ブログ

日々のあれこれ

文庫本のブックカバー製作

2016-05-26 | 日記

午後から文庫本カバーを4枚作りました。

材料は全てフリマ、リサイクル市などで買った古い着物。今日の作品くらいでは全然減りません。まだまだたくさんあります。

訪問着の模様。着物は1,000円だった。10年くらい前。催馬楽?

裏は紬で。近所のフリマで。15年くらい前。これも1,000円だった。なぜ値段を憶えているのか・・・

右は京都の骨董市で。着てなかったけど・・・紬を着る機会は、今ほとんど消滅。特に若い人は。

裏は羽裏。これもずいぶん前のリサイクルの羽織。絞りが好きでいろいろなところに使い、もう残りわずか。

本を入れて見ました。

裏側。全部、上げる人が決っている。つぎはまた折を見て作ります。


 

本日、木を植えて庭工事完了。植えたのは、シロモジ、ナツハゼ、シデコブシ。あとは自分で整備する予定。少しずつ楽しみでやってみましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

機織り、再開

2016-05-26 | 機織り

午前中の作業

女巻に糸を結びつける。109本。糸はアナンダの染色綿糸、生成。裂き織りに最適の太くて丈夫な糸。

緯糸を小管に巻く。管巻機は友人からもらう。糸は以前友人からもらった綿糸?光沢のある高級品。

織ります。初め、捨て織り。経糸の調子が整ったところで改めて織り始めたけど、組織織りの常、意図が浮き上がるところがあるので、一段ごとにタービー(平織)入れて、織り地をしっかりさせるつもりが、タービー目立ちすぎ。

紫の糸は若干細いので、別の糸に替え、タービーはもう少し細い糸がいいかも。

調子よく織り始めるまでは試行錯誤の連続。でも少しずついいものに近付けているようで、頑張れ私。

今日もすること山積。この続きはいずれまた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫が来て遊んだ

2016-05-26 | 日記

疲れた。元気よすぎる二人にばあちゃんは付いていくのがやっと。

昨夜はお嫁ちゃんに洋裁を教えた。洋裁と言っても袋を縫うだけ。ミシンないので手縫いするというので、それならミシン使ってと、一緒に縫うことにした。

丁寧に寸法測って印付けてるので、そんなのはテキトーにやりながら合わせればいいと、アバウトな姑はアバウトなアドバイスを。

孫娘がやりたがるので、ミシンのコントローラー踏ませる。30分もあればできるところを三人でするのでものすごく時間がかかったが、それもまた楽し。

私が縫えばいいけれど、それではお母さんがしたことにならないからね。**ちゃんが大きくなって、自分で縫わずに実家に頼む人にになってもいけないしね。

お店で選んだピンクの布はお姫様の柄入り。紐に紐の端のボタンのようなものもセット。縫い方レシピも50円ですと。ビックリ。

紐を通すのは家ですることにして、できたのを喜んで持って帰った。やれやれ。孫息子は一人でビデオ見ながらお団子いっぱい食べて口の周りがあんこだらけ。ティッシュで拭いてやりながら、遠い日の子育ての日々を思い出した。

大変だけど息子夫婦には頑張ってほしい。

先日、息子が来て言うには、来年度から、週に一度某大学に新幹線で通って勉強することになったとか。その歳でまだまだ勉強かい。ゴクローサン。体に気を付けてまあ頑張ってもらいたいもの。

本人、筋金入りの鉄っちゃんなので、いろんな電車見られるだけで、ワクワクしているらしい。何ともはや。

友達から来月の旅行の旅程表届く。楽しすぎる計画。何があっても、這ってでも行く。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近とっても忙しい

2016-05-25 | 日記

ジャンルにやれやれが欲しいところ。

何で忙しいかとつらつら考えるに、去年の六月から週一で孫たちが来ること。嬉しいけど、疲れる。疲れるけど、孫たちが楽しそうなので頑張る。

きょうは孫娘の6歳の誕生日。今日もまた夕方に来ることになっている。プレゼントは息子、孫息子の分もまとめて渡す。11日の間に三人の誕生日が集まっている。

庭工事はあと一日だけ。五月連休明けがとうとう月末までずれ込んだ。

土曜日は県人会の旅行。友達と参加。某麺類で有名な県へ日帰り。麺類食べ歩き。太るかな〜?

