ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『プラダを着た悪魔』

2006-08-21 23:36:45 | 新作映画
(原題:The Devil Wears Prada)

※結末に触れる部分もあります。
映画をご覧になってから読まれることをおススメします。



----これ、ファッションの映画だよね。
えいの苦手なジャンルでしょ?
「うん。
おしゃれからは縁遠い日々を送っているからね(笑)。
でも、この映画はファッションに興味がなくても
けっこう楽しんで観られるよ。
物語は、ジャーナリストを目指して
ニューヨークにやってきたヒロイン、アンディが
一流ファッション誌「RUNWAY」で
カリスマ編集長ミランダのアシスタントになり、
『センス・ゼロ』との酷評を浴びせられ、
横暴としか思えない命令を矢継ぎ早に受けながらも、
次第に頭角を現していくと言うもの」

----ニャるほど。いわゆるサクセス・ストーリーだね。
キャリアウーマンの戦いと言うと
『ワーキング・ガール』を思い出すけど…。
「あの映画のような直接バトルはないね。
アンディはもともと会社の中での上昇志向がないわけだから…。
それよりもこの映画が描くのは、
朝から晩まで鳴り続ける携帯により、
自分の私生活がめちゃめちゃになり、
恋も友情もおろそかになっていくさま。
それに反比例して、
彼女のファッション・センスはめきめき磨かれ、
大変身を遂げていく。
街角を歩くアンディの前を車が通るたび、
あるいは部屋から部屋に彼女が移動するたびに、
次々とその衣装が変わってゆく。
ブランドに詳しくなくても、
このシーンはテンポのいい映像と相まって
観る者の心を高揚させ、その目を十分に楽しませてくれる」

----『プラダを着た悪魔』というのは、
彼女の上司のミランダのこと?
「うん。メリル・ストリープが悪意たっぷりの女性を好演。
この映画では、ちょっとグレン・クローズっぽい感じ」

----あ〜、クルエラ・デ・ビルね。
ヒロインのアンディはだれが演じているの?
「こちらはアン・ハサウェイ。
『ブロークバック・マウンテン』で一躍注目されたけど、
もともとは『プリティ・プリンセス』でブレイク。
こういう“変身もの”にはピッタリってわけだ。
ただ映画は、単なる彼女のサクセス・ストーリーにとどまらず、
後半に、ある“大陰謀”を絡ませることで、
スリリングな展開を見せてゆく」

----ニャるほど。
その“陰謀”への対応によって
彼女の生き方も試されるわけだ?
「おっ、鋭いね。
実はこの映画のクライマックスを観た後で考えたのは、
よく映画ファンが行なう“ツッコミ”について」

----どういうこと?
「この映画、キャリアを求める女性の生き方に対して、
あるひとつの結論を出している。
それはハリウッド映画のお家芸とも言える
だれもが安心できる“望ましい”ハッピーエンディング。
ただ、時代の価値観が変わる中、
このエンディングは少し不自然な感じがしないでもない。
恋人を裏切り、友人からも見放されてまで
自分の新しい生き方を貫き、
そしてまた元に戻ってくるアンディ。
そんな彼女に対して
『それは調子よすぎない』と
“ツッコミ”入れる人も多いかも…と思ったわけだ。
ぼくは映画のリズムに乗って、
コロっと騙される方だから、
アン・ハサウェイとメリル・ストリープが
目線を交わすその仕種のカッコよさだけで
満足してしまう。
だけど、どうなんだろう?
このヒロインの生き方は、
けっこう物議を醸し出すんじゃないかな?」


          (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「フォーンは“黒の毛皮をきた天使”ニャ」ぼくも観たい

※でも楽しかった度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

※画像はアメリカ・オフィシャルサイトの壁紙です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (73)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『天使の卵』 | トップ | 『Sad Movie サッド・ムービー』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (ミチ)
2006-11-18 23:44:57
アンディの最後の選択に突っ込みを入れたかったクチです
でも、その後のミランダの大人な態度、それまでのテンポある流れと見事なファッションの数々でチャラになりました(いつもチャラにすることのなんと多いことよ・汗)
■ミチさん (えい)
2006-11-19 11:14:06
こんにちは。

この映画、流れるように話が進んでいき、
そのシーンごとに笑いの要素も織り込まれ、
最後まで飽きることなく観られました。
ヒロインの最後の選択については、
人によって意見が分かれるでしょうね。

