パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ウルヴァリン:SAMURAI ★★★★

2013年09月15日 | アクション映画ーア行
「X-MEN」シリーズの人気キャラクターでヒュー・ジャックマンが演じるウルヴァリンを主人公とした「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(2009)の続編。カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリンは、ある因縁で結ばれた大物実業家・矢志田に請われて日本を訪れる。しかし、重病を患っていた矢志田はほどなくして死去。ウルヴァリンは矢志田の孫娘マリコと恋に落ちるが、何者かの陰謀により不死身の治癒能力を失うというかつてない状況に追い込まれる。日本が主な舞台となり、本格的な日本ロケも敢行された。マリコ役のTAO、ウルヴァリンを日本へと導くユキオ役の福島リラ、矢志田の息子シンゲンを演じる真田広之ら、日本人キャストも多数出演。監督は「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」「ナイト&デイ」のジェームズ・マンゴールド。

<感想>「X-MEN」ファミリーの中でもダントツの一番人気キャラで、野性的なモミアゲ姿がいつでも凛々しいウルヴァリンのヒュー・ジャックマン。フランクミラーによる原作の中でも、ファンに最も人気の高いこの物語の最大の見どころは、舞台が日本であるということ。まったく見知らぬ土地で、ウルヴァリンは、どんな怪我からも回復できる治癒能力がウルヴァリンの特徴であり、不死身の身体を持ちながら生きる意味を失う。という究極の矛盾を抱えその存在意義を問われるのである。そのウルヴァリンが限りある命になってしまうという設定である。
冒頭での1945年の長崎の場面、日本軍の捕虜になっていたローガン、マンホール状の独房に押し込まれていたが、そこへ米軍の爆撃機が飛来する。8月9日午前11時のことだった。原子爆弾が投下されたのだが、その時、矢志田という日本兵を助ける。その矢志田がウルヴァリンの不死身の身体に興味を抱くわけで、そのウルヴァリンの身体の中にある不老不死の正体を自分の身体に取り入れようというのだから、とんでもない話である。

今回の映画は何だか悲痛だ。死んでも死なないミュータントもいろいろあって、今回のウルヴァリンは死にそうである。夜な夜なかつて愛したジーン・グレイが夢枕に立って恨み言を言ってくるし、ファムケ・ヤンセンのランジェリー姿が色っぽいし、つまり本作は、「ファイナル・ディシジョン」から続く話のようですね。

ウルヴァリンの仲間となる剣の達人ユキオ。演じる福島リラさんはトップモデルで、菊池凜子もウカウカしていられないほど演技も英語も上手い。ウルヴァリンが、矢志田の孫娘マリコと恋に落ちるマリコ役にはモデル出身のTAO。確かに背は高いが演技はイマイチ。

そして、今回登場する悪役ヴァイパーにスヴェトラーナ・コドチェンコワが。ミュータントのヘビ女で長い舌から出る特殊な液で相手を氷結させる。矢志田が不死身の身体になりたいばかりに、アメリカから呼び寄せたドクター・グリーン。彼女の策略で、ウルヴァリンの不老不死の能力が失われて行く。
自分が誰とも違うと感じているし、何も信じていない。だけど最終的には学んでより強い戦いができるようになる。しかもそれは、他のミュータントのように新たなスーパーパワーを授かるからではなく、よりサムライ的な戦術を学ぶから。自分の心をコントロールする術を知り、規律を身につける。自分の心がコントロールできると言うことは、どんな武器を手にするよりも、偉大なる武器であるということを知るわけ。

アクションの見せ場は、手負いのヒーローが芝の増上寺の葬儀シーンをはじめ、夜の新宿やラブホテルに泊まったり、秋葉原のパチンコ屋を経て、上野駅に至るまで追いすがる敵(ヤクザ)を切り刻みながら疾走するバイオレンス。しかし、高田馬場と秋葉原が隣町になっている設定が腑に落ちないが、ヤクザとウルヴァリンが走る新幹線の上で、猛スピードで迫ってくる障害物を一瞬で避け、展開される迫力満点のバトル・シーンには驚いてしまう。さらには、広島県福山市「崖の上のポニョ」のモデルになった鞘の浦や、愛媛県今治市では、のどかな海辺でロケするなど日本人にはお馴染みの風景が多数出てきます。

