ひつじ草の挑戦状

色んな思いを綴ってます。

母からのメッセージ

2017-05-31 | ~ 育児 ~
「ばぶぅ、ばぶぅ」
二月頃から赤ちゃんに返った二歳9カ月。
引き出しに仕舞ってある哺乳瓶を持ち出し、
「ママ、ミルク入れてェ」と言ってくる。
コップで飲めや!
哺乳瓶にミルクを入れて、
「チュー、チュー」
美味そうに吸う。
ただ、出にくいので、
哺乳瓶の口を、
フォークで刺し、
飲み口を広げた。

賢いな。
ただ、次使えんくなった…。

因みに娘は、
二歳2、3カ月まで母乳だったので、
あまり哺乳瓶を使用していない。

更に、
私、再び乳が出るようになった。
薄っすら水っぽい私の乳を
「チュー、チュー。美味しいィ」
と言って吸う。
まだ美味くないだろ?

次、
例の便秘症の件だが、
酷くなってしまった。

うんちの主治医に訊ねたところ、
「腸って、ストレスに弱いんですよ」と。
なるほど、
つまりは、
娘の腸内環境は、
私と直結している訳だ。

確かに、
断乳直後の便秘、
妊娠発覚直後の赤ちゃん返り。
納得だ。

納得は、した。
しかし、問題解決にはならない。
娘は便秘のままだ。
「うんちィ、ママぁ〜、お腹マッサージしてェ」
エンドレスマッサージ。
そして、うんちが出るまで愚図る。
ジジババも「house !!!」と締め出し、
パパに関しては「パパ、イビキ臭いッ」
追い出しにかかり、
ママと2人っきりのうんちタイムを作る。
しかし、
意味がわからん。
イビキは臭くないッ。
しかし、
「臭いッ」と言う言葉に反応した主人44歳、
「なぁ〜、俺、臭い?」
と、しつこく聞く。
もう〜〜
「臭いし、うざいんじゃッ」

長女の出産の時、
生命誕生の喜びを
ゆっくり、ゆっくりと味わっていたように思う。
ただ、出産時はかなりspeedy だった。

しかし、
今はそんな〝ゆとり〟がない。

あ、動いた。

膝の上に乗って寛ぐ長女に
押しつぶされ、
「さ…さぁちゃん、く、苦しい…って」
胎盤と姉に押し潰される次女。

妹の宿命か。
きっと、
産まれてから、
もっと、過酷だぞ。
(21歳の愛猫…蹴られ、
プラスチック製の愛刀で刺され、もう散々だ
)

妹よ。
姉に負けず、
逞しく生きよ。

母からは、
こう言うしか無い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽しかった〜

2017-05-10 | ~ 育児 ~
「ママー、遊ぶ?」
ママというより友達だな。
最近のMy ブームはシャボン玉…、
いや、水遊び。
と、
土遊び…、いや、
泥浴びだな。
畑の一角を間借りして、
娘専用土遊び場を確保。
そこで泥んこ遊びをするのだが、
これがまた、ヒドイ。
ショベルを使って
バケツに土を貯め、
ザザ〜ッと、零す。
あららぁ汚れちゃったね。
これはまだかわいい方だ。
次第にエスカレートする。
土の上に座り込んだかと思いきや、
ゴロン、
「え!?」
寝っ転がる。
「さぁちゃん、こんな所で寝ちゃ…」
全身泥まみれである。
まぁ、シャワーするからいいけど。
コロンコロン、
機嫌よく転がっていると、不意に、
「きゃ〜〜!!!」
私の頭から土をかける。
ブンブンブンブン、
犬のように頭や体を振って泥を落とすが、
その仕草が面白いらしい。
何度もかける。
「お母さんまで泥だらけだよ〜」
挙句は、
「さ、さやちゃん!!!」
い、いかん!
畝を猛ダッシュ。
確保の範囲を超えて遊ぶ。
広い畑全域が遊び場となる。
しかし、
そ、そこは、
ジジがじゃがいもの苗を植えたところで!
「さぁちゃん、ダメだよ〜」
戻ってこーいと合図すると、
盛りたて、ふかふかの畝を、
さらに逆疾走で、
土を踏み固める。
芽が出にくいだろッ!
「すみません、義父様。さやかが…」
畑の様子を見に来たのか、
孫の様子を見に来たのか、
ジジ登場。
すると、
「ジジちゃ〜ん!」
と土を握り締め、ジジに向かって猛ダッシュ。
そして、ザバァってとジジに土をかける。
ババも登場すると、
2人共泥だらけだ。
「すみません!!!」
もうダメだ。
泥遊び終了。
娘を水場に連行、
蛇口をゆっくり捻ると、
「もっと、もっと、Power up!!」
蛇口を全開、
手で押さえ、
ジャジャジャーッ
「きゃー」
水遊びの始まりだ。
予想はしていたが、
2人ともグッショグッショ。
ベチョベチョの娘を背負い、
二階の風呂場に直行、
シャワー…
「イヤ〜〜」
嫌がる。
風邪ひくから…、
「お願い、入って…」

