DK大衆食の旅3

路麺好きがそんな感じで巡る大衆食の旅。

ベーカリー清水@谷保

2017年08月13日 | 大衆パン
チキンロールを購入して、その小さな商店街をも少し探索してたら



やばいね。大衆パンの名店に出会ってしまった。



たまたまだったのか、自分が入店した時は他客は居なかったのだが、あれよあれよと言う間に客で犇めく店内に。

そしてパンを手にせずレジに並ぶ客、そのお店の人とのやりとりを見聞きして



一見やる気がないのか?と思われた棚は、作る側から次々売れていってしまうからであるコト。とか、



タマポテ、ポテポテ、タマタマなど謎のプライスカードは、コッペに2つの具を挟めるコト。とかを理解していくのであった。



自分も棚にあった通常の2倍はあろうかという、巨大なメンチパンを手にして並んでみた。



レジに渡したパンは、奥の作業場に渡される。
え?と思ってると、メンチをソースに潜らせ、その上にすごい量のキャベツがぐいぐいと盛り込まれたのだ。

店頭のパンもまた未完成だったのか!

売場の様に見えて、実は作業場の中に客が行列を作ってる。そんなコトになってるパン屋なのである。
常連さんたちは、どんな商品か理解しているので全く問題ないのだろう。そしてこの人気。ぐいぐい大衆名店の匂い。



パンの包み方も、パンの形状を維持する為か、ビニール袋を空気ごと包んで口をテープで留める。という独特なものであった。
つまり風船の中にパンが入ってる。みたいなコトになっていて。



おかげでぺしゃるコトなく(笑)無事に自宅に運ばれたメンチパン184。

でかうぎ(笑)
いつもなら2〜3個のパンが並ぶ皿なんですけどねw



バンズをパックマンに例えるなら、完全にアゴが外れた状態ですw
そしてしっかりノスうまいいいいい
こんなステキなパン屋が町にあったら自慢できるし、何より楽しいだろうな。

再開発や、所謂イマ風とは対極にある町のパン屋に、そんなコトを強く感じたのである。

今日もまた谷保の人々が、こちらのパンを求めて集まっているはずだ。
それは心豊かな生活のワンシーンである。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すずへいすしパーラー@池上 | トップ | 加藤商店@北千住* »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。