to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

ペーパーボーイ 真夏の引力

2013-08-13 22:30:51 | the cinema (ハ行)

覗いてはいけない、禁断の闇
原題 THE PAPERBOY
原作 ピート・デクスター
製作年度 2012年
上映時間 107分 映倫 R15+
脚本 ピート・デクスター 、リー・ダニエルズ
監督 リー・ダニエルズ
出演 ザック・エフロン/ニコール・キッドマン/マシュー・マコノヒー/ジョン・キューザック/メイシー・グレイ/スコット・グレン

1960年代末期のアメリカ南部を舞台に、ひとつの冤罪疑惑を巡って、社会の闇と関係者たちの心に潜む狂気が露わとなっていくさまを、鬱屈した青春を送る青年の目を通して描くサスペンス
1969年、真夏のフロリダ州モート郡。人生の目標を見失い、大学を中退して父の営むローカル新聞の配達を手伝うだけの無為な毎日を送る孤独な青年、ジャック。ある日、大手新聞社に勤める兄ウォードが、同僚の黒人記者ヤードリーを伴って帰省する。目的は、4年前に地元で起きた保安官殺害事件の再調査をするため。既に判決が確定している死刑囚ヒラリーに冤罪の可能性があるというのだった。そしてジャックは運転手としてウォードたちの取材を手伝うことに。そんなジャックの前に、金髪のセクシー美女が現われる。彼女は今回の取材の依頼者で、獄中のヒラリーと文通の末に婚約までしてしまったという女性シャーロットだった。挑発的で謎めいた彼女の魔性の色香にすっかり心奪われてしまうジャックだったが…。

6月の上川さんと武田真治クンの『二流小説家』以来の劇場鑑賞は、超楽しみだったコチラの作品
予告も一度も目にせず、期待を抑えて公開して直ぐに行って来ましたが、今頃の更新
予想通りのニコールのビッチぶり
予想だにしなかった終盤のサスペンス
エロいニコール、キモいジョン・キューザック、可愛いザックくんに、謎めいたアニキのマコさま。。。
この4人が凄い演技バトル

物語はフロリダで新聞社を営むWW・ジェンセンに事件当時雇われていたメイドのアニタ(メイシー・グレイ)がインタビューに答える形で語られていく―。
なので、ジャック目線というより、母親代わりの黒人のメイド、アニタ目線で観客は物語に入っていくかも。

物語の舞台は1969年のフロリダ州モート郡。
人種差別が色濃く残る保守的な町で起きた警官殺しの死刑囚に惚れた女の、
「冤罪」を訴える声に記者魂をシゲキされた大手新聞記者が舞い戻ってくる。女とともに。

その記者の弟は、大学を追われて家にくすぶっているが、超〜オクテの純情青年。
事もあろうにイカレたビッチなシャーロットに恋をする…―
ビッチな彼女は惚れた死刑囚ヒラリーの為なら何でもするような女だけど、、、


愛に餓えた純情青年ジャック@ザックくんは時代を象徴する白いブリーフ(笑)
片やニコールのファッション、ヘアスタイル、メイクはどことなくBBを思わせるものでした。
単に私の中で1960年代→カラフル→ミニ→盛った金髪→小悪魔=ブリジット的な(笑)刷り込みなのかも
御年45歳の鍛え抜かれたニコールのボディもさすがです!

むせるようなフロリダの夏に
ニコールとジョンキューから発せられるじっとり纏わりつくような熱が暑苦しいのだけど
自信たっぷりのイケイケニコールに純情を捧げるザックくんを待ち受ける運命は
その衝撃は想定外でした、、、

ストーリー、設定などは、邦画でも獄中の殺人犯にのめり込むOLの「接吻」とか、
つい最近の死刑囚に翻弄される小説家「二流小説家」が思い出されるけど、
その狂気の描写、キャストの異様な引力を持つ演技という点でコチラはかなり衝撃的です。
なんて云ったらいいんだろ・・・
観終わった時の感じは、「私が、生きる肌」の時に似てるかも。
心してどうぞ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワールド・ウォー Z | トップ | 終戦のエンペラー »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じ (ituka)
2013-08-14 09:43:12
>に私の中で1960年代→カラフル→ミニ→盛った金髪→小悪魔=ブリジット的な

まったくその通り!同意見です(笑)
なので、こういうファッションをすれば誰でも60年代を演出できるということかもしれません。

私が生きる肌、あ〜、なんとなく分かるわ〜(笑)