そして、まってましたとばかりに剣の達人である真田広之とウルヴァリンとのタイマン勝負。シンゲンの日本刀とウルヴァリンの爪が激しくぶつかり合う。真田広之さんの殺陣の腕前は当然のごとくで、池にすっころぶ細かいスタントまで、いちいち身体能力の高さをアピールしてくれます。さすがにベテラン同士の一騎打ちになってました。

そして雪山の麓の村では、家々の屋根で忍者たちが待ち構えており、ワイヤーが繰り出され、ウルヴァリンは蜘蛛の巣の餌食状態になってしまう。
後半で登場する、原作の日本パートで最大の敵となるシルバー・サムライがクライマックスで登場。その巨大なシルエットには、「パシフィック・リム」のロボットのイェーガーを思い出してしまった。決して、パワードスーツのような働きはせず、ただそのロボットの中に入って永遠の命を手に入れた矢志田の爺様なのだ。だが、ウルヴァリンの不老不死の力が宿っているので、どうしたらこのロボットを倒せるのかがお楽しみというところだ。

とにかく見どころは満載なのだが、ミュータント(ヘビ女だけ)も殆ど登場せず、日本というミステリアスな場所が舞台となったこの物語において、何より感動させられるのは、やはりジャックマンがこの13年間でいかにしてハリウッド・スターになり得たのかを、その肉体で、演技力で、実力で、輝きで、まざまざと見せつけてくれることである。
今回は芯の通った「武士道」路線にシフトしていて、やっぱり孤高のウルヴァリン様には、このくらいのストイックに引き締まった話の方がお似合いだと思う。ですから前回での「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(09)の続編とは言えないですよね。
昭和のお家騒動サスペンスっぽい雰囲気を始め、とにかくいろんな意味でスーパーヒーロー映画らしくない。本当にスーパーヒーロー映画なのに、正直「X-MEN」はもう飽きたという人には、絶対お薦めのリフレッシュな1作になっています。エンドロール後に、重要人物が登場するのでお見逃しのなきよう。
2014年公開「X―MEN:デイズ・オブ・フューチャー・パスト」
2013年劇場鑑賞作品・・・272  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャプテンハーロック3D ★... | トップ | 欲望のバージニア ★★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ウルヴァリン:SAMURAI (心のままに映画の風景)
カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救った日本人実業家・矢志田の願いで、彼の部下ユキオ(福島リラ)と日本へ向かう。 ローガンと再会した...
劇場鑑賞「ウルヴァリン:SAMURAI」 (日々“是”精進! ver.F)
ウルヴァリン、日本での戦い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309130003/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しま...
映画:ウルヴァリン:SAMURAI The Wolverine 増上寺,秋葉原,上野... 日本で大暴れだけで十二分に満足! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
何たってウルヴァリンって、Xメンの中心人物。 その彼が過去の因縁で、とはいえ日本それも増上寺、秋葉原、上野、都内とか未近な場所に出没! だけでなく、新幹線廊下、新幹線車両の上(笑)、そして長崎などなどで大暴れ! それだけでもう~ニコニコなのだ! 最近では...
「ウルヴァリン:SAMURAI」 王道で普通 (はらやんの映画徒然草)
アメリカでは「X-MEN」シリーズに登場するミュータントの中でウルヴァリンの人気
ウルヴァリン:SAMURAI (Akira's VOICE)
不死と爪の一蓮托生。  
いろんな意味でビックリ!『ウルヴァリン:SAMURAI』 (水曜日のシネマ日記)
『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾です。
ウルヴァリン:SAMURAI (そーれりぽーと)
同じウルヴァリンの名前を冠する前作は微妙でしたが、『X-MEN』シリーズは全部抑えているので嫌な予感がしつつも『ウルヴァリン:SAMURAI』を観てきました。 ★★★★ 「本編が終わってからがこの映画の一番の見どころ」と、皮肉な事になっているんだけれど、本編も『ウ...
ウルヴァリン:SAMURAI (だらだら無気力ブログ!)
ツッコミどころは多いけど、面白かった。
『ウルヴァリン/SAMURAI』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
かつて自ら愛する女性ジーンを手にかけたローガンは、カナダの山中で隠遁生活を送っていた。そんな彼の前に日本の実業家・矢志田の使者と名乗るユキオという女性が現れる。かつてローガンは第二次大戦中の長崎で、原爆の投下された日に一人の日本人青年を助けていた。戦後...
「ウルヴァリン SAMURAI」 (Con Gas, Sin Hielo)
