原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

『90%以上のガンは数週間のうちに完治』ガンを治すのに、手術も 放射線治療も 化学療法も 必要ない

2014-09-02 01:43:06 | 未分類

『90%以上のガンは数週間のうちに完治』

ガンを治すのに、手術も 放射線治療も 化学療法も 必要ない

[Dr.レオナード・コールドウェル]
90%以上のガンは数週間のうちに完治、
手術も放射線治療も化学療法も必要なし。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=72131 より
2014/08/08 8:00 PM

竹下雅敏氏からの情報です。

 これは興味深い記事です。記事の内容は十分に納得できるもので、アーユルヴェーダにどんどんと近づいている気がします。文末の赤字部分は、なかなか面白いと思いました。医者の平均寿命がこんなに短いとは知りませんでした。医者も学者もいわゆる専門家と言われる人も、あまり信用しない方が良いということでしょうか。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
どのガンも完治します!
転載元より抜粋)
これは非常に重要な情報です。ガンは完治できます。
しかし医療や薬品業界にとって、ガンは1兆ドルの利益を生むビジネスになっています。そのため、彼らは既存のガン治療法を手放すわけがありません。

私ははっきりと断言します。90%以上のガンは数週間のうちに完治します。ガンを治すのに、手術も放射線治療も化学療法も必要ありません。
しかし法律や患者を苦しめ殺害して何兆ドルもの利益を得ているガンの利権団体はこのような治療法でガンを治している私を妨害しています。法的にも私の治療法を公表することができない状態です。

Dr.レオナード・コールドウェル曰く:
医者としての経験に基づくと。。。。どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。それどころか、すぐに治るガンもあるのです。20年以上の経験を積んだ医師は誰もがガンが一瞬のうちに治るケースを知っています。

ガンを治すには、身体の解毒が必要です。次に、身体をアルカリ性に保つことです。そして、緑色の葉や野菜に含まれるクロロフィルの効果で酸素を多く体内に取り入れることです。身体をアルカリ性に保つにはカルシウムや他の微量元素ミネラルのサプリメントなどを飲むのが効果的です。これで数週間後にはガンが消えてしまいます。
ガンを治すには、身体をアルカリ性に保ち、自己治癒力(アルカリPhレベル→7.5以上に)を高める必要があります(これはアルカリ度がかなり高い状態です)。

(続きはここから)

ドイツのある医師は、ガン患者に酸素治療を行っています。ガン患者の血液を抜き取り、血液にマイナスイオン?の酸素を注入してから患者に輸血します。すると、患者の身体は新生児のように蘇ります。ガン患者の血液は酸素不足により黒っぽい色をしていますが、酸素を注入することでピンク色に変わります。これは法的に認められたドーピングのようなものです。輸血した途端に患者はエネルギッシュになります。

さらに(特に)私が行った治療は。。。大量のビタミンC(1日に100cc、1週間に3回以上の割合で)を血液に注入しました。そうすると、ガンは2日以内に消えてしまいます。心臓病を患っている人もビタミンCの大量摂取でで完治します。

さらに、ビタミンEは高血圧を改善します。しかし人工的に作られたビタミンでは効き目はありません。天然のビタミンでないと効き目がありません。自然界の問題は自然界が解決するのです。

さらにガン患者が自分でガンを治したいと思うなら。。。未加工の食品だけを食べる完全菜食主義者(ローフードダイエット)になることです。

さらに、腎臓に疾患の無い方は、1日に1ガロンの水(小さじ1/2の海塩を入れる)を飲みます。人間の身体がうまく機能するには身体に電気を流す必要があります。電気を発するには塩が必要なのです。そのため、体内の塩分が不足すると高血圧になります。ただ、食卓塩(精製塩)を摂ると、塩の結晶が血管の膜を傷つけ血管内部が出血します。そして、出血を止めるためにコレステロールが傷ついた部分を覆うため、結果的にコレステロールで血管が狭くなり高血圧になります。塩は食卓塩ではなく海塩を使ってください。

