パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

LUCY/ルーシー ★★★★

2014年08月30日 | アクション映画ーラ行
「レオン」「ニキータ」のリュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンを主演に迎えて贈るヒロイン・アクション。新種ドラッグの影響で脳機能が驚異的に覚醒し、超人的な能力を発揮し始めたヒロインの暴走の行方を描く。共演はモーガン・フリーマン、チェ・ミンシク。
 訪れた台北のホテルでマフィアの闇取引に巻き込まれてしまったごく平凡な女性ルーシー。体内に
<感想>強くて賢くてカッコイイ女が大好きなリュック・ベッソン監督が新ヒロインに選んだのは、世界一セクシーな女、スカーレット・ヨハンソンであった。人間の脳はリミッターが掛けられていて、10%程度しか機能していないと言われているが、もし100%覚醒したらどうなるのか?・・・という壮大なサイエンス&アクション仕立てのエンターテインメント作がこれ。

ちょっと頭の弱そうな女の子ルーシーが、ある日突然謎の物質を摂取したことで、目つきから、話し方から容姿までどんどんと変わっていく様子に目が釘付け状態になる。次第に人間らしさも失い、最後は神のごとき存在に大変身してしまうのだから。

覚醒率10%=一般的な脳:ルーシーはカバンをホテルに届けるだけでいいという奇妙なバイトを頼まれる。案の定、鞄の中身は非合法のドラッグ。ルーシーは、マフィアによって腹の中に新種の麻薬が入った袋を埋め込まれ、運び屋として利用されてしまう。
ところが、仲間に腹を蹴られて袋が破れ、謎の物質が体内にあふれ出し、彼女の脳に異変が生じてしまう。通常の人間は脳の潜在能力の10%しか活用できないが、ルーシーの脳はそれを遥かに越えて覚醒を始めたのだ。

覚醒率20%=パソコンを使ってわずか1時間であらゆる外国語を習得し、さらには、脳科学者に関する知識を吸収する、超天才に大変身。
覚醒率30%=自分の脳のコントロールが可能になる。髪の色や長さを自在に変え、敵の目を欺く。マフィアの追手を易々とかわし、脳科学の権威ノーマン博士とコンタクトを取るべくパリへと向かう。その間にも、脳の覚醒は留まるところを知らず、いつしか自分でも制御できなくなっていくルーシーだったが…。ルーシーは、自分の体が1日しか持たないことも悟る。
覚醒率40%=空中を飛び交う電波などが見える。見えないものが見える様々な物が操れるのだ。一度も車を運転したことがないのに、天才的なドライブ技術を披露する。さらには、人間の目には見えない電波や電磁波まで肉眼でキャッチし、マフィアや警察の情報を楽々傍受するのだ。
覚醒率50%=感情が消えていくルーシーはどうなるのか?・・・個人としての感情や記憶はどんどんと失われていく。もはや人間を超越した存在に。脳が覚醒した状態がいかなるものかをノーマン博士に伝えようという使命感だけで生きている。

そして、覚醒率100%=自分を制御できずに完全に覚醒したルーシーは、あるモノ(コンピューター)と融合してしまう。これが人類の未来の姿なのか?
人間の脳は謎に包まれていると思う。脳の仕組みや人間の大脳はどのように発達したのかなど、脳科学は謎の多い分野であります。ルーシーは胎児が骨格を作る際に必要とするCPH4を大量に摂取し、脳が覚醒を始めるわけ。修行僧でも辿り着けない悟りの境地に一瞬で到達してしまう。しかし、マザー・コンピューターのような、身体は黒い液状となりPCの中に吸い込まれて、人間としては生きていけないのだ。
映像も地球の出来るまでとか、人類史、宇宙、神、未来へと飛躍して「2001年宇宙の旅」の領域に。ほんの一瞬ですが、溯る映像が美しかったです。

