kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『クラウド・アトラス』を観て

2013-03-16 23:09:53 | 映画・恋愛、ファンタジー、コメディー

13-25.クラウド・アトラス
■原題:Cloud Atlas
■製作年、国:2012年、アメリカ
■上映時間:172分
■観賞日:3月16日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ
■料金:1,800円

 

□監督・脚本・製作:ウォシャウスキー兄弟、トム・ティクヴァ
□音楽:トム・ティクヴァ、ジョニー・クリメック、ラインホルト・ハイル
◆トム・ハンクス(ドクター・ヘンリー・グース他)
◆ハル・ベリー(農園で働くマオリ族他)
◆ジム・ブロードベント(モリヌー船長他)
◆ヒューゴ・ウィーヴィング(ハスケル・ムーア)
◆ジム・スタージェス(アダム・ユーイング)
◆ペ・ドゥナ(ソンミ451他)
◆ベン・ウィショー(船の給仕係他)
◆ジェイムズ・ダーシー(記録官他)
◆ジョウ・シュン(死体を発見する男性ホテル従業員他)
◆キース・デイヴィッド(奴隷クパカ他)
◆デイヴィッド・ギャシィ(オトゥア他)
◆スーザン・サランドン(ホロっクスの妻他)
◆ヒュー・グラント(ホロックス牧師他)
【この映画について】
19世紀から近未来まで、6つの異なる時代に生きる人々の姿を描いた、デヴィッド・ミッチェルによるベストセラー小説を、『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー姉弟と『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァという3人の監督で映画化。トム・ハンクス、ハル・ベリーらがそれぞれ違う時代のキャラクターを複数演じている。(この項、Movie Walkerより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
初老の男ザックリーには、時空を超えたいくつもの“自分”の物語があった。1849年の太平洋諸島。“彼”は医師ヘンリー・グースとして弁護士ユーイングと出会う。ユーイングはホロックス牧師と奴隷売買の契約を交わす。島で罹患したユーイングに、グースは無料の治療を買って出る。

1936年、ユーイングの航海日誌を読む音楽家フロビシャーは父親に勘当され、恋人シックススミスのもとを離れて、スコットランドの作曲家エアズの家へ押し掛ける。フロビシャーはエアズの採譜者を務めながら、後に幻の名曲となる「クラウド アトラス六重奏」を作曲する。
フロビシャーからの最後の手紙をシックススミスが受け取った37年後の1973年、サンフランシスコ。物理学者となったシックススミスは、人命に関わる原発の報告書をジャーナリストのルイサに託そうとして殺される。原発の従業員アイザック・スミスである“彼”はルイサと恋におち、会社を裏切る決意をする。

2012年のロンドンで“彼”は作家ダーモット・ホギンズとして著書を酷評した書評家を殺し、カルト的英雄となる。大儲けした出版元のカベンディッシュはダーモットの弟たちに脅迫される。
2144年、遺伝子操作で作った複製種を人間が支配する全体主義国家ネオ・ソウル。複製種ソンミ451は密かにカベンディッシュ原作の映画を観て自我に目覚める。革命軍チャンと恋におちた彼女は、自ら反乱を率いる。ソンミが女神として崇められる地球崩壊後106度目の冬の地で、進化した人間コミュニティーからの使者メロニムが若き日のザックリーの村を訪れる。ザックリーがガイド役となり悪魔の地と呼ばれる険しい山の山頂にたどり着くと、メロニムの驚くべき使命が明かされる……。

輪廻転生がこの作品の全体を支配していると言っても過言ではないが、3時間近い上映時間の中でも重要なパートは勿論冒頭とラストで繋がって語るシーンなのだが、重要なのは中間部の「ネオ・ソウル」のパートだ。韓国人女優ぺ・ドゥナがソンミ451に扮するのだが、何だか是枝作品「空気人形」に良く似ている。この複製人形ソンミが反乱を起こして最後は処刑されるのだが、ソンミが神と崇められ大きな像が地球のある場所に残されているのだ。
1849年のアダム・ユーイングに始まり2321年に至るまでの6つのパートから構成される長~いお話で、しっかり観ていないとどの人物が転生していくのか追って行って頭の中で整理するのが大変だった。名曲に纏わる話しや航海の話やら女性ジャーナリストの話やらSFっぽい話やらを一つの纏めるのは大変だっただろうが、3時間弱は長過ぎた印象だ。

