ひろポンの“わたしにも作れますぅ”

60’sオヤジのブログへようこそ。模型、モータースポーツ、イラストなどクルマと乗り物を中心に、気ままに書いていきます。

LIGIER JS5 ・ studio27 : 6

2017-03-18 | F1 Models

ちょっとだけモチベーションが上がってきました。
LIGIERはようやくミッションを本体にドッキング。

マトラのV12は結構大柄なエンジンで、サイドポンツーンの後端よりかなり後ろまで
エンジンブロックが飛び出しています。
ところがこのキットはエンジンレス故、余計なモールドやら面倒だったのか?(笑)何故か短く
ミッションケースとの間にスペースが空いていて(ピンクの部分)、デスビの位置も変だし
資料を見れば見るほどここをどうやって埋めていいものやら迷いました。




とりあえずキットのデスビを元にエポパテで複製し、イエローコードでパイピング。
フューエルポンプも若干オーバースケールながら適当にでっちあげ、こちらも
ヒロのクリアチューブでそれっぽく。
エアインテークのシルバーのカバーの後端だけ作って、まあこんな感じになりました。






サイドのラジエーター部分はキットではメッシュが貼られる指示になっていますが
実車はそれらしきモノが無いのでラジエーターパーツのみに。
この上に付くSKFのステッカーが貼ってあるカバーですが、幅が少し足りません。
それとこのブラジルGP仕様は向かって左サイドのカバーが実戦では付いていないのですが
付けない状態が違和感があるので、仕様は無視して左右とも接着しました。




エキパイはと言うと、組み説を見ながら仮組みしても全然合わず、おかしいな?と
実車写真を見てみれば、ご覧のようにマフラーがロワアームを挟んで2段になっています。
ところが組み説もメーカーサイトの仮組み画像もアームの上に収まっていまして………..。






ちゃんと組んでください、お願いしますよホントに………..(笑)

まあそんなわけで穴の空いていないマフラーは2.8mmの真鍮パイプに置き換えて
フラットブラックに塗って接着。
あとはスタビとラジアスアームとブレーキワイヤを取り付けてリヤの足回りは終わりです。








コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

イマイの怪獣シリーズ : ガルバ

2017-03-05 | 昔のプラモ


リジェ、やっとクリア吹きと研ぎ磨きが終了。

今回はバルケッタのウレタンクリアを使ってみました。
3日間乾燥させてからスポンジペーパー、ラプロス、コンパウンドの順に磨き。
全体をマスクしてコクピット、エンジカウル等をフラットブラックで塗装。
メタルのウイングはいくら磨いてもスが消えないので塗装しようかと思いましたが
質感重視のためあえてそのままに。
メタルプライマーを吹いてからこれもウレタンを吹いておきました。

完璧仕上げとまでは行きませんが、この辺で良しとしておきます。
次からやっと組み立てに入れます。




-----

先日オクで入手した大昔の今井のチーププラモ。
怪獣シリーズのガルバ。当時50円!

15の頃に作った記憶が。
何故か今井のカタログにはガリバと書いてある。

中身はショボいけれど、だれが描いたのかは不明ですが
F104を鷲づかみの箱絵は格好いい。



糸の先に付いたミサイルを引っ張って手を離すと、足の間の糸巻きで走り出して
ミサイルが当たると前に倒れるという...........(笑)

チープでもプラモデルに夢があった遠い時代のキット。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

McLaren : The Film

2017-02-26 | Motorsport
昨年はマクラーレン50周年でしたが、今年のマシンがオレンジ色になるとかで
ふーん、確か以前もそんなニュースがあったけれど結局シルバーだったし、と思っていたが
いざ蓋を開けてみたら、以前のARROWSみたいでいまいち速そうに見えない...........。
まあ、そんなことはどうでもいいので脇に置いておいて………..。

先日、くるま村のMさんからいただいた情報。
あのB・マクラーレンの伝記映画がいよいよ今年後半に公開されるとか。
でもってすでに見た方もいると思いますが、映画のオフィシャルトレーラーが
動画サイトに出ているとのことでリンクしておきます。

McLaren trailer: new film tells the story of motor racing icon Bruce McLaren – video - YouTube

2005年にアンソニー・ホプキンス主演の映画〝世界最速のインディアン〟を撮った
ロジャー・ドナルドソン監督が製作。
当時の実際の映像と映画用に新しく撮った映像を組み合わせたドキュメンタリーです。

彼がGoodWoodで亡くなって47年。
4年前に公開されたこの広告?ショートフィルムも良かった。

Bruce McLaren Video: McLaren's 50th Anniversary - YouTube

ブルースもハルムも遠い過去になったけれど、未だにこういった映画が出来る事自体素晴らしい。

ブルースの名言...........