ちょっと前のジョニー・デップの映画「トランセンデンス」で、科学者の頭脳が、最新鋭のコンピュータにインストールされるという、斬新で奇抜なストーリーでしたが、本作でも同じような設定と展開で新鮮味に欠けてました。その時も、AI研究の先駆者であるジョセフには、モーガン・フリーマンが扮してましたね。
登場人物は、普通の女の子ルーシー(本当の名前は違う)台北滞在中に、荷物を運ぶバイトを頼まれる。マフィアの争いに巻き込まれ、誤ってルーシー自身がドラッグを摂取するハメになるとは。その後、脳が覚醒し、態度や顔つきまでが変わっていく。
そして、連絡したのが、脳科学者のノーマン博士。モーガン・フリーマンが演じている。突然見も知らぬルーシーから電話が掛かって来たことに戸惑うが、100%脳が覚醒したルーシーが、危険な存在になることを予測し、受け入れ態勢を整える。

パリの刑事のデル・リオには、アムール・ワケドが。この俳優さんは「砂漠でサーモン・フィッシング」で、シャイフというイエメンの大富豪の役をした人。ルーシーから警告を受けフランスに持ち込まれそうになる新型ドラッグを空港内で阻止する。神がかり的なルーシーに魅了され、行動を共にする。

そして、ルーシーを追うマフィアのボスに、「オールド・ボーイ」や「悪魔は見た」など、韓国の怪優チェ・ミンシクが扮している。人間の腹の中に新型ドラッグを隠し、ヨーロッパ各地で売りさばこうと企んでいる。金儲けのためなら、人間が何人死んでもかまわないという冷血漢である。
「アイアンマン2」からマーベル映画3作品連続でブラック・ウィドウを演じ、アクションはすっかりお手のものとなり、演技力との合わせ技で、韓国系マフィアたちとの格闘シーンを平然と演じている。
手近なものを武器として巧みに使い、マフィアの手下を次々と倒して行くルーシー。銃の構え方も様になっているし、見えそうで見えないTシャツアクションもお色気全開でよかった。それに、カーチェイスも凄かったね。本作品での主人公がスカーレット・ヨハンソンにピッタリな役で良かったです。今年の夏にはママになるそうでおめでとうございます。
2014年劇場鑑賞作品・・・277  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チェインド ★★★ | トップ | ルパン三世 ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
LUCY ルーシー / LUCY (勝手に映画評)
人類の脳は、その能力の10%程度しか使われていない。もしそれが、100%使われるようになったら・・・。 脳が活性化していくのがルーシーと呼ばれる女性。この“ルーシー”と言う名前だが、地球上最初の人類(=女性)が『ルーシー』と呼ばれているのから名づけている様で...
LUCY (はるみのひとり言)
めちゃくちゃ楽しみにしてたわけでもないんですが、初日に鑑賞して来ました。男友達に騙され、マフィアの闇取引の運び屋にされたルーシー。お腹に新種の薬CPH4を埋め込まれたが、マフィアの手下にお腹を蹴られ袋が破れて体内に漏れたことで、ルーシーの脳機能が覚醒し始め...
LUCY/ルーシー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★【2点】(11) これはスカーレット・ヨハンソンのイメージビデオでよろしいかと。
LUCY ルーシー/LUCY (我想一個人映画美的女人blog)
人類の脳は10%ほどしか機能していない。 しかし、それが100%まで覚醒したら、、、、 リュック・ベッソン監督×スカーレット・ヨハンソン 出会ったばかりのチンピラ運び屋から突然頼まれ 運悪く運び屋仕事をさせられたスカちゃん演じる、ル....
LUCY/ルーシー (だらだら無気力ブログ!)
何か思っていたのと違う内容だった。
劇場鑑賞「LUCY ルーシー」 (日々“是”精進! ver.F)
進化は、これから… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408290001/ ★枚数限定ポスター[両面印刷Ver]★【スカーレット・ヨハンソン】『LUCY ルーシー』映画ポスタ...価格:6,800円(税込、送料別) 【送料無料選択...
映画「LUCY/ルーシー(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『LUCY/ルーシー(字幕版)』 (公式)を本日、公開初日に劇場鑑賞。採点はギリギリ ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。予告編を抜きに本編のみなら100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー ごく普通の生活を送っていた女性ル...
LUCY/ルーシー (そーれりぽーと)
リュック・ベッソン監督が次に目をつけたのは、やっぱり趣味っぽい美人女優のスカヨハちゃん。『LUCY/ルーシー』を観てきました。 ★★★★ 『アベンジャーズ』では生身のスパイとして、他の超人たちの異能力から比べると劣りはしつつも、美味しいところは持ち前の美しさ...
LUCY/ルーシー (Break Time)
8月最終日です・・・
LUCY/ルーシー (とりあえず、コメントです)