外に連れ出すだけで、
もう疲労困憊である。

誰だ?
こんな泥んこ遊びを教えたの?

後日、こんなビデオを見せられた。
私の仕事中、
実家のババと娘が外で遊ぶ姿が映っている。
「げッ!」
泥プラス水(ホース放水)で、
グッチョグッチョになって、
畑で寝転ぶ。
「何これ?」
本当の泥遊びじゃないか!?
田んぼにダイブしたのか!?

おいジジ、
ビデオ回している場合じゃないだろ。
ババを止めろっ!

知らなかった。
ババが娘に泥遊びの真髄を教えていたのか。

後にババはこう言った。
「だって、水ないと面白くないもん」
イヤ、
後始末が大変だろッ!

始末洗濯は大変だが、

娘は、
「楽しかった〜」と大満足だ。

楽しかったなら、
まっ、良いっか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現状打破

2017-04-07 | ~ 育児 ~
「ママ〜、しゅきぃ(好き)ー」
と抱きついてくる娘。
この2歳七ヶ月…未だに
「抱っこぉ、おんぶぃぅ」と私にしがみつく。
パパが、
「ならパパ、ダッチ(抱っこ)か?」
と言うと、
泣いて叫んで、全力で拒否る。
「なら、ババが抱っこしようか?」
ババが言うと、
「ママ〜」
軽くババを拒否る。
「自分で歩こ?」
と促すと、
「マーマー(を指名)」
抱きついて離れない。
仕方がないので、私は14キロを背負う。
結果、持病の腰痛に悩まされる。
もちろん、娘は階段を上手に登り降り出来る。
ただ、出来るがやらない。ただの甘えである。

去年十月断乳し、
やれやれおっぱい卒業、
手が離れると思いきや、
「便秘症ですね」
と診断され、2日に一回病院通い。
余計手が掛かるようになった。
県中を紹介され、
薬でなんとかウンチが出るようになり、
やれやれと思いきや、
今年三月に入って、
ウンチがまた、出なくなってしまった。
一日中「ウンチ〜〜」と言っては離れず…。
困った困ったで、
薬を増量してもらい、
ふぅ…
ウンチ攻撃は解消された。
が、
今月に入ってからは、
私の仕事中、
いつもなら居間でジジババと遊んでいる…
はずなのだが、
レッスンに入った途端、
「マーマー‼︎‼︎」
大粒の涙をポロポロ流して泣く。
泣いてダメなら、
「助けて〜〜」
叫ぶ。
虐待と勘違いされるぅ!止めい!と思うが、
「お母さ〜ん」
止めない。止まらない。
ジジババがいくら宥め賺しても無駄。
(ババは諦めて煎餅を食っていたようだ)
挙句、
「戻って来ーい、ママ〜、来ーい!!」
命令かい!
居間の鍵(開き戸の中央をブチ抜いて、箸を刺したジジお手製の鍵)を「取れ‼︎‼︎」と指示。
「ママしか取れんが」
子供に嘘はいかん。
分かっているんだ。
そんなはずは、ない、と。
マイCARを引っ張って来て、
それに立って取ろうとする。
「チッ」
身体が足りない。
子供の手では届かない。
じゃ、大人を使おう。
ババを持って来て取ろうとする。
が、ダメだ、煎餅を食っている。
なら、
「ジジちゃん、お 願 い❤️」
首を傾げて媚びを売る。
誰から教わった色目か?
もちろん私が教えた色目だ。
教えたことを上手に真似る。
しかし、可愛いだけじゃ、
ダメなんだ。
日頃だよ…。
日頃からジジに
「house!!」
とか、
「ジジちゃん、好きじゃない!」
とか言ってるから、
取ってもらえない。

