kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『スノーホワイト』を観て

2012-06-20 21:41:26 | アメリカ映画 2012

12-49.スノーホワイト
■原題:Snow White And The Huntsman
■製作年・国:2012年、アメリカ
■上映時間:127分
■字幕:古田由紀子
■観賞日:6月20日、TOHOシネマズ渋谷

 

□監督:ルパート・サンダース
◆シャーリーズ・セロン(ラヴェンナ)
◆クリステン・スチュワート(スノーホワイト)
◆クリス・ヘムズワース(エリック)
◆サム・クラフリン(ウィリアム)
◆サム・スプルエル(フィン)
◆イアン・マクシェーン(森の番人ビース)
◆ボブ・ホスキンス(森の番人ミューア)
◆レイ・ウィンストン(森の番人ゴート)
◆ニック・プロスト(森の番人ニオン)
◆エディー・マーサン(森の番人デューア)
◆トビー・ジョーンズ(森の番人コル)
◆ジョニー・ハリス(森の番人クワート)
◆ブライアン・グリーソン(森の番人ガス)
【この映画について】
子供から大人まで多くのファンを持つ名作グリム童話の「白雪姫」を基に、これまでの白雪姫のイメージを一新させたアクション・アドベンチャー大作。監督を務めるのは、人気ゲーム「Halo 3: Believe」のCMでカンヌ広告祭のグランプリの受賞経験もある、CMディレクター ルパート・サンダース。
主人公スノーホワイトには、「トワイライト・サーガ」シリーズで絶大な人気を誇るクリステン・スチュワート。また悪魔の女王には、オスカー女優のシャーリーズ・セロン。このほか、『マイティ・ソー』で主人公ソーを演じたクリス・ヘムズワース、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』のサム・クラフリンという若手俳優たちが顔を揃える。(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】
スノーホワイトは、マグナス王と王妃に大切に育てられた外見も心も美しいプリンセス。しかし、母亡きあと、新しい王妃に迎えられたラヴェンナに父王を殺されたスノーホワイトは、国を乗っ取られ、7年間の幽閉生活を送ることになる。

一方、女王ラヴェンナは魔法の鏡にいつも問いかけていた。「鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」(Mirror,mirror on the wall...Who's the fairest of them all?)「もちろん女王様です」しかしある日、鏡はこう言った。「この世でいちばん美しいのは女王様ですが、やがてあなたよりも美しい娘が現れます。その時、娘の心臓を食べれば、あなたは永遠の美と若さを手に入れ、不死身となるでしょう」その娘が自分の継娘スノーホワイトと知った女王は、彼女を殺そうとするが、闇の森へ逃げられてしまう。女王は森に詳しいハンターのエリックを雇い、刺客として解き放つ。

だが、スノーホワイトは彼と手を組み、危険をかわしながら、たくましく生きる能力を身につけていくのだった。女王はその後も、あの手この手でスノーホワイトを追跡、罪のない命と自然を破壊していく。すべては自分のせいと心を痛め、たとえ地の果てまで逃げても女王の魔の手から逃れられないと悟ったスノーホワイトは、抵抗軍を組織し、女王を倒すべく進軍を開始する……。

グリム童話の名作として世界中に知られている?「白雪姫」の物語だが、決して子供向けの作品ではなく大人が楽しむ作品だ。主役のスノーホワイトを演じるのは「ランナウェイズ」でジョーン・ジェットを演じていたクリステン・スチュワートだが、ストーリーの展開や演技の上手さから言っても(女優としてのキャリアもそうだが)女王ラヴェンナを演じたアカデミー女優のシャーリーズ・セロンが事実上の主役であるのは間違いない。この作品はそういう点からもシャーリーズ・セロンの演技と美しさに惚れ惚れとする映画である。
独り身の女王の魔力の源は、女性の永遠のテーマでもある美しさであり、美しさを保つことが権力を維持し国を統治する上で最大の武器なので、自分より若くて美しい女性の存在は自らの権力を揺るがす一大事であることからも、それを未然に排除するのは彼女からすれば当然なのである。
そこで魔力が及ばない森の中に逃げたスノーホワイトへの刺客として選ばれたのが「マイティ・ソー」で主役のソーを演じたクリス・へムズワース。だが、この刺客は女王の命に背いてスノーホワイトの身柄を女王に渡すことは無かった。結局は命に背いたばかりか反乱軍に投じて女王の居城を攻める軍に加わった。

