ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』

2009-12-14 19:25:08 | 新作映画
----これも人気テレビシリーズの映画版だよね。
スペシャルか何かを偶然観て、
よく分からないと言っていなかった?
「うん。あれはたまたま観たわけだけど、
不思議だったのがのだめなるヒロインの口調。
この人、どこか問題を抱えているのかと思った。
でも、これもいわゆる個性ということなんだね。
観る前は、のだめというネーミング自体に違和感感じて、
なにも知らないもんだから、肥溜め⇒ド田舎の話…と」

----おそらく主演が上野樹里
『スウィングガールズ』と、無茶な連想してたんニャ。
ところで、そんないい加減な予備知識でこの映画観て楽しめたの?
「うん。お話はとても分かりやすいしね。
のだめというのが野田恵のことというのも分かったし…」

----ニャにをいまさら言うでシュか…。
「あっ。その言い方、
のだめ風に喋るとピッタリ。
『センパイ。ニャにをいまさら言うでシュか』なんてね。
さて、この劇場版。
指揮コンクールで優勝したオレ様指揮者千秋(玉木宏)が、
フランスでヤル気のないル・マルレ・オーケストラの常任指揮者に。
彼は一生懸命、このオケを立て直そうとするが…というもの」

----あれっ。のだめは、どうなったのでシュか?
「今回は、この千秋にスポットを当てた展開。
観る人の楽しみを奪うことになるから
これ以上の詳述は避けるけど、
最後にある大きな出来事が待ち受け、
それを受ける形で映画は後篇へ。
で、後編は、のだめが中心になるんだろうな。
まあ、こういうお話は、
原作ファンやテレビでのファンを意識して作られているから、
あまりぼくが喋っても仕方ないんだけど、
前売を買ったという周りの人の話も聞くにつけ、
これは大ヒットするんだろうな。
ほんとうは、そういう人に
いろいろ聞きたいこともあったんだけど、
その機会がないまま。
公開も迫っているので
えいっと、ここで喋っちゃったってわけ」

----ニャにを聞きたかったのでシュか?
「まず聞いてみたいのは、その映像だね。
いきなり『メリー・ポピンズ』顔負けの
アニメが出てきて、実写の人間と共演。
ミュージカル風に街を楽しく染めていく。
とにかく“遊び”に徹しているんだ。
こういう遊び、テレビでもやっていたのかな?
その遊びの極とも言えるのが、
舞台となっているフランス人の言葉。
なんと、これ全部、日本語に吹き替え。
よく、アメリカの戦争映画で
ドイツ兵が英語を喋っているのが問題にされるけど、
そんなものじゃない。
この開き直りから生まれるおかしみ。
それがこの映画を特徴づけている。
ということで、
おそらく、だれもこれはツッコミはしないと思うよ」


         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「これ観たら、言葉、変になるのでシュのニャ」なにこれ?

※テレビシリーズも観たくなるのは間違いない度


blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

クリスマスまであと少し。
コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『牛の鈴音』 | トップ | 『板尾創路の脱獄王』 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんでもありですw (たいむ)
2009-12-19 16:52:13
えいさん、こんにちあ。
あーゆー遊びはテレビでもやってましたよ♪
さすがにのだめのミュージカル仕立てな演出こそなかったけれど、★を飛ばしたり、アニメを挿入するのは日常茶飯事でしたw

言葉の壁を失くしているのもSPドラマからで、やや違和感はあるものの、分かりやすくって良いです。
実際には千秋ものだめもペラペラって設定はありますしw。
プリリンとのミュージカル (にゃんこ)
2009-12-19 19:38:04
えいさん こんにちは
お時間あれば、原作読んでみてください。
なんでもありのこの展開、ご納得いかれるものが
あるかと思いますし、何より楽しいです、この漫画(笑)
ドラマ開始当初、シュトレーゼマンが竹中直人という設定に
観るまでは違和感ありありだったんですが
いつの間にか、猫の中で のだめワールドはこれでOKになっちゃってましたからね~
■たいむさん (えい)
2009-12-19 21:55:39
こんばんは。

さっそくのご連絡、ありがとうございます。
「なんでもあり」なんですね。
テレビの映画化って、その世界観が前提になっているんで、
どうしても自分には把握しきれていない部分が多くなってしまいます(汗)。
■にゃんこさん (えい)
2009-12-19 22:10:09
こんばんは。

