イスラボンの競馬食べ放題

愛馬についてのあれこれを記録する日記です

牧場見学旅

2016-10-19 12:14:30 | ●日記
週末は、恐らく今年最後であろう牧場見学旅をしてきました。
最終日は、若干天気が悪かったのですが、気温は高く、過ごしやすい気候で助かりました。
コートも持って行ったのですが、昼間は使わずにすむくらいでした。
まだ写真の整理をできていないので、整理が終わり次第、出資馬の近況について、ブログを書いていこうと思います。

キャロットクラブについては、1歳馬の見学開始が17日からだったので、追分FLVにいるディミータの見学はできなかったのですが(16日に牧場を訪ねたので)、NF早来にいるピンクパピヨン、NF空港にいるキューは見ることができました。
牧場の方に、「もう結構、出資者の方、いらしていますか?」と伺ったところ、「そうですねぇ」とのこと。
すごいな、キャロット。

実際、我々がお邪魔した時も、(キャロット会員かどうかは分かりませんが)複数の見学者がいらっしゃいましたし、NFは、ホント、見学者の人数がすごそうです。
あの状況を見ると、見学制限があるのも、当然ですね。
ピンクパピヨンもキューも、北海道にいる間に見学できるのは、これが最初で最後だったかもしれません。

それにしても、追分FLVは、頭数が少ないこともありますが、いつお邪魔しても、全体的にのどかで、すごく良い感じです。
我が家は、たまたまデータヴァリュー(クリックヒアの14)とスターズインヘヴン(ハンドレッドスコアの14)に出資して、追分FLVとのご縁ができたのですが、牧場の雰囲気が気に入って、1年に1頭は、追分FLV育成予定の馬に出資しようと決めました。
追分FLVの場合は、牧場見学の競争率は、そこまで高くないので、いずれ、ディミータにも会いに行きたいですね。

あ、そう言えば、自分の備忘のために、書いておくのですが、この週末は、いつも空いている(!)ノーザンホースパークが混んでいて、びっくりしました。
入場ゲートで、入場料を支払っている車をあんなにいっぱい見たのは初めてです。
一体、何があったんでしょう?
商売繁盛なのはおめでたいのですが、あれでは、一口馬主達のオアシスがオアシスじゃなくなってしまぅぅぅと、ワガママな我々は心配しています。
どうせ税金対策のための施設なんだし(←妄想からの決めつけ)、閑散としていて、赤字くらいなのがちょうど良くないですか?(笑)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 牧場見学(その2) | トップ | イスラボニータ、最終追い切り »

あわせて読む