ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『ジャンゴ・繋がれざる者』

2013-01-26 15:07:57 | 新作映画
(原題:Django Unchained)



----これ、一時間以上前に行ったんだって?
タランティーノは好きじゃなかったはずなのに、
どういう心境の変化。
「うん。
この映画がセルジオ・コルブッチの『続荒野の用心棒』が基になっていること、
そして前作『イングロリアス・バスターズ』でタランティーノに対する見方が
かなり変わってきたからかな。
もともと、タランティーノが苦手だったのは、
かつて良識ある映画人ではなく、
ただただ映画を見まくっていた、
今でいうところの映画クラスタが好きな映画の
いいところを
ごっそりいただいて映画を作っていたところ。
まあ、それはそれで問題ないんだけど、
それを業界が、いかにも新しい映画のように売りだして行ったところ。
そしていつしか時代の風雲児のように祭り上げられていったところ」

----でも、それって
自分の好きなものが
自分だけのものじゃなくなったって感じに似ているよ。
「そう。
だから、そこには愛憎が半ばする。
たとえば、あの『レザボア・ドッグス』のラストの三すくみがいい例で、
これ、昔からの映画ファンなら
だれもがセルジオ・レオーネ『続夕陽のガンマン・地獄の死斗』を思いだす。
しかも『レザボア』のすぐ前には
香港のジョン・ウーも『ワイルド・ブリット』でその再現をしている。
まあ、そんな感じで彼の映画に
ぼくは新しさは感じなかったワケだ。
ところが前作『イングロリアス・バスターズ』
それは大きく変わる。
あの映画のオープニング。
そこには、もう何年もスクリーンで観たことがない
かつての西部劇を思わせる雄大なショットが
その記憶のままの構図で…。
あれっ?これって戦争映画じゃなかったの?と目を疑ったね。
思えば『キル・ビル Vol.2』あたりから
彼のマカロニウエスタン志向は覗いていて、
『イングロリアス〜』以前は、
『キル・ビル Vol.2』が自分のタランティーノ・ベストだったわけだけど…」

----なかなか本題に入んないニャあ。
「ごめんごめん。
でも公開前だし、
この映画の魅力の一つ一つを言うことは止めておこうと思うんだ。
ストーリー自体は、近年のタランティーノ映画と同じ
愛と復讐のジャンゴ”。
これさえ分かっていれば、もう何も語ることはない。
これは『続荒野の用心棒』でフランコ・ネロのジャンゴが叶えられなかった夢を
ジェイミー・フォックスのジャンゴが叶える、
タランティーノの贈りもののような映画なんだ。
物語はこう。
賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の手によって
自由の身となった黒人奴隷のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)が
彼と組んで次々とお尋ね者たちを取り押さえる中で、
お互いの絆を深くしてゆく。
やがて、ふたりは、奴隷市場で離れ離れとなってしまったジャンゴの妻を取り戻すべく、
農園の領主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)の元へ向う…」

----ニャるほど。
それでディカプリオの悪役作りが話題になっているワケか…。
「こういう役は、
キレるだけキレたほうが、映画はオモシロくなる。
マカロニウエスタンは、
そこにキーワードの一つともなった“残酷さ”を過剰なまでに入れ込み、
その悪党ぶりを強調するんだけど、
この点もこの映画はクリアー。
しかも感心するのは、
いくら残酷な描写を見せても
それが目をそむける形にはならない。
節度のある距離感、アングルに
キャメラポジションを置いているんだ。
さて、そのマカロニとの近似性を喋ったついでに、
『続荒野の用心棒』へのオマージュ。
これは、もう冒頭ですべて出している。
ネタバレになるので言わないけど、
『続荒野の用心棒』では棺桶を引きずっていたけど、
ここでは? というのがポイント。
そしてその写し方と音楽のお入れ方。
突然、キャメラがアップから超ロングに引くところなんて、
もう涙涙」

