ひろポンの“わたしにも作れますぅ”

60’sオヤジのブログへようこそ。模型、モータースポーツ、イラストなどクルマと乗り物を中心に、気ままに書いていきます。

LIGIER JS5 ・ studio27 : 完成

2017-07-22 | F1 Models
11ヶ月前に始めたリジェ、なんとか完成させました。

しかし数え切れないくらいの苦労の割りに達成感も満足感もまるで低い...........(汗)

この数十時間どころかおそらく100時間オーバーは一体何だったんだ?というのが正直なところ。
まあ一応模型ブログなので画像をアップしておきますが、細々した工程を紹介する気にもならないので
画像で想像してください。
ラフィーさんを乗せてなんとか誤魔化したけれど、リヤウイングの低さだけはどうにもならず。

できればここだけ全部作り直したいところですが疲れました(笑)
車高の高さも気になるし、これはこのままお蔵入りにしたい気分です。

フィギュアはタミヤのF1キットから。
コクピットに比べて小さく見えますがマシンが大柄なだけでこれで正解です。

ヘルメットはGPAなのでちょっと形が違いますがメンドイのでキットのままです。
バイザーはアセテートフィルム。デカールはアルプスで印刷。
画像にはありませんが酸素の供給チューブがヘルメットから出ています。
カウルのファスナーはオーバー表現だったので付けていません。

ま、JS5ぽいんじゃない?という程度の出来ですね(笑)
このキットをお持ちの方は是非とも覚悟を決めて(爆)徹頭徹尾手を入れて完成させてください。

はー、終わった終わった!酒でも飲むか〜〜(笑)














コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

LIGIER JS5 ・ studio27 : 9

2017-07-09 | F1 Models
七夕も過ぎ………..そろそろ梅雨が開け………..8月になって………..お盆も過ぎ……….そのうちもう9月………..。
月日の流れるのは早いものです。

しかし何にも完成させないうちに今年も半分過ぎてしまった。
リジェはウイングの作り直しになっても何度もやり直しばかりで
どうしてこんなことになーるーのーかーなー????と。
たまにあのお方のように、このォ!!!★★★!!!!!!!(怒)と切れそうになりつつも
なんとか誤魔化しながら完成。





翼端板は1mmのプラ板から削り直して厚みを付けて塗装、スペアのデカルを貼ってウレタンクリア。
内側は金属の地が出ているのでシルバー塗装………..気に入らずやり直し。
ハセガワのミラーフィニッシュを貼ってクリア吹き………..気に入らずやり直し。
0.1mmのアルミ板を切り出して貼って………..若干厚みが気になるけれどこれでOKとしました。



他にも出来の拙さを誤魔化すためにラフィーのフィギュアを乗せようと、出来上がっていた
コクピットを本体に組み込んだら、メーターパネルの位置もシート位置も低すぎてどうにもならず。
思い切ってメーターパネルはブッタ切ってカウルの裏に接着してしまいました。
レジンがプラのように薄くないので、この辺は仕方ないにしろもうちょっと設計段階で
何とかならなかったものかと。



シートはエポパテで上部を追加。
フィギュアも例によって肩幅をパテで広げておきます。

ウイングをステーに借り止め。
もうあと5mmは上げたいところですがこれが限度。
今更実車と比べても仕方ないんですがウイングの大きさも1.5倍くらいありますね。
いい加減な設計だなあ………..(呆)



あとはラフィーのフィギュアを乗せて終わりです。

962のほうはボディー後部のインテークをプラ板で塞ぎ、ウインド周りのツバを切り取っておきました。
サイドウインドも下部を切り離しボディー側に接着してあります。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

山わさび塩ラーメン

2017-06-12 | 食いしんぼう
久々の食いもんネタは、先のビタミンカステラに続いてまたしても北海道から。

最近はまっているカップ麺がこれ。
ご近所のセイコーマートも販売に力を入れている?山わさび塩ラーメン!!