コレステロールに関しては多くの誤解があります。コレステロールが不足すると死に至りますが、高コレステロールで死亡する人はいません。高コレステロール(600)でも病気にならずに健康的に暮らしている人がいます。コレステロールは、壊れた細胞を新しい細胞に再生してくれます。生まれ変わった細胞の80%がコレステロールの働きによるものです。従って誰もが250の複合?コレステロール値を保つべきです。しかしLDLやHDLを善玉や悪玉と呼んでいますが。。。これらはコレステロールではないのです。これらはコレステロールを運ぶタンパク質なのです。このように医療界ではバカバカしい検査しています。

一般的に医師の平均寿命は世界一短い、56才です。彼らはアルコール依存率や麻薬常習率が他の業種に比べ最も高いのです。さらに自殺率も最も高いのです(特に精神科医の自殺率が高い。)。
患者は、病気を治してもらい健康的で幸せな暮らしをしたいと願いながら、このような病んだ医師たちに診察、治療してもらおうとしているのです。
 
 
(引用終了)
 
 

 

ビタミンC点滴と断糖療法でガンが消える! 
死の宣告から救った医師と甦った患者たち 著者:西脇俊二
http://books.rakuten.co.jp/rb/12678409/ より

超高濃度ビタミンC点滴を断糖食事療法と組み合わせたら、とんでもないことが起きた!これはガン治療の革命だ!

(引用終了)
 
 
 
「自然海塩は"スーパー・サプリメント"」 by 『ガンは自宅で治す!』
http://ameblo.jp/wajimanokaien/entry-10774807961.html より
2011-01-21 12:06:03

こんな本が昨年末2010年12月にKKロングセラーズから発売されました。

「ガンは自宅で治す!」(ムラキテルミ著)

どんな内容かといいますと・・・

この本の著書・ムラキテルミさん(女性です)は、2009年9月に肝臓ガンと診断され、6カ所の大病院から余命3カ月と宣告されたそうなんです。

肝臓の3分の1を切除しても肝硬変になるだろうという手術に決心がつかないまま、仕事を整理し、療養に入ったのがすでに宣告から2ヶ月後。

病院に行くことになっていた日に、具合が悪すぎて行けず、家で片付けものをしていたときに、本棚から額に落ちてきたのが、石原結實医師の本「やさしい医食同源」だったそうです。

万病の原因は血液の汚れであると言う理論に、これだと思い、石原医師の指導をうけながら闘病をスタート。

一切の薬を断ち、体温をあげて代謝をあげ、排毒を促す石原メソッド。

その方法は、コップ3杯のニンジン・リンゴジュースを1日3回飲むこと。そして、基本的に食事は1日1食。しょうがと腹巻。

そして、なんと1年後、腫瘍は消え、がんが完治!大病院のお医者様もびっくり。

・・・という奇跡の体験談なんです。

肝臓がんの前には、腎不全になったこともあるというムラキテルミさん。この本の中に、塩について、次のようなことが書かれています。

----

腎臓病を患って1年間は、利尿剤を使用しないとお小水が出ない状態でした。排泄ができない日々が続くと、むくみとめまいが訪れます。

人工透析だけはどうしても避けたいと思い、汗を出すために必死で様々な療法を試みました。

(中略)

当時は現在ほど一般に知られていなかったマクロビオティックの料理をマスターするため、アメリカのマサチューセッツ州に飛んで、マクロビオティックの養成学校、クシ・インスティテュートに留学しました。

クシ・インスティテュートの設立者である久司道夫先生からは、私が汗を出せなかったのは塩分が足りなかったからだと教わりました。

私の体は、体液・血液に必要なミネラルバランスを保とうとして、汗で塩分を排出することをしなかったのです。

「海」は「産み」につながり、生命を生み出した源。久司先生は、その海の水から作られた自然海塩のことを「スーパー・サプリメント」と呼んでいらっしゃいます。

体液・血液の浸透圧(ナトリウム、カリウム、塩素などミネラルのバランス)は、海水の浸透圧とリンクしているため、海の水から作ったお塩には、他のサプリメントがいらなくなるほどの効果があるとのことです。

