to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

終戦のエンペラー

2013-08-16 22:33:10 | the cinema (サ行)

原題 EMPEROR
製作年度 2012年
製作国・地域 日本/アメリカ
上映時間 107分
原作 岡本嗣郎『陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ』(集英社刊)
脚本 デヴィッド・クラス 、ヴェラ・ブラシ
監督 ピーター・ウェーバー
出演 マシュー・フォックス/トミー・リー・ジョーンズ/初音映莉子/西田敏行/桃井かおり/中村雅俊/夏八木勲/片岡孝太郎

岡本嗣郎のノンフィクション「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」が原作の歴史サスペンス
1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズ(マシュー・フォックス)に、太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。わずか10日間という期限の中、懸命な調査で日本国民ですら知らなかった太平洋戦争にまつわる事実を暴き出していくボナー。ついに最大ともいうべき国家機密に近づくが、彼と敵対するGHQのグループや日本人たちの一団が立ちはだかる。

1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、第二次世界大戦が終結。
それからわずかに半月後、マッカーサー率いるGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が厚木に上陸するところから物語りは始まる。
そして日本の占領統治が始まるのだけれど、マッカーサーは先ず日本の文化に精通していたフェラーズ准将に「真の戦争責任が誰にあったのか」を突きとめるよう指示する。―

原作ノンフィクションの主人公河井道を架空の人物アヤにして、フェラーズとの恋愛を絡ませ
知日家との人物像を解りやすくしているのだけど、、
果たしてこのテーマにソレが成功したかというと、う・・・んとなってしまう。

 なぜ、開戦直前に首相が交代したのか?
 戦争を始めたのは本当は誰なのか、終わらせたのは誰か?
 連合国側の本音と、マッカーサーの真の狙いは?
 マッカーサーと天皇が並ぶ写真が写された理由とは??

天皇を戦犯として処刑したいワシントンと、
混乱を避け、速やかに再建に向けたいマッカーサーは、その難問をフェラーズに一任する。
そして、彼が答えを求め、接触する日本の政治家、軍人たちの言葉を聴き、
彼に影響を与えた、日本女性・アヤとの過ぎし日に思いを馳せる―…

誰であれ、そのご尊顔を直視することが憚られた日本のエンペラーは、
この戦争を指揮したのか?
天皇は有罪か?無罪か?



フェラーズは「我々が行うのは、報復ではなく正義」だというのですが…―

ここで登場する脇の日本の俳優たちがよかったです。
ハリウッド映画で描かれるなんちゃって日本になっていないのは、プロデューサー奈良橋陽子氏の存在があったからなのか。
1945年の東京、皇居を臨むGHQ東京本部など、リアリティがあったし、
少ないキャストのセリフにしても、
日本の行った侵略行為は、嘗てのあなた方のやり方を手本にしたものだ
他国を侵略したあなた方から奪ったに過ぎないと言う近衛文麿に胸が空く思いだったし、
天皇の側近、関屋次官の御製の朗読のシーンなど、実際の親戚だという奈良橋氏の意見が
大いにものを言ったのではないかと思う。
これが遺作となった夏八木さんのとぼけた味わい、昭和天皇の片岡孝太郎さんの雰囲気が嵌っていました。

が、それだけにフェラーズのアヤを巡る行動、人物の描き方が釈然としませんでした
仮にもマッカーサーと天皇を引き合わせた立役者を、、こんな描き方でいいのかと....。

この作品の主人公・フェラーズ准将を演じたマシュー・フォックス。
ワールド・ウォーZ」にも出演していたのですね〜。
ブラピ一家を救出に来たヘリコプター部隊の兵士役だったようですが、アノ混乱の場面ですかね。