スノーホワイトの幼馴染であったウィリアムが反乱軍を主導して、その彼との関係も描かれているがこちらはストーリーの展開上さして重要では無かった。やはり、演技派美人女優のシャーリーズ・セロンが放つあの決め台詞「Mirror,mirror on the wal...」の時のアップになった表情を大スクリーンで見ると、やはりこの映画の主役は彼女であると改めて認識させられた。 

あと、VFXとCGを駆使した映像もなかなか綺麗でした。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またもや中継ぎが崩壊で大敗 | トップ | 映画『ディヴァイド』を観て »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白雪姫の世界もまた"仁義無き戦い" (zebra)
2013-04-29 17:54:11
>ストーリーの展開や演技の上手さから言っても(女優としてのキャリアもそうだが)女王ラヴェンナを演じたアカデミー女優のシャーリーズ・セロンが事実上の主役であるのは間違いない。
他のブログでも 主役の白雪姫より 悪の女王役のセロンを 高評価してる方たちが かなり多いんですよ!

結婚初夜・・・世の男にとって至福の瞬間・・・
それが まさか 人生最悪の瞬間とは・・・・

初夜のベッドでは国王もただの男。まさに"仁義なき戦い"で組長のタマ・・・・あっ、ではなく、国王のふたつのタマと本当のタマ(命)を取っちゃった女王・・・・まさに下克上の女です。


 "国王ぉぉぉーーー 覚悟しいやぁぁぁぁぁぁーーー"
”や、やめろ ラベンナ・・・ ワシのナニをどうするつもりじゃ・・・うぎゃぁぁぁぁぁぁ~ん!!!!!” (絶命)・・・

"やったぁぁぁぁ  国王のタマ(ふたつも) 取ったよぉぉぉぉぉ"   勝利の雄たけびのラベンナ。
BGM↓
http://www.youtube.com/watch?v=ByA_ImHPxHQ
 まさに 白雪の世界観も下克上・・・・


恐るべしっ!!!!セロン女王!!!!
>白雪姫の世界もまた"仁義無き戦い" (kintyre)
2013-05-05 22:09:01
こんばんは、返事遅くなり申し訳ありません。