”To do something well is so worthwhile that to die trying
to do it better cannot be foolhardy. It would be a waste
of life to do nothing with ones ability, for I feel life
is measured in achievement, not in years alone"

「何かを成し得ること」とは、何としてでもやり遂げなければならないほど価値のあることである。
それをすることは、無謀なことではない。
才能がありながら何もしないのは、人生を無駄にしているようなものだ。
人生とは、費やされた年月だけでなく、その業績で計られるものだと私は思う。

最後の1行はまさにその通り。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ビタミンカステラ

2017-02-24 | 食いしんぼう

あぶない危ない!
もうひと月経ってしまいました。

久々、ネタが無いときの助け船、今日のおやつ!
いつも御世話になっているアキバさんの郷里の北海道のソウルフード
ビタミンカステラです。

アキバさんのFBで見て、ひょっとしたら?と近所のセイコーマートに寄ってみました。
セイコーマートは北海道のコンビニでセブンよりも早くコンビニ最古参のお店です。
北海道ものが食べたくなったらここ。
昨年近くのファミマの跡地に開店して以来、結構よく利用しています。
特にメロンアイスは美味い!

でもってこのビタミンカステラ、ビタミンとか即席とか思い切り昭和なネーミングですが
北海道民ではなくても懐かしさを感じる味ですね。
口の中の水分を全部もっていかれるので高齢者は注意(笑)
ホットミルクと一緒に食べるとG00Dですよ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラークとコルチナ・ロータス

2017-01-24 | Illustration
11月に仕事の合間に描き始めたジム・クラークのイラスト。

シルバーストーンの21番のロータスコルチナです。
今回は手描きじゃなくてPainterをメインで描いてみました。
クルマ以外は適当に組み合わせて描いたのですが、まあまあ自分のイメージで
仕上がったつもり。





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

LIGIER JS5 ・ studio27 : 5.5

2017-01-20 | F1 Models
今日は寒いですねえ。
今にも雪が降り出しそうで、こんな日は暖かい部屋で
模型作りでもしたいところですが………..。

リジェはタッチアップが終わりコクピットをちょっと弄っただけで
まだクリアがけも出来ずにいます。

メーターパネルもご覧のように他マシンのパーツなので形が違うため
プラバンで適当に作りました。
いつものようにフレキシブルワイヤーを丸めてメーターリングを作り、バルケッタの
メーターデカールを貼ってクリアレジンで固めています。





いちいち気にせずにとっとと作れ、と言われそうですが
そうもいかないんですよ、ホント...........(Q_Q)↓
で、資料を調べるとやる気が失せるので(笑)次のネタをさっさと仕入れてあれこれ画策中。

ロニーの日本GP版ですがワイドトレッドの77年型なら別にどこのでもかまいません。
どうせ切り刻んでしまうので、安いのをと中古品を買いました。
これについては制作過程は最小限で一気に完成してからネタばらしの予定です。
あ、途中で気がついた方は黙っていてくださいね(笑)

内容が無いのでこれまで。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

LIGIER JS5 ・ studio27 :5

2017-01-08 | F1 Models
年が明けてもう1週間………..。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

暮れに始めたデカール貼り………..。
とりあえずウイングと一部小物を残して貼り終えました。

貼り始めてから気がつきましたが、白い部分は塗りをマスクしたほうが正解でした。
コクピットとエンジンカバーの部分だけマスクして、下半分をブルーに塗ったまでは良かった。
デカールの青い色味もバッチリ合ったので、あとは簡単と思ったのが大間違い。

サイドを走る白いストライプ。これデカールを貼り合わせながら仕上げるのですが
まー、大変というか悪銭苦闘。
寸法も合わずカーブも合わないのを軟化剤使ってきれいに仕上げるのが難しい。
軟化剤も塗って10分ほど置かないとなじんでこないし、古いのかすぐ切れる。

比較的透けないとはいえ、塗りの部分とくらべるとやはりちょっと差が出るので
結局スペアデカールと2枚重ねで貼りました。

なんだかんだで正月1週間デカール貼りでした………..。




上手くなじまない部分はデザインナイフで切り取ったり、ブルーのデカールの余りを細く切って
カーブに合わせたりと、よく見れば切り貼りだらけ。
50cm以上離れて見てもらわないと(笑)