太平洋戦争に突入する辺りの日本人(民間人)や軍の意識などが描かれた『聯合艦隊司令長官 山本五十六』や、1945年8月6日の広島と、その後を描いた『夕凪の街 桜の国』などに比べると
アメリカ人の見た日本の終戦を語るという感じで、感動するまではいかないのですが、
オープニングの原爆の画像。真っ黒の何もかも焼け焦げた敗戦国、日本の姿。
私などはもうこの映像だけで胸が震えて、、、改めて思うのでした。
そこから必死で這い上がり、ここまで戦後を生き抜いてき、立て直してきた日本人は本当に凄いって.......。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペーパーボーイ 真夏の引力 | トップ | 今夜は「ほん怖」〜! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ロケ (まっつぁんこ)
2013-08-17 12:36:03
「真っ黒の何もかも焼け焦げた敗戦国日本の姿」も「皇居やGHQ本部」もニュージーランドロケで撮られたときいて、アメリカ>日本(ハリウッド映画>邦画)が続いているのを感じました。(笑)
まっつぁんこさん* (kira)
2013-08-19 12:25:06
< アメリカ>日本(ハリウッド映画>邦画)
ホント、日本人から持ちかけた企画が、
ハリウッド発になると、こうも映像がリアルになることにびっくりです。
まあ、関わった美術スタッフとかをみると頷けますが
唯一アメリカに日本が勝っているのは、(この作品に限らない)映画の興行収入ですね(笑)
まあ、だからこそ通った企画という気がします
Unknown (zooey)
2013-08-23 22:53:19
そうなんですよね…
良い映画だとは思うのですが
どうも中途半端で物足りない。
私も一番感動したのは
焼け焦げた市街地のシーンと
近衛文麿がああ言い切ったシーンでした。
まあ、その為にだけ意義がある映画と言えるかも…w
こんにちは〜。 (mana)
2013-08-25 09:42:48
kiraさんと好みが合う^^
日本人が気持ち良く見られる映画でしたね〜(笑)
逆にあちらでの評判が気になりましたよ。
奈良橋さんの思いは伝わったのかなぁ。。。

そうそう、なんちゃって日本人じゃなかったのが幸い。
私は『パール・ハーバー』を思い出してました。
日本人が見ても日本のやり方に怒りを感じましたもん。
ハリウッド作品ってそうでしょ。仕方ないでしょ(笑)

>そこから必死で這い上がり
焼け野原が語ってましたね〜。
二度と過ちを犯してはいけないって。
自然災害とは話が違う。
誰かが、始めるんだもん。
zooeyさん♪ (kira)
2013-08-25 22:00:49
戦争は知らないけれど、
戦後の日本なら、少しは知っていると言える世代。
それでも、日本のEMPERORとマッカーサーのあの写真の背景に迫る物語とするなら、
あのラブの描き方、特にフェラーズの描き方がアアだった為に、
ちょっと焦点がボケた部分があるというか、、、
まあ、日本人俳優はいい味出してましたけど。

でも、若い方にも、年に一度くらいはこういう日本の歴史に触れる作品を観て
考える時間を持ってほしいと思いますね
manaさん♪ (kira)
2013-08-28 12:32:23
>私は『パール・ハーバー』を思い出してました。
>日本人が見ても日本のやり方に怒りを感じましたもん
>ハリウッド作品ってそうでしょ

「パール・ハーバー」はダメでしたねえ〜。
アノ映画のおかげでベンが嫌いだったし(笑)
マイケルベイ監督が嫌いになったもん
なんちゃって日本を描きながら日本で金儲けするなよっ!でした

ハリウッド映画って、何にでもラブを絡ませないと
興業的にダメなのかしらね〜
戦争映画の取り組み自体がヘン。
やっぱり「戦争」「紛争」におけるアメリカの立ち位置に胡坐をかいてるからなのかと思うよ

