囲碁ブログ なかねっと

中根直行九段と金賢貞四段のオフィシャルブログです

めんどくさい男(3)

2017-08-09 15:43:56 | 中根
外出た途端に汗も出る。

一度噴き出すと、滝のように流れる~

無論・・・そんなきれいなもんじゃないけど・・・




中根でございます。

「ブログ読んだけど、先生も大変だね~」

・・・・・・

そうなんです。しょっちゅうです。

いろいろあるし、いろいろ考えてしまう。

余計な、無駄な、無意味な・・・

いや、自分では意味は大いにあると思って・・・いるんだけど・・・




道、歩いててもホントハラタツ!!


ゴミをポイ捨てするヤツがいる。


パッて振り向いたらゴミを捨ててくヤツがいる。


振り返ればヤツがいる。・・・・・・・・




捨てる瞬間を目撃すれば、当然注意をするのだが、


疾うに捨てられていたり、逃げられてしまう場合もある。


そんなときは、そいつの背中に向かって、


「まずは、お前の心のゴミを捨てろ!!!!!」と叫ぶ。



あ~~~いろいろ思い出してきた。


ゴミ関係だけでもメッチャブログ書けそ~


きりなさそうだから、また来週ね。



明日は木曜日。きちんと分別し、然るべき場所にゴミ出しした後、試合頑張ります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めんどくさい男(2)

2017-08-02 20:30:10 | 中根
朝から晩まで、ず~と蝉たちが鳴いとるわね。

あいつら、なんて言っとるのかな・・・



中根でございます。

続き~ 二つ目。

席を譲っても断られる場合も多々ある。

前回のケースのように

「そんな年じゃない!」

と思われるパターンもあれば、

「この人は私に親切にして何かを企んどるかもしれん。怪しい」

と思われる可能性もある。

他にも、足腰を鍛えるために、あえて立っているということも。

あと、よくあるのが、

「すぐ降りますから」

っていうケース。

シンプルに、なんとなく座りたくないってのもあるか。





例によって、名駅からの帰り道。

その日は始めから混んでいた。

つり革につかまり、ふと隣を見ると、ご年配方がいらっしゃるではないか。

座っていただきたいが、今日は私も立っているので席が無い。

パッて下を向いたら、若者が座ってスマホいじっとるではないか。

思わず、

「席を譲りなさい!」

と大声で言いそうになった。

いかんいかん、ここは冷静に。

若者もお年寄りの存在に気がついてないだけなのだ。

悪気はないのだ。

しかし、この状況、ほっておくわけにはイカン!

まぁ、丁寧に伝えてあげよう。

どのように言うか。

もしも変に刺激をして・・・

「何?オジサン。バス降りて話しする?」

なんて事にはならんだろうか・・・

もしかしたら空手の有段者かも知れんし、ボクシング習っとる可能性もあるぞ!

3秒ぐらいで片づけられてしまうかも~

いやいや、私だって合気道黒帯だ。そう簡単には・・・


いかんいかん、そんな状況になってはいかんのだ~

ここは、相手の自尊心を傷つけぬよう、



「あの~。 おくつろぎの所、大変恐縮ではございますが、目の前にご年配の方がいらっしゃいますので、
  
 席を譲られたほうが人道的かつ道徳的によろしいのではないかと思う次第で・・・・・」

いか~~~~~ん!!!

「なんだ?イカれてんのかオッサン!」ってなるだけだ。

まぁ、まぁ普通に。普通に言えば大丈夫。大丈夫だ。

勇気を持って。言う気を持って・・・言うてる場合か・・

いか~~~~~~~ん。こうしてる間にも隣でご老人が立ってらっしゃるのだ。

考慮時間は無い。早急に着手せねば!!!

次の瞬間私は、若者の肩をトントンとたたいて、



「席、代わったほうがいい」



い、言えた~~~!!!!!!!!!


やった~やったぞ~。


今、まさに歴史的第一歩を踏み出したのだ!!!

人事尽くして天命を待つ。

やるべきことをやりきったのだ!

後は野となれ山となれ。

若者よ!来る言うなら来んかい!!!

