Mr.しもの前途遼遠

プロレスファンのおじさんのオンラインゲーム日記です。
あなたもMr.しもとザ・ミックの生き様を追体験しませんか!?

後藤洋央紀が鈴木軍追放を予告

2017-04-26 23:17:08 | プロレス話

ソースは、東スポWeb

27日の
新日本プロレス広島大会で
鈴木みのる(48)との
V4戦に臨む
NEVER無差別級王者の
後藤洋央紀(37)が
25日、鈴木軍の
追放を予告した。
ベルト総取りを掲げて
今年1月に新日マット
再上陸を果たしたみのるだが、
いまだ無冠。
王者は鈴木軍が一度は
“スルー”したはずの
NEVER王座にも
手が届かない現実を突き付け、
海賊に引導を渡すつもりだ。

後藤は9日の
両国国技館大会で鈴木軍の
ザック・セイバーJr.(29)
を退けると、
次期挑戦者にボスの
みのるを指名した。
その裏にはある狙いが
隠されている。

今年1月に新日マットに
再上陸した鈴木軍は
「お宝を全部よこせ」と要求。
さっそく2月の札幌大会で
みのるがIWGPヘビー級王者
オカダ・カズチカ(29)
に挑戦し
「CHAOSVS鈴木軍」
の抗争が勃発した。
ところが、同大会では
CHAOSの
タイトルホルダーの中で
後藤だけがその標的から外れ、
抗争中だった
ジュース・ロビンソン(28)
を相手に初防衛戦を行った。

まるでNEVERのベルトは
「宝」と見なされて
いないかのような屈辱の
“スルー”扱い。
だからこそ後藤は
みのるを挑戦者として指名し、
王座戦の舞台に引きずり込んだ。
「もともとは俺のこと
無視してたからね。
とうとうたどり着いて、
船長が出てきたわけだから。
あの時、目も
くれなかった宝が、
実は手も届かない
存在だったということを
教えてやる」
と意図を説明した。

さらには
「崖っ縁なのは
向こうなんで。
昔の鈴木みのるは
デカイ壁だったけど、
今は小さく見える」
と、鈴木軍の現状を分析。
ユニットとしては
IWGPジュニアタッグ
王座こそ獲得したものの、
総大将のみのるは
オカダとのIWGP戦に
敗北後、3月の
「NEW JAPAN CUP」
でも1回戦で敗退した。
もちろん後藤は広島決戦で
残酷な現実を突き付け、
引導を渡すつもりだ。

「今の新日本に
お前らの居場所はないんだよ。
海賊ごっこは
終わりにしてやる。
もう1回、他の団体に、
旅に出れば
いいんじゃないですか?
また新たな宝を目指して」
とバッサリ。
新日プロでのベルト総取りは
実力不相応な野望だったと
いうことを分からせて、
セルリアンブルーの
マットから追放するという。

この日の大阪大会では
タッグ戦で激突。
みのるを強烈な首折り弾で
場外へ吹き飛ばし、
チームを勝利に導いた。
試合後もみのると
乱闘を繰り広げ、
広島決戦への気合は
高まるばかりだ。



なんかアレだ、
後藤、小っちゃくないですか?
器が・・・。

まぁでも私は
そんなところも含めて
後藤洋央紀が大好きですよ。

やってみろ、後藤!
やれんのか、おい!



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノア参戦のブラム 不謹慎写真で出場停止処分

2017-04-26 23:05:11 | プロレス話
ソースは、東スポWeb

プロレスリング・ノアは
26日、都内の事務所で
緊急会見を開き、
「グローバルタッグリーグ戦」
に出場中の外国人選手、
ブラム(30)を
出場停止処分にしたと
発表した。

ブラムはじゅうろくプラザ
(岐阜市文化産業交流センター)
大会に出場した24日、
市内のコンビニ店内の
アイス売り場で
仰向けに寝そべる
写真を撮影。
それをインスタグラムに
アップした。
SNSを通じて拡散し、
25日夜に団体側も
ファンからの指摘で
把握したという。

ノアの内田雅之会長(55)は、
ブラムを27日の
栃木県総合文化センター
大会から出場停止にし、
ロビー・E(33)との
コンビで出場していた
残る公式戦は
不戦敗とすることを発表。
その上で
「関係各位の皆さまに
多大なご迷惑をかけ、
不快な思いを
させてしまったことを
深くおわび申し上げます」
と謝罪した。

また同席したブラムも
「大変申し訳
ございませんでした。
ノアの決定を
真摯に受け止め、
心からおわび申し上げます」
と神妙な表情で話した。
今後は早急に
選手、社員への
SNS講習会を開く予定で
「再発防止に
努めてまいります」
と内田会長は話した。
また現場となった
コンビニ店の本部と、
今後の対応について
協議しているという。

英国出身のブラムは
2003年にデビュー。
身長190センチ、
体重105キロの
ヘビー級選手として
TNAマットで活躍し、
今回が初来日だった。



ブラム、
コノヤロウ!