Unknown (mig)
2013-08-14 13:02:09
期待通りへんな映画で気に入ってます 笑
ニコールの魅力!ですね。
男性陣で気付かなかった人もいるみたいだけど
ニコール、誘う女というガスヴァンサント作品でも似たビッチ演じててすごく可愛いの、
あと、最近のマコ様の活躍にも目が離せません 笑
暑い映画 (オリーブリー)
2013-08-14 17:34:05
まさに今、このジメ〜っとした暑さにまとわりつかれるようだったわ!
この演技合戦が凄かったね〜生々しくてみんな上手かった!!
見応えタップリでした。
ビッチなニコールに、「も、しょーがないな、1回だけよ」と言われて、うれしそーな顔をするザックが笑えた^^
えー、 (ボー)
2013-08-15 07:12:32
ニコール好きが、さらに殿堂入りしてしまいました。シャーロットと付き合いたい。
itukaさん♪ (kira)
2013-08-15 10:53:19
おお
BBで通じてヨカッタ(笑)
ある意味でとても解り易い、1960年代の演出なんですよね〜
私、けっこうスキなんですよ〜。この頃のシンプルで可愛いファッション

まったりとした導入部からアノ、ラスト!
もうね、最後は野獣のように泣きたかった
migちゃん♪ (kira)
2013-08-15 10:57:08
ニコールの「誘う女」スルーしちゃったやつだけど、
可愛いの?面白いの?
今度レンタルしてみようかな
知的で優しくて、どこか謎めいているマコさま、ヨカッタです〜〜
オリーブリーたん〜♪ (kira)
2013-08-15 12:31:28
そうそう!
皮膚にウェット感が残るような暑さと、
叫びたくなるような緊迫感と、ナンとも言えない残念な結末だったよね〜