「雪緒」なら十分有り。 ニッポンを舞台にしながら架空の話と解釈せざるを得ないトンデモ映画というのは、古くから数多くある。 日本人の、悪くても日系人の俳優やスタッフを使いさえすれば少しはマシになるところを、省いてしまっているとしか思えないデキに唖然とし....
ウルヴァリン:SAMURAI/THE WOLVERINE(3D字幕) (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ぜったい2Dでふつうに観たかったのに、有楽町も渋谷も3Dでしかやってないので 仕方なく、、、、3D鑑賞  これ、まったく3Dの意味ないからカネカエセ! 大好きなX-Menシリーズのスピンオフ。 前作「....
『ウルヴァリン:SAMURAI』 (こねたみっくす)
ウルヴァリン、SAMURAI、トンデモジャパン。 今更、いや今時こんなトンデモ日本を描くとは…。そう思い始めると失笑せずにはいられないこのスピンオフ企画第2弾。原作コミックにも ...
ウルヴァリン:SAMURAI (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WOLVERINE】 2013/09/13公開 アメリカ 125分監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ウィル・ユン・リー、ブライアン・ティー スヴェトラーナ・コドチェンコワ、ファムケ・ヤンセン 散ることのな....
『ウルヴァリン/SAMURAI』 2013年9月14日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウルヴァリン/SAMURAI』 を観賞しました。 ミュータント少なっ 日本人のミュータントはどんなの出るか期待してたんだけど 【ストーリー】  カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある...
ウルヴァリン:SAMURAI (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(F) 英国自動車バラエティ番組でヒューが最新映画の裏話してた
[W侍映画『許されざる者』『ウルヴァリン SAMURAI』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆本日公開作の、本来の時代からズレた「侍」をフィーチャーした2作品を観てきましたよ。  いやはや、どちらも面白かった。  とりあえず、夜の仕事を終えて帰宅してから感想を書きますな^^    ◇    『許されざる者』    イーストウッド作の邦画リメイ...
ウルヴァリン:SAMURAI (風に吹かれて)
日本で撮影してくれてありがとう~公式サイト http://www.foxmovies.jp/wolverine-samurai監督: ジェームズ・マンゴールド  「17歳のカルテ」 「ウォーク・ザ・ラ
『ウルヴァリン:SAMURAI』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルヴァリン:SAMURAI」□監督 ジェームズ・マンゴールド□キャスト ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ■鑑賞日 9月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は...
ウルヴァリン:SAMURAI/ヒュー・ジャックマン (カノンな日々)
『X-メン』シリーズのウルヴァリンを主人公にしたスピンオフ・ムービーの第2弾です。大量宣伝で周知の通り今作の舞台は我らが日本。この大作ヒットシリーズで日本が舞台となるのは ...
タイトルデザイン_35(Picture Mill) ヒュー・ジャックマン主演、ジェームズ・マンゴールド監督『ウルヴァリン:SAMURAI』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『X-メン』シリーズのメインキャラクターのひとり、ウルヴァリンを主人公にした第2弾『ウルヴァリン:SAMURAI』。出演はウルヴァリン=ローガンにヒュー・ジャックマン、他
ウルヴァリン:SAMURAI (花ごよみ)
ヒュー・ジャックマン主演で 今回は日本が舞台の、 スピンオフ色のある作品。 監督はジェームズ・マンゴールド。 過去に命を救った大物実業家・矢志田との、 再会を遂げるためウルヴァリンは日本へ。 間もなく矢志田は亡くなり、 ウルヴァリンは矢志田の孫娘、 マリ....
ウルヴァリン:SAMURAI (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ウルヴァリン:SAMURAI」監督:ジェームズ・マンゴールド(『ナイト&デイ』)出演:ヒュー・ジャックマン(『レ・ミゼラブル』『リアル・スティール』)ファムケ・ヤンセン(『96時間 ...
「ウルヴァリン:SAMURAI」 (或る日の出来事)
ハリウッド映画が描く、変な日本をどう受け止めるかは、観る人の許容度しだい。
『ウルヴァリン:SAMURAI』('13初鑑賞83・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 9月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:55の回を鑑賞。