なるとにキャベツ、ネギに鶏肉そぼろと麺や具はどーってことのないんですが
上品な塩味にわさびの香りがなかなか美味しくてスープも全部飲み干してしまいます。
おにぎりとかに合いますね。

炭水化物ばかりですがたまには良いかも。

ビタミンカステラは思いの外売れなかったようで(笑)
陳列棚から消えてしまいましたが、これは絶対ヒットだと思うんだけどなあ。



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

LIGIER JS5 ・ studio27 : 8

2017-06-09 | F1 Models
リジェ...........ここへ来てまたしても壁にブチ当たり。

前回の記事のトップにある静岡のメーカーブース画像をもう一度ご覧ください。
JS5...........何かお気づきになりましたでしょうか?(笑)

ようやく80%進んでさて.......リヤウイングを取り付けようと思ったら...........。
え??
なんか滅茶苦茶低いんですけど...........。

一応組説通りにはウイングも組んで、ミッションケース上に付くウイングの
支持プレートも取り付けて、オイルクーラーなどの補器も組み上がっていたんですが
この段階でタイヤを仮留めして確認しなかったのが間違いの元でした。

でも組み立ては間違っていないんですよ。
だって先の静岡の画像もそうだし、改めて探して見つけたメーカーの完成画像がこれ。
ハイスピードオーバル仕様のインディーカーみたいです。





これはおかしいでしょ???
取り説の絵がこれですよ。
ちゃんと組み立てたらこうなるってフツー思いますよね(笑)
これは無いよなあ、冗談ブッコキ。
翼端板のピン穴の通り穴空けて組んだのに...........(-_-#)




で、正しい位置までウイングを上げると激しく前傾になります。当然。
どうするよ?これ?(怒)






実車はというと若干前傾しているのは確か。

これはウイング作り直しです。
ここまで3歩進んで2歩下がるを繰り返してきたのにまた後退。
で速攻ツールウォッシャー風呂にドボン。
水平板が少し前傾するようにして、ついでにエッチングで薄すぎる翼端板はプラ板で作り直します。

模型工作で精神修行させられているみたいです。




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

LIGIER JS5 ・ studio27 : 7

2017-06-01 | F1 Models

前回の投稿が3月なのでもう2ヶ月半ぶりですが未だに完成していません。
4月は一度も更新ならずでしたが、ちょっとは完成に近づいているところはお見せしておかないと。

先日の静岡にもメーカーのブースにBT44Bと一緒に展示されていましたが、完成品はよく見ればやっぱり格好いい。
もうひと頑張りしようと思います(^^ゞ

フロントサスは全部作り直しました。
アップライトをポリパテで作ったのでアッパーアームも寸足らずのため
プラ板と金属線から。
見えにくいですがロワアームも真鍮パイプと真鍮線からハンダ付け。




ブレーキダクトも長さが足りないので、プラ棒に0.5mmのカラーコードを巻き付け
ミッチャクロン、サフを吹いてつや消しレッドで。




タイヤ4本はホイールにはめ込みタイヤロゴをテンプレートで吹きましたが
平面のテンプレートは曲断面のサイドウォールになじまず吹きこぼれが出来るので
イマイチ気に入らず。
クリアデカルにMDプリンタでホワイトで出力し、貼ったあとでつや消しスモークを吹いて
トーンを落としました。




このあとはウイングと小物、コクピットにはラフィーのフィギュアを乗せる予定なので
あと少しです。

こちら先日の大人の遠足で行った模型店でたまたま購入したレベルの956。
以前からちょっとしたオリジナル仕様で作る構想があったのでGET。
ちょうど先日ミゾロギさんも依頼品として製作していました。




実はレベルのこのキット、ずっとプロターの型流用キットだと勘違いしていて
ドア開閉できるものとばかり思っていました。
956Cと書いてありますが956BはあってもCって何よ??
中身はハセガワの962そのまんまで実に適当な商品ですが、お遊びで作るものなので何でもいいです。

昔オムロンとレプソルの2台を作ったので、勝手はわかっているつもりなんですが
キットのボディーをしげしげと眺めていて、なんかおかしいなあ???と思って
改めてタミヤの完成品や資料を見て気がつきました。

あれれ、ハセガワさん大間違いしてますね(笑)




フロントとサイドのウインドの下縁はそろっていないといけないのに段違いです(赤い破線)
カウルの分割ラインに間違って揃えてしまったようです。
オマケにパッケージのイラストも間違って。
クリアパーツはバキュームで作り直すつもりなので、サイドウインドの下を切り離して
ボディー側に継ぎ足すことにしましょう。