ようやく
レッスンが終わって、開錠開放となり、
「マーマー」
ヒッシッと私にしがみつき、離れない。
なぜここまでママっ子なんだ?
「ねぇババちゃん、私もこんなだった?」
私を産み、育てた実母に聞いてみた。
私は母に「ママ〜」と抱きついた記憶が、無い。
「あぁ〜、あんた、冷たい子だったから」
ちょっと待て、
クール、とか、
冷静、とか、
もっと別の言い方、無いのか?
言い方が無いにしろ、
私はこんなママっ子ではなかったようだ。
なら、誰から細胞分裂だ?
主人を疑ぐる。
しかし、
今更DNAを調べたところで、
現状ママっ子が治るわけでも、無い。
止めよう。
「泣かんでもいいが、ママどこにも行かんよ」
よちよちと頭を撫でて、
娘を抱きしめ、宥める。
ケロッと泣き止み、
「お腹空いたぁ」
おいおい嘘泣きか?

そんなこんなの日々、
いつ現状打破出来るのか…?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

撤収〜!!

2017-03-15 | ~ 育児 ~
幼稚園のサークルが、先週で終わった。
春からどうしよう?暇だ。
習い事でもやってみっか?
と、
英語教室に連れて行ってみた。
「うぇーん」
10分ほどで大泣きした。
「帰るの?」
「うん」
こっそり…とは退室出来ず、
大泣きのまま退去撤収した。
「英語、イヤだぁ」
場の雰囲気に馴染めなかったようだ。
「わかったよ。」
「しまじろうが良いィ、ピアノが良いィ」
「はいはい、お母さんと自宅学習ね。
ピアノ、やってみたいのね、わかったよ」

英語をさせたかった。
これは親のエゴだな。
これで英語が嫌いになったかな。

しかし、
なんて感受性だ。

変な所ばっか似るな〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただ今…

2017-03-13 | ~ 育児 ~
お雛様を飾って、
娘に、
「怖いッ!」
と言われて、
「ちょっと見に行こうよ」
と誘っても座敷に入ることを嫌がられ、
見られることなく終わった雛人形。
ぼんぼりだけが薄ぼんやりと光っていた。
ただ、ひな祭りが終わっても、
「あかりをつけましょ、ぼんぼりに〜♩
……お内裏様とお雛様〜♫」
ひな祭りの歌を歌っている。
「お雛様、終わっちゃたの?」
「また来年、ね」
雛人形は怖いがひな祭りは好きみたいだ。
そう言えば、私もそういう思いがある。
怖かったから、雛人形が飾ってある座敷を
猛ダッシュしていたっけ。
特に夜中のトイレの時…。