その一方で、単なる塩化ナトリウムである精製塩は薬物として身体が反応することから、精製塩が普及しているアメリカでは血液疾患の方が多いとも教わりました。

実際、自然海塩を積極的に採り始めると、汗もお小水も量が増え、腎臓への負担が軽減されたようでした。

----

自然海塩は、他のサプリメントがいらなくなるほどの効果がある「スーパー・サプリメント」 まさしく、そうだと思います。

そして、私は、この本の著者・ムラキテルミさんに、縁あって、お会いすることができました。

(引用終了)

 

脳腫瘍で余命1ヶ月と宣告⇒ネットで調べた療法を続け

⇒脳腫瘍が消えた!!「脳腫瘍との戦い」詳細な記録
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/ca24000974fbde862a579ce9510e7de2 より
2014-01-24

免疫を上げる食品と、腸内環境の改善、活性酸素の消去、血流の改善、

これらにより、結局は自己免疫を向上して、

自分自身のナチュラル・キラー細胞を活性化させ、

この細胞がガンを攻撃し、

ガンを消滅させる事が自宅においても出来る事を見つけ出したのです。

 次に阿保徹教授の免疫学入門を読んで、免疫さえ上げる事が出来れば、ガンは治る事を知りました。アメリカは2001年頃にマクギャバン、レポートにより、ガンの原因は肉食にある事を発表しました。さらにゲルソン療法は末期ガンをも治している現実がある事を知りました。それは実に簡単であり、毎日、ニンジンジュースを飲み続ける事である事も知りました。

 


===『抗がん剤』に関する過去記事===

厚労省「抗がん剤でガンが治ることは、ほとんど無い」

お医者さん全員「これ(抗がん剤)は毒物」
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/37868d9921b27f3e599009b5b28353b9
2013-12-09

 


世界には癌産業(癌で膨大な利益を上げるビジネス)が存在。

税収(40兆円)の7割に匹敵。莫大な金が動いている

原発利権 抗ガン剤で殺される 船瀬俊介 57分
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/0eb082085ecf976262cd24396ab7ad34 より
2013-08-02

★1988年のNCIリポート『ガンの病因学』で15万人の抗ガン剤治療を受けた患者を調べた結果、抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと断定している。

★抗癌剤の副作用情報を確認してみると。
ちゃんと二次発癌と書いてある。

★なんと抗癌剤は本当に発癌性物質のマスタードガスから作られていた。

★抗癌剤の近くで作業するだけでも
不妊、流産、先天性障害、白血病、癌等を引き起こす可能性がある

★【非常識な日本のガン治療】
国際レベルにくらべて抗ガン剤20倍、手術17倍
100%、医者は患者を抗ガン剤漬け、放射線漬け、手術漬けにしていきます。
試みに聞いてごらんなさい。
「センセイ、もしあなたがガンだったら、自分に抗ガン剤打ちます?」。
顔面蒼白になって絶句するのは、まちがいないでしょう。

★【医療被曝】英国のある地域では、定期健診の際のレントゲン撮影を中止。それに伴って、ガンが徐々に減少。

★画期的な癌治療を開発しても、医薬品マフィアに叩きのめされ葬られる

 

 

<抗がん剤で生き地獄>

最愛の息子を亡くした医師が生々しい現実を告白!!

「 抗がん剤は効果無い 」「 今まで何百人もの患者を苦しめた 」

 ★がん細胞のほうが絶対に人間の細胞よりも強い。

 ★絶対にがんよりも人間のほうが先に死ぬ。

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/2495b1afc91390ea8b978ec34e7516e9

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原子力産業のしくみはロスチ... | トップ | 9月1日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています