マクロビオティックサロンことこと 加古川市のマクロと薬膳の料理教室 http://www.kotokoto.net/

こころと身体にほっこりマクロと薬膳の料理教室
離乳食・重ね煮・マクロビオティック料理・和食薬膳・子ども料理教室開催中

6月の予定

2017-04-27 | ことこと料理教室
加古川で発酵とほっこりマクロと薬膳の料理教室開催中のことことです。

いつまでも、気温が低く冷んやりしますね。

まだまだ、家の中では『ちゃんちゃんこ』が手放せず、ストーブも

片付けられず、冬を引きずっていることさんです。

しかし、この時期調子にのって、身体の中の首と呼ばれるところをオープンに

するのは危険ですぞ。(手首、足首、首、くびれのあるウエスト)

お出かけには薄手のストールは必需品だし、夜は例えくびれのないウエストでも

ハラマキが最高のファッション!

ただいま、6月の予定を入力中です。

5月は、ムスメの嫁ぎ先の義父母様が日本に来てくださるので、教室回数も

控え気味にしています。

その分、6月は、梅仕事、らっきょう仕事、離乳食、梅雨薬膳、醤&甘酒、

米粉料理教室、新暮らしの中の薬膳講座を予定しています。

少し内容がわかりにくいので、後日アップします。


海洋文化センター前の海です。加古川市は山から海までウーンと広いですね。
義母様達を何処にお連れしたらいいのか、悩み中です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月一のお楽しみ

2017-04-26 | 日記・エッセイ・コラム
加古川で発酵とほっこりマクロと薬膳講座の料理教室開催中のことことです。

40超えたら、老化への下りエスカレーターに乗ることになるとは

若い時は夢にも思わない。

まだまだいける!と高をくくると、ある日、エライ目にあう。

それがましてや、60に手が届きそうになると、月に一回はつっかえ棒を

組み直す機会が必要だと、思う今日この頃。

ということで、昨年からお世話になっているところがココ。


このビルの2階で鍼灸とマッサージが受けられる。隣にはカフェも併設。

久しぶりに受けたマッサージで、頭のコリ!左足だけに静脈瘤!

肌の乾燥と小ジワ!をして指摘いただき、全身マッサージを2時間半!

体が軽い。今夜はゆっくり眠れそうです。

ちょっと気になる方は、チェックしてください。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米粉の麺

2017-04-25 | ことこと料理教室
加古川で発酵とほっこりマクロと薬膳の料理教室開催中のことことです。

小麦粉をなるべくなら避けたい方や、グルテンアレルギーの方にお知らせです。

ほんまにみじかな米粉で、うどんできます。

小麦粉のように、全く切れずにできるわけではありませんが、

美味しいうどんできます。

うどんができるんですから、ニョッキも中華麺もできます。

米粉のエビ餃子と青じそパスタ研究中。

これは、柳田かおり先生の梅うどん。

自家製梅干しとつまみ菜の胡麻和えが春の季節の肝をいたわってくれます。

近々、米粉教室を開催します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月と7月の梅仕事らっきょ仕事について

2017-04-24 | ことこと料理教室
加古川で発酵とほっこりマクロと薬膳の料理教室開催中のことことです。

昨日、よいお天気に誘われて、お布団干して、シーツ洗って、、、

今朝から、ジュルジュル。

鼻を塩水で洗ったり、カイロ貼ったりしても焼け石に水。

小青竜湯を飲んだ方が早いかもと、薬局に行ったけれど

分量が多すぎて、あきらめた。

そんな1日でしたが、とてつもなく美味しい米粉の焼売いただきました。

残った皮で山芋を包んで黒胡椒かけたのも、中がトロトロ。

柳田かおり先生のレシピです。

美味しいお料理教室でしたので、うれしくてお腹いっぱいで、

ヒノキ花粉の飛散を忘れてウロウロ。

熱っぽい咳や痰を取る作用のある枇杷。


完熟しないと強烈な酸味と渋みがある茱萸。汗をかきすぎの人に。


柿の新芽。かつて、正食協会の料理教室で天ぷらでいただいた。

今がチャンス!ですが、我が家のものではない。


オオバコ。オオバコと入力すると、車前とでてきます。

タネは、車の前輪にくっついてあちこちに運ばれ、芽を出す強靭な雑草。

タネは車前子といって、小便不利の人に。腎だけではなくて、肝にも

肺にも帰経する。


最後は、言わずと知れた梅。今年も漬けます。

梅らっきょなどの台所手仕事は

6月5日(月)10:30より ①梅干しの下漬けと②梅○⚪︎仕込みと③らっきょ漬けの

3シリーズ同時開催。

料金は、教室参加費各3000円とランチ代1000円にそれぞれの材料費が

かかります。買い付けにいかないと材料費が出ないので申し訳ありませんが、

もう少しお待ちください。

7月3日(月)10:30より、下漬けした梅干しに赤紫蘇を入れていきます。

教室参加費3000円とランチ代1000円に赤紫蘇代がかかります。

こちらも、買い付けに行ってから、材料費を計算します。

7月3日は、甘酒作りも同時開催します。(希望者のみ)

甘酒教室の料金は、教室参加費と材料費合わせて4000円です。

ランチ代の分を差し引いています。

HPからお申し込みください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベニコウジカビ

2017-04-23 | 薬膳料理教室
加古川で発酵とほっこりマクロと薬膳の料理教室開催中のことことです。

本日は、暮らしの中の薬膳講座の3・4回目。

1・2回目と理論のお話ばかり続いたのですが、この回は、

食材の四性・五味や気血水と精とそれぞれの食材紹介。

結構テンションあがります。

そして、今日のランチは、コレ!


