修行僧が行く

OCNブログから引っ越してきました。日々の彷徨の記録を綴ります。

圓立寺のしだれ桜~散り果て行く美

2017-04-26 08:55:57 | 広島の桜

 豊平の中原から脚を延ばして大朝の園立寺を訪ねました。樹齢360年程と言われる形の良いしだれ桜が本堂の前庭にあります。この桜の満開の報がもう何日も前にあり、時既に遅しということを分かった上でのことでした。(4月18日(火))

ひと目だけでも見ておきたいと訪ねた圓立寺のしだれ桜でしたが、門前から見上げるその姿は、辛うじて枝全体に一重だけの花弁を残してくれていると言った感じでした。簡素にして何と凛とした姿かと感動を覚えるものでした。

門を潜って境内に入ると、僅かに残った花弁を付けた枝が枝垂れて出迎えてくれました。

本堂へと続く通路には散った花弁が積もって敷石を桜色に染めていました。

もう枝に残った花弁よりも散って地面に積もったそれの方が遥かに多い状態となっていました。

滝の水が玉になって流れ落ちるような満開時に比べるとずっと質素な姿でした。この質素感がまた美しく、これが散り果て行く美かもしれないと思ったりしました。

儚い桜の命ですが、最後まで咲く姿は健気です!

枝垂れた暖簾越しに秀峰・寒曳山を望む。

独特の境内の松の樹としだれ桜、圓立寺を護る樹々です!

塀を越えて外に枝垂れた枝の先の花弁はまだ元気そうでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中原(小田掛)のしだれ桜

2017-04-26 08:51:28 | 広島の桜

  春の嵐が到来して前日は強い雨と強風の一日となりました。桜の花には苛酷な天気てした。広島市街地やその周辺のソメイヨシノはほぼ終わってしまったようです。県北の桜も気懸りでしたが、晴れ上がったこの日の午後に旧豊平町の中原のしだれ桜をやっと訪ねることが出来ました。何とか嵐に耐えて持っていて欲しいと願いつつ訪ねてみると、中原の岡の上にピンクの枝ぶりの樹が見えてきて一先ずは安堵しました。(4月18日(火))

中原地区の岡の上の栗栖家の庭先の斜面に立つしだれ桜は、嵐の直前の週末が満開の見頃だったようです。前日の嵐に耐えてくれ、この日から散り始めたようでした。

栗栖家の前庭から眺めると、まだふさふさとした枝垂れ様で、最後の見頃といったところでした。秀峰・龍頭山をバックに咲く様は美しいものです。

岡の中腹に立つ桜故に、四方どちらの方向からも眺められるのもこの樹の特徴です。岡の上から眺めた栗栖家をバックにした姿です

先代ご夫妻の結婚を記念して67年前に植えられたまだ若い部類に入る樹です。樹の形が良かったことから評判ごなり、今では北広島町観光協会のホームページでも紹介されており、大勢の花見客が訪れています。

ご当主が今年も前面の田圃にひと足早く水を張ってくれていました。

天頂の花弁は散り始めていましたが、まだまだ綺麗です。

天頂から枝垂れ落ちんとする姿はながなかに動的です!

枝垂れる様は流麗で、一気に地面に枝垂れ落ちる感じです。

ダイナミックな枝垂れ様に酔い痴れるほどです!

枝垂れた枝を越しに秀峰・龍頭山を望む贅沢な景観です。

龍頭山や中原の集落を一望する岡の上に立つ一本桜です。

往年の案内板です!

ちょっと角度を変えて眺めると裃・袴姿の武士のようにも見えます!?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花のまわりみち 八重桜イン広島

2017-04-25 07:33:41 | 広島の桜

  恒例の造幣局広島支局の「花のまわりみち 八重桜イン広島」が4月12日(水)から18日(火)の間開催されました。広島の春の風物詩として定着して今年で27回目となりました。今年は61種、219本の桜が展示されていましたが、何処の桜も花期が遅れる中、ここの八重桜も同様でまだ蕾の桜も多く、全般には5分咲き程度と言ったところだったでしょうか。それでも、好天の下、例年には花期を終えている種類の桜も今年は見ることが出来るなど例年と違った雰囲気の花のまわりみちを楽しむことが出来ました。(4月14日(金))

