kenharuの日記

自由気儘な旅を楽しみませんか。キャブコンならシニアの身体に優しい、疲れない旅が可能。詳細はブックマークからHPへ。

トイレポンプの補強

2017-03-19 | 快適化
友人に良い物を頂戴した。


カセットトイレポンプの破損を防止するための、手作り補強部品である。
ボクもトイレポンプを2度破損させている。
送水の内部圧力を繰り返し受けるうちに、ポンプの底板が割れるというトラブルである。
発生状況から、これは構造的な欠陥だと思う。

早速、クルマからトイレポンプを取り外した。
ボクなりの補強策を施してあるのだが、その場しのぎ的なので、ご覧の通り汚らしい。

100均クランプで、底板を支えて、破断を防いでいるのだが、鉄製のネジ部が錆びて膨らんでいる。
ポンプの筒は貰い錆びで汚れ、水タンクの底には剥がれ落ちた鉄サビが一面に散らばっていた。

4枚のアルミ部品で、ポンプの底を上下に挟む。

突起部分を避けた複雑な形状だがピッタリと合う。

裏側の様子。

トイレにはもったいないような加工精度だ。
これならもう絶対に壊れないし、新品以上の強度になったと思う。

いつものことだが、友人は実に良い仕事をする。
100均クランプもちゃんと役には立つのだが、今回の両者の仕事ぶりはちょっと違い過ぎた。
錆びたクランプとピカピカに光るアルミ部品を並べれば、そのまま両者の性格の違いを見るような気がした。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

出動準備

2017-03-18 | その他
今日も春らしい1日だった。
毎日現れていたメジロの姿が、昨日から見えなくなった。
庭木は、遠目にもわかるほどに、新芽を伸ばしている。

この春はどこで花見をしようか。
思案しながら、ぼちぼちとクルマ旅の準備を始めた。
キャンピングカーを水洗いし、頑固なバーコード模様をコンパウンドで擦った。
清水タンクを下ろし、内部に手を入れて、綺麗に洗った。

容量は小さいが、中まで洗えるのが気に入っている。

温泉博士の4月号を2冊買ってきた。


さて、どの温泉に入ることになるのかな。

月末ごろには西へ向かおうと思っている。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

高齢のペーパードライバー

2017-03-17 | その他
カミさんが受けた高齢者講習での体験談。

「わ~怖かった~!」
10年以上も運転をしていなかったというお婆ちゃんが、路上教習車からヨロヨロと降りてきて、興奮しながらカミさんに話しかけた。
「ねぇアタシはペーパーなんだけど、どうして免許返納しないのかわかります?」

カミさんは「すぐにわかった」と言う。
皆さんはわかるかな・・・




コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

不良運転者の免許更新

2017-03-14 | その他


先日はカミさんの高齢者講習の苦労談を書いたが、今日はボクの話。
9月末に運転免許が切れるので、その6ヶ月前に当たる今月末あたりに、高齢者講習通知書が届く予定になっている。
だから、今はまだ受講資格はないのだが、講習の混雑ぶりを知っているので、今日の時点での予約状況を調べてみた。
すると驚いたことに、近場の講習会場は6月まで(4か月先まで)、全くアキが無かった。

6月には、自宅が取り壊しになって、ボクはホームレスになる。
ホームレスになれば、クルマ旅に出るしかない。
だから、その前に受講したいと考えたのだが、既に状況はそれを許さない。
こんな事情から、他の都道府県で受講と免許更新をしようと思うのだが、これはこれでまたハードルがある。

ボクには過去5年以内の交通違反歴があって、運転者区分上の「優良運転者」ではないのだ。
警察から見れば不良運転者なのである。
そして、不良運転者には、居住地以外での免許更新が認められない。

追い込まれたような状況だが、これを突破する裏技がある。
免許証の住所を、旅先の住所に書き換えれば良いのだ。
出稼ぎ者など、自宅から離れた場所に長期間滞在して仕事をする人のために、住民票を移さなくても、免許証の住所だけを変更するという便法がある。
住民票を移すと、それに付随していろんな手続きが必要になるものだが、この方法だとそれがない。

今回はこの裏技でしのごうと思う。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

残す庭木

2017-03-10 | その他
わが家の土地は狭い。
それなのに、建て替える家は年寄り向きの平屋である。
おまけに、車2台の駐車場が要るから、庭を作るだけの余裕など残らない。

庭が無ければ庭木などは要らないのだが、新居の周りにはお飾り程度の植栽を入れることになる。
今日は、新居で使えそうな小さな植栽を選んで、根巻きをした。
これはサツキ。


こちらはサザンカの玉造。

いったん掘りあげて、根巻をして埋め戻してある。
全部で6株ほどを根巻きした。
他の植物は全部見殺しになる。

自分で植えて、何年もかけて整枝したカイズカイブキの生垣が、一番もったいない気がする。

果樹では、柿とイチジクと柚子が処分となり、食べる楽しみも無くなる。

新生活では、家の周りがコンクリートで覆われるから、庭木の剪定や草取りといった仕事が無くなる。
少し気が早いかもしれないが、身体が動かなくなる日への備えである。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おかげさまで500万アクセス

2017-03-07 | その他
当ブログのアクセス数がようやく500万に到達した。


このgooブログを始めてから、いったい何年経っただろう。
500万の数字を見ると、長く続けたものだと我ながら驚く。

しかし、最近はサボリがちがたたって、お客さんが激減。
そろそろ店じまいを考えた方が良いのかもしれない。

500万に到達したのは昨日である。

この515人中の誰かが、500万ちょうどを踏んでくれたことになる。
その誰かさんに、何か記念品を差し上げたいと思うのだが・・・

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥見散歩

2017-03-06 | 野鳥
天気が崩れる前にと、朝のうちに公園を散歩した。

いつもの場所にいつものジョウビタキ。


シメは野草の咲く草むらで採餌。


花密を吸うヒヨドリ。


芦原にはオオジュリン。

頭部が繁殖羽に変り始めている。

ウグイスの囀りが聞こえ、頭上を木の枝をくわえたカラスが飛んで行った。
野鳥の様子にも春の訪れが見える。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

手羽先のケチャップ煮

2017-03-03 | 食べ物
国産鶏の手羽先が安売りされていたので衝動買いした。

これを好物のケチャップ煮にする。
いつもはカミさん任せだが、今回は男の料理。

二つに切り分けて、爪先部分を取り除き、


フライパンで焼き色を付ける。


圧力鍋の底にネギを敷いて、その上に手羽を並べ、

酒、味醂、ダシ醤油、香辛料を入れて、ケチャップを振りかける。
焦がさないために少量の水を入れ、20分ほど加圧する。
高圧タイプの圧力鍋なら10分未満かな。

圧力が下がって、蓋をとればこんな様子。

ピンボケ画像で失礼。

鍋を振り回してケチャップを馴染ませてから、焦がさぬようにひと煮たちさせれば完成である。


ホロホロと柔らかくて、骨は簡単に引き抜ける。

手羽先は皮が多いから美味しいのだと思う。

骨を抜いて、汁とグチャグチャに混ぜてご飯に載せた、猫まんまも美味しい。
ニャ~オ♪
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

吊戸棚を床置収納庫に

2017-02-28 | DIY
家の取壊しが近い。
解体で建物と付属設備の全部が廃棄物になるが、屋内にはゴミにするのが惜しい物がある。
リフォームしたユニットバスはピカピカだし、システムキッチンもまだ綺麗である。

今日は、断捨離で空っぽになった、吊戸棚を取り外した。

逆さに置けば取っ手が上になるから、床置きの収納庫として使える。
文字通りの、逆転の発想。

これを新居用の、カウンター下収納庫、または窓下収納庫に改造することにした。
廃棄品の有効利用である。
吊戸棚は奥行きが40センチあるが、丸鋸で背中側を切り取って、25センチに切り詰めた。


開いた背面を3ミリ合板で塞げば完成。


背面下には幅木よけの切り込みを入れたので、壁面ぴったりに置ける。

カウンター下ならこのままで使えるし、壁際の窓下に置くのなら綺麗な天板を載せようと思う。

他に有効利用できる物はないかと、家の中を見回している。
建築スケジュールが延びたので、余ったボクの時間も有効利用しなければならない。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ソイルセメント

2017-02-26 | その他
文科省による破格な土地払下げが話題になっている。
評価額9億5600万円の土地を、「地下埋設物の撤去費用」という名目で、8億1900万円もの値引きをしたという問題である。
この騒ぎは他人事かと思っていたら、わが家にも巨額な「地下埋設物の撤去費用」問題があった。

自宅の建て替え見積書を見ると、地盤改良(ソイルセメント工事)96万円という項目がある。
軟弱地盤に40本ほどのセメント杭を打ち込む工事だが、これで耐震性が高まり、不同沈下を防ぐことが出来る。
耐震性が高まるのだから、当然、地盤の「改良」になると理解していたが、単純にそうではないことが分かった。

ソイルセメントの杭は「地下埋設物」だから、将来、新しい家を作る時の障害物になる。
売却する場合は、文科省と同じく、「地下埋設物の撤去費用」を値引きしなければならない。
そして、その費用が巨額で、埋設費用の3~5倍もかかるらしいのである。
わが家の場合であれば、おそらく300~500万円。

土地を売る場合、「地下埋設物の撤去費用」は、売主が負担しなければならない決まりになっている。買主が買った後で埋設物に気付いたとしても、その撤去費用は売主に請求することが出来る。
わが家の土地価格が仮に1000万円だとしたら、そこから300~500万円ほども値引き販売しなければならないことになる。

5月から地盤改良工事が始まる。
目先の見積もり費用は96万円だが、その実質は400万円超の工事だったのである。
今さらどうしようもない。
自分の残り少ない寿命を考えて、あとは野となれ山となれである。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加