ぼくも観た時には、
「う〜ん。分かるけど、ちょっともったいないな」と思った口です。
クルエラも良かったなぁ、と (bakabros)
2006-11-19 13:59:41
これを観た後、思い出しました。グレン・クローズと間違えちゃいました。
メリル・ストリープ、凄く良かったです♪
エミリー役のエミリーも良かったな。
ブランドファッションに興味がない、サイズ6以上の女は女じゃないと言われているようで肩身の狭い思いをしました……。
ポップで軽いタッチの映画だけれど、仕事、ファッション、生き方についてとても色んな事を深く考えさせられました。
■bakabrosさん (えい)
2006-11-19 15:22:36
こんにちは。

この映画、いわゆる評論家受けしていますね。
深いこと考える前に、
楽しくオモシロくできあがっていたからでしょうか?

と、それはさておき、
クルエラ・デ・ビルに似ていたでしょ?
メリル・ストリープがこれまでやってきた役とは、
少しかけ離れていて、
そこがまた楽しかったのかも知れません。
Unknown (ケント)
2006-12-02 21:37:32
こんにちはケントです
TBお邪魔します。
さすが、メリル・ストリープは、光っていましたね。大女優の貫禄ですかね。
ことにラストシーンが良かったです。
TBさせていただきました (ふぴこママ)
2006-12-03 23:08:10
こんばんは。
テンポのいい楽しい映画でした。
ファッションはもちろん、音楽もよかったし。
メリルの貫禄、かっこよかったです。
確かにクルエラ・デ・ビルに似てましたね。
どちらも悪魔ですものね。
■コメントありがとうございます。 (えい)
2006-12-03 23:32:56
■ケントさん

メリル・ストリープがこんな役をやるとは?
ふだんの彼女の持っている知的で落ち着いたイメージとは
真逆なだけにオモシロかったです。


■ふぴこママさん

先日は別室にもおいでいただき
ほんとうにありがとうございました。

メリル・ストリープ、まさに貫禄。
太ったように見えたのは気のせいでしょうか?
つっこみかぁ (夢runrun)
2007-11-02 00:36:34
たしかに、つっこみといえばつっこみたくなる。
私には、まだまだアンディにはこれからも試練があると観ました。
ただ、戦う場所を変えただけなんですよね。
■夢runrunさん (えい)
2007-11-03 10:49:38
こんにちは。

この映画、観たときに元気づけられるような
でも仕事の厳しさも教えられる…
複雑な感慨を抱いたことを今、
思い出しました。

戦う場所か…
会社とか企業ではなく
自分のために戦いたいと思う昨今です。
新年 (オカピー)
2008-01-05 20:35:57
明けましておめでとうございます。
今頃になりましたが、ご容赦ください。

>このヒロインの生き方は、けっこう物議
はいはい。
純粋にロマンティック・コメディならこれでも良いのですが、上司は人使いは荒いが才能も影響力もあるわけで女性映画的な流れが続いていたのにまたロマ・コメのあま〜い幕切れとなり、どっちつかずの印象でしたね。面白かったので、画竜点睛を欠くといったら大袈裟ですが、そんな気がしました。

話変わり、僕もえいさんも大好きな「イヤー・オブ・ザ・キャット」全曲の対訳をしたことがあります。
他人の訳がどうも僕のイメージと違うので、洋楽を買った時たまにやっております。

それでは、今年も宜しくお願い致します。
■オカピーさん (えい)
2008-01-06 12:46:36
こんにちは。

画竜点睛を欠く----なるほど、核心をズバリ突いていますね。
ぼくは二兎を追うもの一兎をも得ず---を思い出しました(笑)。

洋楽の対訳ですか?
ぼくなんか、すぐ人の役をそのまま飲んじゃう方だから、
とてもできそうにありません。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。




ビーズ (ビーズ)
2009-06-17 17:41:37
ビーズアクセにはスワロフスキーがおすすめです!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

