kenharuの日記

自由気儘な旅を楽しみませんか。キャブコンならシニアの身体に優しい、疲れない旅が可能。詳細はブックマークからHPへ。

夏を快適に過ごす方法

2016-12-10 | その他
ボクは夏の暑さに弱いだけでなく、エアコンの冷風も苦手である。
だから、わが越谷市の猛暑をどう避けるかについて、頭を悩ませている。
これまで考えていた対策は、①夏を涼しい土地で過ごす、②涼しい土地に転居する、という二つである。

①案については、既に過去10年間、夏の北海道暮らしを続けた。
しかし、そろそろ、遠くに移動する元気が無くなることを考えなければならないので、②の引越し案も検討し始めている。

そしてさらに、夏を快適に過ごす第3案を思いついた。
断熱性能の高い、魔法瓶のような住宅なら、温度ムラの少ない、快適な生活が出来るのではないか。
そう考えて高断熱高気密住宅に注目。
こんなデータがあった。


次世代省エネ基準として設定された、住宅のQ値(熱損失係数)である。
一条工務店の「Q値 0.76」がダントツのトップになっている。
これは、5位のミサワホームに比べて、およそ半分なので、冷暖房のコストが半分で済むのだそうだ。
国が関東エリアの住宅の基準値として設定したQ値は2.7だから、これに比べた場合は、3分の1以下で済むことになる。当然、室内の温度ムラも少なくなるだろう。

物好きなボクは、早速、一条工務店のモデルハウスを見学に行った。
見てびっくり、断熱の仕方がすごかった。
断熱性能がグラスウールの1.5倍という、厚さ120ミリの発泡プラスチック(EPS)が、壁、床下、天井裏に、完全にスキマ無く入れてある。
床下を見ると、床板と断熱材の間を空気が流れないようにと、周囲に気密パッキンを挟んでいた。

在来工法の住宅では、天井裏にグラスウールを敷き詰めても、隙間が出来るから、天井の熱はどんどん屋根裏に逃げてしまう。
構造が吊り天井になっている場合は、断熱材を隙間無く並べるのは、実際のところ不可能である。

モデルハウスの窓は、樹脂製サッシに3層ガラス。
換気装置は90%の熱を回収するという、熱交換システム。
断熱性能へのこだわりと徹底ぶりに驚かされた。
「Q値 0.76」のおかげで、24時間全館床暖房仕様なのに、「一般住宅と光熱費が同等」になるという。
にわかに信じがたいほどの、高性能住宅である。

これなら夏を快適に過ごせるだろうが、その価格を見ると、涼しさを通り越してフトコロが寒くなりそうな気がした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スモークサーモン

2016-12-07 | 食べ物
北海道で釣ったサケで作ったスモークサーモン。

うす塩して冷凍しておいたサケに、昨夜から今朝まで、燻煙をかけた。
15度ぐらいでの冷燻である。

一応生食ではあるが、冷凍期間が長かったから、アニサキスの心配はないだろう。
最後に真空パックして完了。


うす塩保存で水分が抜けている物を使ったから、食感が硬めである。
それなりに美味しいのだが、水浸しみたいな市販品を食べ慣れている人には、違和感があるかもしれない。
いろいろ楽しみたいので、次回は生のまま保存してあるもので作る。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

犯人は捕らえたが

2016-12-05 | その他
柿食い犯人は捕らえたものの、干し柿はまだ製造途中である。
鳥害ばかりを考えて、ネズミの出る作業場に柿を移したのは失敗だった。

ネズミが綱を伝って接近できないように、「ネズミ返し」をつけようかとも思ったが、奴らの運動能力を考えると、簡単に突破されそうな気がする。
ネズミではなくてリスの例だが、ネズミ返しを見事に突破する愉快な動画を見た。

冬場は暖かなサンルームで過ごすことが多いので、日中だけ、サンルーム前に柿をぶら下げることにした。
ルーム内で人影が動き回るから、野鳥は近寄らない場所である。
洗濯物のように、朝外に出して、夕方には屋内に取り入れれば良い。
柿の数が少なくなったので、一度に動かせるようにした。

