徒然なるままに ~ Mikako Husselのブログ

ドイツ文化、社会問題、環境問題、海外情報のまとめなど

書評:松岡圭祐著、『水鏡推理4 アノマリー』(講談社文庫)

2016年10月17日 | 書評ー小説

松岡圭祐氏の最新刊『水鏡推理IV アノマリー』は、主人公水鏡瑞希が登場するまでの前置きがかなり長く、非行少女たち(女子少年院入院中)の更生プログラムの一環としての登山のいきさつを、彼女らの過去へのフラッシュバックを交えながら語られます。このプロローグがどのように文科省の下っ端事務官水鏡瑞希に関わってくるのか分かるまでに結構かかります。

商品説明にあるように、この登山プログラムに参加している少女たちは八甲田山で、気象庁と民間気象会社の予報の食い違いのあった日、民間気象会社の「晴れ」予報を信じて出発し、豪雨に見舞われ行方不明となってしまいます。

一方、水鏡瑞希が気象図の整理を手伝っていた総合職官僚浅村も瑞希がうたた寝している間に失踪。彼は瑞希に謎の書類を預けていた。数日して、彼はなぜか八甲田山登山口辺りでの少女たちの記念撮影に一緒に移り込んでいたのを瑞希が発見し、彼女は彼の足取りを残された書類をもとに追うことに。

なかなかのサスペンスである一方、親にあまり愛されずに、どうしていいか分からなくなって暴走しがちな少女たちの成長の物語でもあります。

瑞希が下っ端役人として比較的等身大の(?)活躍しかしないので、なかなか核心部に辿り着けずに、うろうろと寄り道しているような印象がちょっと強いので、途中少しじれったいかもしれません。その分現実味があるともいえるのですが、物語のテンポとしてはさほど良くないように思います。


書評:松岡圭祐著、『水鏡推理』(講談社文庫) 

書評:松岡圭祐著、『水鏡推理2 インパクトファクター』(講談社文庫)

書評:松岡圭祐著、『水鏡推理3 パレイドリア・フェイス』(講談社文庫)

書評:松岡圭祐著、『探偵の鑑定I』(講談社文庫)

書評:松岡圭祐著、『探偵の鑑定II』(講談社文庫)

書評:松岡圭祐著、『探偵の探偵IV』(講談社文庫)

書評:松岡圭祐著、『千里眼完全版クラシックシリーズ』(角川文庫)

書評:松岡圭祐著、『万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの≪叫び≫』(講談社文庫)

書評:松岡圭祐著、『被疑者04の神託 煙 完全版』(角川文庫)

書評:松岡圭祐著、『催眠 完全版』(角川文庫)

書評:松岡圭祐著、『カウンセラー 完全版』(角川文庫)

書評:松岡圭祐著、『後催眠 完全版』(角川文庫)

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日(日)のつぶやき | トップ | 書評:孫崎享著、『日米同盟... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。