ほんのりピンク色の豆ごはん。

エンドウ豆は、その効能を大いに発揮させるために、まずは

外の鞘だけをゆがき、その後、おまめさんを湯がいて

そのゆがき汁で、ご飯を炊く。

ゆがき汁は、補気・健脾・利水・理気の作用を持つお出しとなります。



このまめごはんの中には、先日鎌倉恵子先生にいただいた紅麹を入れています。

ほんのりピンク色のご飯が炊き上がったら、ゆがいたおまめさんを

入れて蒸らすと、ピンと皮の張った豆ごはんができます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芋湿布(里芋パスタ)

2017-04-22 | 薬膳料理教室
加古川で発酵とほっこりマクロと薬膳の料理教室開催中のことことです。

芋シップって?と、言う方にもう少し詳しく。

この芋湿布は、『里芋パスタ』と呼ばれるもので、本来は

里芋をすりおろし、生姜・小麦粉とあわせて、患部に直接貼り付け、

その部分の酸化した余分な体液を吸い取るというものです。

でもね、里芋をむくのもタイヘン、いくらフープロがあるとはいえ、

すりおろすのもタイヘン、生姜をするのもタイヘン、

ましてや患部に直接貼るなんて、痒いし(痒くならない人もいらっしゃいます)

貼り方も相当技術を要する。

体調がすぐれない時に、この作業は至難の技。

大量に作って冷凍したものを、常温に戻して使ったり、粘着性のある包帯で

患部に貼ったりされる方もあるようなのですが、生の里芋は

コストパフォーマンス↑。

そこで、やっぱり、私は手間とコストを抑えられる市販の芋シップの粉を

古いシーツやシャツを切った布に包んで膝に湿布しています。

かぶれないし、ボール1つで準備できます。


子どもが食べ過ぎて腹痛を起こした時も、相方が仕事中に木材が落下して首を

強打した時も、奇跡のようにこの芋シップに助けられました。

子どもの腹痛の時は、芋シップをしたおなかにブツブツと紫斑がでて、ここから

拝毒したというのがよくわかりました。

今回の私の場合は、運動不足と、正座のしすぎ、ウツウツと気をため込み、

毎夜毎夜、資料作りと称してPCとにらめっこ、食事は飲むようにズルズル。

それに子どもの頃のトラウマでトイレに行く回数が極端に少ない。

(子どもの頃のトイレは、もちろん家の外で汲み取り、便器がない、モソモソと白いものが)

ああ、これ以上は書けません。


おそらく関節という関節に水をため込んで、酸化して痰となったものなんでしょう。

実は、ソロソロ、この状態は良くないなあと思っていた時に、駅前で30分くらい人を

待つことがありました。

こんな時は、望診させていただくチャンスです。

バスから降りてくる人をじっと観察していたら、70オーバーの方の多くに、

脚が膝から丸く変形していたり、棒のように固まって杖をついておられたり

車椅子に乗られたりする方が目立ち、日常生活に不便を感じていらっしゃる

だろうなあと、推測しました。


という、私もおんなじ。

今は違和感だけで、見て見ぬ振りをしているけれど、今やるのが、家庭の医学。

その季節のちょっと前から養生するのが家庭の薬膳。

普段からみなさまにお話ししていることです。



しゃあない。

通販サイトで芋シップを購入し、毎夜毎夜ペタペタ。

薬局で、今季のカイロはこれで終わりですというものを買い付け、とりあえず3日。

1週間、10日と、小さな目標を立ててやっています。

劇的な変化はありませんが、里芋や生姜のアルカリ性が酸性の汚れを取ってくれているという

イメージは見えていますし、臭い。異様な腐ったような臭いで朝、目が覚めます。



なんでも、やろうと決めて準備することが治療の第一歩!

60パーセントを占めている!

