衣笠山でおさんぽ     ---亡きjessieとセーラに捧ぐ

  超ハイパーなBobと弾む毬のごとくアクティブなValencia、まるで天使の如く純粋無垢なスノウおじさんを迎えて

土曜日は山科で犬散歩 2016年10月22日(土)

2016-10-25 00:45:22 | コンパニオンアニマル

 

久しぶりのお当番だったこの日、ブンちゃん達のフロアの扉を開けると...

 

さらにもう一つ、ゲートが増えていました。

 

 

これならだれが来ても飛びつき防止にもなり、良いですね。

 

お散歩は一頭ずつのルールとなったため、いつものようにブンちゃんとダイちゃんを順に連れ出しました。

 

最近また少しお育ちになっているブンちゃん

ブンちゃんは、オシッコ一気出しでしたが、この日はまたもやマーキングオトコに戻っていました。

 

ところで以前、お散歩ボラさんに「必ず二頭連れ出さないといけないのですか」と尋ねられたことがありました。

通常、散歩ボランティアはお散歩予定表に、いつ、どの犬の散歩が可能なのかを記載するようになっています。二頭を順に連れ出せる際には、それぞれの名前のところへ自分の氏名を入れるシステム。

ですから、お散歩は二頭連れ出さないといけないということはありません。確認の意味も兼ね、散歩へ出発する前に、その日の職員さんに連れ出す頭数の予定を伝えておけば良いと思います。

 

さてこの日、ダイちゃんとは...

 

三浦循環道の下をくぐり、太田和ほたるの里方向へ行ってきました。

 

ダイちゃんはお散歩行く気満々でしたが、日暮れ前でしたので、辺りはすぐに暗くなってしまう時間帯。

 

 

街灯も付き始めたため、民家の無くなる蛍の里手前辺りで折り返してきました。

 

ところで、山科には二頭の新しいワンコがやってくる予定でしたが、この日はキャバリアのナナちゃんに会うことができました。

 

ご覧のように、とても美しいナナちゃんは、入居者のおばあちゃまと共にさくらの里山科にやってきました。

 

ナナちゃんはとてもシャイ。

通常はおばあちゃまの居室で、こうして一緒に過ごしています。

 

 

さて、吠えてばかりで煩い殿様ジロー(笑)、この日は可愛いユニホームに包まれていました。

 

このユニホームを寄付下さった職員さんが、帽子もあるのだとかぶせてくださり...

ジロー、何か文句ありそうだね(笑)

 

小さいワンコはこのようにオシャレが出来て可愛いですね。

職員さんに抱っこされて嬉しそうにしていました。

 

 

 

もう一頭、山科にやってくるワンコはビーグルという噂。

会える日を楽しみにしながら、山科をあとにしてきました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美魔女ビーグル「サリー」 | トップ | 御近所わんこ ルナちゃん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コンパニオンアニマル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。