過去、たとえばモデラーズの956やフジミのトランピオ・レビンなど、ボディー全面を
デカールで仕上げるキットも作りましたが、大きさはともかくこんな疲れたデカールは初めてです。
ま、下手くそなだけなのですがこのキットを作ろうとする方、面倒でもロゴ以外のホワイト部分は
マスクしてブルー塗装しましょう。

ともかくこれで完全乾燥させたら筆やエアブラシでタッチアップしないと。
クリアをガンガンかけて研ぎ出してごまかせるかどうか。
コクピット周辺も良く見れば全然形状が違うけれど、デスクトップモデルと割り切って
そのまま作ります。

これの次にはちょっと面白い変態マシン(笑)を作ろうと考えています。


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もありがとうございました

2016-12-31 | Miscellaneous
今年もあと20数時間で終わりです。

個人的には終始ドタバタしっぱなしの1年でした。
そんなわけで模型は昨年以上にさっぱりで、せっかく見に来てくださった皆様
本当に申し訳ございません。




JS5はデカール貼りの途中ですが、ここまでで終わり。
こんなに苦労すると思わなかった………..。
まあ春になる頃までにはなんとか完成させたいと思いますが…。

喪中なので新年のご挨拶は控えさせていただきますが
1年間見てくださってありがとうございました。
皆様にとって2017年が幸多き年となりますことを願っています。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

spark models / MATRA MS 11 : MONACO 1968

2016-12-18 | ミニカーとスロットカー
久々の...........今日の1台。

スパークからついに登場、JPベルトワーズのマトラMS11:1968モナコGP

少し前に発売になっていたのを全く知りませんでした。
ネット上ではどこも完売でしたが某所で定価よりかなり安く入手できました。

ヒストリックF1のミニカーといえばミニチャンプスでしたが、すでに迷走して
いまやSPARKにすっかりその座を明け渡した感じ。
次々と超マニアックな仕様を発売してくれて、葉巻型世代はどれも欲しいものばかりですが
値段が値段なので手が出ず。

近年1/43ミニチュアカーは以前に比べてまた値段が上がった感があり,この1年全く
買うことも無かったのですが、これだけはスルーすることの出来ないモデル。
そんなに精密なわけでは無いけれど雰囲気のつかみ方が上手いせいか
30cm以上離れて見るとなかなか格好良い。やっぱりMS11は良いですね!

せっかくなのでデッカイやつも引っ張り出して並べて撮りました。
SPARKからはあの不思議なオリーブグリーンのMS9・南アフリカGPも出ています。












コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

LIGIER JS5 ・ studio27 :4

2016-12-14 | F1 Models
ようやくボディーがホワイトになりました。

エンジン本体はカウルの裏側に一体で成形されているので
ギヤボックスと足回りだけで済むのですが、ここがまた実車と異なるので
あれこれ考えて、なんとか形にはしましたが………..。





アームやダンパーを支えるサブフレーム、キットはX字型のパーツが入っていて
メーカーサイトの仮組み画像もなんだか怪しいというか変??。

実車はエンジンブロックから張り出すようにフレームが
伸びていて、そこにダンパーが付きます。
このダンパーも倒れているみたいですが、どこに付くんだろ?(汗)

マトラV12は大きなエンジンで、サイドポンツーンの後端より後ろまで
ブロック部がはみ出ています。
本当はエンジンを延長して、ギヤボックス前部の何も無いブロック部を
半分くらいに切り落とせば良かったのですが、それも大変..........。

他製品のパーツを流用したキットであちこち全然辻褄があわないので、サブフレームは
プラ棒から自作。
本当はハンダ付けしてきっちり作りたいところですが、もう全部自作しなくちゃならないので
なんちゃって仕様ということで妥協します。



ダンパーやアーム類はプラや金属パイプ、ジャンクパーツからいつも通りの寄せ集め製作。
スプリングは0.7mmのフレキシブルワイヤーから。

なんだかんだでこんな感じでOKとします。
ホワイトボディーに合体して様子を見ます。
ここではまだアッパー・ラジアスアームは付いていません。






ミッション上のフレームとエンジンの間のスカスカな隙間が凄く気になりますが、この上の
デスビやフューエルポンプで隠れるので何とか誤魔化したいところ。
しかしなあ………..取り説は良くわかんないし、もうちょっと何とかしてほしかったなあ(+_;)


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加