リジェが終わったら気晴らし(笑)に製作開始です。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大人の遠足

2017-05-24 | 模型いろいろ


3月からメチャ忙しかった仕事も連休明けで一段落。

今年の静岡ホビーショーは新作も出来なかったし、出したいモノも無かったので
レポートはあちこちでアップされている記事をご覧いただくとしてスルーします。(^^ゞ
とりあえずマクラーレン祭りということでM8がずらりと並びました。






先週は郷里の親兄弟らと蓼科へ。
美味しいものを食べて露天風呂に浸かり久々の休息。





今日はレース観戦仲間と大人の遠足で埼玉県のK市へ。
駅からちょっと歩いた住宅街にポツンとあるそのお店。
噂では以前から聞いていたのですが初めて行ってちょっとビックリ。
気さくな店主がちょっと片付けるから待って、と言って
通してくれた店内は幅50cmくらいで両側に天井までキットが山積み。
触ると崩れ落ちそうな状態で、奥に入ろうにも横向きカニ歩き。
何があるのかかがみ込む事も出来ず。









ヒロやプロフィール24などのレジンはもちろんアメプラもかなりあるのですが
どうにも探すのも困難な凄い店でした。
値段的にはそんなに安いわけではないけれど、結構面白いモノが見つかりそうです。

そのあとは駅前の洒落た居酒屋でしばし模型&レース談義。
ということでまた次回もどこかに探しに行きたいなあ。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

何も進まずもう5月...........。

2017-05-02 | Miscellaneous
気がつけばもう5月。
皆様連休はいかがお過ごしでしょうか?

結局先月は一度も更新できずでしたが、3月から猛烈に忙しくてこの連休明けまで
地獄のスケジュール。
そのあいだに山口に帰って長野にも帰ってと、なんだかんだと用事ばかりで模型もさっぱり。
間近に迫った静岡ホビーショーも結局リジェは間に合いそうも無い。
というより間に合わせるために急いで作るということは絶対したくないので
今回は有りモノだけです。

更新もろくに出来ませんがとりあえずこのひと月のあいだの様子の画像だけ。

4月半ばは山口の両親を見舞いに。
海辺の道の駅で美味い魚と酒で一杯。




26日は武道館でRock友達のたかととさん、クラッチョさんと
Dobbie BrothersのLIVEに。
マイケル・マクドナルド以前の第一期ドゥービーの大ヒットパレード!
幅広い人気を得たのはマイケルの功績ではあるものの、TomとPatがやりたかったのは
やっぱりドライブの効いたRockであることを証明した感じ。良かったです!






このあいだに久々に入手の新キットは、アラン・クルウィッキのHooters Tバード。
デカールが黄変していたので1週間ほど窓から外に向けて貼っておいたらきれいになりました。




もう一つはモノグラムの大きなファントム・マスタング。
ベースのスイッチで脚が降りて爆弾投下、プロペラが回転するギミック満載のクリアモデル。
取り説がまたなんともそそられる内容で、製作意欲をかき立てられる
懐かしプラモの魅力にあふれたキットです。









仕事の合間になんとか描き上げた今年の静岡の垂れ幕用イラストは
ブルース・マクラーレンとM8D。
今年映画が公開される予定ですが、肝心のF1のほうはホンダがボロボロで
先日のロシアも悲惨な有様。
アロンソはインディーで完走できれば充分ではないかと。
アメリカンをなめたらいけません。

静岡にいらっしゃる方はこの垂れ幕の伝説ブースに是非お立ち寄りください。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

LIGIER JS5 ・ studio27 : 6

2017-03-18 | F1 Models

ちょっとだけモチベーションが上がってきました。
LIGIERはようやくミッションを本体にドッキング。

マトラのV12は結構大柄なエンジンで、サイドポンツーンの後端よりかなり後ろまで
エンジンブロックが飛び出しています。
ところがこのキットはエンジンレス故、余計なモールドやら面倒だったのか?(笑)何故か短く
ミッションケースとの間にスペースが空いていて(ピンクの部分)、デスビの位置も変だし
資料を見れば見るほどここをどうやって埋めていいものやら迷いました。




とりあえずキットのデスビを元にエポパテで複製し、イエローコードでパイピング。
フューエルポンプも若干オーバースケールながら適当にでっちあげ、こちらも
ヒロのクリアチューブでそれっぽく。
エアインテークのシルバーのカバーの後端だけ作って、まあこんな感じになりました。






