ひつじ草の挑戦状

色んな思いを綴ってます。

コウノドリさん

2017-11-13 | ~ 育児 ~
1ヶ月健診も終わり、

自宅に帰って一週間ちょい経ちました。

慌ただしい日々です。

「義母様ッ、お願いします!」
内線で義母を呼びつけ、
二人の娘を一人ずつお風呂に入れたり、
お買い物リストを手渡し、
買い物をお願いしたり、
存分に義母の助けを借りる嫁です。
「ありがとうございます!」
「いいのよいいのよ、
子ども一人でも二人でも三人でも」
って、
三人って…、
真に受けないで下さいね、
3歳の孫の言うこと…。

長女ちゃんはこんなことを言うのだ。
「ママ〜、もう一人産むの大変?」
「もう一人?倖花の下に?」
「うん、弟と妹、欲しい」
「弟?妹?まだ二人も産めとか?」
「うん」
「…だって、お父さんどうする?」
「コウノドリさんに聞いてみるよ」
はぐらかしてはいるのだが、
残念ながら、我が娘3歳は、
コウノドリさんを知らない。
ただ、知っているのは、
お父さんの精子とお母さんの卵子が
仲良くなって子どもが誕生すること、
なのだ。
親が思う以上に、
子はおませなだ。
現実を知っている。

コウノドリ…といえば、

二人のスーパー安産を前に、
「俺たちって、倖せだよなぁ」
ぐしゅッ
チーン、
テッシュの箱をあっちやったり
こっちやったりしながら、
ドラマ「コウノドリ」をみている。

無事産まれて来てくれて、
二人とも、
ホント、ありがとう、ね。

これからも、健康に気をつけて、
お母さんお父さん、
頑張るよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

姉妹って…

2017-10-19 | ~ 育児 ~
倖花誕生から2週間が過ぎた。
今日は、二週間健診の日だ。
この二週間、如何に過ごしていたか?
姉妹に両乳を吸われる日々である。
右に妹、左に姉。又はその逆。
姉の吸引力が凄くて、
結構痛い。

ご飯、お風呂、就寝時、
手が足りない時に限り、
妹が愚図ることが多く、
「あ、倖花泣いてる」
お姉ちゃんに我慢してもらうことが多い。
それでも、
「絵本読んで〜」
愚図る妹をそっちのけ、
絵本の読み聞かせを強請る。
つまり、
こういう時、お姉ちゃんも眠いのだ。
ゆらゆら抱っこしながら絵本を読むか、
乳をしゃぶらせながら絵本を読むか、
はたまた、
妹を優先させ、
「お姉ちゃん、先寝てて良いよ」
片方だけでも寝かす。

同時二人を面倒見るのは結構しんどい。

今実家にいるから良い。
ジジババ総動員でで、
育児している。
ただ、
自宅に帰ったら、
「地獄だな」
怖い。

どうなるだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選択

2017-10-08 | ~ 育児 ~
タルトの遺骨が帰って来た。
おかえり…
明日には会えるよ。
退院だしな。
最短コースでの退院だ。
このスーパー安産に伴い、
看護婦さんたちの噂の的となっているらしい。
出産に立ち会った看護婦さんが、
「久しぶりに見ましたよ、
こんなに早いの」って。
全開から10分も経たず、
うーん、←痛み極限。
頭を出す所ね。
ポン、←出たとこね。
にゅにゅにゅ〜〜って。
↑もうあとは体。息まなくても出ちゃう。