すると若者は

「あ、はい」

と、サッと席を立ち、

「どうぞ」

と、ご老人に言った。

素直な、いいヤツだったのか・・・・

するとご老人は、




「次降りますから」

あ・・・やっちまった!

若者は周りを見回した後、私に

「座りますか?」

「いや・・・俺はいいんだ・・・」

若者はもう一度あたりを見まわし、誰も座らない感じを確認すると、

再び座り、何事も無かったかのように、またスマホをいじり始めた。



今回は特に読むのがめんどくさかった?


明日は大阪で試合。頑張ります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めんどくさい男

2017-07-26 19:22:52 | 中根
わ~~~~~お。

なんじゃこりゃ!

暑いぞ!

どんどん暑なっとるんちゃうか?

昨年の夏より暑いぞ!!

もしかしたら・・・

来年の夏より暑いかもしれん!!!

・・・・・



中根でございます。

普段は愛車を乗り回しているのですが(スーパーネルちゃん号という自転車)

最近はバスで移動することも多くなった。

夏だし、暑いし、汗かくし・・・・・全部同じことか・・・


棋院か栄か名駅か。だいたいこの三ヶ所なのだが、

これがそこそこ混む時がある。

名駅(あっ、名古屋駅のことね)の場合、始発だからかなりの確率で座れる。

が、実はそこに悩みが生じるのだ。

いや、別に普通の事なのだが・・・

そう。近くにご年配の方がいらっしゃれば当然席を譲る。

カッコつけるとか、いい人と思われたいとか、動画に撮られアップされたいとか、

そういうことじゃなしに、自然に体が動く。

極めてあたりまえの事なのだが、多少は考える余地もある。

実際にいろいろあった。

一つ目、

その人が見ためより若いかもしれない場合。

それもかなり、思ったよりもずいぶんと。

服装、立ち振る舞い、表情、ヘアースタイルなどをよく観察して、

ど~~~~~見ても大先輩だ。

普通に「どうぞ」と譲ろう。

いや、まてよ、よく見ると顔の感じがずいぶんと若々しいぞ。

「失礼な!年寄り扱いすんな!!」

という事にならんだろうか。

いいや、私はそんなつもりは無い。

若くても先輩になら席を譲るのは普通ではないか。

「座られますか?」と言うべきか。

いや、まてよ、最新のスマホを持ってらっしゃるではないか。

しかも、かなり慣れた感じで使いこなしとるではないか。

あの指の動き・・・これは、もしかしたら同い年ぐらいか?

ひょっとして・・・年下?後輩?・・・んなアホな・・・・・

しかし、この状況、ほっておくわけにはいかないぞ!

どうすればいい?

どうする? 




わかったぞ!!!

ここは黙って席を立つ。

つまり、「どうぞ」とか「お座りください」などと言わずに、

ただ単に席を立つ。

形を決めずに。

そのほうが筋がいい。

その一手だ!


こんな私を一般的には「めんどくさい男」というらしい。

私がめんどくさがっているのでは無く、周りが私をめんどくさがるのだ。

どういうことかと言うと、要するに・・・・・この説明もめんどくさがられるか・・・



サッと席を立った瞬間、バスは次の停留所に着き、たくさんの人が降りていった。

降りるわけでもないのに席を立った私を、不思議そうに見ながら・・・・・

・・・・・・・・・

一つ目だけで、ずいぶん長くなってしまった。

続きは次回以降のブログで。

めんどくさがらずに読んでね。


明日の試合頑張ります!バスで行こうかな~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サマー ~夏なんだな~

2017-07-19 22:36:06 | 中根
暑!


ちょっと歩くと汗だくだ。


こんな日はアイスでも食べて詰碁だ。


うっ、難・・・ムズ・・・


このままでは詰碁がとける前にアイスがとけてしまう・・・・・





中根でございます。


本当暑いわね。


夏だものね。


暑いとバテるわね。


眠くなる。


目をサマーさなければ。


容赦なく気温上げてきやがるね。


ったく。


何サマーのつもりだ。


でも、夏は食欲旺盛になる。


減量のサマーたげになるやないかい! (わかりにく!)


