彦根の歴史ブログ(『どんつき瓦版』記者ブログ)

2007年彦根城は築城400年祭を開催し無事に終了しました。
これを機に滋賀県や彦根市周辺を再発見します。

都塚古墳現地説明会

2014年08月17日 | 史跡
新聞紙上を騒がせた都塚遺跡です。
ただの方墳と思われていた古墳が、発掘により階段状のピラミッドのような形式であることがわかり、大きさも直径約40m強高さ4.5m以上、西側は7m以上に見えるようになっていたことがはっきりしてきました。
周囲には幅1〜1.5m深さ0.4mの周濠もあったそうです。

現地説明会は朝10時からの予定でしたが、1時間前にすでに多くの人が集まっていて45分早く始まりました。
長い行列に先に古墳があるテントが見えます。
 

下の方の石詰み
 

周濠
 

あちらこちらに石積があります
  

そして新聞紙上を騒がせた石段




その大きさや立地から、蘇我稲目の墓ではないかとも騒がれていますが、石棺自体は盗掘されていたことが昭和42年の調査で分かっているので被葬者は断定されていません。しかし飛鳥唯一の家形石棺という珍しい形でもあるそうです。


 
ちなみに、被葬者は北枕だったと思うとのことでした。



管理人が見学を終えたのは、10時半過ぎでしたがその段階で千人を越える見学者になり、新聞では最終的に4100人の方が見学されたとの報道でした。
『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『柘榴坂の仇討』 | トップ | 明智丸訪問記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。