主治医は、
「ちゅる、と出た?」って。
いや、先生あのね、
やっぱ、痛いって。
出産が早くてパックリ切れちゃったし。
結構たくさん縫合して貰っちゃった。

とは言うものの、
やはり、
看護婦さんたちが「元気ね〜」って驚く。

確かに、
ちらっと出産を終えた産婦さんたちを見ると、
車椅子に点滴、自ら歩くことは困難。
円座クッションに座ることも辛そう。
産後2日目の方だって腰が重そうだ。
かと言う私は、パタパタ歩き、
「産後って走れるん?」
紗花を見るなり、走った経産婦に
疑問を抱いた主人がうちのばばちゃんに尋ねた、
らしい。
うちのジジは、
「もう二、三人産んどくか?」
と言ったが、
それは、ない。
主人が晴れて定年を迎える時、
倖花は15歳だ。
出産は計画的に…。

何はともあれ、
産後2日目にして病室内でこっそりヨガをし、
子宮の収縮も良く、乳も出る。経過良好。
ただし、多量出血で少々貧血気味らしい。

しかし、無自覚。
これが一番危険。
それ以外は全てOK。

それもこれも、
偏にお姉ちゃんのお陰。
産道に道を作り、
お乳に道を作り。
今、自宅にいる。

夜中、ママ〜って泣いていると聞いた。
昼間は平気な顔していると言うが、
我慢強く耐えているんだろうな。

早く会いたい、
抱きしめたい、

明日に一緒のお布団に入れるよ。
ただね、
あなたの妹ちゃん、
乳は吸いっぱなしだし、
夜、覚醒するし、
どうするよ?
眠れないよ。

寝不足(実家)か。
夜泣き(自宅)か。

明日、
選ばせることにしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天国から見てて

2017-10-05 | ~ 育児 ~
3日夜、21歳と半年余り、
愛猫は静かに逝った。
次の日、
タルトを天国に送った。
「タルちゃん、天国に行ったの?」
娘は動かなくなったタルトを見て、
こう言った。
死…
を理解しているのか?
「うん、逝ったね…よく頑張ったね。
タルちゃん」
紗花はタルトの似顔絵を描いて、
柩の中に入れてくれた。
「ありがとね。さぁちゃん、上手だよ」
タルトも喜ぶだろう?
愛猫の葬儀が終わり、
「さぁちゃん、準備しようか?」
次の日私は入院する事になっていた。
陣痛が来ないので、強制陣痛促進剤投与だ。
娘を義母に預ける為、
支度をさせるのだが、
なかなか支度しない。
実家で私の帰りを待つと言った娘、
分かったよ、って私も約束した。
しかし、
出産時、付き添いがいるとのことで、
実母が私の付き添い、従って、
「ごめんね、義母様のところで待ってて」
と言い聞かせて義母のところに送り出したのだ。
母に送られる車中、娘は、
「タオル頂戴」と言い、
目頭を押さえていたそうだ。
泣いてるのかな?
その時、
「ほら、お空見てごらん」ばばが言う。
ふっと見ると、
タルト(猫型)の瑞雲がふぅと現れ、
さっと消えたそうだ。
優しい猫だよ。
あんなに蹴られていたのに…。
なんて律儀な猫だ。
逝き時も私に「バイ、バイ…」
別れを告げたし…。
あまりにも突然で、
あまりにも穏やかな死だった。
前日までピンピンしていたのに。
老衰…大往生…
死期を分かっていたのか?
母が娘を送って帰って来た。
「おかえり」
その夜は十五夜、
美しい月だった。
夕食も静かだった。
ただ一人だけ騒々しい。
お腹の子がグニョグニョ動く。
しかも睡魔が襲って来た。
珍しい。
「おやすみぃ」
早めに床に着く。
十二時、尿意を催し、
トイレへ。
「ゲッ、出た」
陣痛開始の合図、おしるしが出た。
個人差はあるが、私のは鮮血流血。
あぁ〜来る来る。
来た!
陣痛ぅぅ!
「ふ〜、ふ〜」
呼吸法で耐える。
本を読んで耐え凌ぐ。
3時、父が用を足しに来た。
「ん?どうしたんよ」
「陣痛、来た」
「行っか?」
「いや、あと1時間大丈夫」
3時45分、もうあかん。
病院に連絡、
母が起きて来た。
メンバーは揃った。
病院にGO!
4時10分着、
4時半分娩室入室、
分娩準備、
その間、陣痛の波が押し寄せる。
「(呼吸法)上手、やっぱヨガのおかげ?」
陣痛を逃すのが上手!と
ずいぶん助産婦看護師に持ち上げられた。
「そうですか〜。あはは…」
褒められて、図に乗っている場合じゃないッ!
うぅ〜〜ん。
「オンギャ、オンギャ」