この映画の主役はタイトル通りで、本来ならスノーホワイトそのもののクリステン・スチュワートですよね。
でも、観た人なら判ると思いますが、やはり女王様役のセロンの方が演技力、キャリア、美貌、存在感など全てで上回っていたのは事実。
国王との初夜、男からしてまさかここで命を落とすとは予想外どころか、後世にそういう意味で名を残してしまいました。やはり、女は強いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スノーホワイト (新・映画鑑賞★日記・・・)
【SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN】 2012/06/15公開 アメリカ 127分監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、イアン・マクシェーン、ボブ・ホスキンス、レイ・ウィンストン、ニック・....
スノーホワイト (だらだら無気力ブログ!)
まさかの「もののけ姫」。
劇場鑑賞「スノーホワイト」 (日々“是”精進! ver.F)
スノーホワイト、いざ戦いの時… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206150000/ Snow White & The HuntsmanSoundtrack Republic 2012-05-29売り上げランキ...
[映画『スノーホワイト』を見た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~ん、ユニバーサル映画100周年作品。  『バトルシップ』も良かったけど、見終えて思うに、この「スノーホワイト」も「同じテイスト」で、頑張って作られてますね^^  誰もが知っている「白雪姫」を、世界構築型ファンタジーとして、豪快かつ繊細、更には、や...
スノーホワイト (心のままに映画の風景)
幼い頃に母を亡くしたプリンセスのスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、継母となったラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)王妃に実父マグナス王を殺され、城の塔で幽閉生活を強いられる。 それ...
スノーホワイト(2012)***SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN (銅版画制作の日々)
“おとぎ話”は終わった。今、新たなる「白雪姫」伝説がはじまる!好き度:=70点 母が退院したので一段落。ご心配下さった方、またコメントのお返しにお邪魔したいと思っております。誠にありがとうございます。 さて観たい作品は知らぬ間に終了...
スノーホワイト (銀幕大帝α)
SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN/12年/米/127分/ファンタジー・アクション・アドベンチャー/劇場公開(2012/06/15) -監督- ルパート・サンダーズ -出演- *クリステン・スチュワート『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』・・・スノーホワ...
スノー・ホワイト  監督/ルパート・サンダース (西京極 紫の館)
【出演】  クリステン・スチュワート  シャーリーズ・セロン  クリス・ヘムズワース 【ストーリー】 念願の女王の座に就いたものの、彼女にとって継娘スノーホワイトは己の支配と永遠の美しさを脅かす存在であった。この若き娘を抹殺するため、邪悪な女王は刺客として...
映画「スノーホワイト」@品川プリンスシネマ (新・辛口映画館)
 公開2週目、日曜日の夜。上映館となったシアター9には30名弱くらいの客入りだ。      
スノーホワイト (ダイターンクラッシュ!!)
2012年6月23日(土) 20:00~ ユナイテッド・シネマ豊洲7 料金:1000円(割引) 『スノーホワイト』公式サイト 白雪姫。 シガニー・ウィーバーの鬼婆のがあったが、あっちは観ていない。 今回の悪役は、シャーリーズ・セロン。クリステン・スチュアートもベラでない...
スノーホワイト (miaのmovie★DIARY)
スノーホワイト [DVD](2012/10/17)クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン 他商品詳細を見る 【SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN】 制作国:アメリカ    制作年:2012年 スノーホワイト(クリステ...
スノーホワイト (いやいやえん)
いや、どう考えたって鏡さん、シャーリーズ・セロン女王のほうが美しいに決まってるでしょう。 戦うプリンセスという超大胆な構成のもとに作られた本作ですが、まずもともとのそこから絶対的な揺ぎ無い美の力っても
『スノーホワイト』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
今年は「グリム童話誕生200周年」なんだそうですが、これまでのイメージとはかなり違った「白雪姫」物語となったのがこの作品です。王子様に助けられる受身のヒロインではなく、自らの運命を自ら切り開くという新しい「白雪姫」像を作り上げています。 ヒロインのス...
「スノーホワイト」 (或る日の出来事)
白雪姫のクリステンさんの映画というよりは、継母のシャーリーズ姉御の映画ですね。
スノーホワイト (迷宮映画館)
本当は怖い・・じゃなくて、強いお話。。
スノーホワイト (Diarydiary! )
《スノーホワイト》 2012年 アメリカ映画 - 原題 - SNOW WHITE
スノーホワイト (Snow White and the Huntsman) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・サンダーズ 主演 クリステン・スチュワート 2012年 アメリカ映画 132分 アドベンチャー 採点★★ 知り合いに、私が他の女性と楽しげに会話していたり他の女性の話題を話したりすると、途端に不機嫌になる女性が。「あらヤダ!惚れられてんじゃない...
スノー・ホワイト (♪HAVE A NICE DAY♪)
もう・・・娘と3週間前?の土曜日に観た 土曜日のせいか満席で前から3列目の席となりました 感想が・・・遠い記憶となっている(涙) なんと言っても シャーリーズ・セロンが綺麗で綺麗で~~ 美しい事といったら 綺麗な衣装も似合って綺麗 はふぅー、シャーリーズ...
『スノーホワイト』 (beatitude)
スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、マグナス王と王妃に大切に育てられた外見も心も美しいプリンセス。しかし、母亡きあと、新しい王妃に迎えられたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)に父王を殺されたスノーホワイトは、国を乗っ取られ、7年間の幽閉生活を送る....
スノーホワイト (tom's garden)
監督:ルパート・サンダース、衣装デザイン:コリーン・アトウッド、音楽:ジェームス・ニュートン・ハワード 出演:クリステン・スチュワート、シャリーズ・セロン、クリス・ヘムワース、サム・クラフリン 戦う白雪姫。 悲しき悪の女王。 そして、守れなかった後...