そんなに楽しい漫画なんですか。
シュトレーゼマン、
これを演じている竹中直人は、
どう描かれているんだろう?
こういう時、マンガ喫茶というのが
役に立ちそうですね。
楽しい以上に感動! (まるねこ)
2009-12-21 18:46:03
でいっぱいの漫画ですよ。
勿論ギャグも多く「ぷっ」と笑いながら
読み進めていく感じですけど、
それだけではない本格さがあるっていうか、
すごくリアルに入ってきて、
感情移入しまくりでした。
一言のコメントで全て言い尽くしてしまったり、
作者の描き方も上手いんですよ。
まぁそれは映画で台詞になったでしょうけど。

私は感動の連続で泣きながら読みました。
えいさんにも本当に読んで頂きたいです。

シュトレーゼマンは実写ではどうでしたか?
おバカだけで終わってしまうのでしょうか?
だとしたら残念です。
■まるねこさん (えい)
2009-12-21 22:49:20
こんばんは。

今日も、『のだめ』のオモシロさを
リハビリで聞いてきたところでした。
やはり、これはTVを観ていないと、
語れないようで…。
でも、なんだか、そういう映画が増えてきたなあ。

でも、その雨に、原作ありきなんですね。
シュトレーゼマンは、大変なことになってしまいますが、
これも原作どおりなのでしょう。
竹中直人は、頑張っているのでしょうが、
普段のあのキャラが生むイメージが、
それをさえぎっている感じがしました。
Unknown (Ageha)
2009-12-22 02:02:12
ワタシも原作は読んでないですよ~。
テレビアニメ化されたほうも見てないし、
ドラマオンリーです。
でも、限りなくマンガチックな演出で
遊んでおきながら
音楽に対する姿勢はむっちゃストイックなんですよね。
その極端さが面白いのかもしれません。
コミックやアニメでは表現しきれない部分を
実写である強みを生かして
とことん音にこだわって作ってますから
実はものすごく真剣。


普段はクラシックなんか聞かないんですが
ドラマ版、映画版ののだめに関しては
千秋があのスイートボイスで
説明してくれるんで
すんなりその曲の世界に入れるんですよ~。
(どこまでもミーハーですいません)

実際このドラマがきっかけで
クラシックが好きになったり
吹奏楽部に入ったりしたひとかなりいたようですし、
ラブコメでもあるけれど
クラシック入門ドラマと思えば
案外大真面目な作品でもあるようです。(笑)
■Agehaさん (えい)
2009-12-24 11:58:11
なるほど。

その音楽に対するストイックな姿勢が
多くのファンに支持されているゆえんなんですね。

確かに、この作品がきっかけで
クラシックのブームが巻き起こりましたものね。
Unknown (vic)
2010-02-21 23:56:17
アニメとの合体シーン、良かったですね!
のだめの頭の中なんだろうな
パルナサスの鏡思い出しました。