5時07分、3090g出産。
「おめでとう」
今回叫ばんかったぜ、って、
母が入って来た。
ええ、今回は静かに命を産んださ。
陣痛もしっかりきた。
薬を飲む暇なく出産した。
生まれる日を選んだか、
倖花よ。

死期を悟るも命、
生まれる日を定めるも命かな。

失った命があった。
お疲れ様。

授かった命が産まれた。
ありがとう。

見ててね、タルト。
天国から。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだけ?

2017-09-27 | ~ 育児 ~
今、娘と実家でお世話になっております。
はい、パシャと、


実家の21歳老猫タルトです。

現在妊娠39週と5日目、
因みに、娘は38週目で破水し、
陣痛が遠のいて、やむなく、
陣痛促進剤を使用し出産した。

こはなちゃんは、
「出でくる気配、ないねぇ」
随分とお腹でリラックスしているようで、
「こはなちゃん、まだ出てこんが?」
娘が私のお腹が叩き、
妹を催促しだす始末。
これがあまりに酷いので妊婦健診時、
「先生…、(こはなの)顔、潰れてない?」
と尋ねた程だ。
「それっくらいで潰れないっすよ」
お腹の脂肪がクッションになっているようで、
それっくらい、
大丈夫らしい。

紗花の時は無かったが、
こはなから4Dの撮影が可能になっている。
「どれどれ…」
とてもリアルに娘の顔が映し出されるが、
お世辞にも可愛いとは言えない。
正直、
「ゲッ、エイリアンみたい…」
と言うと、先生は、
「最初はみんなエイリアンっすよ」と。
それを聞いていた看護師は、
「猿か、エイリアンか、
ガッツ石松ですよね」
さらりと言ってのけた。
複雑だ。
人類以外か、
地球外生命体か、
はたまた、
ガッツか…。
まぁ、産まれてからのお楽しみと。

妊婦健診が終われば、育児に戻る。
娘に、
「ここに座って」と命じられ、
一緒にお絵かきをするのだが、
その間2、3時間、
ずっとお話しながら絵を描く。
私も幼少期ずっとお絵かきをしていたが、
黙って描いていたし、
紙はチラシの裏、無地を使っていた。
現代っ子のこの娘は、
「え?もうおしまい?」
白い用紙にちょっと描いては、
新しい用紙を催促する。
らくがき帳が1日で無くなり、
見兼ねた父が500枚コピー用紙を買ってきた程だ。
お絵かきなら妊娠にもお付き合いはできるが、
「すべり台したい、
かけっこしたい」
こういう要望は辛い。
「こはなちゃん、生まれてからにしよ」
と言うと、
ペロッと服をめくり、
私のお腹に顔を埋めて、
「ぶーーーッ」とする。
「こはなちゃん、びっくりすんがいねぇ」
4D撮影時、いつも顔を両手で覆い、
ブロックしているこはな。
もしや、姉の存在に恐れをなし、
生まれ出ることをブロックしているのか?
しかし、
来週には否が応でも出す。
今日の健診でこう言われた。
「来週で健診最後、
(陣痛が来なかったら)入院ね。
(陣痛)促進剤で出すよ」と。
「ゲッ、あれ痛いもん」とブーたれると、
「促進剤が痛いんじゃなくて、陣痛が痛いの」

来週には絶対、
倖花は、
生まれている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パパじゃダメですか?

