kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観て

2011-10-11 21:08:27 | アメリカ映画 2011

11-67.世界侵略:ロサンゼルス決戦
■原題:World Invasion:Battle Los Angeles
■製作年・国:2011年
、アメリカ
■上映時間:116分
■字幕:太田直子

■鑑賞日:10月10日、新宿ピカデリー(新宿)

■料金:1,800円


□監督:ジョナサン・リーベスマン
□脚本:クリス・バートリーニー
□撮影監督:ルーカス・エトリン
□編集:クリスチャン・ワグナー
□美術:ピーター・ウェナム

◆アーロン・エッカート(マイケル・ナンツ2等軍曹)
◆ミシェル・ロドリゲス(エレナ・サントス空軍2等曹長)
◆ラモン・ロドリゲス(ウィリアム・マルチネス少尉)
◆ブリジット・モイナハン(ミシェル)
◆Ne-Yo(ケヴィン・ハリス伍長)
◆マイケル・ペーニャ(ジョー・リンコン)
【この映画について】
ロサンゼルスを舞台に、地球を侵略してきたエイリアンに立ち向かう海兵隊員の死闘を描いたSFアクション。ドキュメンタリー調の戦争映画のスタイルに未確認飛行物体の実録映像などを盛り込み、壮絶な地上戦が展開する。
監督は、『テキサス・チェーンソー ビギニング』のジョナサン・リーベスマン。主人公の海兵隊隊長には、『ダークナイト』のアーロン・エッカート。共演には『アバター』のミシェル・ロドリゲス、『アイ,ロボット』のブリジット・モイナハンら実力派が顔をそろえる。(この項、シネマトゥデイより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
1942年2月25日、アメリカ・ロサンゼルス上空。アメリカ軍のレーダーが、発光しながら編隊を組む25機の飛行物体を捕捉する。しかし約1440弾の対空砲火を行うが、1機も追撃することができなかった。当時、その模様はラジオで中継され、アメリカ西海岸はパニック状態に陥った。現在でも、この騒動の真相は明らかになっていない。

その後、1965年にはアルゼンチン・ブエノスアイレスで空飛ぶ円盤が目撃され、1983年には韓国・ソウルに未知の光る物体が出現した。1991年にはイギリス・ロンドンにもそれらが現れた。しかし、彼らの目的はまだわからなかった。
そして2011年8月11日、世界各地の天文台は、地球に接近する流星群を捕捉した。それらは地球の各大陸沿岸に落下すると予想される。
同日、海兵隊のナンツ2等軍曹が新兵の教官を務めていたが、諸般の事情により退役する意思を固めていた。翌12日、海中から異星人の軍団が出現し無差別に発砲し上陸する宇宙人達、直ちに全軍に出撃命令が下った。

退役が決まっていたナンツは非常事態に出撃に同意し第1小隊に配属され、軍の空爆開始である19:30までに孤立した地区の住民を救出する作戦を命じられた。逃げ遅れた住民はロサンゼルス西警察署に避難していて、彼らを救出してサンタモニカの前線基地へ連れ戻すことに。
だがその間にも周囲は敵に包囲され壮絶な地上戦を繰り広げて如何にして辿り着くかが見所に。既に町は爆撃で破壊され尽くされ、救助ヘリも撃墜されたことから一行は放置されたスクールバスを動かして何とかハイウェイを突破しようと試みるも、あちこちから攻撃の矢が飛んできて部隊は孤立し、空爆開始の時間は迫って来る。
最後は宇宙人の司令部にミサイルをぶち込み破壊してメデタシメデタシとなりますが、宇宙人の姿が殆ど明らかにされないので未知の者への恐怖より攻撃されていることへの恐怖が強調されていました。

ナンツ軍曹は味方を鼓舞して果たして無事に帰還出来るのか?アーロン・エッカートがナンツ軍曹を演じるのだが、リーダーシップを発揮する場面もあるのだが、全体的にインパクトが足りない。宇宙人の不意打ちで地球自体が破滅状態に陥りながらも、ロスだけは死守するっていう意味が分かり辛い。世界(地球)最強を誇る米軍がこの時点でロスの部隊を残して壊滅状態とはどうなんだろう?
まあ、でもそうした大規模の戦闘を描かずに、作戦そのものは孤立した民間人を救出するという簡単なミッションだったのは良かったと思うのだが、主役のアーロン・エッカート自身の個性が発揮されているとは個人的には思えず、共演のミシェル・ロドリゲスは逆に良い味出していた。

余談ですが、この映画は当初春公開予定で、私も年明けから映画館で何度も予告編を観ていたのですが運悪く東北大震災が発生して公開が延期になっていました。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『親愛なるきみへ』を観て | トップ | 西武、最下位ロッテを圧倒する1... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kiyotayoki)
2011-12-02 17:01:44
TBありがとうございます。
字幕を担当した方の名前まで記録していらっしゃることに、ちょっと驚きました。
更に驚いたのは、この映画の字幕を担当したのが女性だったこと。
戦争映画だし、てっきり男性だと思っていたんですが、もうそういう先入観は捨てなきゃいけませんね(;^^
Unknown (kintyre)
2011-12-03 11:13:45
>kiyotayokiさん、こんにちは
記入した私が言うのも変ですが、女性の翻訳って字幕の場合、意外と多いと思います。良く名前を拝見する戸田奈津子さんもそうですし、英語以外の欧州言語系でも女性翻訳多いです。
字幕の翻訳する人は、字数制限がある中で要約して、さらに分かりやすい表現が求められるので大変だと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
世界侵略:ロサンゼルス決戦/アーロン・エッカート (カノンな日々)
当初は4月に公開されるはずだったのがこれも東日本大震災で延期になっていたんですよね。一時期は『スカイライン-征服-』の予告編と同時期に流れていたこともありましたが内容も似 ...
2011年9月8日 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 を試写会で鑑賞です。 実はこの映画の試写会には幾つか当たったんですが 観れないと思って諦めていました。 震災中で中止になった試写会やこの間の豊洲のオーシャンスクリーンの 試写も当たってたのですが、日程合わず断念して...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (ラムの大通り)
(原題:Battle:Los Angeless) ----これって3.11のとき、 公開が延期されたうちの一本だよね。 「うん。 同じ宇宙人侵略モノの『スカイライン/征服』は そのまま公開されたのに、なぜ?って思ったけど、 その破壊ぶりが徹底的。 しかも、リアル」。 ----SFというよ...
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」@ソニーピクチャーズ試写室 (新・辛口映画館)
 客席は満席、補助椅子にまで人が座っている。
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【BATTLE: LOS ANGELES】 2011/09/17公開 アメリカ PG12 116分監督:ジョナサン・リーベスマン出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ それでも人類は戦うのか――。 ロサンゼル...
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ジョナサン=リーベスマン。脚本、クリストファー=バートリニー。2011年米
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (みんなシネマいいのに!)
 震災の影響で4月公開が9月に変更。 その間にパチモンのような「スカイライン-征
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (だらだら無気力ブログ!)
見事にアメリカ万歳映画だった。
映画「世界戦略:ロサンゼルス決戦」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/10/5、109シネマズ木場。 貸切。 もし我々夫婦が見てなかったら、無人の中で上映していたのだろうか。 絶対ヒットしそうにない古臭い感のある邦題。 原題は「Battle Los Angeles」だが、 アメリカ以外分では多くが「World Invasion: Battle Los Angeles....
劇場鑑賞「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (日々“是”精進! ver.A)