親子って、イヤな所、
似るんだな。

今、
ちょっと体調を崩している。
「かんびょうしたげる」
嬉しいことを言ってくれる。
「さぁちゃん、優しいね、ありがとう」
涙が出そうだ。

だが、
お医者さんごっこがエンドレスに続く。
大きなお口を開けて、
注射器で薬を飲まされ、
「治った!」と言う。

そんな即効性のある薬、
さぁちゃん、開発してよ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芽生え

2017-02-06 | ~ 育児 ~
最近、体の調子が悪い。
それを感じ取った娘は、
お風呂の中で、
長方形のオモチャを私のおでこに貼り付け、
(あ、熱さまシートのつもりね)
おかゆさんを小さい小さい手の平を乗せて、
(あ、水を掬ってるだけなんだけど)
「はい」と湯船のお湯を飲ましてくれる。
私はおかゆさんを食べるマネをして、
「ありがとう、さやちゃんのおかげで治ったよ」
と、言う。
こういうごっこ遊びを浴層で何度も繰り返す。
単なる遊びなのだが、
娘は真剣に母を思い、
何度もおかゆさんを作ってくれる。
「さぁちゃん、優しいね」
小さい小さいまだ子供と思っていた娘に、
こんな大きな思いやりの心が育っていたんだ、
そう思うと嬉しい。

立春が過ぎ、
恒例となった雛人形飾りを始めようと、
娘を義理の母に預けた。
小一時間ほどして、
「ありがとうございます、終わりました〜」
と一階居間に顔を出すと、
娘は柿を頬張っていた。
「あれぇ、さぁちゃん。美味しいが貰っとっぜ」
と言うと、
「ババちゃん、お代わり。ママのもむいて」
ママにも美味しいの食べてもらいたい、
そういう気持ちが伝わる。
「ありがとう、さぁちゃん」
義母も優しい孫に感心していた。
「ママ想いなのね」と。

そう、“ママ想い”なのだ。

主人が「紗花、パパにも頂〜戴〜」と言うと、
噛んたらかしをそっぽ向いて、
面倒臭さそうに「ふ」と渡す。

ママだけ想い、なのだ。
「ママだーい好き」と抱きついくる。
「ありがとう、ママも紗花だーい好き」
それを見て、羨ましく思ったのだろう主人
「パパは?」と聞く。
娘は「だーい好き、みんな、だーい好き」
Everyone でジジババも一緒に無難にまとめた。

賢い子だよ…。

実家の猫タルトには蹴りを入れるもんの。
サークルではおもちゃ争奪戦をおっ始めるもんの。

まだまだ他人に対する思いやりは芽生えていない。

もっと優しさを教えねば、
いつかタルトが潰される。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イッチゴ、イッチゴ

2017-02-04 | ~ 育児 ~

イチゴを貰った。

「イッチゴ、イッチゴ」
かぷ、かぷ、かぷ…、
頭だけを1ケース食った。

イチゴ丸ごと食べんかいッ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼、怖い

2017-02-03 | ~ 育児 ~
幼稚園の親子サークルにて、
鬼のお面に本気で怖がる娘。
私の後ろに隠れてしまった。
「大丈夫だよ、さぁちゃん」
私としては、
あなたの癇癪鬼の方が怖い。

「鬼さんやっつけてごらん」
新聞紙ボールを“鬼”目掛けて投げるよう
指示を出したつもりなのだが、私に投げる。
私しゃ、鬼かい!

やれやれ、趣旨も分からぬまま、
サークル解散。

これでは癇癪鬼は退治出来ない。
案の定、
「チョコぉ〜〜」
チョコレートがないと癇癪を起こす。
そんなに糖分が欲しいのか、この鬼。
「チョッこレート、チョッこレート」
チョコに弾みをつけて強請る。
「もう無いよ、今日の分のチョコ食べたでしょ」
そう言っても、聞かない。
午年なだけに、
馬の耳に念仏だ。
チョコ癇癪を起こした孫を見て
さぞ哀れに思ったのだろうババ、
「これはどう?」
棚から牡丹餅ならぬ、
チョコ菓子を出した。
ま、
それで我慢するかと、
お菓子をひったくり、
一丁前に、
「Open!」
いい発音だ。
しかし、その前に、
Thank you でしょ?
最近、英語の単語を覚え始めた娘。
英語を喋れば、
褒められると思っているようだ。
だが、
「ゲーター、怖いねぇ。優しくアーンしてよ」
最初、あん?と思ったが、
「あ!」思い出した。
先日、テレビにワニが映った。
口を開ければ、無数の牙が…。
それを見て、やはり私を盾にしたのだった。
そこで、
「すみません」静かに挙手。
ポッカ〜ンとなっているババに、
「アリゲーターの牙が怖いって言ってるんです」
テレビに映ったワニの説明を加えた。

娘は兎角、よく喋る。
起きている間、喋る。
こっちは、毎日が連想ゲーム…と、
ジジババへの細かな説明ばかりだ。
早くコミュニケーション能力を高めてくれ。
文脈が無く、ボキャブラリー不足の主人と、
こんな娘に挟まれて、私は、辛い。
「ねぇ、紗花お話ししてる時、喋んないで」
「俺も喋りたいッ」
大人だろ我慢しろ‼︎
こんな状態だ。

母は今後が心配になる。
これからどうなるの?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水中出産

2017-01-16 | ~ 育児 ~
お忘れの方も多いかと思いますが、
便秘事情まだまだ続いているのだ。
毎食後、薬を服用。
薬の種類は三種類。
「これ飲めばウンチ出るからね」
そう、
薬を飲めば快調。
だがしかし、
「あれ!?」
薬が足りない。
一週間分足りなくなってしまった。
かくなる上は、
予備の薬と下剤を合わせて凌いだ。
が、ダメだった。
「…(仕方ない)」
肛門マッサージ。
グリングリンと刺激するのだが、
これをやるタイミングが難しい。
とても嫌がられるので…。
やるタイミングはお風呂の時。
服を脱がせてすっぽんっぽん、
オシメ外して、
オシリがプリンと出た時、
意を決して、
何も感情も無く、
ブスッといきます。
指でウンチの感触を確かめます。

近い。

さぁ、お風呂だ。
髪、体を洗って、
次は湯船で遊びながら、お腹マッサージ。
すると、お産に例えると陣痛が始まった。
「うーんうーん」
出したいけど湯船だし、
どうしようと悶える娘。
「ウンチ出され、良いがよ」
ここで下手に動かせばウンチが止まる。
ので、放っておきます。
ぷにゅう〜。
「わぁお」
出た出た。
バナナ二本分。
「頑張ったね、さぁちゃん」
バナナを見せますが、
それどころじゃない。
泣きじゃくる。
「大丈夫大丈夫、キレイキレイしたげるから」
娘を洗い直し、
「バーバちゃ〜ん」
ババを呼びます。
好奇心旺盛なババ、
ちょっと見せてとバナナを確認。
「おぉ、スゴイぜ」
バナナに驚嘆。
羨ましい〜という感想が漏れた。
うん、同感だ。
娘をババに託し、
お風呂掃除だ。
私も洗い直し。
ふぃー、やれやれとお風呂から上がり、
ちらっと娘を見る。
娘はテレビにかじりついて身動きしなかった。
「さやちゃん、よく頑張ったよ。偉かったね」
大人でも二本出すのは至難の技だ。
よく出し切った、と褒めてやった。
すると、
ようやく、こちらを向いて、
にっこり笑ったが、
その顔が顔面蒼白だった。
貧血か?

娘が息む姿を見て、
お産を思い出した。

この子が妊娠出産する時も同じように、
泣けちゃうのかな。

そういえば、
ババちゃんも私のお産で泣いてたっけ。

さてさて、
娘のウンチ、まだまだ薬が要るようで、
「ウンチ出たがぁ?」
ババが娘のオシメを覗こうとしたら、
娘に「House (自分の場所に戻れ)‼︎」
と怒られていた。
ウンチはまだのようだ。
しかしババちゃんにHouse とは何事か。
タルトと同等扱いだ。
※タルト、もうすぐ21歳です。

ちなみに、
水中出産後、
「ママ優しいね〜」
「いや、あなたのお母さんだから、」
世話焼くのは当たり前だし…。
「これ(母を指差し)だぁい好き」
と私にハグする。
「メルちゃんとゆうちゃん、キライッ」
ちょっと待て、
人を指差して、お人形さんと並べるな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遊ばんが?