あとは、持続力と感謝できるかどうかがポイントやと思います。


さてさて、天罰が下りたようなわたしの体験ですが、どうなることやら、自分でも

小さな好転を楽しみにしています。


今朝は、朝から換気扇を洗いました。

私の膝とおんなじで、年末に洗ったキリ、見て見ぬ振り。

暖かくなってきた今だから、強烈な洗剤を使わずとも結構綺麗になりました。


我が家の、猫の額ほどの、広大な?花壇の姫リンゴの花が満開です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月29日(土)『チエちゃんと一緒、1day発酵講座』開催

2017-04-21 | ことこと料理教室

4月29日(土)11時15分から『チエちゃんと一緒、1day発酵講座』開催します。

普段はお仕事があって、お料理教室に行けない方もチャンスですよ。

内容は、ひしお仕込んで、甘塩糀作って、甘酒仕込んで、XO醤仕込んで

お味噌を中心とした発酵のお話をします。

時間は、チエちゃんを駅まで迎えに行くので、11時にお越しいただけるとありがたいです。

15時くらいまでかかります。

参加費は、全部まとめて(今回は全部セット・・ひしお・甘塩糀・甘酒・XO醤)15000円です。

お帰り時は荷物が重くなりますので、ゴマ付きのカバンでお越しいただくと楽ですよ。

お申し込みは、㏋からどうぞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3連休に”養生薬膳講座”と”重ね煮お味噌汁”をマスターしませんか

2017-04-21 | ことこと料理教室

加古川で発酵とほっこりマクロと薬膳の料理教室開催中のことことです。

以前にもお知らせしました連続3日間の『暮らしの中の薬膳講座』が

あと一つ空席があります。

6回のコースを一日2講座ずつ三日間にわたり開催します。

ご自分や家族の寒熱とそれにマッチした食材、

気血水、五臓の理論とそれぞれにマッチした食材がわかるようになります。

そして、せっかくお越しいただくのですから、野菜の陰陽もお勉強して

重ね煮お味噌汁をマスターしませんか。

重ね煮は究極の、旨味を引き出すラクラクお料理法です。

 

『薬膳講座と重ね煮お料理』3日間で、一生の宝物を手に入れることができますよ。

大袈裟?

確かに!

でも、それくらい目からウロコの3日間になります。

 

料金は、一日2講座ですので一日分は5000円×2講座−1000円=9000円となります。

日時は、5月3日~5月5日10:30~15:00くらいまで

今まで、この薬膳講座をコースで受講してくださった方は、

無料で再受講できますので是非お越しください。

再受講の方は、どうぞメールでお申し込みください。

kotokotomama@gmail.comです。

HPは、http://www.kotokoto.net

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芋湿布で関節の水をとる

2017-04-21 | ことこと料理教室

加古川で発酵とほっこりマクロと薬膳の料理教室開催中のことことです。

数か月前から、不用意にトンと床に膝をつくと、ギョビーンと電気が・・・!

まあその痛いことなんのって!

そうしてたら、数週間前から違和感が。

ただでさえ太い膝がどうも腫れているような…これって、

世にいう『膝に水が溜まる』っていう症状やん。

漢方の先生に言わしたら、余分な水(すい)が溜まって、そのうちに熱もって瘀血コーテイング

されますよっていう症状やないですか。

『水毒』・『水滞』・・・『瘀血』・・・

原因はなんだ?

女子ぶって冬中、スカートをはいたのがいけなかったのか、

いやいや、代謝の悪さと閉蔵の時期だからと体重増加に目もくれなかったせいなのか、

それとも、毎晩の晩酌が習慣化したせいなのか・・

 

そこで、登場したのがこれ!

芋湿布!

里芋の粉と小麦粉と生姜がすでにブレンドされていて、ただ水で練るだけで

簡単に芋湿布ができるというすぐれもの。

今回は、熱を持っているわけではないし、このままだと冷えそうなので、

カイロも上に貼って、一週間。

ええ、感じです。少し、腫れも納まったような気もします。

もう少し、続けてみます。

こういうお手当はとにかく簡単が一番ですね。

 

離乳食教室もぐもぐとかみかみ・卒乳後のおやつ教室では、毎回簡単な手当法もお伝えしています。

実際、カジさんと私が子どもや家族におこなってきた手当法なので、難しいことはありません。

次回離乳食前期もぐもぐ教室は、5月19日(金)10:30~

離乳食後期かみかみ教室は、5月22日(月)10:30~

卒乳後のおやつ教室は、5月24日(水)10:30~です。

お申し込みは HPからどうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今頃ですが、ぬか床・・越冬成功!

2017-04-21 | ことこと料理教室

加古川で発酵とほっこりマクロと薬膳の料理教室開催中のことことです。

こつこつお料理教室は継続中ながら、ブログにアップできなかったのは

すんでいる集合住宅に時々、強い威力のオープンのWiFi電波がやってくるのです。

そうなると、どうもこうもできなくなって、有線でもつながらず、モヤモヤの毎日。

何にも手につかず、どれだけパソコン頼みの毎日か思い知らされました。

そして、相方の努力で、今日なんとか解決!スーーーッキリ。

やっと、いろいろ手を付け始めて、

恐る恐るキッチンの棚に置きっぱなしのぬか床・・・・。

オープン!

食物性乳酸菌の酸のバリアで、越冬成功!

最後の捨て漬けにと、鈴木さんのぱぱにいただいた細長い茄子と干し大根葉を

つけてたら見事につけあがっていました。

今年は更に、醤油ぬか床も作ってみました。

セロリの葉っぱの酵素でただいま熟成中です。

少し塩分が強いので糠を追加したいと思います。

(重量比で、ぬか:しょうゆ:水を3:2:1)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加