・・・・・・・・・・・・・・・・

明日の試合、打つ手がサマーよう事ないよう頑張ります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

車が来るまで毛布にくるまる

2017-07-12 20:40:30 | 中根
「先生、落ち込んでばかりいると、ストレスで太るよ」


・・・・・・・・・・・・


そのことで落ち込んどるんだ!!!



中根でございます。


短気は損気って言いますわね。


確かに・・・怒っても、ろくなことにはならんわな。


しかしまぁ、そこは人間。



私は車をめったに運転しないんです。


たいてい自転車で行動する。


少しでも痩せたいという魂胆もあるが、


マナーの悪い運転者が多いというのが大きな理由。


ありえへんぐらいのスピードでぶっ飛ばしてくるやつもいれば、


無理やり割り込んできたうえ、にらみつけていく輩もいる。


そんな時は・・・困る。


無論、平静を装ってはいるが、やはり怒れる!ハラタツ!!頭くる!!!


カーとなる。車だけに。


自分の感情にブレーキをかけねばならん。車だけに。


でも、心のクラクションは鳴りっぱなしだ。車だけに。


・・・・・・・・・

次の試合、気持ちのギアを切り替えて臨みたいと思います。車だけに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔の写真(2)

2017-07-05 20:28:32 | 中根
減っても減っても無くならないもの、な~~んだ?



・・・・・・・・腹。





中根でございます。




本当にネタ切れ状態なのでまた、古い?写真を・・・







前回はガッツリとハンバーガーだったので、今回はデザートにチョコシェーク。








これを完食?するのは、さすがの私も時間がかかった。




※あくまで個人のブログであり、実際は飲めません。




またしばらく試合が無さそうな気配。めげずに頑張ります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔の写真

2017-06-28 20:53:55 | 中根
前局、非常に出来の悪い碁を打ってしまいました・・・

ボヤキネタを書いたら、自分がボヤくことになるとは・・・・・




中根でございます。

「ブログネタが無いなら写真でも載せろ!」

という声が聞こえてきたので、かなり前に撮ったもので・・・










こっ・・・これはすごい!





かぶりつけるか???






いくしかない!!!!!




いや~~・・・これを完食するのは、さすがの私も時間かかった・・・(汗)



※あくまで個人のブログであり、実際には食べられません。




次の試合、体力つけて頑張ります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボヤッキー(2)

2017-06-21 20:50:41 | 中根
なんか、先週の対局室は、いつも以上に静かだったような・・・

気のせいか・・・・・



中根でございます。


と言うわけで、ボヤキランキングの続きです。



第五位  
    「わからん」  


このように言う人が多い。


「わからない」とか、「わかりません」と丁寧に言う人もいる。


「わかりかねます」・・・ここまで、かしこまった人はさすがにいないか。


中には、「わからないね・・・わかるわけないよね?」


って、自分に言うてるのか人に訊いてんのか・・・


大丈夫ですか?



第六位 
    「アイタタタ」



これは無論、「あ、痛い」ってことなのだが、


別に痛くなさそうに「アイタタタ」って言うケースが多い。


私は若い頃、対局中に足がつって「アイタタタ」と叫んでしまったことがあった。


まあ、しかし自分の読みと違った手を打たれたときに「アイタタタ」を使うパターンが普通か。



「アタタタタタタタタタタタタタタタ!アタ!」と、北斗の拳のように言ってた人もいた。


秘孔を突かれそうで怖かった。



第七位  
    「いけねっ」


明らかに失敗した時に思わず出るフレーズ。


これを「いけない」と言う人もいるが、


「いけません」と丁寧に言うと、投了を告げるときのセリフと同じだからややこしい。


黙って打つに越したことはないが、ボヤくにしても言葉は選ばにゃならん。



第八位
   「バ〇」


これは無論、自分に言っているのだが、やはり主語が無いから気になる。


「バッ〇」、「バ〇だな~」、「バ〇みてえ」、などがあるが、


「バ~~~〇」って、のばして言われると、本当にバ〇にされてるようで、


(俺に言うとるんちゃうか?)って思っちゃったりする。


幼稚園の頃、習わなかったんですかね。「バ〇」って言う方が「バ〇」だって。


でも、この場合自分に言ってるわけだから、言う方も何も無いか・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・