色とりどりの艶やかな八重桜が迎えてくれる「花のまわりみち」の会場です。


例年は欄熟後に開催される感じですが、今年は花期が遅れやや落ち着いた色調の会場でした。

淡紅色の「手弱女」(たおやめ)と紅がやや濃い「笹部桜」のコラボです。八重桜の艶やかさが顕著です。

今年の花に選ばれたのは「妹背」(いもせ)でしたが、この花はまだ殆ど蕾の状態でした。やっと開いた枝を撮ってみました。

例年は散ってしまっている「ヒロシマエバヤマザクラ」が今年は見事に咲いていました。広島の江波山公園で平成6年の発見された珍種の山桜。

通路で仕切られた花壇に各種の八重桜が植えられており、来場者は自由に回遊することが出来ます。

真っ白な「太白」(たいはく)。この日はこの花の白さが心に沁み入る程に美しく感じられました。

この立派な枝垂れ桜は「雨情枝垂」、詩人野口雨情の邸宅にあったことから名付けられてとのこと。

通路から頭上を仰げば数種類の桜の花々が同時に目に飛び込んで来るのが「花のまわりみち」です。

 来場者は会場で八重桜の艶やかで、派手な饗宴に酔い痴れます。

 周りすべて淡紅色の世界!

独特の色合いの「鬱金}(うこん)も今年は見頃の美しい姿をしていてくれました。

開くほどに花弁が白味がかてくる「一葉」(いちよう)。紅の濃い蕾から開き切った花まですべての過程を見ることが出来ました。

時は春休み、家族連れの姿も多くありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神原のしだれ桜

2017-04-24 10:01:46 | 広島の桜

  広島市佐伯区神原の丘陵地に樹齢300年を超えると言われるしだれ桜の古木が立っている。形が良く、市街地に近いことから訪れる人も多い。この樹が満開になったとの報道がなされてから数日が経って、もう遅きに失する時期かと危惧しながらも訪ねてみると、やはり花のピークを過ぎたちょっと悲しい姿であった。桜の花の命は短い。早々に老いに入る姿になるのも宿命といえる。(4月14日)

初代(右側)と2代(左側)の2本の古木が民家の庭先に咲く。

側面から見ると趣きがまったく変わる、手前が二代目、奥が初代のしだれ桜。

初代は流れるように見事に枝垂れることから人気が高いが、この日はかなり花弁を落とした後で落下する迫力は今ひとづの感があった。


青葉が目立ち始めた初代の枝先。

二代目は樹形が整い、樹勢もあることからこれまた人気が高い。

逆光の中に見る二代目の枝垂れる様はまだまだ美しい!

初代(手前)と二代目(奥)の揃い踏み。

青空の下、枝垂れる様は、流石だ!

丘陵の周囲を俯瞰するかのような姿で立つ神原のしだれ桜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜満開の土師ダム

2017-04-23 07:00:09 | 広島の桜

 満開の尾関山の桜を楽しんだ帰りにこれまた広島の桜の名所である土師ダムを訪ねました。ダム湖の八千代湖の周囲に6,000本のソメイヨシノが植樹されており、ここもまた満開とあって、そのスケールの大きな春景色にはいつもながらに圧倒されるようでした。(4月13日)

満開の桜に囲まれた八千代湖。湖面の噴水は強い風にやや乱れがちでした。
 

八千代湖の周りに満開の桜の長い帯が延びています。

桜のベルト越しに眺める湖面も良いものです。

桜の帯に沿って歩道を兼ねたサイクリング道路が設けられています。

この日は平日でしたが、学校が春休みとあって沢山の家族連れの姿がありました。

 湖岸に点在する岩は、何らかの芸術的表現のよう!?

 のどごえ公園は家族連れなどの花見客で賑わっていました。

 のどごえ公園を流れる渓流沿いにも沢山の花見客の姿がありました。

 園内は広く、どこでもシートを敷いて腰を下ろすことができます。
 

湖畔は様々な形状に造成されており、散策も楽しい!
 

湖畔のどこからでも噴水と桜の帯を眺めることができます。

 
湖畔の園地周辺の満開の桜がやはり最大の見ものでしょうか!
 

美しい桜には花見客らがカメラを向けて歓声をあげていました。
 

湖畔を離れた高みの車道沿いにも見事な桜の並木が続いていました。
 

 帰り間際に湖面に西陽が射して風に乱れた噴水の霧に虹模様が現れました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加