パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ ★★★

2014年02月10日 | あ行の映画
『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュが、『リミッツ・オブ・コントロール』からおよそ4年ぶりに放つ監督作。何世紀も恋人同士として生きてきた吸血鬼の男女が、突如として現われた女の妹と対峙(たいじ)したことで生じる関係の変化を追い掛けていく。『マイティ・ソー』などのトム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントンやミア・ワシコウスカと、実力派俳優が結集。彼らの妙演はもとより、ジャームッシュ監督ならではのユーモラスでシニカルな世界観も堪能できる。
あらすじ:吸血鬼でありながら、どんな弦楽器でも弾くことができるミュージシャンとして活動中のアダム(トム・ヒドルストン)。アンダーグラウンドな音楽シーンに身を置いて人間たちと共存しているが、何かと自己破壊的な言動を取る彼らに対して複雑な思いを抱いていた。そんな中、何世紀も恋人として愛し合ってきた同じ吸血鬼のイヴ(ティルダ・スウィントン)が、アダムが暮らすデトロイトへとやって来る。久々の再会を楽しもうとする二人だが、イヴの妹エヴァ(ミア・ワシコウスカ)が現われる。

<感想>永遠の生きるヴァンパイア、アダムとイヴの愛の物語が詩的に、かつユーモアと共に綴られるのだが、その背景となるのは瀕死の街デトロイトと、時間が止まったかのような街タンジール。いかにも死の匂いがただよってきそうだし、実際に濃厚に匂うような感じもする。と同時に子供のような生命力も感じさせる。
ヴァンパイアというものはそもそも英国文学から生まれたわけだし、吸血鬼のカップルをこんなにもお洒落に描いてしまうなんて、誰にもできる芸当ではないと思う。
いつも皮の手袋をしている、この何ともユニークなヴァンパイア映画のキャスティングが、アダムにトム・ヒルドンが、妻のイヴにはティルダ・スウィントンに、イヴの年老いた元夫のマーロウにジョン・ハートが扮して、この二人は「スノーピアサー」にも出演していた。それに、イヴの妹エヴァに、若きミア・ワシコウスカが扮して、我がまま放題に人間の血を狩っていく。

まぁ、イヴを演じるティルダ・スウィントンは、もはやほとんど普通の人間を演じない人になってしまっているので、彼女の吸血鬼には、奇妙な安定感さえ感じさせる。思えば、実に不思議で魅力的な女優である。

「マイティ・ソー/ダークワールド」でのロキ様こと、トム・ヒドルストンの活躍は大したものでした。今作ではアダムというヴァンパイアで、60年代のロック・ミュージシャン気質を持った男で、ロマンティックで凄くインテリジェントで洗練され、そして非常にミステリアスな男を演じている。
驚くことに、アダムの部屋はオープンリールのテープレコーダー、アナログのミキシング・デスクなど、アナログ機材で溢れていて、おまけに壁にはシェイクスピアからイギー・ポップまで多くの芸術家の肖像画がかかっている。これはみなジャームッシュの好きなもんだったりして?・・。
アダムとイヴの関係は、陰と陽のようで、イヴはアダムを闇の中から救ってくれるような光のような存在。2人はひとつで一対であるような関係にある。全く異なる生き物の二人だからこそ愛し合っている、つまりはヴァンパイアのラブストーリーですね。

それに“ゾンビ”と呼ばれる人間たち、アダムが抱えている悲劇とはゾンビ特有にある存在の無駄ということ。何もせずに、時間を無駄に使い、音楽を作ったり詩を書いたりできるのに、血液をめぐって争ったりする。それをアダムは悲しく思っている。
しかし、彼らは何世紀にも渡って生き続けてきて、たどり着いた現代に、決して満足はしていない様子。人間から吸血するのではなく、人間との共存をはかり、病院へ医者の変装をして血液を金で購入しているのだ。
しかし、イヴの妹がLAからやって来て、自分たちの大事な血液をむさぼるように飲んでしまう。それに、妹のエヴァが、アダムの友達イワンの首に食いついて吸血をしてしまう。その死体の後始末も二人でやらなければならないのだ。
妹をLAに返して、自分たちはアメリカを離れてモロッコのタンジールにやってくる。
だが、そこには、吸血鬼として生き延びていた中世の異端の作家クリストファー・マーロウが、汚染された人間の血を摂取して死の床についている姿があった。