えいさんがネタバレしないように頑張って書いてくださっているのに感動しました!
■vicさん (えい)
2010-02-22 23:15:30
こんばんは。

あのシーンは、
動物が出ていたこともあって
ぼくは『メリー・ポピンズ』を思い出しました。

ネタバレしないように…
ですか。
ありがとうございます。
書くとき、そこまで考えていたのかなあ
と、少し申しわけなく思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (シネマDVD・映画情報館)
二ノ宮知子の同名ベストセラーコミックをテレビドラマ化し高視聴率を記録した「のだめカンタービレ」が前後編の映画版になって登場。天才的なピアノの腕と独特な感性を持つヒロイン、通称・のだめと、一流の指揮者を志すエリート青年・千秋の恋と音楽に懸ける青春が展開す...
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」みた。 (たいむのひとりごと)
ブラボー[E:note] ずっと楽しみに待っていた『のだめカンタービレ』の完結編。原作は一足先にクライマックスを迎えているが、ドラマはドラマ、アニメはアニメそれぞれに完結編を制作してくれるフジテレビに
のだめカンタービレ 最終楽章 前編☆独り言 (黒猫のうたた寝)
さすがというかフジTV、公開前日にはSPドラマの再放送ときましたか(笑)ええ、策略にまんまとかかってもかまいません。公開初日は、仕事も休みでラッキーっと『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』にいそいそと出かけてしまう猫。漫画ではまって、TVドラマはどうなのよ?...
劇場鑑賞「のだめカンタービレ最終楽章前編」 (日々“是”精進!)
のだめカンタービレ最終楽章前編&後編(3CD)「のだめカンタービレ最終楽章前編」を鑑賞してきました二ノ宮知子の同名人気漫画を上野樹里、玉木宏主演でテレビドラマ化し、大ヒットとともにクラシック・ブームも巻き起こした「のだめカンタービレ」を銀幕に昇華、新た...
『のだめカンタービレ最終楽章 前編』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回は、3度エキストラに出掛け、キャストや撮影現場を間近で見たり、バッチリ映っちゃったり(エキストラレポート)なんかもした、ドラマ『のだめカンタービレ』の続編、『のだめカンタービレ最終楽章 前編』の完成披露試...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (勝手に映画評)
2006年にフジテレビで放送され、人気を博した「のだめカンタービレ」の完結編。TV放送終了後もアニメでフジテレビで放送されている。 この「のだめカンタービレ」、実は、刊行前に原作のストーリーをフジテレビに教えたりしていて、TVやアニメが原作の世界観との破綻を来...
のだめカンタービレ最終楽章 前編 (せるふぉん☆こだわりの日記 )
見てきましたよ~、のだめ。 連ドラから3年。なんか早いもんだなぁぁ ではでは・・
映画 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 を觀た (仙丈亭日乘)
生マングースに會つてきた!
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (LOVE Cinemas 調布)
原作は二ノ宮知子の同名漫画。というよりももはや大人気TVドラマ『のだめカンタービレ』の最初で最後の映画化といったほうが良いだろう。上野樹里や玉木宏以外にもテレビシリーズのメンバーが勢ぞろい。監督はTVドラマの演出も手がけた武内英樹。製作はフジテレビにこ...
■のだめカンタービレ 最終楽章 前編見てきちゃいました・・・ブヒッ (AKATUKI DESIGN )
待ちに待った「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」をまたまた松戸のシネサンシャインで見てきちゃいました。 20:00以降はレイトショー料金なのと近いのが素晴らしい! でも、ちょっと音響はやっぱり良くなかったかな・・・ せっかくの素晴らしい音楽だったのにちょっと...
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」に関するトラックバックを募集しています。
映画鑑賞記「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:09.12.20 鑑賞場所:シネプレックス幕張 待っててくださいね先輩。 今すぐ追いつきますから。 <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  プラティニ国際音楽コンクールで優勝した千秋(玉木宏)は、エリーゼ(吉瀬美智子)の差し金で、若き日のシ...
黒髪の貴公子と変態の森(!)~「のだめカンタービレ最終楽章前編」~ (ペパーミントの魔術師)
いや~もう、何がカッコいいって キャ~~千秋さま~ですって。(ほらきた。) 前編の見せ場ですね、もうこれでもかって魅せてくれます。 バイオリンは弾くわ、ピアノは弾くわ、むっちゃがんばってました。 めざましテレビでやってましたけど、 劇場版2部作で締めくく...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (心のままに映画の風景)
プラティニ国際音楽コンクールでの優勝後、 千秋(玉木宏)は、かつてシュトレーゼマンも指揮を務めた由緒ある“ルー・マルレ・オーケスト...
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」ダメオーケストラを見事に再建した千秋の指揮者プロデビュー (オールマイティにコメンテート)
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」は2006年に放送されたドラマ「のだめカンタービレ」の続編で千秋先輩を追ってパリに留学したのだめが千秋との共演を目指して毎日課題曲に励むも、千秋がプロの指揮者となってオーケストラの公演で成功させていく事で距離が離れそ...
のだめカンタービレ最終楽章 前編 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
のだめカンタービレ最終楽章 前編’09:日本 ◆監督: 武内英樹「ホームレス中学生」(TV) 「のだめカンタービレ」(TV) ◆出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、谷原章介、なだぎ武、福士誠治、吉瀬美智子、...
のだめカンタービレ最終楽章前編 (単館系)
個人的に最近の月9の中では傑作なんではないかと思うのだめカンタービレ ついに映画公開! あらすじとか説明不要・・・だよね?多分 見ど...
のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ最終楽章・前編> (美味-BIMI-)
のだめ見てきました~~~! レイトショーで映画終わったら12時(疲)!@@! でも面白かった~。行って良かったです。 期待を裏切らなかったです。 あちこちに散りばめられた細かいギャグに、映画館中で笑いが起きてました! この漫画で、クラシックファンは確実...
【のだめカンタービレ 最終楽章 前編】はい。のだめ祭りです (映画@見取り八段)
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 監督: 武内英樹    出演: 玉木宏、上野樹里、ウエンツ瑛士、ベッキー、福士誠治、なだぎ武 公開: ...
