Mr.しもの前途遼遠

オンラインプロレスラー、Mr.しもとザ・ミックの成長日記みたいなものです。

大仁田厚 vs Mr.しも 総括

2017-06-12 03:33:34 | ストーリー
Mr.しも、今度は邪道を迎え撃つ!?



ほこプロに邪道、見参!?



Mr.しも、大仁田のケンカを買う!?



大仁田vsMr.しも、ルールはもちろん電流爆破!?



Mr.しも、電流爆破に(嫌々)推して参る!



大仁田、時限爆弾デスマッチを提案!?



大仁田vsMr.しも、ファイヤープロレスで決行!



Mr.しも、大仁田厚戦前コメント



大仁田厚 vs Mr.しも(試合動画)



Mr.しも、爆破の衝撃で失神K.O.!



大仁田とのシングル戦は
初の電流爆破、
初のファイプロR使用と
かなり野心的な
動画になりました。
皆さん、楽しんで
いただけましたか?
前回の日向葵戦とともに
WWE2Kシリーズ以外の
プロレスゲームの可能性を
感じました。

以下は恒例の
製作裏話です。
ネタバレを含みますので
試合動画をまだ
見ていないという方は
先にコチラをどうぞ。



【ファイプロR】

ファイプロワールドの発売を
日本全国のプロレスファンが
待ちわびているこのタイミングで
この動画を公開できて
本当によかったです。

ファイプロでも
プロレスごっこはできる!
ファイプロでも
第三者を楽しませる
動画を作れる!
そんな可能性を感じましたし
動画を観てくれた
プロレスゲームファンの方に
「オレもやってみようかな」
なんて感じてもらえたら
感激に極みです。

ファイプロワールドは
私もオンラインで
ガッツリ遊ばせてもらう
予定です。
ファイプロワールドのリングで
皆さんとお会いできるのを
楽しみにしていますよ!


【大仁田厚】

不思議な人ですよねぇ。
プロレス界で最も
嫌われている選手のような
気もしますし
ファンが最も熱狂的な
選手でもあると。

私は一度だけ
大仁田ファンで
覆いつくされた
FMWの興行を見ましたが
あの興行を観戦して
その不思議な魅力、
カリスマのような何かを
ちょっとだけ
感じちゃいました。

それ以前の私は
「電流爆破なんて・・・」と
思っていましたが
いや、今も邪道だとは
思っていますけど
それでも可能性を
閉じるようなことは
言えなくなりましたね。

大仁田厚、
カッコイイじゃないかと。

会場で見たことがない方、
引退する前に
是非、一度だけでも
邪道に触れてみてください。
結構、価値観が
変わっちゃうかも
しれませんよ!?


【試合展開】

テーマは、「電流爆破」。
シンプルにそこだけに
こだわって作りました。

序盤はMr.しもが
電流爆破を嫌がる姿を、
中盤、大仁田が被爆して
その後、
大仁田の毒霧を機に
Mr.しもも被爆。
そして、最後は
制限時間10分が過ぎて
両者(+レフェリーも)被爆。
そしてMr.しもが
失神K.O.と。

時限爆弾マッチとして
試合を行った理由は
大仁田とMr.しもが
同時に被爆して
Mr.しもだけが気絶する
画を作りたかったからです。
有刺鉄線に2人で
同時に触れる画は
作れないですからね。


【ファイプロでプロレスごっこ】

ファイプロで
プロレスごっこをする際、
最も厄介なのが
「自動返し技」です。
体力がまだ十分に
残っている状態、
あるいはランダムで
本当は相手の技を
喰らう画を作りたいのに
勝手に技を避けてしまったり
返し技が発動してしまう
ことがあります。

これを防止する為に
活用したシステムが
「受け」。
L1ボタン(呼吸ボタン)を
押しっぱなしにしておくと
100%相手の攻撃を
受けることができる

システムなのですが
コレ、今回の動画の収録まで
まったく知りませんでした。

今回の動画製作を
実現可能にした
非常にありがたいシステムで
ファイプロワールドでも
プロレスごっこで
ゲームを楽しみたい方には
必須のテクニックと
なると思いますので
知っておいて損はないかと。


