千手院のBlog
タイトルそのまま・・・お寺の紹介・生活日記!冬期は墓地の積雪状況もアップしています。
 

  


東京のお寺様のお手伝いを何とか終えて浦佐に帰ってきました。
24日は生ビール&鮎まつりが浦佐の本町通りなどで賑やかに開催されたそうですが、今年は残念ながら参加できませんでした。

浦佐に戻ると案の定、仕事が山積み・・・。そして何とか一段落。

今日は1日心配事相談を行い、夜はご詠歌講のお稽古日。
暑さもあるため、お唱えはほどほどに、お茶を飲みながら最近の様子やお祭りの思い出話など、世間話を楽しみました。



お盆に精霊を迎えるための、千手院の盆灯籠がもう完成しました。
今年は住職がいてくれたおかげでかなり早めの完成!

毎年切り換えるものですが、住職が4日ほどかけて千手院の切子灯籠を作りました。今年は新たに説明板も作りました。この切子灯籠のルーツは高野山にあります。これも浦佐と高野山がいかに密接であったかを示すものです。私が知る限り、この切子灯籠が伝え残っているのは県内では浦佐だけです。

お盆前の浦佐の観音様の御縁日から千手院の向拝に飾る予定です。



畑では夏野菜が毎日よく採れます。新潟の食材は何でも本当に美味しいと思います。
東京ではどうしても野菜不足になりがちでしたので、食べたいときに必要なだけ、安心安全なものをいただけるということは本当に幸せだと思います。

どれもがみな甘みがあり、野菜の味がしっかりしています。

だからという訳ではありませんが、必要にかられ(笑)私は毎日台所に立つようになりました。
残った仕事は夜なべ仕事に回すわけですが、包丁を手に取り、食を考える機会も随分と増えました。身体の柱と心の柱、食は身体の柱の要ですからね。身体にとっても心にとっても季節感だけは忘れないよう心がけています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


再び  




今日から再び東京のお寺様のお手伝いへやってきました。

24日の法要に向けてひたすら卒塔婆を書いています。

雪深い浦佐では、あまり卒塔婆を上げる風習はありませんが、全国的に見れば、供養のための卒塔婆を多く上げるほど功徳が積まれると信じられてきました。

どちらか良いとか悪いとか、そういう問題ではなく、それぞれの地元で大切にされてきたものを尊重していく、そしてそれがその時代を生きている人に必要とされていくこと。

何をはぶき、何を残していくのか、常に心しておかないといけませんね♪

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




皆さんは連休をどのように過ごされましたか?

私は東京方面のお盆のお参りが終わり、続いて3日間、浦佐の白山神社例大祭、夏祭りを楽しませてもらいました。
このお祭りが終わると、またしばらく東京出張?です。



奥におわしますのが白山神社様。

ここ数年、門前区の子ども達の御神輿や行事に関わらせてもらっています。



16日、前夜祭の日ですが門前区の子ども達の樽神輿!
門前地区は面積も狭く22戸しかないため、ただでさえ少子化なのにさらに少子化地区ですが、それでも何とか御神輿を担ぎ続けています。



17日には皆さんと一緒にお参りをさせていただき、御神輿様とご一緒に浦佐中を歩かせていただきました。
お稚児さんの脇について一緒に歩かせてもらいました。

朝方の雨も徐々に止み、曇り空の中だったので暑いとはいっても助かりました。
お稚児さんはたくさんの衣装をまとって、よく歩いて頑張りました。



子ども達ですから、途中、お接待のお茶を目の前にすると列が崩れてしまいます(笑)



浦佐中を歩いた後、御神輿最後のクライマックス、浦佐毘沙門堂山門の石段を登る直前の1枚。華やかでいい写真です。
神主さんとお稚児さんが見守る中、写真左下(見えませんが)の御神輿様はなかなか上に上がりません。

じらしじらして登った御神輿様はその後白山神社にお戻りになり、お稚児さんも無事に解散。
遊びたくて遊びたくて、帰るとき、着替えるときの早いこと(笑)

夜には浦佐花火大会、街には多くはありませんが、子ども達には楽しい出店が待っています。
良い思い出になってくれたと思います。

こういう経験が「心の柱」を作っていくのだと、亡き老僧から教わりました。あらためて浦佐の鎮守様・白山様に感謝申し上げます。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




弟と手分けをしながら東京のお檀家さんをお参りし、今日は28年前からお手伝いをさせていただいているお寺様へ。

東京は7月盆です。
明日までお参りのお手伝いをします!

28年前、右も左もわからない私は今は亡き恩師に連れられ、そのお寺様のお手伝いを始める事になりました。
以来、そちらのお寺様のお檀家様からも暖かく育てていただいて今を迎える事ができています。

いつまでできるか分かりませんが、私がお手伝いできる間はご恩返しをしていきたいと思います!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日は七夕・・・、昨年は祓川にホタルの天の川がみられましたが、今年はホタルの飛翔も時期が早く、そして曇り空・・・、空にも川にも天の川を観ることはできませんた。

しかし、昨晩は病院のドクターや看護師さんなどがお寺へ集まり、様々な事情や御縁により、命を授かることのできなかった御霊への水子供養法要があげられました。

今まで病院関係者がそのような事を行っているという話は聞いたこともなかったので、驚きと同時に尊敬の念に包まれ、胸を打たれました。
人一倍お忙しい皆さんです。その方達が皆で揃ってご供養を捧げようというのですから、素晴らしく、そして有り難いことです。