【のだめカンタービレ最終楽章前編】 (MINT ROOM )
★★★★……★は5個で満点、☆は0.5点です。ネタバレ有りなのでご注意。 ★粗筋プラティニ国際音楽コンクールで優勝した千秋真一(玉木宏)は、エリーゼ(吉瀬美智子)の差し金で、若き日のシュトレーゼマン(竹中直人)が指揮を務めた「ルー・マルレ・オーケストラ」....
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (玉木宏さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆玉木宏さん(のつもり) 玉木宏さんは、現在公開中の映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』に千秋真一 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 憧れと反発 (はらやんの映画徒然草)
漫画、アニメ、TVドラマと人気のコンテンツ「のだめカンタービレ」の実写版映画の前
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/12/19製作国:アメリカ上映時間:分監督:武内英樹出演:上野樹里、玉木宏、ウエンツ瑛士、ベッキー、山田優、谷原章介、なだぎ武、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人Story:プラティニ国際音楽コンクールでみごと優勝に輝いた千秋は、かつてシュトレーゼマンも...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (いい加減社長の映画日記)
もうこれは、はずしようがないでしょ。というわけで、「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を鑑賞。これも公開日に観たのに、感想は今頃^^;【ストーリー】プラティニ国際音楽コンクールで優勝後、千秋は、“ルー・マルレ・オーケストラ”の常任指揮者となる。早速マル...
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 (FREE TIME)
元日はファーストデーだったので、映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を鑑賞。
★「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今年の劇場鑑賞映画の一本目ーーーーーーーーーーーーーっ。 こんなんでいいのか???とも思ったけど、 基本的にギャグ映画も好きだし・・・ 昨日DVDでピアノものの「4分間のピアニスト」観たし、 一応音楽繋がり・・って事で。
のだめカンタービレ (映画的・絵画的・音楽的)
 本年の劇場鑑賞映画の第1番目として 「のだめカンタービレ/最終楽章 前編」を、吉祥寺の映画館で見ました。  この映画は2部作の前半に過ぎず、後編は4月中旬の公開を待たなくてはならないということで、それではあまりに間隔があきすぎではないかと思えて、余り観る...
のだめカンタービレvol.44 映画2回目!^^!<のだめカンタービレ最終楽章・前編> (美味-BIMI-)
のだめの映画!2回目行っちゃいました~~! アニメ<のだめカンタービレvol.43 アニメ・フィナーレ 第1話 「Lecon 1」> を見た後に観る映画は、また違く感じました。。。 あらすじ詳細は、前回の記事、 <のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ最...
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』に学ぶ世界戦略 (映画のブログ)
 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』は、ヨーロッパを舞台にした映画だ。  外国に飛ばされてしまう映画や、見知らぬ外国で事件に巻き...
映画「のだめカンタービレ/最終楽章 前編」 (itchy1976の日記)
のだめカンタービレ/最終楽章 前編(eiga.com) のだめカンタービレ/最終楽章 前編(公式サイト) ○基本データ(eiga.comより) 監督:武内英樹 製作:亀山千広 エグゼクティブプロデューサー:石原隆、和田行、吉羽治、畠中達郎、島谷能成 プロデュース:若松央樹 プロデ...
のだめ、だめじゃん…シネマ『のだめカンタービレ最終楽章 前編』の感想 (マダムNの覚書)
シネマ『のだめカンタービレ最終楽章 前編』の感想です。
映画 ■■のだめカンタービレ 最終楽章 前編■■ (Playing the Piano is ME.)
これは普通の映画と同じように見てはいけない。 この映画は超人気マンガ「のだめカンタービレ」 および、それをベースに作られた 同名のTVドラマファンのための映画だから。
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』@ユナイテッドシネマとしまえん (映画な日々。読書な日々。)
プラティニ国際音楽コンクールでの優勝後、千秋はルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者に。早速オケの偵察に行く千秋だったが、まったくやる気の感じられない団員たちの態度を目の当たりにし、がく然としてしまう。一方、のだめはコンセルヴァトワール(音楽学校)の進...
のだめカンタービレ最終楽章前編 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  マンガを原作にした映画は、ほとんどが評判が悪いのだが、この映画に限っては大好評なのだ。原作を全く知らない私には、のだめというタイトルからして、何となくバカバカしいイメージが湧いてくる。それで当初は敬遠していたのだが、余りにも評価が高いので...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編(復習上映会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[のだめカンタービレ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年28本目(27作品)です。 【あらすじ】 プラティニ国際音楽コンクールでの優勝後、千秋真一(玉木宏)は、ルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者に抜擢さ...
のだめカンタービレ最終楽章前編(DVD) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
 06年のスタートしたこの作品で描かれたのは、まずのだめと千秋先輩の出会いだった。 音大ピアノ科に在籍しつつ指揮者をめざしていた千秋は、将来に行き詰まりを感じ思い悩む日々を送っていた。 ある日、担任の教授と喧嘩をし、恋人とも別れてしまったことで、自...
映画評「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・川村泰裕 ネタバレあり
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (mama)
2009年:日本 原作:二ノ宮知子 監督:武内英樹 出演:玉木宏、上野樹里、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、谷原章介、竹中直人、伊武 ...