2017-08-22 | ~ 育児 ~
娘はあまり寝ない。
イヤ、寝るのだが、
寝るのが非常に遅い。
「さぁちゃん、もうねんねの時間だよ」
「まだ眠たくないのに〜♩」
I don't want to go to bed 〜〜♫
ロックな兄妹?が歌っている by 英語で遊ぼう
を真似て歌い出す。
この時点で9時だ。
おいおい、妊娠9カ月のこの腹を労ってくれよ、
と思う。
が、知ったこっちゃ無い。
なんとか寝室に誘い込む。
しかし、こっからが長い。
絵本の嵐だ。
主人が借りてくる絵本、
7、8冊を読ませられる。
この時点ですでに10時。
絵本の読み聞かせって、
早く寝かせるためだと、
私、勘違いしていたよ。

小さな批評家は、一丁前にこんなことを言う。
自分の感性に合わない作品に関しては、
「これ、面白くないッ!!!」
ハマった絵本に関しては、
「お父さん、次これとこれとこれ、借りてきて」
シリーズ全作、及び、同じ作家さんの作品を
借りて来させる(予約させる)。

二歳になった頃から、昼寝をしなくなり、
イヤ、しないで欲しいのだが、
一旦昼寝すると、夜がとんでもなく長い。
読み聞かせするこちらがダウンする。
グイッ
「お母さ〜ん」と、
閉じられた瞼をこじ開けてくる。
「イタタタタ…、ああ、ごめんね」
こっちが先に睡魔にやられたよ。
重い瞼がもう一度閉まって行く。
もうダメ、と主人にバトンタッチを願い出ると、
「お父さんダメッ」
「ほら、パパダメだって」
お休みィ〜とアイマスクを装着し、
嬉しそうに眠るか、お風呂に行く。
因みに、
「お父さんとお風呂入ってみる?」
「お父さんと一緒にご飯食べてて」
と言うと、同じ答えが返ってくる。
「ほら、ダメだって」
イヤイヤ、ちょっと待て。
もうすぐ私出産だぞ。
入院中どうするんだ?
「お母さんね、こはなちゃん産む時、
一週間程入院していないんだよ」
お父さんと過ごす練習をしとけ!
出産時どうすんだ?
「お父さんとババちゃん、
どっちにお風呂入れて貰うの?」
「お母さん♩」
と選択肢にない答えが返ってくる。
試験なら不合格だ。

大丈夫か?

出産予定日まで38日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人の対応

2017-08-12 | ~ 育児 ~
妊娠9カ月となり、
本日より産休育休に入らせて頂きます。

来春には長女も幼稚園入園、
その頃には復帰したいと思っております。

さて、
来週、娘は三歳。
来月にはお姉さん。

最近、
めっきりお姉さんらしくなってきました。
「さぁちゃん、このお野菜食べてみる?」
と聞くと、

大人の対応を取ります。
「もう少し大きくなってから…」
と丁寧に断ります。

そう言われると、
「あ、…はい。じゃあ、お母さんが食べるね」
パクッ
もう少し大きくなるまで待つしかありません…。

義理の父がいるにも関わらず、
ペロリ、
お腹を晒させ、
大きなお腹に
ブッ、チュウ。
「こはなちゃん、だーい好きぃ」
「ありがとう、優しいお姉ちゃんだね」
義父様も目のやり場に困っていました。
もう少し大人になったら、
お母さんがとっても恥ずかしかったって、
分かるさ。

何はともあれ、
いつまでも
妹思いであって欲しい。

姉妹仲良くして欲しい。

女の喧嘩は見苦しいからな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お姉ちゃんだよ〜

2017-07-30 | ~ 育児 ~
妊娠8カ月ともなると、
この暑さが堪える…。
早く産みたい。
だが、お腹の娘は未だ1650g。
もう1キロは持ち堪えねば…。