2017-01-10 | ~ 育児 ~
先日、ジジババを連れ、
いや、ジジババに連れられ、
「アンパンマンが良い?
それともドラちゃん?」
「アンパンマンッ」
娘の意向で実家近所のガストに行った。
本物のアンパンマンが居る訳ではない。
落ち着け、娘よ。
あっちキョロキョロ、
こっちキョロキョロ。
まぁ忙しない。
食事中、いつもそうだが、
「座って食べて、さやちゃん」
椅子の上に立つし、
食事が娘の口に合わないと
例え相手が義母様だろうが、
「美味しくないッ!」
と平気で言う。
おいおい、
同居の嫁の立場ってものも
少しは考えてくれと思うが、
そんなこと知ったこっちゃない。
お子様プレートに付いていたシールで遊んで、
アイスだけしっかり食べてガストを後にした。
今年喪中ということもあり、
年頭の挨拶は遠慮していた。
で、
可愛い孫に会えなかった反動だろう。
孫を喜ばせたくてしょうがない。
「アピタン行くか?」
アピタの事だ。
もちろん、
「行かないッ」と言うはずがない。
アンパンマンゲームして、
「お父さんが買っても良いって言っていたオモチャ見て来て良い?」
これが間違いだった。
見るだけのつもりだ。
買うつもりはゼロだ。
だが恐ろしや、
アンパンマンの救急箱(オモチャ)を見るなり、
アンパンマンショッピングカートを降りようとし、
「これ、欲しいッ」
と暴れる。
イヤイヤ、そのオモチャじゃないし、
「ちょっと待って。さやちゃん、
あなた、ショコラちゃんは?」
Christmasプレゼントにと、
義父母に買ってもらったアンパンマンDJ今や不在。シルバニアファミリーに人気を取られ、
部屋の隅っこに追いやられている。
今の娘のブームはシルバニアファミリー、
好きなのは主人公ショコラうさぎちゃん。
アンパンマンショッピングカートを移動させ、
「さぁちゃん、ショコラちゃんとアンパンマン、
どっちがイッ」
良い?って聞こうとする前から、
「これッ!」
シルバニアファミリーの仲良し幼稚園の箱を持ち
「ピッするッ」
つまり、バーコードの読み取り、
レジを通せと言っている。
アンパンマンがぶっ飛んだ瞬間である。
「さぁちゃん、森のお医者さん、
欲しいがじゃないが?」
欲しいと言っている品が無い。それより、
サンタさんからブティックもらったばかりだ。
「誕生日まで…」
「これ欲しいッ」
と暴れ出す。
どうやら待てないようだ。
すると、
「ジジが買うてくれるって」とババが。
「え!?」とジジ。

お年玉あげたばかりです。

御満悦でアンパンマンショッピングカートに乗り直し、ピッを見守る。

アンパンマン…
決して君が嫌いになったわけじゃない。
現にショコラちゃんと同サイズの
アンパンマン人形とも遊んでいる。
それにアンパンマンの鼻にチュッしている。
ぽっ、と、
はにかんで見せる。
好きなんだ。
だけど、
ブームはショコラちゃんなのだ。
お父さんの買って良いって言っていたオモチャ、
アンパンマンタブレット、
「遊ばんわ」
というのが夫婦の結論で、
やめることにした。

やっぱりオモチャは遊ばんにゃ。
元旦に横浜の義兄様から届いたオモチャ、
ポポちゃんは投げられている。
かわいそうに…。

「遊ぶ?」
あたかも友人を誘うように私をショコラワールドに引っ張り込む。
「ママ、やってくださいッ」
人形たちを操るのは母の役目なのだ。
一人で遊ばんがか?

シルバニアファミリーは現在、
ファミリーを通り越して、
ネコのブティックが建ち、
園児一人の幼稚園ができ、
と、
着々と村に近づいている。

教訓、
娘をオモチャ屋に連れて行く時は、
覚悟しよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加