ご供養のあと、簡単にご挨拶、お話しをしましたが、やはり日々生死の現場に直面している皆さんです。眼の力が違うなぁ~と感じました。

そしてこのような方達に命をとりあげてもらえる赤ちゃんは幸せです。そして、みてもらえる母親、父親、その家族は幸せです。
こんなドクターや看護師さんのチームがある病院はきっと信頼を集め、繁栄していくだろうと感じました。

だから・・・今年も良い七夕を迎えることができましたよ。。。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




すっかりご無沙汰です。

祓川のホタルたちもすっかりピークを過ぎ、ここのところは日々、心配事相談が続いております。
昨日はお寺の所用で栃木県のお寺様まででかけてきました。



境内のあちこちには草刈り後のところからヤブカンゾウが咲き始めています。
このヤブカンゾウとアオイの花を見ると、「夏祭りだな」という感じです。

もやもやした蒸し暑い日が浦佐でも続いていますが、この時期に一番気をつけたいのが仏像や什物類のカビなどです。
湿気対策にもかなり気を遣っているつもりですが、どうしても行き届かないところもあります。

何事もひとつひとつ、時間をかけて取り組んでいくしかありませんね!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




千手院の御詠歌講の皆さんも高齢になりました。
それもそうです、講が発足して30年も経つのですから・・・。

足が痛くなったり、腰が痛くなったり、それでもお寺へ足を運んでくださるのです。
感謝と、その信心に頭が下がります。

高齢化してきたこともあり、月2回のお稽古も昼の時間帯にしておこなってきましたが、夏の暑い時期だけは夜の時間帯で行っています。
ちょうど今晩から夜の時間帯になります。

今晩はお稽古の合間に皆さんを車に乗せてホタル鑑賞にでようと思っていたのですが、あいにくの雨模様・・・、残念ながら御詠歌のお唱えだけにしました。

ホタルもまだ見られますが、私が予想していたより早くピークを迎えたようです。全体の数も予想よりは少なく、平成23年の時の乱舞までにはなりませんでした。これからは徐々に数が減っていきます。

しかし、あくまで自然が相手。
祓川には祓川にあった生息環境があるのですから、あくまで自然な状態で今後も整備と観察を続けていきたいと思っています。
「今年はこうだったなぁ、来年はどうなるかな?」そんな事を考えながら過ごせるのは私にとってとても幸せなことです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は梅雨らしいお天気、曇り時々雨模様。しかし気温はさほど上がらず・・・。
夜、ホタルの様子を見に行きましたが、雨と涼しさで草むらに隠れてしまい、2日前ほど確認できませんでした。今年はこれ以上の数にはならないかな・・・。



梅雨時期はやはりアジサイがきれいですね~。



雨にぬれて輝く花って少ないと思います。

今日は毘沙門堂境内に建つ古山門(太子堂)での害獣対策が一区切りつきました。
古い建造物のためにどうしても穴や隙間が開いたり、そこから建物を傷めたりする害獣が入り込んだりして、常に悩まされています。

連絡するとすぐにかけつけてくれる大工さんのおかげで、とりあえず一安心しましたが、やっぱり常に気をつけて見ていないといけませんね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「あの花が咲く頃には、こんなふうになっているよね。」結構好きな言葉です。

あの花が咲く頃・・・、あの風が吹き始める頃・・・、あの雪が降り始める頃・・・あの香りがし始める頃・・・、色々ありますが、自然の移り変わりを楽しむことは本当にいいなぁ~と思います。

さてさて、今年もホタル観察が進んでいますが、相変わらず家族からは「またぁ~!!!」などと笑われております。



千手院境内、心配事相談をするお部屋の脇に目立たずに立つネムノキ。
ほとんどの草木が芽吹いてもこの木だけはいっこうに芽吹かず、「枯れたのかなぁ」なんて思う頃になると芽吹き始めます。

そして川辺や山にコシジシモツケソウが咲き始めると少しずつホタルが舞い始め、このネムノキが満開を迎える頃になるとホタルの最盛期を迎えます。(浦佐では)
20日は満月、昨日は夏至、ネムノキが満開になってきたので、いよいよ祓川のホタルたちのピークを迎えると思っています。6月の終わりまでがピークだと予想していますが、今のところは、私の予想よりは少なく、昨年よりも発生地点が若干下流のようですが、それでも100匹以上のゲンジボタルたちが今年も舞ってくれています。見応えは十分ありますよ。

ホタルが楽しめるのももう少し、あの光は何故人を惹きつけるのでしょう。昨晩も結構人が見に来ていましたよ~。



そして浦佐はアオイの花が満開です。
この花が咲く頃になると、「浦佐の夏祭りがやってくるなぁ~」と感じます。この細い幹にこれだけの花をつけ、しっかり立ち続けているのが凄いです。

今日の私は心配事相談と事務処理の仕事・・・、書類や数字ばかり見ていると頭が痛くなってきます(笑)さて、今晩もホタルたちに会ってこようっと!!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




まだ満月ではないですが、月明かりのきれいな夜を迎えています。

日中も気温が上がりましたが、祓川のホタルの数はあまり変わらず・・・、月明かりの影響もあって少し鑑賞しづらい夜でした。
しかし土曜日ということもあり、チラホラと子供たちの声が聞こえました。ホタルを見に行く子供たちの声が聞こえると本当にうれしくなります。

来週あたりにはどのくらいのホタルになるか興味津々です。

今日はご法事で1日終了!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