映画館でなくても、これは若いヒトにも観て、「終戦」「戦後」に思いを馳せて欲しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
終戦のエンペラー〜木で竹を接いだような悲恋 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。岡本嗣郎原作、ピーター・ウェーバー監督、マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、羽田昌義、初音映莉子、西田敏行、桃井かおり、片岡孝太郎、中村雅俊、 ...
終戦のエンペラー / Emperor (勝手に映画評)
毎年8月頃になるとこの手の戦争ものが出てきますが、こう言う視点での話は初めてではないでしょうか。実語を下にしたフィクションです。 “アヤ”と言うのは架空の人物ですが、河井道と言う女性と一色ゆりと言う女性をモデルにしているようです。フェラーズが大学で会っ...
終戦のエンペラー (花ごよみ)
監督はピーター・ウェーバー。 マッカーサー元帥には、 トミー・リー・ジョーンズ。 日本事情に詳しい部下、 ボナー・フェラーズには マシュー・フォックス。 西田敏行、初音映莉子、西田敏行、桃井かおり 伊武雅刀、羽田昌義、火野正平、 中村雅俊 夏八木勲、片岡孝....
終戦のエンペラー/マシュー・フォックス (カノンな日々)
岡本嗣郎のノンフィクション作品「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」を原作に敗戦直後の日本を舞台にしてマッカーサー元帥の指示で天皇の戦争責任を調査する青 ...
終戦のエンペラー (映画的・絵画的・音楽的)
 『終戦のエンペラー』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)戦前のことを取り上げたアニメ『風立ちぬ』を見たことでもあり、また出演する俳優の顔ぶれもなかなかなので、映画館に足を運びました。  本作は、マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)らを乗せた米....
終戦のエンペラー (だらだら無気力ブログ!)
中々に見応えある内容で良かった。
終戦のエンペラー  監督/ピーター・ウェーバー (西京極 紫の館)
【出演】  マシュー・フォックス  トミー・リー・ジョーンズ  初音 映莉子 【ストーリー】 1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部GHQの司令官としてダグラス・マッカーサー元帥が日本に上陸。彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズに、太平洋戦争...
終戦のエンペラー (あーうぃ だにぇっと)
終戦のエンペラー@ブロードメディア試写室
映画『終戦のエンペラー』★夏八木勲さんの格調高さに本質を見た気がします。 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161669/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     小学校のときに、先生から 「天皇陛下は、自分は死んでもいいから国民を助け...
『終戦のエンペラー』 (こねたみっくす)
歴史サスペンスと思いきやラブサスペンスでした。 昭和天皇にも戦争責任はあったのか。この歴史的ミステリーを解明すべく進んでいく映画のように思えた予告編とは違い、蓋を開け ...
終戦のエンペラー (はるみのひとり言)
久しぶりに「ありがとう名画試写会」で見せていただきました。映画の内容から年齢層高かったですね〜。浜村さんの試写会の時は、映画の前に提供会社の宣伝や抽選会、映画の紹介が30分くらいあるので、その分長くなるので気合入れてかないとって感じで。相変わらず抽選会...
劇場鑑賞「終戦のエンペラー」 (日々“是”精進! ver.F)
天皇に戦争責任はあったのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307270001/ 【送料無料】終戦のエンペラー オリジナル・サウンドトラック [ アレックス・...
「終戦のエンペラー」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Emperor )終盤を除けば、退屈な映画である。GHQの幹部が戦争責任の行方や日本人の国民性の理解に関して壁にぶちあたり、ああでもないこうでもないと勝手に悩んでいるパートが冒頭から延々と続く。隔靴掻痒なその展開は、れっきとしたアメリカ映画でありな....
[映画『終戦のエンペラー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆不思議な映画であった。  日本人にとっては拘りどころの、先の大戦における天皇陛下の存在の意義だが、果たして、この作品を作ったアメリカ人にとって、如何ほどの興味があるのか、と言う問題がある。  そんなにも興味があるとは思えなかった。  日本人の民族的な...
終戦のエンペラー (試写会) (風に吹かれて)
平和のために 耐え難きを耐え 忍び難きを忍んで公式サイト http://www.emperor-movie.jp7月27日公開原作: 終戦のエンペラー/陛下をお救いなさいまし (岡本 嗣郎著/集英社文
「終戦のエンペラー」 公平な視点で描く (はらやんの映画徒然草)
天皇に戦争責任はあったのか? この疑問は日本人にとって今をもってしても非常にセン
『終戦のエンペラー』('13初鑑賞68・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 7月27日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン5にて 15:50の回を鑑賞。
【終戦のエンペラー】無私の民、日本人 (映画@見取り八段)
終戦のエンペラー〜 EMPEROR 〜    監督: ピーター・ウェーバー    出演: マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、西田敏行、初音映莉子、桃井かおり、伊武雅刀、羽田昌義、火野正平、中村雅俊、夏八木勲、片岡孝太郎 公開: 2013年7月27日 2013年7月...
終戦のエンペラー (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.emperor-movie.jp/ 原作の岡本嗣郎のノンフィクション『陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ』は未読。 1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リ...
終戦のエンペラー (映画と本の『たんぽぽ館』)
ハリウッドに日本史を学ぶ * * * * * * * * * * 1945年8月、日本が連合国に降伏。 激烈な戦争の終結です。 ダグラス・マッカーサー(トミー・リー・ジョーンズ)元帥率いるGHQが日本に置かれ、 米軍統治が始まる。 日本文化を研究していたボナー・...
終戦のエンペラー (こんな映画見ました〜)
『終戦のエンペラー』---EMPEROR---2012年(日本/アメリカ )監督:ピーター・ウェーバー出演:マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ 、初音映莉子、西田敏行、羽田昌義 、火野正平、中村雅俊 、夏八木勲、伊武雅刀 、片岡孝太郎 、コリン・モイ ....
映画「終戦のエンペラー」@一ツ橋ホール (新・辛口映画館)
 今回は講談社さん主催の試写会だ。客入りは若干空席があるもののほぼ満席、客年齢層は高めだ。今回映画を見て驚いた事は、毎回ピンボケ上映に悩まされていた一ツ橋ホールの映写機が、フィルム〜DLPに変更されたらしく、デジタル上映独特の黒の引き締まった、高精細な...
映画「終戦のエンペラー」を観ました!!(2013-12) (馬球1964)
映画「終戦のエンペラー」を観ました!!
終戦のエンペラー 象徴天皇となった一つの要因がよく理解できた (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=39 うち今年の試写会5】 岡本嗣郎著「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」を原作として、アメリカで作られた作品(邦画ではないのだ、てことは映画館で気付いた)  1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、第二次世界大戦が終結する。その直...
『終戦のエンペラー』 2013年7月8日 ブロードメディア試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『終戦のエンペラー』 を試写会で鑑賞しました。 上映後の長いトークショーはやめてください 良い映画なのにだいなしですよ (imdbでは6.2です。) 【ストーリー】  1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミ...
終戦のエンペラー (悠雅的生活)
責任の所在。グレーの国。復讐は正義とは違う。
『終戦のエンペラー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「終戦のエンペラー」 □監督 ピーター・ウェーバー□脚本 ベラ・ブラシ□原作 岡本嗣郎□キャスト マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、       片岡孝太郎、中村雅俊、夏八木勲、桃井か...
『終戦のエンペラー』 天皇の戦争責任 (美容師は見た…)
天皇が開戦にどれほど責任があったかを10日間で調査し、裁判にかけるか否かを決めること。。。特にこの時期に観たい作品で、今年はテレビでも戦争ものをあまり放送してなかったので、まだ放映中でGO!もう空いてるだろうと思いきや、狭いスクリーンがほぼ満席でビックリ。...
終戦のエンペラー (いやいやえん)
天皇の戦争責任を問うという日本人には禁断の映画なのかと思っていたら、やっぱりアメリカ・ハリウッド製作の映画だったな、といった印象。 マッカーサーが来日したときに、日本兵が背中をみせている所はまあ実際にあったことだし納得出来たが、焼け野原を昭和天皇を...
映画評「終戦のエンペラー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年日本=アメリカ合作映画 監督ピーター・ウェバー ネタバレあり