サイドのラジエーター部分はキットではメッシュが貼られる指示になっていますが
実車はそれらしきモノが無いのでラジエーターパーツのみに。
この上に付くSKFのステッカーが貼ってあるカバーですが、幅が少し足りません。
それとこのブラジルGP仕様は向かって左サイドのカバーが実戦では付いていないのですが
付けない状態が違和感があるので、仕様は無視して左右とも接着しました。




エキパイはと言うと、組み説を見ながら仮組みしても全然合わず、おかしいな?と
実車写真を見てみれば、ご覧のようにマフラーがロワアームを挟んで2段になっています。
ところが組み説もメーカーサイトの仮組み画像もアームの上に収まっていまして………..。






ちゃんと組んでください、お願いしますよホントに………..(笑)

まあそんなわけで穴の空いていないマフラーは2.8mmの真鍮パイプに置き換えて
フラットブラックに塗って接着。
あとはスタビとラジアスアームとブレーキワイヤを取り付けてリヤの足回りは終わりです。








コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

イマイの怪獣シリーズ : ガルバ

2017-03-05 | 昔のプラモ


リジェ、やっとクリア吹きと研ぎ磨きが終了。

今回はバルケッタのウレタンクリアを使ってみました。
3日間乾燥させてからスポンジペーパー、ラプロス、コンパウンドの順に磨き。
全体をマスクしてコクピット、エンジカウル等をフラットブラックで塗装。
メタルのウイングはいくら磨いてもスが消えないので塗装しようかと思いましたが
質感重視のためあえてそのままに。
メタルプライマーを吹いてからこれもウレタンを吹いておきました。

完璧仕上げとまでは行きませんが、この辺で良しとしておきます。
次からやっと組み立てに入れます。




-----

先日オクで入手した大昔の今井のチーププラモ。
怪獣シリーズのガルバ。当時50円!

15の頃に作った記憶が。
何故か今井のカタログにはガリバと書いてある。

中身はショボいけれど、だれが描いたのかは不明ですが
F104を鷲づかみの箱絵は格好いい。



糸の先に付いたミサイルを引っ張って手を離すと、足の間の糸巻きで走り出して
ミサイルが当たると前に倒れるという...........(笑)

チープでもプラモデルに夢があった遠い時代のキット。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

McLaren : The Film

2017-02-26 | Motorsport
昨年はマクラーレン50周年でしたが、今年のマシンがオレンジ色になるとかで
ふーん、確か以前もそんなニュースがあったけれど結局シルバーだったし、と思っていたが
いざ蓋を開けてみたら、以前のARROWSみたいでいまいち速そうに見えない...........。
まあ、そんなことはどうでもいいので脇に置いておいて………..。

先日、くるま村のMさんからいただいた情報。
あのB・マクラーレンの伝記映画がいよいよ今年後半に公開されるとか。
でもってすでに見た方もいると思いますが、映画のオフィシャルトレーラーが
動画サイトに出ているとのことでリンクしておきます。

McLaren trailer: new film tells the story of motor racing icon Bruce McLaren – video - YouTube

2005年にアンソニー・ホプキンス主演の映画〝世界最速のインディアン〟を撮った
ロジャー・ドナルドソン監督が製作。
当時の実際の映像と映画用に新しく撮った映像を組み合わせたドキュメンタリーです。

彼がGoodWoodで亡くなって47年。
4年前に公開されたこの広告?ショートフィルムも良かった。

Bruce McLaren Video: McLaren's 50th Anniversary - YouTube

ブルースもハルムも遠い過去になったけれど、未だにこういった映画が出来る事自体素晴らしい。

ブルースの名言...........

”To do something well is so worthwhile that to die trying
to do it better cannot be foolhardy. It would be a waste
of life to do nothing with ones ability, for I feel life
is measured in achievement, not in years alone"

「何かを成し得ること」とは、何としてでもやり遂げなければならないほど価値のあることである。
それをすることは、無謀なことではない。
才能がありながら何もしないのは、人生を無駄にしているようなものだ。
人生とは、費やされた年月だけでなく、その業績で計られるものだと私は思う。

最後の1行はまさにその通り。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加