他にもまだまだ「ボヤキ」は、あるだろうが、ランキング発表はこの辺にしておく。


「ボヤキ」は無い方が好ましいのだろうが、まあ、やはり、ある程度はね。


だって・・・人間だもの。



※あくまで個人のブログであり、実際のデータとは関係ありません。


明日の試合、人間らしい碁を打ちたいです。でもボヤかぬよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボヤッキー

2017-06-14 14:14:13 | 中根
朝晩と昼の温度差がありますわな。


体調には充分気をつけましょう。


さあ、ナツいアツはすぐそこだ!


ビールのうまい季節!!!


一年中うまいけど~





中根でございます。


みなさんが楽しそうにお話しながら


碁を打っている姿を見ると、こっちも元気になります。


とても素敵な光景。


やはり楽しく打つのが一番。


棋士の場合は、しかしなかなか、そうばっかりも言ってられない。


無論、公式対局場は 「シーン」 と静まり返っている。


とはいえ、全く何も聞こえないわけでは無い。


たま~に誰かの声が聞こえてくる。


そう、それが 「ボヤキ」 だ。


そして、この 「ボヤキ」 は、パターンが決まっていて、みなさんだいたい同じことを言う。


とくに頻繁に使われるものをいくつか紹介する。




 第一位 
 
     「ひどい!」


老若男女問わず、圧倒的な支持率だ。


八割以上の棋士が愛用しているだろう。


しかし、傍から見ていると何がそんなに 「ひどい」のか、よくわからん時もあるが。




 第二位
      
      「おかしかった」


これも人気。


過去形ではなく 「おかしい」 と言う人もいる。


「お菓子買った」 と 聞いているだけでは非常にわかりにくいダジャレを言う人もいる。


「お菓子買ったら、ぼくにもちょうだい」 って言った人もいた。 中根もびっくりの寒さだ。


もしかしたら、相手を凍りつかせて勝とうという作戦か。




 第三位 

     「参ったな」


これが曲者。他のボヤキもそうだが、主語が無いため、何がどう参っているのかさっぱりだ。


信用すると、それこそ 「ひどい」 目にあう。


だって、「参ったな (あんたが)」 って言ってるかも知れんでしょうに。




 第四位 

      「何やってんだ」


これもよく採用されている。


人によって、「何してんだ」、「何やっとるだ」


と、様々だが、どんな言い方にせよ、一言だけ教えてあげたい。



「碁だよ」  ってね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



続きはまたいつかのブログで。


お楽しみに!


来週? とは限らない・・・



明日の試合、ボヤくことのないよう頑張ります
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

たいむましん

2017-06-07 20:20:09 | 中根
梅雨か。

梅の雨か。

梅の飴だったらよかったのに。




公式試合1連勝と波に乗っている中根でございます。(連勝ちゃうやん!)








「おとといきやがれ!」って言いますわな。


まぁ、二度と来るんじゃねぇ!みたいな感じの、鬼みたいなセリフ。


めったに使う機会は無いですけどね。


しかし、なぜ「おととい」なのか。


「昨日」ぐらいでも充分来られないはず。


おそらく最初に言った人は、


「昨日きやがれ!」って言おうとして、


いや、まてよ、「昨日」ぐらいでは、もしかしたら来ちゃうんじゃね?


やばいんじゃね?


って、咄嗟に思い、


「一昨日きやがれ!!!」って、ほざいたのだろう。


つまり、手厚く、余裕を持って暴言を吐いたのだ。


白番で、盤面でも勝つかの如く。


・・・・・・・・・・


私は試合で負けた時は、


「過去に戻してくれ!」


って祈ることがよくある。


そん時は、




「おととい(が)きやがれ!!!!!」と叫ぶ。




次の試合後タイムマシンを探す事のないように頑張ります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加