それでも出演俳優陣は主役級がゴロゴロ出演していて、それぞれのパートで別人格になって演じなければならないので演技力を持ち合わせていないと脚本に負けてしまいそうだが、やはり、そこは経験豊かな連中ばかりなので、観ている方は演じている人物の違いを楽しめば良い、そんな作品でした。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 侍ジャパン、再びオランダに大勝... | トップ | 石井、ルーキー藤浪との対決を制... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『クラウド・アトラス』 2013年2月25日 ワーナー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『クラウド・アトラス』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は172分と長い映画ですが、飽きなく観れました でも、6つの話があってぐちゃぐちゃに入り乱れているので、ちーーーーっとも分からないという落ちが だから、もう1回観たくなってます 【ストーリー】  1849年...
クラウド アトラス/トム・ハンクス (カノンな日々)
たしかウォシャウスキー兄弟監督だと記憶していたんですけど、いつの間に姉弟監督に変わってしまったんでしょうか?劇場で流されてる宣伝&解説映像を観てアレ???夫婦監督じゃ ...
クラウド アトラス (だらだら無気力ブログ!)
ジョウ・シュンが出てるなんて知らなかったよ。
クラウド アトラス (銀幕大帝α)
CLOUD ATLAS 2012年 アメリカ 172分 ドラマ/アドベンチャー/SF PG12 劇場公開(2013/03/15) 監督: ラナ・ウォシャウスキー トム・ティクヴァ アンディ・ウォシャウスキー 製作: ラナ・ウォシャウスキー トム・ティクヴァ アンディ・ウォシャウスキー 脚....
クラウド アトラス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CLOUD ATLAS】 2013/03/15公開 アメリカ PG12 172分分監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー いま、<人生の謎>が解けようとしている。 [Story]■1849年、南太平洋。青年ユーイングは、妻の父から奴隷売買を託され、船での航...
クラウド アトラス (迷宮映画館)
賛否両論あるようですが、変な顔の造作以外は、OK!!
クラウド・アトラス  (映画の話でコーヒーブレイク)
金曜日の日経夕刊の映画紹介で。 え~、ウォシャウスキー姉弟監督の3時間に及ぶ大作よね? ★2つって…評価低い。そこそこの作品でも大体★3つは付いているんだけれど…ね。 そういえば映画館の予告編も少ないような? なにせ3時間だからねぇ~、ちょっと長さにビビり...
クラウド アトラス (キノ2)
★ネタバレ注意★  輪廻転生の話と聞くと、ちょっと構えてしまいます。  やっぱ、お箸の国のひとだもの。  仏教哲学の底の深さは果てしがない。ついていけなかったらどないしよ。  だけど実際観てみると、仏教的な死生観とかは、とりあえずあんま関係なかっ...
★クラウド アトラス(2012)★ (Cinema Collection 2)
CLOUD ATLAS いま、<人生の謎>が解けようとしている。 上映時間 172分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/03/15 ジャンル ドラマ/アドベンチャー/SF 映倫 PG12 【解説】 それぞれ時代も場所も違う6つのエピソードが 入れ子...
クラウドアトラス (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー  出演: トム・ハンクス (ドクター・ヘンリー・グース/安ホテルの支配人/アイザック・サックス/ダーモット・ホギンズ/『カベンディッシュの大災難』の主演俳優/ザックリー) ハル・...
繋がる 6つのストーリー (笑う社会人の生活)
17日のことですが、映画「クラウド アトラス」を鑑賞しました。 1849年 航海の物語 1936年 高名な作曲家と弟子の物語 1973年 原子力発電所の陰謀 2012年 編集者の奇妙な冒険 2144年 クローン少女の革命 2312年 崩壊後の地球の運命 これほど説明の難しいというか・・...