愚かな人間による環境破壊や市場主義に絶望して、アダムとイヴは空腹を感じながら、「体に力が入らなくなった」とついにそのまま滅びていく道を選ぼうとするが、目の前に若い恋人カップルがキスをしているのを見て、二人がその人間に飛び付いたように見えたのだが、・・・もう人間じゃなく、純正カリスマみたいで、かくてヴァンパイアは、映画という虚構の世界の中で、永遠に存在し続けるのであるという。
ヒップな吸血鬼カップルというのは、なかなか新鮮な感じで面白いし、かっこいいと思わせる画も多いしで、廃墟のような夜のデトロイト郊外をドライブするシーンとかも素敵ですよ。
2014年劇場鑑賞作品・・・35 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スノーピアサー ★★★★ | トップ | ニシノユキヒコの恋と冒険 ★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画:オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ Only Lovers Left Alive 大衆を冷ややかに見下す吸血鬼たち (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
約4年ぶりのジャームッシュ。 前作は「リミッツ・オブ・コントロール」(2009年09月08日当ブログで記事アップ) <舞台がスペインのマドリッドで、各シーンで工夫はみられたものの、マジック度数が薄く、 <過去の作品に比べて「オーラ」を明らかに発していない。次に期....
ジム・ジャームッシュ監督『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(Only Lovers Left Alive)』トム・ヒドルストン、ティルダ・スウ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ブロークン・フラワーズ』『リミッツ・オブ・コントロール』のジム・ジャームッシュ監督約4年ぶりの新作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(Only Lovers Left Alive)』出演はトム
アダムとイヴ~『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 (真紅のthinkingdays)
 ONLY LOVERS LEFT ALIVE  タンジールに暮らすヴァンパイアのイヴ(ティルダ・スウィントン)は、デトロイト に住む夫・アダム(トム・ヒドルストン)の元へ飛ぶ。何世紀もの間、愛し合って きたふたり。  ジム・ジャームッシュ。オフビートな、独特...
「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」 (或る日の出来事)
こういうのって、雰囲気で観るの?
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ/トム・ヒドルストン (カノンな日々)
『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュ監督が『リミッツ・オブ・コントロール』以来になるという最新作です。予告編は一度も目にする機会がありませんでしたが、 ...
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 2013年12月2日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 を試写会で鑑賞しました。 思えば長く生きたもんだという、ヴァンパイアの話(笑) 【ストーリー】  吸血鬼でありながら、どんな弦楽器でも弾くことができるミュージシャンとして活動中のアダム(トム・ヒドルストン)。ア...
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (心のままに映画の風景)
デトロイトのアンダーグラウンドで、カリスマ的な人気を誇るミュージシャンのアダム(トム・ヒドルストン)は、人間と共存している吸血鬼だった。 ある日、モロッコのタンジールに暮らす妻イヴ(ティルダ・スウィントン)がアダムに会いに来た。 2人は吸血鬼であり...
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (映画三昧、活字中毒)
■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ/ONLY LOVERS LEFT ALIVE 2013年/アメリカ、イギリス/ドイツ/123分 監督: ジム・ジャームッシュ 出演: ティルダ・スウィントン/トム・ヒドルストン/ミア・ワシコウスカ/アン...
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ONLY LOVERS LEFT ALIVE】 2013/12/20公開 アメリカ/イギリス/ドイツ 123分監督:ジム・ジャームッシュ出演:ティルダ・スウィントン、トム・ヒドルストン、ミア・ワシコウスカ、アントン・イェルチン、ジェフリー・ライト、スリマヌ・ダジ、ジョン・ハート 世紀を越...
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ/ ONLY LOVERS LEFT ALIVE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「コーヒー&シガレッツ」「ブロークン・フラワーズ」など こだわりの楽曲と独自の世界観でジム・ジャームッシュ監督の4年ぶりの最新作は、 7年間温めていたというヴァンパイア ラヴ・ストーリー ジ....
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 (ラムの大通り)
(原題:Only Lovers Left Alive) ----ニャんだか、舌を噛みそうなタイトルだけど、 これって、ジム・ジャームッシュ監督の新作ニャんだって? 「そう。 それもドラキュラ映画なんだ」 ----へぇ~っ。 ドラキュラっていうと 映画では、 これまで耽美的に作られていた気が...
映画評「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2012年イギリス=ドイツ=ギリシャ合作映画 監督ジム・ジャームッシュ ネタバレあり
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (miaのmovie★DIARY)
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ [Blu-ray](2014/06/18)トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン 他商品詳細を見る 【ONLY LOVERS LEFT ALIVE】 制作国:ドイツ  制作年:2013年 吸血鬼でありながら、どんな弦楽器でも弾くことができるミュージシャン...
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』を新文芸坐で観て、まあまあんもうんもうふじ... (ふじき78の死屍累々映画日記)
初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。 ◆『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 五つ星評価で【★★たるんたるん ...
「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」(原題:OnlyLoversLeftAlive)は、2013年公開のアメリカのドラマ映画です。ジム・ジャームッシュ監督・脚本、トム・ヒドルストン、ティルダ・...