kenharuの日記

自由気儘な旅を楽しみませんか。キャブコンならシニアの身体に優しい、疲れない旅が可能。詳細はブックマークからHPへ。

自ビールをボトリング

2016-06-21 | 食べ物
一次発酵中の自ビール。
泡が出なくなったので、その比重を測定した。


目盛りは1.010近辺。
舐めてみると甘さも消えている。
よし、これで一次発酵は終了。
次は2次発酵・・・ボトリングして炭酸ガスを発生させる。

別に用意した第2タンクに、少量の砂糖を入れる。
その中に、1次発酵タンクの上澄みを移し入れる。
これが第2タンク。


第2タンクの蛇口にホースを差し込み、その先にストッパー付きのパイプを取り付けて、


ペットボトルに小分けした。


今日追加した砂糖は、酵母菌に分解されて炭酸ガス(ビールの泡)になる。
2次発酵の終了は、数週間後に、ペットボトルが内圧でカチカチに固くなることで分かる。
美味しい飲み頃はその数か月後と言われるが、酵母が生きているので、時間経過と共に味わいが変化して行くことも楽しめる。

1次発酵タンクの底に溜まっていた、ドロドロのビールカス。

この廃棄物に出汁を加えて、「ビールカス漬け」を試作した。
たぶん食えたものではないと思うが、ビール漬けというのがあるから、ひょっとして美味しいかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒ニンニク最後の仕込み

2016-06-20 | 食べ物
今はニンニクの新物が出回る時期である。
カミさんが変わったニンニクを見つけて、黒ニンニク用にと買ってきた。
それを3日間天日干しして、今日、炊飯器に仕込んだ。


茨城県産の新物で、育ちが良いのに、なぜか個々の鱗片が露出している。
こういうタチなのか、それとも栽培環境のせいか。
まるでユリ根のように見える。

そもそもニンニクはユリ科の植物だから、こういうのが出来ても不思議ではないのかもしれない。
とにかく、肝心なことは、美味しい黒ニンニクになってくれるかどうかである。
これが出動前の最後の仕込みになる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛一週間

2016-06-19 | その他
ギックリ腰になって1週間。
安静のし過ぎも良くないらしいので、ごろ寝と自宅内のブラブラ歩きで過ごしている。
日中の痛みは、日ごとに楽になってきた。

しかし、朝の寝起きだけはつらい。
今朝は特に酷かった。
腰の痛みで目を覚ましたが、横向きの半ば腹這いポーズのままで、全く身動きがとれない。

そのうちトイレに行きたくなる。
痛みの波状攻撃を耐えながら、ジワジワと身体を動かして、上半身を立てるまでに10分ほどもかかり、汗びっしょりになった。
起床後しばらくして身体が覚醒すると、痛みが収まって動き回れるようになる。

庭のニッコウキスゲが、今年一番目の花を咲かせた。

これを見ると、ボクは北海道気分になる。
ニッコウキスゲとエゾカンゾウとは同じ花である。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

クマ対策

2016-06-18 | 釣り
山菜採りでクマに襲われる事件が多発している。
ボクの場合、用心しなければならないのが渓流釣りである。
川筋を歩く時は、必ずクマ鈴を鳴らしているが、ゴウゴウという水音にかき消されることが多い。

先日、ダイソーで八連発銃を見つけ、クマ除けとして購入した。

右が銃、左が専用火薬。
パンパンと大きな音が出る。

無許可で買える銃である。
100円のチャチなオモチャだが、生意気にも、弾道を不法改造すれば弾が撃てるという噂がある。
クマが相手では役に立たないが。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

痛みを押して

2016-06-15 | その他
今日は歯医者の予約日。
腰の痛みを押して、歯医者へ行ってきた。
夏の出動までに、インプラント治療を終わりにしたいからである。
北海道の美味しいものを美味しく食べるために、何とか間に合わせたい。

運転はカミさんにしてもらったが、乗り降りと路面のギャップが腰に響いた。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ギックリ腰

2016-06-13 | その他
昨日の朝、探鳥会に出かけようとしている時に、下腹部に鈍痛が来た。
同時に、腰にジワリとした痛みが・・・・

腹痛と腰痛が同時に出るのは初めてである。
まもなく腹痛は収まったものの、腰の痛みはどんどん強くなって、とうとう身動きがとれなくなった。
内臓発の腰痛かと気になったが、日曜日だから病院は休み。
結局、陸に上がったアザラシみたいに、終日をゴロ寝で過ごすことになった。

そして今日。
市立病院で3時間も待たされ、診察を受けると「ギックリ腰です」。
ジワリと現れてもギックリ腰なのだそうだ。
腹痛が同時に出たのは偶然でしょうと言う。

ホントかなと思いながらも、同時に、ギックリ腰なら一過性だろうとホッとした。
しばらくはアザラシ暮しである。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

一次発酵終了へ

2016-06-10 | 食べ物
醸造中の自ビール。
どうやら、酵母の活動がピークを過ぎたようである。


発酵タンクに向かって、「コボちゃん元気かい?」と声をかけるのが、毎朝の日課となっている。
そして次に、エアーロックから間欠的に排出される醗酵ガスの時間を計測する。
過去3日間の排出ペースは、40~50秒に1回と活発で、タンク内は全面が泡に覆われていた。
それが今朝は2分間隔に伸び、泡は液面の70%まで縮小した。

ダメ押しのつもりで、発酵タンクを持ち上げて少しだけ揺すり、底に沈殿したオリを舞い上がらせた。
こうすれば、タンク内に偏在する糖分が拡散するから、それを餌にして、酵母がもうひと働きしてくれるかもしれないと考えての、おまじないみたいなものである。

そろそろ、一次発酵を終了すべきかどうか、見きわめなければならない。
五感で判定するポイントは、水面の泡が消えることと、麦汁の甘さが無くなること。
科学的には比重測定が必要で、その最終比重はおよそ1.004~1.014である。

糖分が残りすぎていると、瓶詰後の二次発酵圧力で、瓶が破裂する危険がある。
破裂させたことはまだ無いが、開栓すると同時に泡が際限なく吹き出して、中身全部が泡になってしまい、「せっかくの努力が水の泡」とぼやいたことがある。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

エントランスドアの快適化

2016-06-07 | 快適化
わがキャンピングカーのエントランスドア。

室内からは開けにくい。

この引手はとても重いのに、ドアは外開き。
ドアを開けるには、小さな引手をかなりの力で引きながら、同時にドアを押さなければならない。

非力なカミさんは、片手では操作しきれないため、右手で引手を引きながら、左手でドアを押し開いている。
初めての客人などは、口で教えても、ほぼ開けることが出来ない。

この問題を友人のTさんが見事に解決してくれた。
引手は右上まで延長されて、操作が大幅に軽くなり、同時に握りやすくなった。


握り部分の裏側は、丸く肉盛りしてある。


写真を見れば、テコの効果がそれなりに想像できると思うが、実際の操作性は劇的な改善である。
今度はカミさんも、片手でスイスイと開閉できる
厄介だったエントランスドアが、ようやく「普通のドア」になった。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

自ビールの一次発酵

2016-06-06 | 食べ物
麦汁を発酵タンクに入れたが、一日半経っても発酵の兆候が見られなかった。
やはり、4年前の乾燥イーストが良くなかったのだ。
そう考えて、新しいイーストを至急便で取り寄せて追加投入した。

新品イーストは、モルト缶に付属していたサービス品に比べて、粉が細かくて量も多い。
そして、その効果はてきめん。
翌日にはエアーロックからガスが出始めた。

消毒用アルコールをスプレーしてから、そっとフタを開けて覗くと、プツプツと泡が湧いている。


ようやく酵母菌が働き始めてくれた。
今はエール酵母向きの外気温だから、あとは早いだろう。
一次発酵は数日から1週間で終わると思う。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

自ビールを仕込む

2016-06-03 | 食べ物
押し入れの奥から、自ビールの製造キットをひっぱり出した。
こんなバケツが二つ。

フタに突き立っているのは、雑菌の侵入を防ぎながら、発酵ガスを排出するエアーロック。
右側面の黒いシールは温度計。

それに小道具類。

比重計、ボトリング用のホースとパイプ、消毒用アルコールとスプレーなど。

さて、合法自ビール作りの開始だ。
最も大事なことは、消毒と温度管理である。
まずは麦汁に触れる全ての物をアルコール消毒。
発酵タンクに14~15リットルの湯冷ましを入れる。
大鍋に湯を沸かし、モルトを溶かし込んだら、発酵タンクの湯冷まし水に混ぜる。
タンクの湯温が26度まで下がるのを待って酵母菌(ドライイースト)を入れる。
全部で19リットルもの熱湯を、雑菌が入らないようにしながら、26度まで冷ますのにほぼ一日を要した。

夕方になって、ようやく仕込みが完了。
少し不安なのは、4年前のドライイーストを使ったこと。

酵母が活動してくれれば、エアーロックから「ポコッ、ポコッ」とガスが出始める。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加