きゃおきゃおの庭

近代建築から現代建築までPHOTOたてもの探訪の記録。大切にしているものなど写真で綴ります。

輸出繊維会館その4 イケフェス大阪2016 

2017-03-22 | 村野藤吾



傘立てに萌え~。

見学会は、一筆書きルートで、後戻りなし。
笠原さんの説明も聴きたいけれど
写真も撮りたい。
メモを取りつつ、ファインダーを覗くのは
とても大変でした。

階段がどれも趣向が違って面白いので
いつも最後列になってしまいます。


繭玉がデザインされたグリル 繊細な曲線に心躍ります。






こちらも素敵。





あっというまに1時間が過ぎて見学は終了。
会員制の会館を見学できて、ほんとうに嬉しかったです。
イケフェスに感謝!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

輸出繊維会館その3 イケフェス大阪2016 

2017-03-13 | 村野藤吾
照明や何気に置かれた家具類などは、
村野藤吾によるデザイン。
いくつかある会議室は、地下のため窓がなく、気が散ることなく商談や会議ができそうです。













地下のラウンジにある堂本印象のデザインを織り上げたタペストリーは、ゆったりと帆船が世界の海を進んでいます。



優美で気品ある空間。
ちょっとだけ、座ってみました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

輸出繊維会館その2 イケフェス大阪2016 

2017-03-11 | 村野藤吾
見学会の集合場所は、南玄関エントランスホール。
鮮やかな色彩の ガラスモザイクタイルの壁画に心躍ります。
近代日本画の大家 堂本印象の作。
海のイメージだそうです。















壁画も階段も伸びやかなデザイン
生き物のような うねりを感じます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

輸出繊維会館 イケフェス大阪2016

2017-03-08 | 村野藤吾
楽しみにしていたガイドツアー。
当たりました!

案内人は、建築史家 笠原一人さん
たくさん写真を撮ったので
まずは外観から。




こちらが南玄関


イタリア産トラバーチンの壁面に、角のない窓枠が目をひきます。



屋上には、かつて茶室があったそうです。あと鉄塔が2つ見えます。


フェンスに萌え~。

そして気になるのが、西玄関のひさし






竣工 1960年
設計 村野・森建築事務所(村野藤吾)
所在 大阪市中央区備後町3-4-9
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

まちたびにしのみや2016 浦邸

2017-03-01 | 戦後建築
旧山本邸の道の向かいに、その建物はありました。
数学者の施主 浦太郎がパリに留学中、親交のあった吉阪隆正に設計を依頼して建てられた
住宅です。
土地選びから二人で行い、鉄筋コンクリートの住宅が1956年に完成しました。
八本の柱で、宙に浮いたような形。
ピロティを見学させていただきました。



















築60年とは思えない、モダンな造りで
どんな暮らし方をなさっているのかなあと
想像はつきません。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

まちたびにしのみや2016 旧山本家住宅 山本清記念財団

2017-02-28 | 日本建築
夙川駅からすぐに夙川にでて、川沿いの遊歩道をうらうら。
桜の季節は、さぞ美しいでしょうね。


こおろぎばしあたりで土手に上り、住宅街を抜け、暫く歩くと着きました。

和洋折衷の元個人邸宅。
長く大切に住まわれ、5代目所有者の山本清氏の遺志により
財団が設立されて、収集した美術工芸品の展示や地域の文化交流の場として
使われています。






















茶室や蔵もあります。

昔、地下室があったときの通気口


竣工 1938年
設計 岡田孝男
所在 兵庫県西宮市結善町1-24


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

まちたびにしのみや2016 カトリック夙川(しゅくがわ)教会

2017-02-21 | 教会・礼拝堂
「まちたびにしのみや」に参加するのは2回めで、
とても楽しみにしていました。
「夙川(しゅくがわ)モダニズム建築探訪」コースの集合は、阪急夙川駅。
イヤホンガイドを装着し、2班に分かれて出発しました。























    
                     聖母子と聖ドミニコの像           聖テレジアと信徒のこどもたち



竣工 1932年
設計 梅木省三
所在 西宮市霞町5-40

聖堂は、教会創始者ブスケ神父の敬愛する聖女テレジアに献げられ、「幼きイエスの聖テレジア教会」と呼ばれています。
阪神淡路大震災で被害を受け、2012年に耐震・改修工事が行われました。
カリヨンは11個あり、一日3回自動演奏で「お告げのマリア」が鳴るそうです。

聖堂内に、バラの花を手にした慈愛に満ちた聖テレジア像があり、その差し出したバラの花に
そっと触れ お辞儀をして外に出ました。
美しい 心あらわれる教会です。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ガスビル食堂で夕食を

2017-02-14 | レストラン・居酒屋など たべものや
平日の夜、大阪に滞在するのは初めてかもしれない。
夕食は、どこにしようか考えた時
一番初めに頭に浮かんだのは、
ガスビル食堂。
2014年のイケフェスで、チョットだけ見学したレストランです。
だいぶ前から予約して、楽しみにしていました。
1933年(昭和8年)ガスビルのの竣工と同時にオープンした
欧風料理のお店です。















エクセレントコースを注文しました。

 

ガス灯のホヤに花姿が似ていることから、創業当時から
大阪ガスのシンボルフラワーは、すずらん。
食器やガラスを飾っています。 まずは 名物の 生セロリから。

 
 
小冊子 ガスビル食堂物語を片手に
大阪ガスビルの歴史をひもときながら
ゆったりとした、優美なひととき。
おもったよりボリュームが有り、美味しくいただきました。









ガス灯が、灯っていました。



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪府庁舎本館 正庁の間一般公開

2017-02-09 | 近代建築
なかなか平日訪ねるのは難しくて、やっと叶いました。
2016年イケフェスで、先着限定の見学会がありましたが、定員に入れる自信がなく
早めに大阪入りしたので、金曜日に行ってみました。
はやる心を抑えて 中に入ると
誰もいません。
ラッキー!!
ここが府庁舎であることを忘れさせてくれる空間です。
美しい~!


























