だって見たいんだもん!

映画と共に生きてきた私。大好きな映画と芝居と絵画をメモします。

ジョン・ケアードの夢

2007-05-30 22:04:27 | 演劇
ウィリアム・シェークスピアの作品には、“悲劇” “喜劇” “史劇”などのジャンルがあります。“3大悲劇”といえば、『ハムレット』 『ロミオとジュリエット』 『マクベス』ですね。他にも『オセロー』や『リア王』 『タイタス・アンドロニカス』 『コリオレイナス』なども有名。

そして喜劇の代表作が、『から騒ぎ』 『お気に召すまま』 『終わりよければ全てよし』 『ウィンザーの陽気な女房たち』 『恋の骨折り損』 『じゃじゃ馬ならし』 『テンペスト』 『間違いの喜劇』などなど。そしてもう1本、『夏の夜の夢』があります。

この作品は「夏の夜の夢」のタイトルで、81年の英国TVM、RSCことロイヤル・シェイクスピア・カンパニー版(96)で映画化。また「真夏の夜の夢」のタイトルだと、13年と24年のドイツ版、53年のオリビア・デ・ハヴィランド主演(未)、84年のリンゼイ・ケンプ主演(見たわ~)があります。

一番最近のが、1999年のマイケル・ホフマン監督作品。主演は、ケヴィン・クライン/ミシェル・ファイファー/ルパート・エヴェレット/キャリスタ・フロックハート/スタンリー・トゥッチ/アンナ・フリエル/クリスチャン・ベイル/ソフィー・マルソー/ドミニク・ウェスト/デヴィッド・ストラザーン/サム・ロックウェル/ビル・アーウィン/ロジャー・リース/バーナード・ヒルの超豪華版。もちろん、見ました。

まっ、私はシェークスピア作品のファンでして、映画はもちろん舞台も何度も何度も見ているんですが、また行きます。今度の「夏の夜の夢」は、RSCの名誉アソシエート・ディレクター、ジョン・ケアード氏の演出。彼は『レ・ミゼラブル』や『ベガーズ・オペラ』などの演出でおなじみ。

今度の舞台は当初、江守徹さんが主演だったのですが、病気休演。代役に村井国夫さんが入りました。結果、見に行くことになりました~♪(ちなみに江守さんもファンです、念のため)村井さんはオーベロンで、タイターニアは麻美れいさん。2人とも大ファンです。うれしすぎ。他にも魅力的なキャストが並んでます。ちなみに、私は千秋楽を見ます。今から楽しみですわん♪
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男たちの傷とは? | トップ | レストラン“グストー”に行き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。