言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マンデル・フレミング理論と動学的効率性の条件

2009-08-02 | 日記
 ここしばらく、「マンデル・フレミング理論」 について、「なぜ、日本の現状に合わないのか」 を考えていました。理論が間違っている可能性もありますが、それなりの論理性を備えていないならば、ノーベル賞は受賞しなかっただろう、と考えられます。そこで、この理論にはそれなりの論理性が備わっている、と仮定して考えれば、次のようになると思います。



 いまの日本経済は、「動学的効率性の条件」 を満たしていません。すなわち、資金を設備投資などにまわすよりも、国債の購入に振り向けたほうが、( 資金運用の観点からは ) 合理的な状況になっています。

 したがって、国債発行残高がどれほど積み上がっていようと、資金は、国債の購入に振り向けられます。つまり、国債の需要は高い、といえます。

 とするならば、国債の価格はなかなか下落せず、金利は低いままにとどまるはずです。すなわち、

   「動学的効率性の条件」 を満たしていない経済には、「マンデル・フレミング理論」 はあてはまらない、

と考えるのが適切ではないか、と思います。



 したがって、国債を ( さらに ) 発行しても金利は上昇しない、と予想されます。しかし、だからといって、( 公共投資のために ) どんどん国債を発行してよいか、というと、そうともいえない、と思います。

 なぜなら、日本経済が ( 構造改革などにより ) まともな経済、すなわち、動学的効率性の条件を満たす経済になったときには、急激な金利上昇が予想されるからです。



 私の理解が正しければ、日本経済の置かれた状況は、非常にやっかいなものだといえます。現状のままでは、大変なことになる。しかし、( 構造改革が成功して ) まともな経済になれば、急激な金利上昇が発生して財政破綻する。

 「改革の順序も、きわめて重要」 な局面なのではないか、と思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田母神俊雄 『自らの身は顧み... | トップ | 我愛她 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。