「ウルヴァリンSAMURAI」☆リスペクトジャパン (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
数あるハリウッドに登場してきた『なんちゃってニッポン』 それに比べたら、しっかり日本でロケをしただけあって、日本家屋も景色も着物の着方も、パチンコ屋さんも葬式のやり方も鍋物の具まで、ちゃんと表現されている。 剣道の練習中に宙返りしたり、上野と秋葉原と品...
『ウルヴァリン:SAMURAI』 牛丼の看板との共通点は? (映画のブログ)
 2013年公開の『ウルヴァリン:SAMURAI』は2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の続編だと思っていたが、意外や『X-MEN』三部作の後日談だった。  映画を作中の時系列で並べれば次のようになる。  『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 2011年公開  『ウル...
ウルヴァリン:SAMURAI (いやいやえん)
タイトルを見ただけでハリウッドも困ったもんだという笑いがこみ上げてきてしまう作品なのですが、実際に原作で日本人妻を娶るウルヴァリンの話があるもんだから、なんともいえなくなる。新幹線上で戦うのとか失笑予告を見せられていたので、期待せずに鑑賞。舞台が日...
ウルヴァリン:SAMURAI (銀幕大帝α)
THE WOLVERINE 2013年 アメリカ 125分 SF/アクション 劇場公開(2013/09/13) 監督: ジェームズ・マンゴールド 製作総指揮: スタン・リー 出演: ヒュー・ジャックマン:ローガン/ウルヴァリン 真田広之:シンゲン TAO:マリコ 福島リラ:ユキオ ハル・ヤ...
ウルヴァリン:SAMURAI (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ファムケ・ヤンセン 【解説】 『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾。超人的治癒能力と手の甲から飛び出す鋭利な爪を持つウルヴァ....
映画『ウルヴァリン:SAMURAI』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-72.ウルヴァリン:SAMURAI 3D■原題:The Wolverine■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:126分■料金:1,300円■観賞日:9月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:ジェームス・マンゴールド◆ヒュー・ジャックマン◆真田広之◆TAO◆福島...
ウルヴァリン:SAMURAI (ケントのたそがれ劇場)
★★☆ 製作:2013年 米国 上映時間:125分 監督:ジェームズ・マンゴールド  『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気外伝シリーズの第2弾で、舞台は日本というところがミソである。だがいつもながら、外人が日本を描くと何か勘違
ウルヴァリン:SAMURAI (RISING STEEL)
ウルヴァリン:SAMURAI / THE WOLVERINE  2013年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 監督:ジェームズ・マンゴールド 製作:ローレン・シュラー・ドナー  ハッチ・パーカー 製作総指揮:スタン・リー  ジョー・カラッシオロ・Jr 脚本:...
映画評「ウルヴァリン:SAMURAI」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ=イギリス合作映画 監督ジェームズ・マンゴールド ネタバレあり
ウルヴァリン: SAMURAI (映画大好きだった^^まとめ)
998 : 名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2013/09/15(日) 20:39:43.36 ID:pfcYG9/Aとんでも日本だけど面白かった。いいんじゃないのウルヴァリンだもの。ヒュー・ジャックマン、かっこいいよ457 : ...
ウルヴァリン:SAMURAI  (miaのmovie★DIARY)
ウルヴァリン:SAMURAI [DVD](2014/01/08)ヒュー・ジャックマン、真田広之 他商品詳細を見る 【THE WOLVERINE】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリンは、かつて命を救った 旧友である大物実業家の矢志田に請われて日本を訪...
ウルヴァリン:SAMURAI (のほほん便り)
「X-MEN」シリーズの外伝・第二弾だそう噂では、「日本人が見ると、アングリの、とんでも作品」とのことで、その「とんでも」ぶりを、ちょっと見てみようとして、逆に、その「そんなのアリですかぁ」のオンパレードにハマってしまい、最後まで観届けてしまいました。本当...