グローバルタッグリーグが
開催中のノアにとって
手痛い大打撃です。

明日の栃木大会では
ブラムの代わりに
カズマ・サカモトが
対戦カードに
名を連ねました。
代打を引き受けてくれた
カズマにはそのぶん
大暴れしてもらいたいですね。

アレですか、
もういっそのこと
リングに寝そべったブラムに
お灸を据える動画でも
作っちゃいましょうか?



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いいわけを書きます。

2017-04-26 22:51:29 | その他

「ブログの更新が少ない」
「中身がスカスカ」

そう感じている皆様、
お察しかとは思いますが
現在、Mr.しもの中の人は
仕事という強大な敵に
フルボッコにされている
状態です。

月末は大概
忙しいんですけどね。
職場が変わったこともあり
今月は本当にしんどいです。
明日が終われば
ほんの少しは
落ち着きそうなんですけどね。

そんなわけで
もう少しだけ
ご迷惑をおかけします。
ご理解の程、
よろしくお願いします。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近のMr.しもの中の人の話

2017-04-25 02:41:06 | その他

全日本プロレスでは
チャンピオンカーニバル、
ノアでは
グローバルタッグリーグ戦、
ゼロワンでは
天下一ジュニアリーグ戦と
この時期、プロレス界では
さまざまなリーグ戦が
行われています。
プロレスファンの皆さんも
きっと毎日、
一喜一憂していることと
思います。

一足先にリーグ戦の
全日程が終了している
天下一ジュニアは
Aブロックは大谷、
フジタ"Jr"ハヤト、
ショーン・ギネスの3選手、
Bブロックは
高岩と鼓太郎が
同点首位。
26日の後楽園大会では
優勝者決定戦だけでなく
決定戦進出戦も
行われることになりました。
今年の天下一ジュニアは
出場メンバーからして
非常に豪華でしたが
期待を裏切らない
大混戦になりましたね。



先日終えたばかりの
桜木ハル戦、
個人的にはかなり
満足のデキだったのですが
世間の評判はイマイチ・・・。
でもやっぱり私、
こういう他の人が
挑戦しないであろう
対戦相手との
動画制作の方が
燃えてくるんですよね。



ちなみに・・・
「Mr.しもの
 中の人が語る鶴姫」
を今の今まで
やらなかったのは
いつかやるかもしれない
桜木ハル戦の為に
温存したかったからです。
どちらのキャラクターも
小清水亜美さんが
声優を担当して
いるんですよね。



先日はアニメ
「世界でいちばん強くなりたい」
を全話一気に見たり
最近はドラマ
「ここが噂のエル・パラシオ」
を見たりしています。
「もしかしたら
 動画にできるかも・・・!?」
なんて気持ちで
見ているのですが
さすがに難しそうです。

それに今、やるのであれば
「豆腐プロレス」
の方が旬でしょうし・・・。



1人暮らしのおっさんの
毎日のお楽しみ、
テレビドラマの方は
「CRISIS」「リバース」
「ボク、運命の人です。」
などを楽しんでいます。
「リバース」は
結末を知らなければ
もっと楽しめたのかも
しれませんけどね。



漫画では
今更ではありますが
「ワンパンマン」を
読み始めました。
・・・これは面白い!



あとは早く
ファイプロワールドの
情報がほしいところです。
なかなか続報が
出ませんねぇ・・・。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

先週のワールドプロレスリング 2017.4.22

2017-04-25 01:24:19 | ワールドプロレスリング

<4月9日 両国国技館>
■IWGPジュニアヘビー級選手権
高橋ヒロム 
VS KUSHIDA


世紀の一戦は
まさかの秒殺決着!
でも個人的には
このタイミングで
KUSHIDAが取り返さなくて
良かったと思っています。
皆さんもきっと
まだまだヒロム、
見たいでしょう?

次はリコシェですか、
楽しみですね。


内藤哲也、SANADA、
EVIL、BUSHI
VS 棚橋弘至、
ジュース・ロビンソン、
田口隆祐、リコシェ


田口ジャパン、絶好調!
田口はもちろん
田口にパラダイスロックを
仕掛けるSANADAも
楽しみになっている
自分がいます(笑)

でもやっぱり
田口の下ネタがないと
物足りないですよねぇ。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加