クラウド アトラス ★★★★ (パピとママ映画のblog)
この作品は6つの時代を生き続ける人間の時空を超えた魂である。「マトリックス」「スピード・レーサー」などのラナ&アンディウォシャウスキー姉弟と、「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァの共同監督による壮大なSF叙事詩である。 ここではまず、1:1849年...
クラウド・アトラス 監督/ラナ&アンディ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ  (西京極 紫の館)
【出演】  トム・ハンクス  ハル・ベリー  ジム・ブロードベント 【ストーリー】 主人公の男を軸として、波乱に満ちた航海物語、幻の名曲の誕生秘話、原子力発電所の陰謀、人殺しの人気作家、伝説となるクローン少女の革命家、そして崩壊後の地球の戦いが交錯していく...
クラウド アトラス (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第301回「1番驚いたのは、監督の性別が変わってた!」 マトリックス3部作の監督であるウォシャウスキー兄弟が監督を務め、主演にトム・ハンクス、ハル・ベリーとアカデミー賞俳優を配した作品と聞けば、否が応でも期待してしまうというもの。しかし、予告編を見るだ....
クラウド アトラス (心のままに映画の風景)
19世紀から24世紀、時代も場所も違う6つのエピソードを並行し、人間の神秘を描くスペクタクル・ドラマ。 デイヴィッド・ミッチェルの同名小説を、「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟(姉弟)と「パフューム ある人殺しの物語」のトム・ティクヴァ監督が映画化...
「クラウド アトラス」 歯向かう者たち (はらやんの映画徒然草)
登場人物のひとり、若き作曲家ロバート・フロビシャーが作曲するのが「クラウド アト
クラウド アトラス (そーれりぽーと)
ウォシャウスキー兄弟もとい姉弟と、トム・ティクヴァがタッグを組んだ『クラウド アトラス』を観てきました。 ★★★★ 七変化の特殊メイクの自然なこと!何よりここが面白いと言っても良い。 エンドロールでバラしてくれるまで気付かなかったのがいくつも有り、もう一...
ネタバレ「クラウドアトラス」、壮大な世界観 (風貴(カサキ)の映画大好き!)
今年の33本目 トム・ハンクス、ハル・ベリー、ジム・スタージェス、ヒュー・グラント ウォシャスキー姉弟&トム・ティクヴァ共同監督 映画の予告編で何度か観たら、その壮大な世界観に惹かれ絶対観たいと思った作品です。19世紀から24世紀までの6つの話しが絡まりあ...
『クラウド アトラス』 (beatitude)
1849年、太平洋諸島。若き弁護士に治療を施すドクター・ヘンリー・グース(トム・ハンクス)だったが、その目は邪悪な光をたたえていた。1973年のサンフランシスコ。原子力発電所の従業員アイザック・スミス(トム・ハンクス)は、取材に来た記者のルイサ(ハル・ベリー)...
映画:クラウドアトラス Cloud Atlas 「変化」をもたらすのはどの時代でも、正しい方向に向う「意志」  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
オープニング早々、鑑賞者は混乱に陥る。 時代バラバラの物語が次々とキックオフされ、翻弄される。 原作本が「統合されないバラバラのプロット」的に批判されてた記事を見ていたこともあって、焦った。 果たして、これで最後までついていけるか?(汗) だが各プロ....
クラウド アトラス (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「クラウド アトラス」監督:ラナ・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー(『スピード・レーサー』)出演:トム・ハンクス(『幸せの教室』『ものすごくうるさくて、あり ...
クラウド アトラス (愛猫レオンとシネマな毎日)
「マトリックス」3部作のウォシャウスキー姉弟と 「パヒューム ある人殺しの物語」のトム・ティクヴァ監督による作品。 上映時間は、3時間。時代も場所も違う6つのエピソードによって 綴られた一大叙情詩でした。 原作は、デイヴィッド・ミッチェルの同名小説。 ...