73 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ニューヨークで働くという事・「プラダを着た悪魔」 (「USAのんびり亭」映画情報)
今年前半に公開された映画の中で、最も面白かった映画。キャプテン・ジャック・スパロ
プラダを着た悪魔/THE DEVIL WEARS PRADA (我想一個人映画美的女人blog)
もう、鬼上司メリルがめちゃくちゃカッコイイ〜{/ee_2/}  シルバーヘア、強烈にお似合い☆ さすがの貫禄! 先日の予告通り、六本木ヒルズで行われたマスコミ試写会に行ってきました{/kirakira/} こんなにブランドの固有名詞がタイトルにハッキリついた作品って ...
プラダを着た悪魔/The Devil Wears Prada (The House of Nomad)
実際に「ヴォーグ」編集長のアシスタント経験のある ローレン・ワイズバーガーのベスト・セラー小説が原作の映画「プラダを着た悪魔」が 6月30日に全米公開され、「スーパーマン・リターンズ」の1位に次ぐボックス・オフィス2位は、 予想外の好成績でした。 ...
『プラダを着た悪魔』 (моя комната 〜まやこむなた〜)
ヴォーグの編集アシスタントを務めた経験を持つ著者、ローレン・ワイズバーガーが発表した同名ベストセラー小説の映画化。タイトルの「プラダを着た悪魔」はヒロインが働くファッション誌編集部の編集長を指しているため、ヴォーグの編集長アナ・ウィンターをモデ ...
映画 「The Devil Wears Prada」 (TimTamなアノコロ)
「The Devil Wears Prada」(邦題「プラダを着た悪魔」)の予告編を見て、アノ大女優 Meryl Streep(メリル・ストリープ)が出演と知って、興味が湧いて観て来ちゃったわ。 メリル・ストリープが演じるのはファッション雑誌「Runaway」の編集長ミランダ、フ ...
感想/プラダを着た悪魔(試写) (APRIL FOOLS)
ジャンル問わず女性誌がこぞって特集中。ガールズ&レディスは必見『プラダを着た悪魔』11月18日公開。新卒アンディちゃんはジャーナリスト志望。縁あってNYの最高峰ハイファッション誌「RUNWAY」のカリスマ編集長ミランダのアシスタントになるけど、あんたダサす ...
映画〜プラダを着た悪魔 (きららのきらきら生活)
     「プラダを着た悪魔」公式サイト押切もえちゃんの美脚ポスターも印象的☆女の子ならみんな楽しみに待ってる?今日はこの作品でしたー!アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを志しNYにやって来る。オシャレに関心のない彼女は、無謀にも ...
子猫ちゃん vs 悪魔 【プラダを着た悪魔】 (犬も歩けばBohにあたる!)
コワイっす、やっぱこのオバちゃんコワイっす(^^;) メリル・ストリープってこわ
「 プラダを着た悪魔/The devil wears prada(2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : デヴィッド・フランケル 出演 : メリル・ストリープ  /アン・ハサウェイ
プラダを着た悪魔(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  Ladeis be Ambitious!  
「プラダを着た悪魔」 (てんびんthe LIFE)
「プラダを着た悪魔」パナソニックセンター有明 東京スタジオで鑑賞 女性限定試写会。何故限定なのかは不明。特別どうのと言う試写会でも無かった。羽田着が10:40だったので誰かが車で迎えに来てくれれば間に合うけれども、大きな2つの荷物を地下鉄乗り継いで ...
プラダを着た悪魔 The Devil Wears Prada (Audio-Visual Trivia for Movie & Music)
どこにもいる嫌な上司・・・なんてそんな生易しいもんじゃありません。一流ファッション誌の編集長はプラダを来た悪魔なのです。部下を人とは思わない上司の難題に次ぐ難題をこなして頑張る新入社員のお嬢さんアシスタントが暴露したファッション界の内幕とは。
映画:プラダを着た悪魔 試写会 (駒吉の日記)
プラダを着た悪魔 試写会@ヤマハホール 「何百万人が憧れる仕事よ」 予告を観た時から楽しみにしていた作品です。 音楽もKT Tunstallの「Suddenly I See」、MADONNAの「Jump」をはじめワクワクさせてくれ、ミランダ(メリル・ストリープ)の悪魔っぷりも ...
プラダを着た悪魔 The Devil Wears Prada (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ主演 大学を出たアンディはニューヨークでジャーナリストを目指します とりあえず応募したのが ファツション雑誌RUNWAYでした 自分とは関係ない世界なのですが ステップとして応募したのです 職場に行ってみると雑誌編 ...
★★★★「プラダを着た悪魔」メリル・ストリープ、アン・ハサウ... (こぶたのベイブウ映画日記)