【凶器】

リング上に配置される凶器は
数は指定できるものの
種類はランダムのようです。
大仁田の動画ですから
有刺鉄線バットが大当たり、
イスが当たりくらいに
考えていましたが
本番TAKEでは
竹刀×3、バット×2、木の板×1
・・・という引きの悪さ(笑)

収録始めの頃は
鉄線バットが出るまで
リセットしていたのですが
収録中の立ち回り次第では
せっかく
鉄線バットが出ても
使いたいときに
足元にないなんてことも
多々ありまして(笑)
途中で諦めました。

それと実は
この試合の収録で
一番多かったNGが
凶器を拾おうとして
(十字キー↓+△ボタン)
走って有刺鉄線に
突進してしまう
パターンでした。
2つのコントローラーを
持ち替えながらの
操作ですので
とっさに凶器の
持ち手部分を
判断するのが
難しかったですね。


【伏せかわし】

大仁田のダッシュ攻撃を
Mr.しもがL1ボタンで
伏せてかわして
大仁田を被爆させる。
これは今回の動画で
最も力を入れた部分です。

タイミングは決して
難しくなかったのですが
Mr.しもの
起き上がりを攻める
ムーブですので
直前の大仁田の凶器での
殴打のムーブの時点で
凶器を拾いやすい位置と
ダウンしたMr.しもが
ロープ付近に倒れる位置を
キープしなければならず
それが難しかったです。


【Mr.しも必死の抵抗】

Mr.しもの被爆直前、
Mr.しもがハンマースルーを
3度耐えるシーンですが
これは意図してできた
ものではなく
前述した自動返し技が
奇跡的に3回連続で
発動した結果でして
「笑いの神が
 降りてきたな」と(笑)
それまでのTAKEでは
1回出るか出ないかでしたので
本当に偶然なんですよ。


【フィニッシュシーン】

フィニッシュは大仁田が
サンダーファイヤーパワーボムで
Mr.しもを叩きつけた直後の
制限時間によるリング爆破、
Mr.しもの失神という結末。
これを実現するのは
なかなか難しかったです。

1つは、リング爆破の時点で
大仁田は立ち上がれる
体力を残しておき
Mr.しもはK.O.されるよう
体力を調整しておく
必要があったこと。
Mr.しもの防御力や
精神力を低めにして
大仁田はヘッドロックや
マウントパンチを
長めに決めることで
Mr.しもに
多くのダメージを
与えておくことで
こちらはクリアできました。

もう1つの難しさは
ゲーム上での試合時間10分で
強制的にリングが爆破する為、
常に試合時間を意識しながら
展開をコントロールする
必要があったこと。

ファイプロでは
割と淡々と
時間が進んでいきますので
最初に書き上げた展開では
ものの5分ちょっとで
試合が終わって
しまったんですよ。
そこで、技ではない部分、
Mr.しもがなかなか
組み合わなかったり
相手を強制的に起こさず
間を作ったりしながら
時間を調整しています。

出来上がった動画は
自分としても
納得のいくものに
仕上がりました。


【今後の展望】

毎週末の動画公開を
4週続けてできたので
ちょっと休もうかななんて
思ってたりしますが
そんなときの方が
不思議とアイディアも
降ってくるものでして・・・。



せっかくですので
「オープロ3」と
「ファイプロR」で
もうちょっと動画を
作ってみようかなと。

Mr.しもにも
ちょっと飽きてきた
タイミングですので
ザ・ミックの試合を
数試合作ってみたいと
思います。





それと悪ふざけで
ほっこりプロレスの
架空レスラーたちを
ファイプロで
再現してみました。
こちらは
「ファイプロで遊んでみた」
シリーズの方で
活用したいと思います。

プロレスゲームファンとして
「ファイプロワールド」を
大いに盛り上げたいですね。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
ジャンル:
スポーツ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週のワールドプロレスリン... | トップ | 新日本大阪城決戦話その1 テ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみ (萬田金次郎)
2017-05-29 17:48:29
待ってました。Mr.しもVS大仁田厚とっても期待しております。リクエストですがMr.しもVSスタンハンセンをリクエストします。(理由しもさんが全日本系が好きなので。)御検討宜しくお願いいたします。
ハンセン (Mr.しも)
2017-05-30 05:47:38
萬田金次郎さん

ハンセンは気になる相手ではあります。
ミックの方が手が合いそうですけどね。

コメントを投稿

ストーリー」カテゴリの最新記事