スカーレット・ヨハンソン主演のリュック・ベッソン監督が創り上げた新作です。 主役のカッコいい予告編を観て、今度はどんなアクションなのだろうと気になっていました。 アクション映画というよりはSFのような展開に、ちょっとビックリさせられるような結末が待っていま...
[映画『LUCY ルーシー』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・リュック・ベッソンの「撮り捨て及第点プログラムムービー」かと思っていて、まあ、スカーレット・ヨハンソンの容姿を堪能しようと気軽に観に行った、ら、なんか凄いことになっていた。  たかだか、90分のキレのいい小品のハズが、冒頭で、あたかも『2001...
LUCY/ルーシー (風に吹かれて)
頭は程々に使いましょう 公式サイト http://lucymovie.jp 監督・脚本: リュック・ベッソン 台湾に留学中の、ごく普通の女子大生ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、知り合って一週間
『ルーシー/LUCY』 2014年8月31日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ルーシー/LUCY』 を鑑賞しました。 この映画は不思議な映画で後半に眠気が襲ってきた 【ストーリー】  マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。しかし、体内で薬が...
「LUCY ルーシー」:荒唐無稽で笑えます (大江戸時夫の東京温度)
映画『LUCY ルーシー』は映画監督廃業宣言がいつの間にやらなかったことになって
LUCY/ルーシー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LUCY】 2014/08/29公開 フランス 89分監督:リュック・ベッソン出演:スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、チェ・ミンシク、アムール・ワケド 人類の脳は、10%しか機能していない100%覚醒した彼女は、人類を救うのか?滅ぼすのか? 訪れた台北のホテル...
「LUCY/ルーシー」 (或る日の出来事)
少し物足りなかったけど。
LUCY/ルーシー (心のままに映画の風景)
台北のホテルでマフィアの闇取引に巻き込まれたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、新薬が入った袋を体内に埋め込まれ、運び屋として利用されてしまう。 しかし袋が体内で破れてしまい、謎の物質あふれ出したことから、脳機能は驚異的に覚醒。 ルーシーは脳科...
『LUCY ルーシー』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「LUCY ルーシー」 □監督・脚本 リュック・ベッソン□キャスト スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、チェ・ミンシク、       アムール・ワケド、ジュリアン・リンド=タット■鑑賞日 8月30日(土)■劇場 ...
「LUCY」 (ここなつ映画レビュー)
「人類の脳は10%しか機能していない。 もしも脳が100%へ覚醒したら?」…その解は文末に置くとして…。リュック・ベンソン×スカーレット・ヨハンソンのサイキック・アクション。しかし、発想は面白いが、小粒な作品。スカーレット・ヨハンソン頑張ってたし、チェ・ミン...
『LUCY/ルーシー』 (こねたみっくす)
クスリの大量摂取で神様になりました。 通常の人類は脳の10%しか機能していない。もしそれが100%機能するようになったらどうなるのか。答えは流体生物に変化してから砕け散って、 ...
LUCY/ルーシー/スカーレット・ヨハンソン (カノンな日々)
リュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンを主演に放つサスペンス・アクション・ムービーです。なんでもリュック・ベッソン監督の歴代1位を記録したそうですが、私はリュ ...
「LUCY/ルーシー」 最初の新人類 (はらやんの映画徒然草)
リュック・ベンソンはつくづく強い女性が好きなんですね。 「ニキータ」「レオン」で
LUCY ルーシー (映画的・絵画的・音楽的)
 『LUCY ルーシー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)スカーレット・ヨハンソンとモーガン・フリーマンが共演するというので、映画館に行ってきました(注1)。  本作(注2)は、類人猿が水辺で水を飲んでいるシーンから始まります(注3)。  そして、10億年前に....
LUCY/ルーシー  監督/リュック・ベッソン (西京極 紫の館)
【出演】  スカーレット・ヨハンソン  モーガン・フリーマン  チェ・ミンシュク  アムール・ワケド 【ストーリー】 マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシーは、特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。しかし、体内で薬が漏れたことで彼女の脳機....