色々な危機を乗り越え、無事耐震改修工事等が終わり
さらなる活用が期待されます。
資料展示室も併設されていて、興味深く見学してきました。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪府庁本館

2017-02-05 | 近代建築
時間を気にしながら先を急ぎました。
大阪府庁舎に着くと、ガードマンが正面に立っていたので
おそるおそるエントランスの写真を撮りました。























3階まで吹き抜けの大空間。美しいです。



映画のワンシーンにでてきそう。 

竣工 1926年
設計 平林金吾、岡本馨、大阪府営繕課
所在 大阪市中央区大手前2-1
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

岸和田あれこれ

2017-02-02 | 
自泉会館2階会議室にあった、写真パネルを見て、
行ってみたくなりました。



岸和田城庭園(八陣の庭)
1953年(昭和28年)重森三玲の設計・作庭


天守閣は、庭園の出来た翌年 1954年に再建された鉄筋コンクリート造です。
最上階から庭園を眺めたら、残念なことに格子網があり、いまいちな風景でした。

昼食は、がんこ岸和田五風荘で。
平日の昼下がり、元気の良い女性グループで満員でした。




お値段の割には、けっこう豪華なお料理でした。

寺田銀行・寺田紡績社長の旧寺田利吉邸で、二千坪の庭園に、3つの茶室があります。

庭園の見える席もあります。(通された部屋は、お庭とは反対向きの部屋で見えませんでした)


南海電鉄 蛸地蔵駅駅舎(1925年完成) 来てみたかった駅です。







近くの天性寺に伝わる蛸地蔵伝説をモチーフとしたステンドグラスだそうです。





時間がなく、あわてて、電車に飛び乗りました。
そうそう、朝の連続ドラマ「カーネーション」の舞台になったお店もありました。

駆け足で、岸和田をあとにしました。
南海電鉄といえば、浜寺公園駅に現役の時行ってみたかったな~。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旧泉州銀行本店(現 池田泉州銀行泉州営業部)

2017-01-30 | 村野藤吾

















山羊の親子のモニュメント。銀行のエントランスになぜ山羊なのか、チョット知りたい。
とある本には、羊と書いてあるけれど、やっぱり山羊に見えるなあ。。
 
銀行は営業中でしたが、時間がないので 素通りしました。

竣工 1959年
設計 村野藤吾
所在 大阪府岸和田市宮元町26-15
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岸和田市立自泉会館

2017-01-24 | 近代建築
いつか訪れたかった、自泉会館。
HPの催し物スケジュールを見て、イベントがないことを確認してから
電話で見学希望を伝えると、快くOKをいただきました。

岸和田紡績(現ユニチカ)の創業者の退職慰労金を基金として
二代目社長が会社のクラブ施設として設立した建物ですが、
のちに岸和田市に寄贈され、広く使われてるホールを持つ会館です。




















インテリアのマントルピース








木目も模様も、手書きの装飾


旧乾邸と同じ、渡邉節による設計。
やはり 階段が美しいです。

竣工 1932年
設計 渡辺建築事務所
所在 大阪府岸和田市岸城町5-10


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日本橋の家

2017-01-19 | 現代建築
イケフェス特別公開日初日のオープン前に着き、
開場を待ちます。

間口約3m、奥行15m。建坪17坪ほどの家。





4階まで続く階段





建物内の3、4階の吹き抜け中庭上部に
可動式のガラス屋根があります。







建物前でオーナーの方に、この建物についてお話を聞きました。
正面に、ファザードの意匠を守った開口部を造ってもらったのこと。
住めば、やはり窓は欲しいですよね。

階段が何箇所もあり、建物内を回遊するかのような
動線に驚きが。
この家に住むのは、本当に
大変だったと思います。
現在は改装され、ギャラリーとして生まれ変わった建物です。

竣工 1994年
設計 安藤忠雄
所在 大阪府中央区日本橋2-5-15
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

吉本会館(なんばグランド花月)の夜と昼と

2017-01-11 | 村野藤吾
何度も大阪を旅していますが、
初めて お笑いの殿堂なんばグランド花月へ。
最近心から笑うことが少なくて
難しいことはさておき
楽しんできました。






この日のちらし



  









歌舞伎と一緒で、公演中の飲食はOK。
周囲は、アメポテの香り。
劇場で観ると、ほんと楽しい~!

次の日、再訪し、建物の周りをぐるぐる。







高窓が、可愛いです。




おお、これは~。。


竣工 1987年
設計 村野・森建築事務所
所在 大阪市中央区難波千日前 11-6

村野藤吾が亡くなって3年後に完成した建物です。
村野は、千日前グランド劇場(現存せず)など吉本興業の施設をいくつか設計しています。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加