる証明」のポン・ジュノ監督が描いた 近未来SFアクションエンターテインメント 制作には、パク・チ....
映画『スノーピアサー』観てきた (よくばりアンテナ)
浅田真央ちゃんのSPでみんなが沈んでいる日。 真央ちゃんのこと考えながら運転してて映画館へ向かう道を間違えてしまったよ。 真央ちゃん、日本中の期待のことも、今までの努力のこともみんな忘れて フリーでは大好きなスケートをオリンピックで滑る喜びと楽しさを思...
スノーピアサー/SNOWPIERCER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に、 「殺人の追憶」「グエムル-漢江の怪物-」、「母なる証明」のポン・ジュノ監督が描いた 近未来SFアクションエンターテインメント 制作には、パク・チ....
スノーピアサー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
スノーピアサー 13:韓国=アメリカ=フランス ◆原題:SNOWPIERCER ◆監督:ポン・ジュノ「母なる証明」「グエムル 漢江(ハンガン)の怪物」 ◆主演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレ...
『スノーピアサー』 (時間の無駄と言わないで)
韓国映画だけど台詞は殆どが英語。 キャストもクリス・エヴァンス、ジェイミー・ベル、ジョン・ハート、ティルダ・スウィントン、エド・ハリスっつうハリウッドの凄まじい面子を ...
映画『スノーピアサー』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-14.スノーピアサー■原題:Snowpiercer■製作年、国:2013年、韓国・アメリカ・フランス■上映時間:125分■料金:1,800円■観賞日:2月11日、角川シネマ有楽町(有楽町)□監督・脚本:ボン・ジュノ□脚本:ケリー・マスターソン◆クリス・エヴァンス...
残された人々~『スノーピアサー』 (真紅のthinkingdays)
 Snowpiercer  2014年7月。温暖化を阻止すべく打ち上げられたCW-7ロケットの影響で、地球 は凍結状態となり、生物のほとんどは死滅する。17年後、残された人類を乗せた 列車 「スノーピアサー」 は、一年かけて地球を一周する軌道を走り続けていた。...
【スノーピアサー】列車カーストを壊せ (映画@見取り八段)
スノーピアサー~ SNOWPIERCER ~     監督: ポン・ジュノ    出演: クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、オクタヴィア・スペンサー、ジェイミー・ベル、ユエン・ブレムナー、コ・アソン、ジョン・ハート、エド・ハリス 公開: 2014...
スノーピアサー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
究極の一本道。 「グエムル 漢江の怪物」や「母なる証明」で知られる韓国の鬼才、ポン・ジュノ監督初の英語劇。 とは言っても先に米国進出したパク・チヤヌクやキム・ジウンのケースとは異なり、本作はあくまでも韓国発の合作企画で資本の多くも韓国から出ている。 ...
『スノーピアサー』 2014年11本目 イオンシネマ名取 (映画とJ-POPの日々)
『スノーピアサー』 2014年11本目 ☆☆★ イオンシネマ名取 『グエムル』と『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督がハリウッドへ殴りこんだ映画。 『グエムル』も『殺人の追憶』も ...
スノーピアサー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
「グエムル」などでしられるポン・ジュノ監督 の新作SF映画「スノーピアサー」が公開されました ので観に行ってきました。韓国とアメリカとフランスの合作映画になり キャストも国際的、ボン監督の映画は「グエムル」 を以前観た以来の鑑賞になります。 スノーピアサー ...
スノーピアサー (銀幕大帝α)
SNOWPIERCER 2013年 韓国/アメリカ/フランス 125分 SF/サスペンス/ドラマ PG12 劇場公開(2014/02/07) 監督: ポン・ジュノ 『母なる証明』 製作: パク・チャヌク 原案: ポン・ジュノ 脚本: ポン・ジュノ 出演: クリス・エヴァンス:カーティス ソン...
人類は列車の中 (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「スノーピアサー」を鑑賞しました。 氷河期が引き起こされてた 2031年の地球、残りわずかな人類は1台の列車に乗り込み、極寒の大地を行くあてもなく移動していた 後方車両の奴隷のような扱いを受ける貧困層は前方車両の優雅な暮らしを送る富裕層....
スノーピアサー (はるみのひとり言)
DVDで観ました。 思って印象と全然違う。極寒の地で巻き起こる列車アクションものだと思ってたら、近未来の話だったのね。地球温暖化を防ぐため、世界中で薬品CW-7を散布したら逆に氷河期になってしまい、生き残った人々はウィルフォードさんが作った世界をひと...
スノーピアサー (いやいやえん)
ポン・ジュノ監督が「氷河期の地球を疾走する全人類唯一の生存空間の列車」という、え、ちょっとありえねーだろな設定で挑むSF大作。元はコミックらしいですねー。新鮮味のある映画だった。 個性的であくの強いキャラたちがたくさん登場しますが、そのどれもが区別が...
スノーピアサー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ポン・ジュノ 出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、ジョン・ハート、エド・ハリス、ルーク・パスクァリーノ、ケニー・ドーティ 【解説】 『母な....
映画評「スノーピアサー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年韓国=フランス=アメリカ合作映画 監督ボン・ジュノ ネタバレあり
スノーピアサー (miaのmovie★DIARY)
スノーピアサー [DVD](2014/06/27)クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ 他商品詳細を見る 【SNOWPIERCER】 制作国:アメリカ/フランス/韓国  制作年:2013年 2014年7月1日、人類は突如として絶滅の危機を迎えた。 地球温暖化を食い止めるために散布された冷却物質は...
スノーピアサー (miaのmovie★DIARY)
スノーピアサー [DVD](2014/06/27)クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ 他商品詳細を見る 【SNOWPIERCER】 制作国:アメリカ/フランス/韓国  制作年:2013年 2014年7月1日、人類は突如として絶滅の危機を迎えた。 地球温暖化を食い止めるために散布された冷却物質は...