映画『スノーホワイト』観てきたよ~~ (よくばりアンテナ)
Do you know the story of snow-white? She is a very beutiful princess. But her mother does not like her. Her mother is the Queen. She is a very bad woman.   って、小学校の時にスピーチコン...
スノーホワイト (Blossom)
スノーホワイト SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN 監督 ルパート・サンダーズ 出演 クリステン・スチュワート シャーリーズ・セロン     クリス・ヘムズワース サム・クラフリン アメリカ 2012
スノーホワイト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10)(10) 戦う白雪姫、新しい神話がココに始まる。
映画:「スノーホワイト」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年6月16日(土)。 映画:「スノーホワイト」。 監  督: ルパート・サンダーズ 脚  本: エヴァン・ドアティ 衣装デザイン: コリーン・アトウッド キャスト: クリステン・スチュワート(スノーホワイト)       シャーリーズ・セロン (ラヴ...
スノーホワイト/シャーリーズ・セロン (カノンな日々)
予告編を目にするといつも思うことがありました。グリム童話『白雪姫』の名シーンの1つでもある女王が「鏡よ鏡。この世で一番美しいのは誰?」と問いかけるあのシーンなんですけど ...
スノーホワイト (Akira's VOICE)
中途半端が点在。  
「スノーホワイト」 スノーホワイトが象徴するもの (はらやんの映画徒然草)
みなさんご存知グリム童話の「白雪姫」、こちらを新解釈で映画化したのが本作品です。
スノーホワイト  みました♪ (★ Shaberiba )
ダークでゴシックな映像美にヤられた~。
『スノーホワイト』 (こねたみっくす)
映像だけは凄い!ただ盛り上がってほしい場所では全然盛り上がらない脚本のまま続編製作決定は早計すぎるのでは? グリム童話「白雪姫」をダークファンタジーにアレンジしたこの ...
映画「スノーホワイト」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/6/19、109シネマズ木場。 シャーリーズ・セロン、クリステン・スチュアート、クリス・ヘムズワース。 ** 物語の緒の部分はダイジェスト版で表される。 すなわち、王妃(リバティ・ロス)は白い肌、赤い唇、黒い髪の子を産み、 スノーホワイト(白雪姫...
『スノーホワイト』 2012年6月19日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スノーホワイト』 を鑑賞してきました。 実は想定外なんですけど、、、本当は『アタック・ザ・ブロック』を観る予定でした 【ストーリー】  とある王国の王と王妃の間に生まれ、肌の白さがまるで雪のような美しさを持つスノーホワイト(クリステン・スチュワート)...
映画『スノーホワイト』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ルパート=サンダーズ。脚本、エヴァン=ドーハティ、ジョン=リー=ハンコック
スノーホワイト (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
スノーホワイト Blu-ray & DVD (デジタルコピー付)クチコミを見る覚醒した白雪姫が邪悪な女王に挑戦状を叩きつける「スノーホワイト」。この話、王子サマなんていらないんじゃないの ...
スノーホワイト (そーれりぽーと)
「クリステン・スチュワートて世界で一番美しいのとは違うと思うんだけど」と思いながら、『スノーホワイト』を観てきました。 ★★★ どう見てもシャーリーズ・セロンの方が美しいです。 残念。 老けメイクしてても鬼の形相してても継母女王の方が圧倒的に美しいなんて...
スノーホワイト/SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN (いい加減社長の映画日記)
白雪姫かぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 念願の女王の座に就いたものの、彼女にとって継娘スノーホワイトは己の支配と永遠の美しさを脅かす存在であった。 この若き娘を抹殺するため、邪悪な女王は刺客として狩人を送り込む。 しかし、スノーホワイト....
スノーホワイト (キノ2)
★ネタバレ注意★  白雪姫生誕百周年を記念して(嘘)、今年は白雪姫の映画が二本も封切られる模様です。二作に共通しているのは、白雪姫よりも悪い女王のキャスティングが注目を集めていることで、もう一本の “Mirror Mirror”で悪い女王を演じてるのはジュリア・...
スノーホワイト (Memoirs_of_dai)
シシ神とラヴェンナのあっけなさ 【Story】 肌の白さがまるで雪のような美しさを持つスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、王と王妃で仲むつまじく生活していた。ところが、王妃が事故によ...
『スノーホワイト』('12・初鑑賞66・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 6月16日(土) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン6にて 12:30の回を鑑賞。
『スノーホワイト』 (ラムの大通り)
(原題:Snow White and the Huntsman) ----- 今日は、フォーンが前から観たいと言っていた『スノーホワイト』。 なぜ、観たかったかって? それは、もともとは童話のこんな子供向けのお話が どうやって、2時間を超える、しかもスペクタクルな作品になるか、 そこに興味...
★スノーホワイト(2012)★ (Cinema Collection 2)
SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN “おとぎ話”は終わった。今、新たなる「白雪姫」伝説がはじまる! この夏、世界は、初めて出会う。 上映時間 127分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2012/06/15 ジャンル アクション/アドベンチャー/ファ...
スノーホワイト (シネマ日記)
これはシャーリーズセロンの悪役っぷりを見たいだけで行った作品です。そのため内容には全然期待していなかったおかげで、思ったよりずいぶん楽しむことができました。 そもそも超美女のシャーリーズセロンが白雪姫の美貌に嫉妬する継母役で、白雪姫が美貌にははてなマー...
スノーホワイト (みすずりんりん放送局)
 『スノーホワイト』を観た。  【あらすじ】  スノーホワイト(クリスティン・スチュワート)は、マグナス王と王妃に大切に育てられた、外見だけでなく、その心も清らかで美しいプリンセス。  しかし、母亡き後、新しい王妃に迎えられたラヴェンナ(シャーリーズ・セ...