オシャレで楽しくて元気がもらえた!とてもハッピーな気持ちになりました!女性がバリバリ仕事することの難しさ、悩みや頑張りに共感しながら観てました。編集長ミランダが強烈に魅力的です!ああいう形で自分のところから去った部下を誉めることのできる懐の深さ ...
『プラダを着た悪魔』 (*sweet* Days)
CAST:アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ 他 STORY:大学を卒業してジャーナリストを夢見るアンディ(アン・ハサウェイ)は、超一流ファッション誌、「ランウェイ」の面接を受ける。ファッションに全く興味のないアンディだが採用され、業界でも有名な ...
プラダを着た悪魔 (そーれりぽーと)
タイトルから凄いのに、意地悪な上司役が『永遠に美しく』で嫌味なセレブ役が妙に似合っていたのに、なかなか意地悪な役を演じてくれないメリル・ストリープ。 シンデレラ役には『プリティー・プリンセス』『プリティー・プリンセス2』で同様の役を演じてハリウッ ...
映画「プラダを着た悪魔」 (don't worry!な毎日)
 車に乗るのが少し怖かったけど、 私は行動療法の人なので、 「怖くても乗る」という、 行動で気持ちに影響を与えていく方法を選び、 映画館まで車でいって「プラダを着た悪魔」を見た。  楽しめた。  何かを考えるとか、心を揺さぶられるとかいう映 ...
映画「プラダを着た悪魔」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「プラダを着た悪魔」 ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説の映画化。 アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを目指してNYにやってきた。オシャレに関心のない彼女は畑違いの一流ファッション誌“RUNWAY”の面接を受けて、なぜ ...
映画「プラダを着た悪魔」 (いもロックフェスティバル)
映画『プラダを着た悪魔』の試写会に行った。
「プラダを着た悪魔」:南青山五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}表参道にあるプラダのお店って、さすが外観も個性的ね。 {/kaeru_en4/}この中に悪魔が住んでいるんだな。 {/hiyo_en2/}いや、「プラダを着た悪魔」って、そういう意味じゃなくてファッション誌のやり手編集長の話なんだけど。 {/kaeru_en4/}わかって ...
プラダを着た悪魔 〜That's allと言われても...〜 (映画のメモ帳+α)
プラダを着た悪魔(2006 アメリカ) 原題   THE DEVIL WEARS PRADA 監督   デヴィッド・フランケル 原作   ローレン・ワイズバーガー 脚本   アライン・ブロッシュ・マッケンナ 撮影   フロリアン・バルハウス 音楽   セオドア・シャピロ ...
*プラダを着た悪魔* (Cartouche)
{{{    ***STORY***              2006年   アメリカ 大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ。しかしそんな彼女が、ひょんなことから就いたのは、NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。多くの女性が憧 ...
『プラダを着た悪魔』 (試写会帰りに)
アンドレアがお洒落に変身して現れるシーン、そのファッションがお洒落なのかどうかさえわからなかった自分は、終わってる(^^;)!? モデルのような容姿のスタッフ達の華奢なヒールに対して、鬼の編集長ミランダの、ちょいごついヒールの絶妙なバランスの角度だけは ...
キラキラ「プラダを着た悪魔」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
独特のイントネーションでカリスマ編集長を演じたメリル・ストリープと、まさにこの役がピッタリというキュートなアン・ハサウェイによる最高に楽しめる映画「プラダを着た悪魔」。物語・ジャーナリストをめざしてN
「プラダを着た悪魔」みた。 (たいむのひとりごと)
『That's all.』・・・って、まだ何も書いてないのに、おわってどうすんだよっ(^^;)サクセスストーリィであり、自分発見の物語。。。なんだろうな、これは。私には、ミランダも、アンディも、両方がとても理解が出来る感じで面白かった。(
プラダを着た悪魔(映画館) (ひるめし。)
こんな最高の職場なら、死んでもいい! こんな最悪の上司の下で、死にたくない! 製作年:2006年 製作国:アメリカ 監 督:デヴィッド・フランケル 出演者:メリル・ストリープ/アン・ハサウェイ/エミリー・ブラント/スタンリー・トゥッチ 時 間:110分 [感 ...
プラダを着た悪魔 (eclipse的な独り言)
   さてビートルズの新譜を買いに行きました。そうしたら今回の発売は全世界同時