----また大げさだニャあ。
「その棺桶もそうだけど、
墓だの頭巾だのと、
あちこちに『続荒野の用心棒』のアイテムが散りばめられている。
なかでもオリジナルのフランコ・ネロとの会話は
ファンへの最大のサービス。
そして、マカロニのもう一つの特徴でもある“ありえなさ”。
これもクリアー」

----どういうこと?
「たとえば、銃に込められた弾丸が
一発の無駄なく敵を全員撃って死に至らしめちゃう。
このときの早打ちと、その正確さ。
ほとんど漫画の世界だけど、
リアリズムなんてくそくらえという、
カッコよさへの徹し方。
この姿勢もマカロニならでは…」

----でも、そんな映画がどうして
アカデミー賞にノミネート?
「映画が描くのは、
アメリカのブラックな歴史。
黒人奴隷制度。
それに対して異議申し立て、検証を行っているのも大きいと思う。
とりわけ、自分も黒人でありながら黒人差別を徹底する
執事スティーブン(サミュエル・L・ジャクソン)への容赦ない視線。
こういうキャラを生みだすところにも
タランティーノの脚本家としての才を感じたね。
そうそう、ロケ中心でSFXが少ないからか、
エンドクレジットが短かったよ」



『マンディンゴ』という言葉を久しぶりに聞いたのもこの映画。

                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「興奮が止まらないようなのニャ」身を乗り出す

※観る前は、黒人がマカロニウエスタンの主人公というのに違和感あったけど、
もう彼しか考えられなくなった度
コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ・オフィシャル(ダウンロードサイト)より。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『王になった男』 | トップ | 『ゼロ・ダーク・サーティ』 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「Django Unchained/ジャンゴ 繋がれざる者」 (rambler)
2013-02-25 05:43:58
 お久しぶりです。「ジャンゴ」タイトルを聞いたときから楽しみにしていましたが、予想通りの面白さでした。”マカロニウエスタン大全集”が一番最初に買ったLPだった私にはつぼにはまっています。

 アカデミー賞の作品賞が取れるタイプの映画ではありませんが、若い人の反応が楽しみです。
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-03-01 20:00:13
ドイツ人と黒人がフランスかぶれのアメリカ白人を敵にする。
この構図もアメリカの歴史を巧く用いてますよね。
さすがQTというべき作品でした。
■ramblerさん (えい)
2013-03-02 14:44:06
こんにちは。
ご部z沙汰しております。
この映画、ようやく日本でも公開になり
いま、スゴく注目を集めています。
ぼくもLPで「マカロニウエスタン大全集」のサントラを持っています。
ジャケットがフランコ・ネロです。
■にゃむばななさん (えい)
2013-03-02 14:58:57
なるほど言われてみれば…。
この映画、まだまだ気づかないことがいろいろありそうです。
続・荒野の用心棒 (ノルウェーまだ〜む)
2013-03-02 16:57:29
えいさん☆
なるほどー
「荒野の用心棒」っぽいと思ってみていましたが、それこそ基になっていたのですねぇ。
それならば、是非とも「続・荒野の用心棒」を見てから、この作品を観るのが正解ですね。
ちりばめられたオマージュを、もう一度観て、見つけたいです。
こんばんは (悠雅)
2013-03-02 19:51:15
昔々、マカロニウエスタンをTV放送していた頃に観たのは観たんですが、
基本的には撃ち合いだ殺し合いだというのは当時から苦手で、
まともに観た記憶もない上、タランティーノ作品もどれだけ観たっけ?なので、
あれこれちゃんと語る資格もないんですが・・・
これにはすっかり楽しませてもらいました。
言いたいこと、見せたいもの、遊び心、といろんなものが満載なのに、
尺の長さをちっとも感じさせないのが凄いです。
こんばんは (ノラネコ)
2013-03-10 00:10:06
期待に違わぬ快作でした。
なるほどもう冒頭の画の作りから感涙もの。
引用しまくってるのに、それが嫌味にならず、映画全体の軸をぶらさないのはタランティーノならではの技ですね。
ヘビーなテーマ性とマカロニ的な軽妙さのバランスは見事でした。
■ノルウェーまだ〜むさん (えい)
2013-03-11 18:26:08
こんばんは。

ジャンゴという名前自体が、
『続・荒野の用心棒』の原題ですから、
しかも、オープニングにその手間が高らかに鳴り響くわけで、
いやがおうでも、あの世界に引きずり込まれてしまいます。

レオーネよりもさらに土臭いというより泥臭い
コルブッチの世界、
これも格別ですよ。
■悠雅さん (えい)
2013-03-11 18:27:52
こんにちは。

言いたいこと、見せたいもの、遊び心…

なるほど、
この映画はそれが絶妙にまじりあった作品。
楽しめないはずはないですね。
■ノラネコさん (えい)
2013-03-11 18:30:03
こんにちは。

あの冒頭の「音楽」、
そそいてそれにあわせての
不自然と言えば不自然なズームバック。
でも、これがあの頃、
自分を血沸き肉踊らせた。
テーマ性が前作から出てきましたが、
それまで抑えていたのも
タランティーノの映画戦略かも…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「Django Unchained/ジャンゴ 繋がれざる者」 (のんびり亭映画情報 )
 ご存知クエンティン・タランティーノ監督の最新作。前作の「イングロリアス・バスタ
映画:ジャンゴ 繋がれざる者 Django Unchained 世間の大絶賛とは別に、妙に冷めている当ブログ(笑)  (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
世間の絶賛とは別に、ちょっと冷めている当ブログ(笑) その理由を以下。 戦争映画→マカロニ・ウエスタンときたので、どうしても前作(以下、イングリ)と比べてしまう。 ポスターは、アメリカで言う スパゲッティ・ウエスタンそのまま(写真)でカッコいいのだが... ...
『ジャンゴ 繋がれざる者』 (こねたみっくす)
Dは発音しない。これがクエンティン・タランティーノの映画だ。 マカロニウェスタン、回りくどい会話劇、血みどろの銃撃戦、吹っ飛ぶ銃殺体、爆死する監督、そしてサミュエル・ ...
ジャンゴ 繋がれざる者 (心のままに映画の風景)
1858年、南北戦争直前のアメリカ南部。 賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)によって自由の身となった奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、相棒として旅を続けることになる。 奴...
ジャンゴ 繋がれざる者 (Memoirs_of_dai)
“D”はサレント 【Story】 1858年、アメリカ南部。奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の手によって自由の身となる。やがて2人は協力し、次...
劇場鑑賞「ジャンゴ 繋がれざる者」 (日々“是”精進! ver.F)
南部一の早撃ちになるだろう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303020003/ ジャンゴ 繋がれざる者~オリジナル・サウンドトラックサントラ リック・ロス ...
「ジャンゴ 繋がれざる者」お見事タランティーノ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ジャンゴと言えば「B級イメージの「スキヤキウエスタンジャンゴ」が思い出されて、最初はどうしても何でアカデミー賞にノミネートされたの?と納得いかない気分だった。 しかーし!明らかに違う! カメラワークといい、緩急つけた緊張感といい、さすがお見事タランティ...
ジャンゴ 繋がれざる者 (悠雅的生活)
南部のジークフリート。Dead or alive。Dは発音しない。
ジャンゴ 繋がれざる者 (だらだら無気力ブログ!)
痛快で面白かった!
「ジャンゴ 繋がれざる者」2時間45分、ブッ放しまくり! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ジャンゴ繋がれざる者] ブログ村キーワード  祝!クリストフ・ヴァルツ、2度目のオスカー受賞!!&クエンティン・タランティーノ、3年ぶりの新作!「ジャンゴ 繋がれざる者」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。意外にも(?)タランティーノ作品初の“西...
ジャンゴ 繋がれざる者 (風に吹かれて)
奴隷制度を描いたマカロニウエスタン公式サイト http://www.django-movie.jp監督: クエンティン・タランティーノ1858年、賞金稼ぎのドイツ人歯科医キング・シュルツ(クリストフ・
ジャンゴ 繋がれざる者 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★★【5点】(10) 予告編で封印されていた数々のサプライズ
ジャンゴ 繋がれざる者 /Django Unchained (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 待ってたよ タランティーノの新作 有楽町丸の内ピカデリーにて行われた レオナルド・ディカプリオ舞台挨拶にいってきました〜 お誘いありがとう マカロニウェスタン大好きなタラが10年越しの構想でついに...
『ジャンゴ 繋がれざる者』 対 『フライト』 文化の衝突 (映画のブログ)
 映画という弾丸をブッ放し、激しい戦いが行われている。  奇しくも日本で同日公開となった『フライト』と『ジャンゴ 繋がれざる者』は、米国でもそれぞれ2012年11月2日と同年12月25日に公開されており、...
ジャンゴ 繋がれざる者 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿ピカデリー> 監督:クエンティン・タランティーノ 脚本:クエンティン・タランティーノ これがワイルドだ。 タランティーノファンとしてはなさけないことに、つい最近まで監督の新作があることを知りませんでした。めざましテレビの情報で知....
ジャンゴ 繋がれざる者 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
タランティーノ流西部劇は、撃って、撃って、殺しまくる。伝説の西部劇ヒーローを、タランティーノ監督が、マカロニ・ウエスタンとブラックスプロイテーションを掛け合わせたような、パワフルなアクションを作り上げた。 奴隷制度撤廃以前の19世紀の米国南部で、妻を救う...
ジャンゴ 繋がれざる者 (to Heart)
原題 DJANGO UNCHAINED 製作年度 2012年 上映時間 165分 脚本:監督 クエンティン・タランティーノ 出演 ジェイミー・フォックス/クリストフ・ヴァルツ/レオナルド・ディカプリオ/ケリー・ワシントン/サミュエル・L・ジャクソン/ ドン・ジョンソン 1858年、アメリカ南部...
Dは発音しない〜『ジャンゴ 繋がれざる者』 (真紅のthinkingdays)
 DJANGO UNCHAINED  ”Django. The D is silent.”  南北戦争の2年前、テキサス州のどこか。元歯科医で賞金稼ぎに転向した ドイツ人シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)は、お尋ね者の...
「ジャンゴ 繋がれざる者」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・アメリカ/ワインスタイン・カンパニー=コロムビア配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 原題:Django Unchained 監督:クエンティン・タランティーノ脚本:クエンティン・
ジャンゴ 繋がれざる者/DJANGO UNCHAINED (いい加減社長の映画日記)
「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」も気になったんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1958年、黒人奴隷のジャンゴは、テキサスの荒野で賞金稼ぎのドイツ人・キング・シュルツ医師と出会う。 ジャンゴはシュルツの手伝いとして、以前働いていた牧場...
クエンティン・タランティーノ監督『ジャンゴ 繋がれざる者』"D"は発音しない (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注 : 内容、台詞に触れています。クエンティン・タランティーノ監督によるマカロニ・ウェスタン愛満載の西部劇『ジャンゴ 繋がれざる者』本作で第85回アカデミー賞脚本賞を受賞。物語・南北戦争が始まる2年前
ジャンゴ 繋がれざる者  監督/クエンティン・タランティーノ (西京極 紫の館)
【出演】  ジェイミー・フォックス  クリストフ・ヴァルツ  レオナルド・ディカプリオ  サミュエル・L・ジャクソン 【ストーリー】 1958年、黒人奴隷のジャンゴは、テキサスの荒野で賞金稼ぎのドイツ人・キング・シュルツ医師と出会う。ジャンゴはシュルツの手伝い....
「ジャンゴ 繋がれざる者」 タランティーノ感ありつつも、いつもより見易い (はらやんの映画徒然草)
クエンティン・タランティーノの初の西部劇。 マカロニ・ウェスタン大好きな感じは「
ジャンゴ 繋がれざる者・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
カッコイイとは、こういう事さ。 映画監督にしてエンスージアスティックな映画マニア、クエンティン・タランティーノが今回俎上に載せるのは、彼自身が一番好きだという西部劇だ。 しかも 換骨奪胎するの...
『ジャンゴ 繋がれざる者』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャンゴ 繋がれざる者」 □監督・脚本 クエンティン・タランティーノ□キャスト ジェイミー・フォックス、クリストフ・ワルツ、レオナルド・ディカプリオ、        ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ウォルト...
『ジャンゴ 繋がれざる者』 アメリカ製マカロニ・ウェスタン (Days of Books, Films )
Django Unchained(film review) モノクロ写真をコピー
「ジャンゴ 繋がれざる者」 (或る日の出来事)
「続・荒野の用心棒」のテーマ曲が流れるオープニング、そのまんま、いただいてるじゃん! と盛り上がったが。
映画『ジャンゴ 繋がれざる者』観てきた〜 (よくばりアンテナ)
アカデミー賞脚本賞受賞作品。 クリストフ・ヴァルツがアカデミー賞助演男優賞受賞。 えっと、まず、クエンティン・タランティーノ監督作品なんですが、 私、食わず嫌いでして、初めて観ました。 そ...
『ジャンゴ 繋がれざる者』 (pure breath★マリーの映画館)
奴隷からガンマンになった男ジャンゴと、ドイツから来た元歯科医のシュルツ。 二人の賞金稼ぎコンビが南部アメリカを舞台に、悪党どもを撃って撃って撃ちまくる! 『ジャンゴ 繋がれざる者』 監督・・・クエンティン・タランテ....
映画「ジャンゴ 繋がれざる者」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ジャンゴ 繋がれざる者」観に行ってきました。レオナルド・ディカプリオが悪役として登場することで話題となった、クエンティン・タランティーノ監督製作のアクション映画で...
ジャンゴ 繋がれざる者 やっぱ鬼才や、タランティーノは!映画じゃ〜っ! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=23 うち今年の試写会3】 4日間の奄美の旅からの帰り道、ずっと晩ご飯何食べようか考えていた、買い物に行くのは面倒なので冷蔵庫にどんな材料があったか、何が食べたいのか・・・。 結局「カレー鍋」に決定、旅の間に不足しがちな野菜を大量摂取したいのと、ターメリ...
ジャンゴ 繋がれざる者 DJANGO (まてぃの徒然映画+雑記)
とにかく長い!クエンティン・タランティーノ監督の最新作はバリバリのウエスタン映画で、主演はジェイミー・フォックス、『イングロリアスバスターズ』で好演したクリストフ・ワルツと嫌らしい悪役に扮するレオナルド・ディカプリオが脇を固める。 アメリカで奴隷制度....
ジャンゴ 繋がれざる者 (銀幕大帝α)
DJANGO UNCHAINED 2012年 アメリカ 165分 アクション/ドラマ/西部劇 R15+ 劇場公開(2013/03/01) 監督:クエンティン・タランティーノ『イングロリアス・バスターズ』 脚本:クエンティン・タランティーノ 出演: ジェイミー・フォックス:ジャンゴ クリスト...
ジャンゴ 繋がれざる者 (いやいやえん)
メインキャラクターが、クリストフ・ヴァルツからジェイミー・フォックスに変わって行くのも、次第にかっこよく逞しくなっていくジャンゴを際立たせてます。シュルツの死には「あっ」と思うものもあったのですが、そ
映画『ジャンゴ 繋がれざる者』を観て〜アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
13-23.ジャンゴ繋がれざる者■原題:Django Unchained■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:165分■観賞日:3月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円 □監督・脚本:クエンティン・タランティーノ◆ジェイミー・フォックス(ジャンゴ)◆ク...
「ジャンゴー繋がれざる者」 (ここなつ映画レビュー)
好き嫌いが分かれる作品だと思う。でも私は好き。虐げられた運命にある者が、偶然と必然に翻弄されながら、己れの道を切り開いていく。それも又運命。逆襲に満ちた異色の西部劇、といったところか。 冒頭、鎖に繋がれて行軍するジャンゴ(ジェイミー・フォックス)の...
映画評「ジャンゴ 繋がれざる者」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督クエンティン・タランティーノ ネタバレあり