言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

田母神俊雄 『自らの身は顧みず』 について

2009-08-02 | 日記
田母神俊雄 『自らの身は顧みず』 ( p.2 )

 私は今回の更迭事件をなんとも不思議だという感覚で受け止めている。私は端的に言って「日本はいい国だった」と言ったのだ。すると「日本がいい国だったとは何事だ、政府見解では悪い国になっているんだ」ということで航空幕僚長を解任されてしまった。
 野党民主党は、私の任命責任を追及している。どうして日本がいい国だったと言うような者を航空幕僚長にしたのかというわけだ。裏を返せば、日本の国はろくな国じゃなかったと言うような人物を任命しなさいと言っていることになる。妙な話である。これが日本の国益を守る国会議員の発言だろうか。


 田母神さんは、「日本はいい国だった」 と言ったら解任された、と主張しておられます。



 私は、田母神さんの主張は間違っていると思います。すなわち、田母神さんは解任されてもやむを得ない、と考えます。田母神さんは、「自分がなぜ、解任されたのか」 を、誤解しておられます。私がこのように考える根拠は、この本の別の箇所に書かれています。そこで、解任の適否については、今後、この本の当該箇所を引用する際に、言及したいと思います。

 しかしながら、「日本はいい国だった」 か否か、という歴史認識の問題は、解任の適否とは別の問題であり、それ自体、重要なテーマだと思います。そこで、主としてこの観点から、この本を引用したいと思います。



 なお、この本のタイトルは、「自らの身は顧みず」 となっています。ですから、( この本のタイトルに嘘がないならば ) 「解任自体についての主張は不適切だが、歴史認識を取りあつかう素材として、この本には価値がある」 という私のスタンスは、田母神さんの真意にも沿っているのではないか、と考えています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の一人っ子政策 | トップ | マンデル・フレミング理論と... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
幸福の科学と田母神閣下・・・ (雪村総也の不安)
本日の産経新聞の広告に田母神前幕僚長と大川きょうこ前幸福実現党党首との対談が載っていたようです 軍事についてとのことですが・・・・ 幸福実現党は確かに軍事についてはかなり良いことを言っておられると思います 恐らくそこで田母神前幕僚長は広告用の対談...