今日は日向の気温が上がり過ぎて、ハエが飛び回ったので、扇風機の強風を当てた。
なお、念のために、全部の柿を熱湯消毒した。

鳥に突かれ、ネズミにかじられ、ハエに舐められる・・・
今年は苦労の多い干し柿づくりになった。
戦いはまだ続くのかもしれない。
「なーに、リタイヤ者の恰好な暇つぶしさ」と言えば負け惜しみか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネズミの一家

2016-12-04 | その他
ハツカネズミを1匹捕らえたが、まだ他にも居る筈だ。
かじられた柿を餌にして、今度はネズミを想定して、ワナを仕掛けなおした。

今朝、起き抜けに見に行くと・・・・

今度は2匹を捕獲。

粘着剤で動けなくなっただけなのに、2匹とも息が無い。
ストレスだけで死ぬのかな。

ネズミの一家が居るようだ。
干し柿対策としてではなく、本格的なネズミ駆除が必要かもしれない。
ワナを置いた場所は、屋外の作業場だが、家の中に入り込んでいる可能性もある。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

犯人逮捕

2016-12-03 | その他
柿を食べる犯人を捕らえるための仕掛け。

ネズミ捕獲用の粘着剤つきの板を添えた。

すると・・・
想定していた夜間ではなく、今日の日中に犯人逮捕。
予想通り、ネズミだった。
ポリ袋に入れて、ゴミ焼却場行きである。

鳥なら逃がしてやるのだが、ネズミだという理由だけで、哀れなもの。
ハツカネズミだろうか、つぶらな瞳が心に残った。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

犯人は誰だ

2016-12-02 | 食べ物
干してある蜂谷柿を食べたのは鳥だと思い込んでいたが、いくつか疑問が出てきた。

柿は居間の窓から見える場所に干してあるのに、食べる姿をまだ目撃していないのである。
これだけ食われたのに、食べにくる姿を一度も見ないというのは不自然だし、いまだにそれらしき鳴き声さえも聞いていない。
早朝かもしれないと、早起きをしたときに窓の外をうかがってみても、犯人は見えない。
しかし毎朝、確実に被害が増えている。

カミさんが「鳥ではないかもしれない」「鳥なら鳴き声ぐらいは出す」「それに食痕が鳥らしくない」と言い出した。
鳥は突いて食べるのに、まるで舐めとったかのような食痕なのである。


上半分の周囲を、同じ厚さで食べている。
しかもこの柿は、僕の作業場にぶら下げたものだ。
作業場は、膝の高さより上は周囲をふさいであるから、普通であれば小鳥は入らない。

とうとう、被害は柿の半数にまで及んだ。
ここに至って「真夜中の犯行」という気さえしてきた。
真夜中なら、犯人は鳥ではないことになる。
そんなバカな。
とにかく、なんとかして犯行現場を押さえなければと思っている。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

グーグルの検索順位

2016-12-01 | その他
検索エンジンはどんなルールで表示順位を決めるのか?
ネット商売をする者にとっては、表示順位は死活的に重要なようで、上位に食い込むための方法がいろいろと流布されている。
キーワードを多く入れる、リンクは多いほうが良い・・・など。

今日はちょっと面白い現象を見つけた。
グーグルで「真空パック」を検索すると、879万件が表示されるが、



驚いたことに、ページトップに表示される4件の広告を除けば、なんと、第7番目にボクのブログが登場する。



3年前の某日に書いた「真空パックを安く使う裏技」が、8790000件中の7番目。
ボクのブログはリンクが少ないし、検索ワードも気にしてなどいない。
売らんかなという専門業者がシノギを削っている中で、なぜボクのブログが・・・


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

干し柿の鳥害

2016-11-30 | 野鳥
干し柿が毎日のように鳥に食われている。

駐車場の屋根下にぶら下げた、食べごろの干し柿である。
鳥インフルエンザ菌が怖いから、これはもう食べられない。

3日目前に干したばかりの大きくて立派な蜂谷柿も、2割ほどがムクドリに突かれた。

この勢いだと数日後には全滅する。

幸い蜂谷柿はまだ硬いので、食べられた上部を切除して干せば、新しい皮が出来るだろう。

被害が早めだったのは不幸中の幸いだった。
柔らかくなってからだと捨てるしかない。

全ての干し柿を、、鳥から見えない、物置前の作業場に移動した。
風通しは悪くなるが、とりあえずは仕方がない。

ネット検索すると、いろんな鳥害防止策が出ている。
軒下に下げれば食われない。
CDをぶら下げれば食われない。
鳥追いグッズ(鳥追いテープ、カラス人形、回るビール缶など)を下げれば食われない。
防鳥ネットを被せれば食われない。
などなど。

