イスラボンの競馬食べ放題

愛馬についてのあれこれを記録する日記です

ウムブルフ、社台ファームへ

2017-06-26 11:38:00 |  ウムブルフ
出資馬が集合しているはずの山元トレーニングセンターに、見学に行って来ました。
集合している「はず」だったんですが、見学できたのは3頭だけでした。

追分のデータヴァリュー、社台のイスラボニータ、ヘヴントゥナイトを見学させていただいた後、ウムブルフは…、忘れられてしまったのかと思っていたら、社台ファームに向かう馬運車に積んでしまったとのことでした。
もちろん、クラブからも携帯に着信があったようなのですが、我々がそれに気付きませんでした…。

走るとしたら北海道だったと思いますし、札幌競馬には1600万下のレースは、ほとんどありません。
堀先生は、アリバイ的に格上挑戦をしたり、適性のないレースを使うようなことはしませんよね。
適性があるとしたら、ワールドスーパージョッキーズなんですが、ジョッキーが選べませんし。

という訳で、ウムブルフは、一足先に社台ファームで夏休みに入ったようです。
まだ、4歳ですし、5歳で本格化してくれれば良いと思います。
気性も馬体も成長を促さなければなりませんし、広々とした社台ファームで英気を養ってください。
今度、社台ファームに行って見学して来ます。

他の3頭の見学とスターズインヘヴンの話を聞いて来ましたので、覚えているうちに記事にしておきたいと思います。

アロマちゃん、放牧はなさそう

2017-06-25 20:36:06 |  アロマドゥルセ
前の記事では、願望込みで「放牧だと思います」と書いたのですが、公式サイトのコメントを読むと、放牧の“ほ”の字もありませんでした。
やっぱり、このまま続戦なんですかねぇ…。

音無先生、大きいところをいくつも勝たれている先生ですし、「この馬に何がなんでも!」って感じでもないと思うのですが、それだけ可能性を感じてくださっているのでしょうか。
ありがたいなぁと思う反面、せっかく勝ち上がっているんだし、ここで馬の成長に時間をかけた方が、将来的には良い結果になるんじゃないかなぁとも思ったり。
まあ、しょせん、シロウトのたわ言なんですけど。

でも、ディープインパクトも、元々は晩成型だと思いますし、その上、母のジャッキーテーストも晩成型なんですよね。
それを考えると、無理なローテーションを組まない方が、この馬のためになるんじゃないかという気がしてなりません。

と言っても、音無先生のことは信頼しているので、先生がゴーサインを出すのであれば、もちろん全力で応援していきます。
続戦ということになれば、おそらく、中京ですよね。
夏場が忙しい商売のため、遠征の予定を組むのはなかなか厳しいのですが、出走しそうなレースを予想して、なるべくスケジュール調整をしたいと思います!



アロマドゥルセ、2着

2017-06-25 14:08:34 |  アロマドゥルセ
3歳以上500万下のレースに出走したアロマドゥルセは、惜しい2着でした。
勝ったのが、暴れていた3代目ヒシマサルだったのが、何とも悔しい感じですが、仕方ありません。

馬体重は、前走からプラス2キロの426キロでした。
本当はもうちょっとふっくらして出てきてくれるかなと期待していたのですが、あまり増えませんでしたね。
パドックの気配は、悪くはなかったと思いますが、やはり古馬の混合戦ということになると、ちょっと非力に映りました。

でも、それでも、軽量の恩恵はあったとはいえ、2着に来てくれるんですから、大したものです。
やっぱり力はあるんだなと改めて思いました。

それにしても、アロマちゃん、相変わらず、コーナー曲がるのが苦手ですね…。
コーナー曲がるたびに、置いて行かれるロスが、上のクラスに上がっていくと響いてきそうです。
そう考えると、未勝利戦を勝ち上がった京都コースが合っているのかなと思います。
まあ、東京コースもあってそうなんですけど、小さい牝馬なので、輸送のことを考えると、ちょっと厳しいかなと。

今のところ、能力だけで走っている感じなので、競馬ぶりが良くなれば、そのうち、またチャンスはあるでしょう。
個人的には、馬の成長にあわせて、ゆっくり進めていってくれれば、それで良いです。

今回は、秋の大きなところに間に合わせるための出走だったと思うので、これで一旦、放牧だと思います。
夏はゆっくり休養と成長にあてて、また秋に成長した姿を見せてくれることを期待して待っています。

アロマドゥルセ、5枠5番

2017-06-25 10:52:17 |  アロマドゥルセ
坂神競馬7R3歳上500万下芝2200mに出走するアロマドゥウセは、5枠5番になりました。
フルゲートではありませんし、阪神内回り2200mはスタート後の直線が長いですから、枠はどこでも問題ないでしょう。

そんなことよりも、枠順が決まって、前の記事よりもゴロが良くなりました。
7番から、ナムラマル、ヴァーサトル、ヘイムダル、ヒシマサルの順です。

阪神競馬場の指定席が取れず、昨日まで出かけていたこともあって、グリーンチャンネルでの観戦としました。
G1の日に席がないのは厳しいです。
今朝、7時半に開門と聞いて、我々には無理だと思いました…。

阪神競馬場では、まだ芝のレースがありませんが、雨は降っていないようですし、馬場状態は悪くはならないと思います。
次の4Rを見ないと分かりませんが、前々走で重馬場をこなしていますから問題ないでしょう。
荻野極ジョッキーに、スタートを決めてもらって、軽量を生かすために好位でレースを進めてもらいたいです。

人気もほどほど、降級して来る古馬もいます。
腕試しには、ぴったりのレースだと思います。

三代目

2017-06-23 21:22:33 |  アロマドゥルセ
アロマドゥルセが出走する6/24(日)阪神7Rの出馬表を見ると、何だかゴロが良いです。
ナムラマル、三代目ヒシマサル、ヘイムダルと並んでいます。
枠順が決まってしまうと、並びが変わってしまいますので、お楽しみは今だけです。

前の記事に書きそびれたのですが、最終追い切りがかなり良さそうなんです。
キャロットの公式サイトによると、不良の栗東坂路で52.7、馬なり余力です。
時間帯が違いますが、同じ日のミッキーロケットの追い切りが52.9ですから、かなりの好タイムです。

明後日のレースに、どんな仕上がりで出て来るのか楽しみです。

ついでに書いておきますが、出資している2歳馬で唯一入厩しているクナップフラウが、やっとゲート試験に受かりました。
この馬の母は、今年サンデーで募集されていたディミータです。

入厩後、少し脚が腫れたこともありますが、それにしても、5/11に入厩してからゲート試験の受験まで、一か月以上かかってしまいました。
このままデビューまで進むようですが、いつになるんでしょう…。

それにしても、我が家の2歳馬たちは、のんびりですね。
ここまで来たら、暑い夏を涼しいところで過ごして、秋のデビューを目指してもらいたいです。