ロサンゼルスを、死守せよ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109170006/ ブライアン・タイラー/オリジナル・サウンドトラック『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 posted with amazlet at 11.09.12...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.battlela.jp/ 最近の知性をかけらも感じさせない宇宙人に閉口しながらも、何故だか楽しみにしていた作品。 1942年、ロサンゼルス上空で発光する謎の飛行物体25機を空軍のレーダーがとらえる。 その後もブエノスアイレスやソウル、ロンドン...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (prisoner's BLOG)
「ブラックホーク・ダウン」以来というか、あれ以上にえんえんと全編にわたって戦闘シーンが続く体感ムービー。 「ブラック…」では「敵」のソマリア人の描き方がゾンビみたいだと批判されたりしていたが、ここでの敵は宇宙人なのか生体メカなのか、とにかく人間ではない...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Akira's VOICE)
不撓不屈で戦います!  
映画「世界戦略 ロサンゼルス決戦」、エイリアンとの壮絶バトル! (ひろの映画日誌)
エイリアンが地球各地の海岸に攻め入り、征服を始めた。 そしてここロサンゼルスでも、エイリアンの侵略が始まり 都会が征服されていく。 海兵隊を退職する決意で届けを出したが、 この事件で戦場に駆り出される二等軍曹が主役だ。 部隊が編成され、警察署に残された...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」監督:ジョナサン・リーベスマン(『テキサス・チェーンソー ビギニング』)出演:アーロン・エッカート(『ダークナイト』『幸せのレシピ』)ブリ ...
映画 「世界侵略 ロサンゼルス決戦」 (ようこそMr.G)
映画 「世界侵略 ロサンゼルス決戦」
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
もうアメリカの敵は宇宙に求めるしかないというわけで、世界中にエイリアンが隕石みたいな感じで襲ってくる。大気圏に入るまで全く感知されないハイテクを持っているのに、案外エイリアンが弱い。海兵隊賞賛映画になるのはわかっていたけど、迫力映像に圧倒された。映画館...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち (はらやんの映画徒然草)
どなたかもブログで書いてらっしゃいましたが、このところ未知の宇宙人に地球が侵略さ
映画『世界侵略 ロサンゼルス決戦』 (健康への長い道)
 東日本大震災の影響で公開延期となっていた本作品。タイトルはB級ですが、中身は・・・。 Story 2011年、直前まで観測されることなく、大量の流星群らしきものが地球に飛来する。落下場所は世界の主要都市の沖合い。それは宇宙からの侵略者だった・・・。圧倒的な攻撃...
【世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
3.11震災で公開が延期になっていた作品。ボクの中では『スーパー8』『スカイライン』とともに今年の三大異星人襲来映画の一つとして当確作。実は『カウボーイvsエイリアン』もあって四大だったことに先日気づいたのは内緒。 結果として全編かなりのヤッツケ映画感...
[映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いや、面白かった〜^^  今も興奮冷めやらない。  異星人による地球侵略を、それに反攻する(各国の)軍隊(この作品では米軍・海兵隊)の一小隊の動向を追う中で描いている。  この作品も、私が褒め称える、『「世界全体の事件」をうまく一小隊の活躍に還元』で...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 ('11初鑑賞124・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:45の回を鑑賞。
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (うろうろ日記)
試写会で見ました。淳さん、相変わらず喋ってしまいます。(※前説)まー語るほどのス
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(10) 人間ドラマは弱いけど、市街戦のリアルさに圧倒される。
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 World Invasion: Battle LA(2011 SONY) (事務職員へのこの1冊)
おんもしろかったー。すげー面白かった。全世界でヒットしたのに、評価は最悪。曰く
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を渋谷シネパレス2で観て、こいつはネタバレちゃうあれだろふじき☆☆☆(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆こういう単刀直入に単純明快なホラ話は楽しい】 宇宙人が攻めてきたが海兵隊は負けないぞ、 という「本気か、筋肉バカ」みたいな映画なんだけど、 海兵隊 ...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (R.LiFE)
個人的に『 世界侵略:ロサンゼルス決戦 』の見所はヤフコメなんかにも書いてあったんだけど、アレかな。うん、アレだ。しかし、出だしのところでソレを書くとまずいかなぁーって思うので、あらすじを載せたあとに書くことにします。なので、この映画を見てないひとはネタ...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (こねたみっくす)
友の死を嘆くヒマがあれば、亡き友のために使命を果たす。それが海兵隊の誇り。 突然のエイリアン襲来により壊滅状態となったロサンゼルスで、民間人救助に当たる海兵隊の姿をモ ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ロサンゼルスを襲撃してきたエイリアンに立ち向かう海兵隊員たちの死闘を描くSFアクション。ドキュメンタリックな戦争映画の手法やUFOの実録映像を取り入れ、リアルな地上戦を展開 ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 / Battle Los Angeles (勝手に映画評)
突如世界各地に現れた、地球外生命体。突然の攻撃に、都市は壊滅していく。絶望的な状況の中、戦う海兵隊の姿を描いた映画。元々4.1に公開予定だったのですが、3.11東日本大震災の影響で公開が延期されました。 この作品を巡っては、SPEとVFX会社が、この映画の製...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (キノ2)
★ネタバレ注意★  Retreat, Hell! うおーっ!!!(←燃えた)。  本来今年の4月に公開される予定だった本作、震災の影響で、一時は公開見送りとまで言われていたのでヤキモキしていたのですが、思ったより早く公開にこぎつけられてよかった☆ だって、久...
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (闘争と逃走の道程)
 なんでも、当初は4月1日に公開予定だったのだが、震災の影響で延期になっていたという作品らしい。ことさら“地震”や“津波”を想起させる作品じゃないけど、ほぼ全篇、瓦礫と化した町で話が展開するので、延期...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年9月17日(土) 19:25〜 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』公式サイト マイケル・ベイやローランド・エメリッヒの映画のようだ。 新味と言えば、 優男イメージが...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (生まれてから今まで観てきた映画全部)
世界侵略:ロサンゼルス決戦 [Blu-ray](2011/12/21)アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス 他商品詳細を見る 先週また映画を観てきました。「世界侵略:ロサンゼルス決戦」でございます。なんかひっそ...
★世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011)★ (Cinema Collection 2)
BATTLE: LOS ANGELES   それでも人類は戦うのか――。   上映時間 116分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2011/09/17 ジャンル SF/アクション 映倫 PG12  【解説】  エイリアンによる容赦の...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(2011 米) (映画の心理プロファイル)
ロサンゼルスを舞台に、 地球を侵略すべく隕石と共に舞い降りてきたエイリアンに 立ち向かう海兵隊兵士たちの死闘を描いたSFアクション。 ストーリーはシンプル&オーソドックスなれど、 希有壮大な話をコンパクトにまとめた手腕はお見事。 原題:『BATTLE: LO...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョナサン・リーベスマン 【出演】アーロン・エッカート/ミシェル・ロドリゲス/ラモン・ロドリゲス/ブリジット・モイナハン/Ne-Yo/マイケル・ペーニャ 【公開日】2011/9.17 【製作】...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  『宇宙戦争』さながらに、いきなり地球を侵略してきたエイリアンたち。これを向かい撃つ米国の海兵隊。この映画はこの海兵隊員たちの視点で描かれたドキュメンタリータッチのSF映画である。  エイリアンは、ロボットタコのような妙な姿をしており、チラチラ登...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (とりあえず、コメントです)
アーロン・エッカート主演のSFアクション大作です。 予告編を観て、ハードそうな戦いだなあとちょっと怖くなりつつも気になっていました。 圧倒的な武器で侵略されていく展開に、うわーっと思いながらスクリーンを見つめていました。
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (がらくた新館)
なぜか最近多い?侵略もの。ロサンゼルスに圧倒的な異星人の侵略者が降下するというシ
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (rambling rose)
謎の隕石が地球に落下。その数時間後、世界中の都市は未知なる敵の容赦ない攻撃を受け次々と侵略されてしまう。
世界侵略ロサンゼルス決戦☆独り言 (黒猫のうたた寝)
主人公たちは海兵隊の兵士たち。地球の大都市の海岸沿いに堕ちてきた隕石群実はこれは宇宙からの侵略者たち。未確認生命体に破壊されるロスの市街地。取り残された民間人救出のために出動する部隊のメンバーは実戦経験のない将校と、実戦で若い部下を失った経験を持つ曹長...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (風に吹かれて)
怒涛の戦闘シーンの連続公式サイト http://www.battlela.jp世界中の大都市に、謎の物体が飛来した。それは宇宙からの侵略者だった。猛攻撃を受けて次々と各都市が崩壊する中、ロサンゼルスも
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』・・・“退却NO!”これぞマリン・コ魂 (SOARのパストラーレ♪)
流星群と思われた落下物から“何か”が現れ突如人々を襲い始める中、民間人救出に向かった海兵隊一個小隊。特別な装備を持っているわけでもないこの部隊が、エイリアンに遭遇し民間人を守りながらの戦闘に巻き込まれていく様子を描く本作。 戦闘時にブレまくる映像は実際...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Diarydiary! )
《世界侵略:ロサンゼルス決戦》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − WORL
世界侵略:ロサンゼルス決戦 Battle:Los Angeles (映画!That' s Entertainment)
●「世界侵略:ロサンゼルス決戦 Battle:Los Angeles」 2010 アメリカ Combia Pictures(Sony),116min. 監督:ジョナサン・リーベスマン 出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジッド・モイナハン他 <評価:★★★★★★...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (そーれりぽーと)
なんか今年はよー宇宙人が攻めてくる。 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観てきました。 ★★★ アーロン・エッカートが急に激老けした?なんてところにばかり気をとられていたら、ミシェル・ロドリゲスが登場して超アガるw いやいや、中身についてですよね。 そんじ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (映画とライトノベルな日常自販機)
この映画に引きこまれるところは、ナンツの視点やあたかも小隊に従軍したカメラマンが撮影しているかのような視点でエイリアンとの戦いが描かれていて“現実感”があることです。 エイリアン達も歩兵が街中に展開し、歩兵が使用する兵器も未知のテクノロジーを用いたもの...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (538ねん。)
2,3日前に見た「スカイライン」と 同じロスがエイリアンに侵略される映画 というか、原題は「Battle:Los Angeles」 日本での公開は2011年9月の予定だとか アメリカ版のBRを購入しての鑑賞 邦題に「世界侵略」とあるように 映画的にはUSマリーンの一中隊がエイリ....
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Battle Los Angeles) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョナサン・リーベスマン 主演 アーロン・エッカート 2011年 アメリカ映画 116分 SF 採点★★ “友達”ってのは、基本的には自分の近くで作りますよねぇ。わざわざ遠くに出向いて友達を作ろうなんて気は起きない。ってことは、もし宇宙人が遠路遥々地球ま...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (花ごよみ)
実際にあったらしいロサンゼルスの 不可解な出来事から69年後 彼らの地球侵略が始まった。 舞台はロサンゼルス、 宇宙からやってきたエイリアン。 そのエイリアンに果敢に、 立ち向かう10人の海兵隊員。 エイリアンと海兵隊の壮絶な市街戦が、 ロサンゼルスで展開...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (銀幕大帝α)
BATTLE: LOS ANGELES/11年/米/116分/SFエイリアン戦争アクション/PG12/劇場公開 監督:ジョナサン・リーベスマン 出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ <ストーリー...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (いやいやえん)
アーロン・エッカートさん(好き)主演です。エイリアンVS海兵隊という分かり易い図。それも空中戦とかではなく地上戦です。 エイリアン側との圧倒的な戦力差を無視して、ロサンゼルスに特化した描き方をしているのはなかなか良い設定だったと思います。それも、警察...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (或る日の出来事)
エイリアン相手の戦争。おもしろかったよ。
世界侵略 ロサンゼルス決戦 (RISING STEEL)
世界侵略:ロサンゼルス決戦 / BATTLE : LOS ANGELES 2011年 アメリカ映画 コロンビア製作  監督:ジョナサン・リーベスマン 製作:ニール・H・モリッツ  オリ・マーマー 脚本:クリス...
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (或る日の出来事)
エイリアン相手の戦争。おもしろかったよ。