ところが、わが家の野鳥たちはただ者ではない。
ボクが施した幾つもの防鳥対策を、乗り越えてきた猛者ばかりなのである。
上記のような、並みの対策では効果がない。

例えばヒヨドリ。

メジロ用にぶら下げたミカンを食べている場面である。
体重の重いヒヨドリは、普通ホバリング採餌をしないのだが、うちのはやる。

次にムクドリ。
イチジクの木に防鳥網を被せたことがある。
最初のうちは、上から被せて防いでいたが、まもなく下から入り込むようになったため、樹木を丸ごと包んだ。
ところが、それでも食われるようになった。
不思議なことに、繋ぎ合わせたネットの隙間を完全に塞いでも食われるのである。

そのうちに、カミさんがムクドリの犯行を目撃して、その謎が解けた。
これが、その時に使用した防鳥ネット。

網目は菱形で、その一辺は45ミリ。
なんと、ムクドリはこの穴を通り抜けていたのである。

わが家のムクドリは、大きく開いた編み目を選び、翼を閉じた姿で空中から飛び込む。
ネットに絡まるリスクがあるのに、失敗しないのだから、見事なものである。
抗生物質の効かない耐性菌みたいなもので、ボクが対策するたびに、鳥はそれを乗り越えて、たくましくなったのだ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

バードウォッチング

2016-11-27 | 野鳥
秋田帰りの道中で撮影したモズの高鳴き。

モズは越冬地に到着すると、暫くの間、高枝にとまってナワバリ宣言をする。
「ここは俺のシマだ。みんな向こうへ行け!」
この春に一緒に子育てした奥さんが現れても、容赦なく追い払う。
ナワバリは、厳しい冬を生き延びるための、大切な餌場なのだ。

昨日帰宅して、今日は久しぶりに探鳥会に参加した。
鳥を求めて仲間たちとブラブラ歩く。
大勢の目で探すと多くの鳥が見つかるもので、今日は野鳥47種類が数えられた。

47の大半は地味な鳥で、見て楽しいのは限られる。
フェンスにとまったジョウビタキ。


クイのジョウビタキ。


空飛ぶ宝石、カワセミ。




猛禽も出たが、ボクは可愛い系の小鳥が好きである。
僅か3時間の散策で大いに癒された。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

北茨城

2016-11-25 | 旅行記
仙台市に近い「鳥の海PA」で朝を迎えた。
朝食後、去年開通したばかりの常磐道を、北茨城に向けて南下した。
道は、原発事故で被災した、南相馬や浪江町を通る。

常磐道には、数キロごとに、放射線量を示す電光掲示板が設置されている。

見ていると、福島原発が近づくにつれて線量の高くなるのがわかる。
南相馬付近には「二輪車走行禁止」の看板があり、道路沿いには除染で出た大量の土嚢が延々と並べられている。

テレビ画面で見るのとは違って、原発事故の怖さをひしひしと感じた。

途中のパーキングで見た、珍しい自動ドア。

電気を使わずに「体重だけで開閉する」というすぐれもの。

ただし、軽量な子供の場合は問題があるようだ。


いわき勿来インターで高速を下り、勿来の関に立ち寄った。


五浦海岸にある食堂「魚力」で昼食。
茨城名物アンコウ鍋。
水を加えることなく、アンコウの水分だけで煮る「ドブ汁」である。

アン肝の脂肪分不足が不満だったが、味はまあまあ。

食後は五浦海岸を散策し、五浦温泉観光ホテルで入浴。
設備も眺めも一流だが、惜しいことに、ボクの苦手な塩湯だった。

風呂上がりには、北茨城市役所の職員さんに案内してもらって、「お試し住宅」を見学。
さらに、生活の利便性を知るために、北茨城市街を見て回った。
北茨城市は、ボクにとって、有力な避暑地候補である。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加