そうそう、ニコール姐さんに遊んでもらえて、仔犬のようなザックくんが可愛かったですね〜(笑)
ボーさん♪ (kira)
2013-08-15 12:41:16
シャーロットは遊んでくれると思いますよ〜(笑)
でも、一回だけよ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ペーパーボーイ 真夏の引力 (佐藤秀の徒然幻視録)
白人たちの長い暑い夏 公式サイト。原題:The Paperboy。ピート・デクスター原作、リー・ダニエルズ監督。ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キ ...
「ペーパーボーイ 真夏の引力」 (或る日の出来事)
なんたって、ニコールにブッタマゲタ!
ペーパーボーイ 真夏の引力 (あーうぃ だにぇっと)
ペーパーボーイ 真夏の引力@一ツ橋ホール
ペーパーボーイ 真夏の引力/ザック・エフロン (カノンな日々)
『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督がピート・デクスターのベストセラー小説をザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザックらの豪華 ...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 予測不能という言いかたがもっとも似合う映画。
ペーパーボーイ 真夏の引力/THE PAPERBOY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click トロント映画祭観客賞ほか、数々の映画賞を席巻した「プレシャス」の監督、リー・ダニエルズが、 ピート・デクスターのベストセラー小説を映画化したクライム・サスペンス。 海外版ポスターでみてから、ジャ....
ペーパーボーイ 真夏の引力 (心のままに映画の風景)
1969年、真夏のフロリダ州モート郡。 大学を中退したジャック(ザック・エフロン)は、父親が経営するローカル新聞の会社で、配達を手伝うだけの退屈な日々を送っていた。 ある日、大手新聞社に勤める兄...
『ペーパーボーイ 真夏の引力』 過剰な風土 (Days of Books, Films )
The Paperboy(film review) マイアミの市街地から西へ車で
「ペーパーボーイ 真夏の引力」:映画の文法を破壊するヘンすぎ怪作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ペーパーボーイ 真夏の引力』は、その軽めの青春映画みたいなタイトルとは真逆
映画:ペーパーボーイ 真夏の引力 The Paperboy 腐臭がねっとりとこびりつく、ってもしかして凄いかも (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
1969年。場所はフロリダ州モート郡の田舎町。 そこで一癖も二癖もある面々が集合する。 殺人事件の死刑囚に冤罪の可能性があるとしてべく、新聞記者2人(マシュー・マコノヒー、デヴィッド・オイェロウォ)が街に来る。 ここに姿を現す取材の依頼主で、まわりを圧倒....
『ペーパーボーイ -真夏の引力-』 2013年7月18日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ペーパーボーイ -真夏の引力-』 を試写会で鑑賞しました。 前半が眠すぎた 【ストーリー】  1969年フロリダ、ある問題によって大学を追われた青年ジャック(ザック・エフロン)は、父親の会社で新聞配達を手伝うだけの退屈な日々を送っていた。ある日、新聞記者の...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (映画と本の『たんぽぽ館』)
ドロドロ、ぐちゃぐちゃ、猥雑、野卑・・・だけど。 * * * * * * * * * * 1969年、フロリダ。 問題を起こし大学を追われたジャック(ザック・エフロン)は、 特にすることもなく、父の会社で新聞配達を手伝っています。 そこへ、大手新聞社の記者....
ペーパーボーイ / 真夏の引力 (映画の話でコーヒーブレイク)
ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒーにジョン・キューザック。 日経の評価も高く、アメリカ南部を舞台に、このメンバーで繰り広げられるサスペンスというので 見てきました。 マシュー・マコノヒー主演の硬派サスペンス「リンカーン弁護士」を....
ペーパーボーイ 真夏の引力(2012)◇◆THE PAPERBOY (銅版画制作の日々)
 覗いてはいけない、禁断の闇 またまたお久しぶりです。ようやくシネマに出かけて来ました。7月末以来です。気になっていた映画はほとんど終了してしまい、、、、。この作品も来週までということを知り、慌てて観に行って来ました。 暑いこの時期にお薦めですかね。じ...
ペーパーボーイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ペーパーボーイ―真夏の引力』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)印象的だった『プレシャス』の監督リー・ダニエルズの作品でもあり、ニコール・キッドマンが出演するというので、映画館に出かけてみました。  本作の舞台は1969年のフロリダ。ジャンセン家でメイドだ...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (風に吹かれて)
壮絶で辛すぎる ひと夏の経験ニコールのビッチぶりがすごい!公式サイト http://paperboy-movie.jp原作: ペーパーボーイ (ピート・デクスター著/集英社文庫)監督: リー・ダニエル
ショートレビュー「ペーパーボーイ 真夏の引力・・・・・評価額1550円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
フロリダ発、青春残酷物語。 ある殺人事件を巡る、マザコン少年の最初で最後の究極の恋の物語。 キービジュアル以外の内容の予備知識無しで観たので、てっきり爽やかな青春成長ストーリーだと思っていた。...
ペーパーボーイ 真夏の引力(2012)◇◆THE PAPERBOY (銅版画制作の日々)
 覗いてはいけない、禁断の闇 またまたお久しぶりです。ようやくシネマに出かけて来ました。7月末以来です。気になっていた映画はほとんど終了してしまい、、、、。この作品も来週までということを知り、慌てて観に行って来ました。 暑いこの時期にお薦めですかね。じ...
「ペーパー・ボーイ〜真夏の引力」 (ここなつ映画レビュー)
すごく面白かったです。最近、「華麗なるギャッツビー」やこの「ペーパー・ボーイ」など、アメリカ現代文学の珠玉が映画化されていて、やはりそれはハリウッドのCG満載の荒唐無稽物とは一線を画していて見応えがある。いや、もちろん、荒唐無稽物が悪いと言ってる訳で...
時代と暗部を (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「ペーパーボーイ 真夏の引力」を鑑賞しました。 青年ジャックは新聞記者の兄ウォードが以前起こった殺人事件で死刑の判決が出た人間が 実は無罪かもしれないという可能性の取材を手伝いをすることに 取材の過程で死刑囚の婚約者シャーロット出会...
映画『ペーパーボーイ 真夏の引力』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-62.ペーパーボーイ 真夏の引力■原題:The Paperboy■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:101分■料金:1,000円■観賞日:8月1日、新宿武蔵野館(新宿) □監督・脚本・製作:リー・ダニエルズ□原作・脚本:ピート・デクスター◆ニコール・キッ...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (こんな映画見ました〜)
『ペーパーボーイ 真夏の引力 』---THE PAPERBOY---2012年(アメリカ)監督:リー・ダニエルズ出演:ザック・エフロン、ニコール・キッドマン 、マシュー・マコノヒー 、ジョン・キューザック 、メイシー・グレイ、デヴィッド・オイェロウォ 、スコット・グレ...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (いやいやえん)
ニコール・キッドマンがけばい年増女を演じてます。そして彼女に恋するのが新聞配達のザック・エフロン。 ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザック。 記者のウォード・ジャンセンは、黒人の同僚と、実家で新聞配達を手...
映画評「ペーパーボーイ 真夏の引力」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督リー・ダニエルズ ネタバレあり