『プラダを着た悪魔』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『プラダを着た悪魔』鑑賞レビュー! 上司と戦い、恋に悩み みんな幸せになりたいと思ってる ジャーナリストをめざして NYにやってきたアンディ オシャレに興味のない彼女が就いた仕事は 女性なら誰もが憧れる 一流ファッション誌 “RUNWAY ...
プラダを着た悪魔 (八ちゃんの日常空間)
本当に夢(やりたい仕事)をかなえるために、一生懸命、今を頑張るとか。 そういった認められていくようになるステップアップの話に華麗なファッション界の話がわんさかと詰め込まれていれば、女性向けと言われるのは当然だ。個人的には(男だからと言うのもある ...
『プラダを着た悪魔』 (きぶんしだい)
       六本木ヒルズTOHOシネマズで『プラダを着た悪魔』を鑑賞 初★TOHO@六本木ヒルズ!!! ●あらすじ● おしゃれに全く興味のないアンディ(アン・ハサウェイ)は雑誌の編集者になる夢のため、NYにやってきた。 そこでアンディは無 ...
プラダを着た悪魔 (Kinetic Vision)
ファッション雑誌のカリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)にアシスタントとして付くことになった、ファッションに全く関心のないジャーナリスト志望の女性アンディ(アン・ハサウェイ)。編集長から次々に常軌を逸し
『プラダを着た悪魔』試写会 (エミー・ファン!ブログ)
『プラダを着た悪魔/THE DEVIL WEARS PRADA』 2006/11/18公開 公式:http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/ いかにも女性向きのこの映画ですが、原作を読んでから観ました。 原作は作者の初の小説ということ
プラダを着た悪魔/感想 (映画★特典付き前売り券情報局)
2006年11月18日公開の映画「プラダを着た悪魔」を見た。 * ネタバレあり * 凡庸になりがちな自分探しという超定番ストーリーが、キャスティングの良さとファッション業界という舞台設定によりとても楽しい作品に
「プラダを着た悪魔」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「プラダを着た悪魔」 監督:デヴィッド・フランケル 出演:メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グレニアー、トレイシー・トムズ 大学を卒業し憧れのジャーナリストを夢見てNYにやって来たアン ...
プラダを着た悪魔(^_-)-☆THE DEVIL WEARS PRADA (銅版画制作の日々)
 泣きたいくらいの大失敗、自分で自分を慰めたくなる瞬間そんな経験が、きっと輝く明日を作っていくこれは恋に仕事に頑張るあなたの物語 2003年4月、20代の新人女性作家が書いた1冊の本が刊行と同時にベストセラーになった『プラダを着た悪魔』の映画化 ...
プラダを着た悪魔 (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
業界にこの人ありと知られた凄腕の一流ファッション雑誌「RUNAWAY」の名物編集長、ミランダ。大学を卒業したばかりで、ジャーナリストを目指しているアンドレアは、就職活動が思うようにいかず、取り敢えずキャリアを作るために応募したファッション雑誌の編集長の ...
『プラダを着た悪魔』 (映画館で観ましょ♪)
『 2006 映画観てきました♪ 』 のみやっち ちゃんが、 「試写会に当たったからあげるよ」と気前よく私にくれた前売り券、 …しかもアトマイザーまでくれました!…で観てきました! みやっち Thank You! 中身は
プラダを着た悪魔 (skywave blog)
アメリカ映画の健康的で、おしゃれで楽しく、そして、元気が出てくる映画です。アン・ハサウェイとメルリ・ストリープの二人に魅力の110分間。 さなぎから蝶へ、地味な才媛が
プラダを着た悪魔 (Diarydiary!)
《プラダを着た悪魔》 2006年 アメリカ映画 − 原題 − THE DEVI
プラダを着た悪魔 (映画とはずがたり)
有名ファッション誌の編集部を舞台に、 悪魔のような編集長にコキ使われる 新米アシスタントの地獄の日々と、 成長描いたゴージャスでお洒落なコメディ! STORY:大学を卒業し、ジャーナリストをめざして NYにやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)。 オ ...
プラダを着た悪魔 (Alice in Wonderland)
前評判の高いこの映画、かなり期待して観に行ったのですが・・・期待通り、いや期待以上の楽しい作品でした。最近忘れかけていたお洒落心がメラメラと燃えるのを感じながら映画館を後にしたのでした。 大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ ...
プラダを着た悪魔 (悠雅的生活)
それは、自分のための、自分の決断。
【劇場鑑賞129】プラダを着た悪魔(THE DEVIL WEARS PRADA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