月末は姑様と病院へ。こちらは半日で済みそう。雨降りませんように。

月開けたら、またまた友達二人と一泊旅行。行く先はどこだっていいのです。話が目的。喋りすぎて喉傷めないよう、トローチでも準備しとこうかな。

で、そのあとですが・・・・誰に勧められたわけでもなく、誰も褒めてくれないのですが、少し遠くへ出かけます。知っているのは夫、次男、友人一人だけ。荷物の用意もまだ全然していない。パスポートとクレカ、ユーロこれさえあれば大丈夫。旅は身軽に。

どこの旅行社も、このご時世なのでツアーの集まりが悪いらしく、問い合わせただけで必死の様子が伝わってくる。

今回は三社に問い合わせと資料請求。それぞれ往復のルートが大違い。

広島→大連→北京→現地/広島発午後、現地到着は翌朝

福岡→ソウル→現地/福岡発午前、現地到着は同日の17時頃

大阪→ドバイ、またはイスタンブール→現地/大阪発夜、現地到着は翌日昼前後

うーーむ、どう考えたって福岡でしょ。イギリス行ったときも乗り継ぎがよくて、よすぎて、広い空港の中を走るように移動して間に合った記憶が。でもその日の夕方にはヒースロー近くのホテルの居ました。楽でした。問い合わせた時は六人で催行決定だったし、これもポイント高い。

でも、でも、昨年大韓航空でロシア行ったとき、食べ物が合わなくて飛行機の中でお腹壊したし、あれやこれやで結局慣れた大阪から行くことにしました。福岡にすればよかったとまだ後悔しています。バカですねぇ。地球は赤道に近いところで移動するほど時間かかるって忘れてた。何のための北回りでしょうか。痛恨の極み。

夫が、お母さん(姑様)なら大丈夫。好きなところへ行けばいいと言ってくれたので、とここでも言い訳しておきます。

この先一か月で三回出かけるわけで、体力回復に励む日々。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デンドロビュームを描く

2016-05-24 | 水彩画

先週下描きだけ。昨日、サークルで下描き補正してバックと葉を塗っただけ。

本日、家の掃除と洗濯の後、午前中二時間かけて何とか終了。

花はみずみずしく鮮やかに。

花の色は微妙で複雑。絵具に同じ色はない場合がほとんど。がしかし、花に近い色をそのまま使って混色しない。色を追及していると彩度が落ちて汚い花になりがち・・・と思い、手持ちのピンクで。本当はもっと紫がかった涼しげな色です。

葉は落ち着いた色で。

こちらは絵具をそのまま使わない。青に黄を混ぜるけれど、色合いはケースバイケース、いろいろ出して混ぜてみる。

鉢はニュアンスありながら、あまり暗くしない。

パレットに残った絵具を全部混ぜて、塗ってみました。使った色なので、トーンは合うはず。パレットの掃除にもなって一石二鳥。めでたし、めでたし。

あの画題がいや、これは描きたくないと文句言わず、何でも描きます。初心者はそれが栄養になると信じたい。

きょうはまあまあうまく描けたので、心はさわやか。午後から買い物に。福屋でズボン・・・最近ではパンツと言うらしい。を買う。


 

庭工事は、本日フェンスを設置、コンクリートを打つ場所は全て仕上げて、あとは木を植えるだけになりました。汚れたブロック塀がなくなったので、見た目すっきり。

我が夫、庭の工事をするにあたって、「フェンスにしたいのよね」と言うと、「フェンスって何?」というくらい庭には無関心。あまりいざこざなく終わりそうで、誠にけっこうでした。

ブロック塀どけたら、隣の何かのパイプが侵入していました。もうおーーー、でもそのまま上からコンクリート打ちました。

初めは木も茂ってないので、日陰を好む下草には過酷な条件。どうするかなあーーー夏の間、寒冷紗でも掛けとく???

コメント
この記事をはてなブックマークに追加