さて、
お腹が大きくなってきた頃から
長女に変化が現れた。
妊娠発覚直後のあの「マーマー!!!」
という号泣やママっ子が無くなり、
その代わり、お姉ちゃんになった。
服をめくり、私のお腹をペロリと出して、
「こはなちゃん(妹の名前)、お姉ちゃんだよ〜」
私のお腹を撫でて、
「一緒に遊ぼう」と言って、
おもちゃを持ってきたり、
絵本を読んであげたりする。

簡単な絵本を空暗記してる。

「あ、こはなちゃん泣いてる」
私に赤ちゃんの泣き真似させて、
「優しく〜優しく〜、トントン♩」
お腹をあやす。
微笑ましい姿だ。
母として、こんな嬉しいことはない。
「優しいお姉ちゃんだね、ありがとう」
ぎゅう、と抱きしめる。
紗花もぎゅう、と、
こはなちゃんを抱きしめる。

こはなが生まれてからも、
この幸せが持続して欲しい…と切に願う。

お姉ちゃん、
こはなをよろしくね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タブレットデビュー

2017-07-10 | ~ 育児 ~


三歳のお誕生日には早いが、
タブレットを義母様から買って貰った。

超ご機嫌で遊んでいる。

今の子って…、
精密機器を扱うの、
とっても早いんだね。

私がパソコンいじりだしたの、
小学2、3年生だったぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母からのメッセージ

2017-05-31 | ~ 育児 ~
「ばぶぅ、ばぶぅ」
二月頃から赤ちゃんに返った二歳9カ月。
引き出しに仕舞ってある哺乳瓶を持ち出し、
「ママ、ミルク入れてェ」と言ってくる。
コップで飲めや!
哺乳瓶にミルクを入れて、
「チュー、チュー」
美味そうに吸う。
ただ、出にくいので、
哺乳瓶の口を、
フォークで刺し、
飲み口を広げた。

賢いな。
ただ、次使えんくなった…。

因みに娘は、
二歳2、3カ月まで母乳だったので、
あまり哺乳瓶を使用していない。

更に、
私、再び乳が出るようになった。
薄っすら水っぽい私の乳を
「チュー、チュー。美味しいィ」
と言って吸う。
まだ美味くないだろ?

次、
例の便秘症の件だが、
酷くなってしまった。

うんちの主治医に訊ねたところ、
「腸って、ストレスに弱いんですよ」と。
なるほど、
つまりは、
娘の腸内環境は、
私と直結している訳だ。

確かに、
断乳直後の便秘、
妊娠発覚直後の赤ちゃん返り。
納得だ。

納得は、した。
しかし、問題解決にはならない。
娘は便秘のままだ。
「うんちィ、ママぁ〜、お腹マッサージしてェ」
エンドレスマッサージ。
そして、うんちが出るまで愚図る。
ジジババも「house !!!」と締め出し、
パパに関しては「パパ、イビキ臭いッ」
追い出しにかかり、
ママと2人っきりのうんちタイムを作る。
しかし、
意味がわからん。
イビキは臭くないッ。
しかし、
「臭いッ」と言う言葉に反応した主人44歳、
「なぁ〜、俺、臭い?」
と、しつこく聞く。
もう〜〜
「臭いし、うざいんじゃッ」

長女の出産の時、
生命誕生の喜びを
ゆっくり、ゆっくりと味わっていたように思う。
ただ、出産時はかなりspeedy だった。

しかし、
今はそんな〝ゆとり〟がない。

あ、動いた。

膝の上に乗って寛ぐ長女に
押しつぶされ、
「さ…さぁちゃん、く、苦しい…って」
胎盤と姉に押し潰される次女。

妹の宿命か。
きっと、
産まれてから、
もっと、過酷だぞ。
(21歳の愛猫…蹴られ、
プラスチック製の愛刀で刺され、もう散々だ
)

妹よ。
姉に負けず、
逞しく生きよ。

母からは、
こう言うしか無い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加