LUCY ルーシー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『レオン』や『フィフス・エレメント』 などで知られるフランスのリュック・ベッソン 監督最新作で主演は『アベンジャーズ』などに 出演している人気女優スカーレット・ヨハンソン が務めるSFアクション映画『LUCY ルーシー』 が公開されましたので観に行ってきました。 ...
「LUCY/ルーシー」 (Con Gas, Sin Hielo)
今までのS.ヨハンソンは10%しか機能していなかった? S.ヨハンソンは「セクシー女優」と呼ばれることをいやがっているという報道を見たことがあるが、独立事象として彼女が「セクシー」であり「女優」であることは、ほぼ万人が疑うことのない事実だから仕方がないとい....
LUCY/ルーシー (こんな映画見ました〜)
『LUCY/ルーシー』---LUCY---2014年(LUCY)監督:リュック・ベッソン出演:スカーレット・ヨハンソン、 モーガン・フリーマン 、 チェ・ミンシク 、 アムール・ワケド 「レオン」「ニキータ」のリュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンを主演に迎え...
I AM EVERYWHERE. 〜『LUCY/ルーシー』 (真紅のthinkingdays)
 LUCY  台北に留学中のルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、ホテルの部屋に怪 しげなスーツケースを運ぶ役目を押し付けられた挙句、コリアンマフィア(チェ ・ミンシク)に捉えられ、体内に麻薬を埋め込まれてしまう。  この映画、劇場予告が物凄...
『LUCY』をミラノ座1で観て、ベッソンらしくてとってもけっこうふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★今更ベッソンの映画に期待しようなんて!】   という訳で、当然、変な映画だろうと思って見に行ったから落胆なんかはしない。 スカーレット・ヨハンソン ...
LUCY/ルーシー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「LUCY/ルーシー」監督:リュック・ベッソン(『マラヴィータ』)出演:スカーレット・ヨハンソン(『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『ヒッチコック』)モーガン ...
映画『LUCY/ルーシー』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-72.LUCY/ルーシー■原題:Lucy■製作年、国:2014年、フランス■上映時間:89分■料金:1,100円■鑑賞日:9月1日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督・脚本・製作:リュック・ベッソン◆スカーレット・ヨハンソン◆モーガン・フリーマン◆アナリー...
LUCY/ルーシー (いやいやえん)
【概略】 マフィアの闇取引に巻き込まれたごく普通の女性・ルーシーは、アクシデントにより脳に異変を来してしまう。やがて脳が覚醒し、人知を超えた能力を発揮し始めるが…。 SF 10%しか機能していないと言われる人間の脳。それがもし覚醒したらどうなるか?と...
LUCY/ルーシー (銀幕大帝α)
LUCY 2014年 フランス 89分 アクション/サスペンス/SF PG12 劇場公開(2014/08/29) 監督: リュック・ベッソン 『アデル/ファラオと復活の秘薬』 脚本: リュック・ベッソン 音楽: エリック・セラ 出演: スカーレット・ヨハンソン:ルーシー モーガン・....
ルーシー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:リュック・ベッソン 出演:スカーレット・ヨハンソン、モーガン・フリーマン、チェ・ミンシク、アムール・ワケド、アナリー・ティプトン、ジュリアン・リンド=タット、ピルー・アスベック 【解説】 『レオン』や『ニキータ』などクールなヒロイン像を打ち出して....
映画「LUCY/ルーシー」レビュー(リュック・ベンソン版AKIRAですね) (翼のインサイト競馬予想)
映画「LUCY/ルーシー」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『LUCY/ルーシー』予告編動画あ ...
LUCY/ルーシー (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2014年 フランス 上映時間:89分 監督:リュック・ベッソン  ネットでの評価がかなり低かったので、映画館での鑑賞はパスしてDVDが出るまで待っていた。ところが予想以上に面白い映画で、何だか非常に得した気分になってしまった。主演のスカー
映画評「LUCY/ルーシー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年フランス映画 監督リュック・ベッソン ネタバレあり
LUCY/ルーシー (miaのmovie★DIARY)
【LUCY】 制作国: フランス 制作年:2014年 10%しか機能していないと言われる人間の脳。 しかしルーシーの脳のリミッターは外されてしまったーー。 ごく普通の生活を送っていた女性ルーシー。ある日、マフィ アの闇取引に巻き込まれてしまい、そこで起こった...