こんな最高の職場なら、死んでもいい! こんな最悪の上司の下で、死にたくない! 恋に仕事にがんばるあなたの物語。
『プラダを着た悪魔』 (Mon plaisir ☆)
11/18の公開初日、前売り券を買って楽しみにしていた『プラダを着た悪魔』を観に行きました♪ チラシはこの2通りあって、裏は同じ↓ 赤いパンプスの素敵な足は、押切もえちゃんがモデル{/heartss_pink/} [作品解説・紹介] 大学を卒業したばかりのアンデ ...
プラダを着た悪魔 (壺のある生活)
プラダを着た悪魔 The Devil Wears Prada (2006/アメリカ) ハッピー・エンド・・・か? 監督 デヴィッド・フランケル David Frankel 脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ Aline Brosh McKenna 原作 ロー
真・映画日記『プラダを着た悪魔』 (CHEAP THRILL)
11月22日(水) 会社終業後、2年振りに会社の飲み会(送別会)に参加。 会社(御成門)から歩いて10分くらいの所にある中華料理店「南国亭」にて午後8時半から2時間の中華食べ放題。 炒飯やエビチリ、麻婆豆腐、五目焼きそばに水餃子など。 最初のうち ...
「プラダを着た悪魔」 お洒落な「働きマン」 (はらやんの映画徒然草)
このところ重めのテーマの映画が続いたので、軽いタッチの映画をということで「プラダ
★「プラダを着た悪魔」 (ひらりん的映画ブログ)
プラダ・・・といえば、 ♪プラダの靴が欲しいの そんな君の願いを叶えるため〜 なーんて、小沢健二の曲「痛快ウキウキ通り」を思い出します。 ひらりんの18番でしたから。
「プラダを来た悪魔」■師匠と弟子 (映画と出会う・世界が変わる)
やたらと評判のいい本作品であるが、確かによく出来た、そして気持ちよくさせてくれる映画である。華やかに着飾って、シャープな感じのビジネスマンやキャリアウーマンが颯爽と歩くニューヨークを舞台にしたこの映画見ると、私たちにとっては、これは一種のファン ...
映画「プラダを着た悪魔」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年67本目の劇場鑑賞です。「マイアミ・ラプソディー」のデヴィッド・フランケル監督。ローレン・ワイズバーガーの同名ベストセラー小説を映画化したおしゃれなコメディ・ドラマ。ひょんなことから一流ファッション誌で働くことになったヒロインが、鬼のような ...
プラダを着た悪魔 (土曜の夜は・・・)
story 大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった! それは一流ファッション誌のカリ
プラダを着た悪魔 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  予備知識ゼロの人には、地上に降臨した悪魔が、お洒落な美女に変身する話かと、勘違いしそうなタイトルである。実は悪魔というよりは、鬼のようなモーレツキャリアウーマンvsドジな天才イモネェちゃんという図式なのだ。  ファション雑誌の鬼編集長 ...
観るだけでワクワク「プラダを着た悪魔」 (映画好き集れ!!)
観るだけでワクワク「プラダを着た悪魔」公式サイトストーリー大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ。しかしそんな彼女が、ひょんなことから就いたのは、NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。多くの女性が憧れる職業かもしれない。で ...
プラダを着た悪魔 (まぁず、なにやってんだか)
やっと観に行けました「プラダを着た悪魔」。 数ヶ月前に予告を観たときから「これは面白そう!」と期待していた映画。 なかなか評判もよいことだし、楽しみにしてました〜。 最初からグッと引き込まれる展開。ミランダ(メリル・ストリープ)が予定より早く ...
プラダを着た悪魔 (大発狂!外国映画DEナンボ?)
アンディ(アン・ハサウェイ)は大卒後、ジャーナリストを目指してニューヨークにやっ
プラダを着た悪魔 (ふぴことママのたわ言)
久しぶりに楽しい映画でした。 金曜の夜で映画の日なので、 六本木は会社帰りの人でいっぱい。 ストーリーはご存知のように、 悪魔のような上司の下で、成長していく女性のサクセスストーリー。 ノリのいい主題歌が流れ、おしゃれな女性たちの 服選びから出勤風景 ...
プラダを着た悪魔 (C'est Joli)
プラダを着た悪魔’06:米 ◆監督:デヴィッド・フランケル「マイアミ・ラプソディー」◆出演:メリル・ストリープ 、アン・ハサウェイ 、エミリー・ブラント 、スタンリー・トゥッチ 、エイドリアン・グレニアー 、トレイシー・トムズ ◆STORY◆大学卒業後、 ...
プラダを着た悪魔 (とにかく、映画好きなもので。)
 ファッション雑誌の裏側はどのようになっているのだろうと思う人は多いと思う。普段、スーツで毎日会社に勤めている私でも、ファッション雑誌は偶に買うし、立ち読みもする。  アンディ(アン・ハサウェイ)は、大学を卒業したばかりのどこに ...
『プラダを着た悪魔』 (CouchCinema*カウチシネマ / b)
今年もあっという間に12月。 元気が出る映画が観たい!と選んだのが 『プラダを着た悪魔』 ファッション雑誌の鬼編集長ミランダにメリル・ストリープ。 怖いです。 頭のてっぺんから、つま先まで一瞬のうちに評価をくだしている あんな視線でみられたら、私だった ...
【映画】「プラダを着た悪魔」評 (われおもふこと)
久々に明るめの作品でもある。意外に思われる方も多いかもしれないが、スクリーンで観ておきたかった映画が今回、観た「プラダを着た悪魔」http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/―――だ。ネタバレになってしまうが荒筋としてはこんな感じ↓↓大学を卒業し ...
プラダを着た悪魔 (ぶっちゃけ…独り言?)
7点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) ワタクシ、実はブランドものに興味0だったりします。 だから、何がプラダで何がシャネルなのか、ちょっと見ただけではさっぱり・・・ ナイキとかアディダスだったら分かるんですけどねぇ。 ま、それでも自分好...
映画「プラダを着た悪魔」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「プラダを着た悪魔」に関するトラックバックを募集しています。
『プラダを着た悪魔』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は羽田空港ターミナル BIG BIRD公式サイトで当選した 『プラダを着た悪魔』の試写会に行って
プラダを着た悪魔 (Color My World)
プラダを着た悪魔 (原題:The Devil wears Prada) 大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。 オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった! それは一流ファッション誌RUNWAYのカリスマ編集長...
プラダを着た悪魔 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”The Devil Wears Prada”原作小説=ローレン・ワイズバーガー。脚本=アライン・ブロッシュ・マッケンナ。音楽=セオドラ・シャピロ。撮影=フロリアン・バルハウス。衣装デザイン=ジョセフ・G・オーリシ。監督=デヴィッド・フランケル。「Vogue」の編集長アナ・ウイ...
「プラダを着た悪魔」 (不良中年・天国と地獄)
高度成長時代、日本のOLは結婚までの腰掛けとして働いていました。キャリアウーマン、総合職などという言葉がなかった時代です。仕事はお茶くみ、雑巾掛け、使い走り、という補助的なものが主で、昇給、昇進は男性社員とは差別され、もちろんOLたちも承知の上でした。...
「プラダを着た悪魔」 (雑板屋)
バッグも靴もアクセサリもコスメも・・・いくつ持っててもいいじゃないの〜!!って思える私には、この作品はとても面白かったです。 実際、デキる女上司って気を遣うことも多いけど、本気で敬意と忠誠心を抱けるような人物に巡り合えば、自分の仕事能力は伸びるし成長で...
プラダを着た悪魔 (mama)
2006年:アメリカ 原作:ローレン ワイズバーガー 監督:デヴィッド・フランケル 出演:アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ、スタンリー・トゥッチ、エミリー・ブラント、サイモン・ベイカー、エイドリアン・グレニアー 大学卒業後、法科大学院への誘いを断っ...
「プラダを着た悪魔」を観ました〜 (全力で人生を楽しもう!)
ワーナーのワンコインシネマ。ありがたいねぇ。見逃した映画を500円でみれるなんて…私にはブランド物がよくわからないので見せ場であるぞくぞくとあらわれるブランド物の服やバックや靴のすごさはわからんかったけど…(^_^;)ひとことで言うと女が働くって大変なことなん....
映画評「プラダを着た悪魔」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督デーヴィッド・フランケル ネタバレあり
プラダを着た悪魔 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『恋に仕事にがんばるあなたの物語』  コチラの「プラダを着た悪魔」は、11/18公開のVOGUE誌編集長アナ・ウィンターのアシスタントだったローレン・ワイズバーガーの同名小説の映画化なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ〜♪  メリル・ストリープ、「ブロー...
プラダを着た悪魔 評価:★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます