猫と惑星系

押し記事 なぜ1I / 2017 U1(オウムアムア)がロッキー。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

毎度おなじみのカッシーニ接近通過でございます。

2008-10-31 20:31:11 | エンケラドス
接近通過の度に新発見があっても慣れてきたという話でしょうか?しかし、地方巡業ってカッシーニの主目的は土星とタイタンということ?以下、機械翻訳。 驚異的なものは、ルーチンになる 2008年10月29日午後6時57分18秒に掲示される|土星News もう一つのエンケラドス遭遇は、今年の4回目(そして、最後)である! それはこれらの地方巡業接近通過をルーチンとみなすような誘うことになった、そして、忘れること方法驚異的な彼ら 、とても遠くに他惑星の衛星へ洗練された精度で、この素晴らしい機械を投げつけて、この驚くべき太陽系の1つの惑星で、さあどうぞ。 . . . 本文を読む
コメント

メッセンジャー電子会議

2008-10-30 20:18:04 | 水星
画像版権:NASA/ジョンズホプキンス大学応用物理研究所/ワシントンのカーネギー機関 メッセンジャー電子会議って、科学者が画像データを見ながら「あーでもない」「こーでもない」と討論するようなものだろうか?早く、解説してくれ。以下、機械翻訳。 メッセンジャー電子会議:明かされる水星のより『隠れた』領域 2008年10月6日に、探査機は今年2回目の水星接近通過をした。そして今から3年後に探査機を惑星周回軌道へ挿入するために、必要な重要な援助のために惑星の重力を使った。 今月の水星接近通過の間、メッセンジャーのカメラは、惑星の1,200以上の高解像度カラー画像を撮影した。探査機と次第につのる重要なデータによって、これまでの任務で参照されなかった水星の表面のもう30%を明らかにした。 . . . 本文を読む
コメント

チャンドラヤーン月に近づく

2008-10-29 21:19:45 | 月探査
前回、予定より低いと書いたら噴射1回で合わせてきました。まだ、搭載機器は順調という発表のみで画像なし。素人的には画像データが一番分かりやすい。以下、機械翻訳。 月により近いチャンドラヤーン1号の軌道 2008年10月29日 チャンドラヤーン1号の上昇操作をしている4本目の軌道は、今日(2008年10月29日)朝インド標準時午前7時38分に実行された。 この操作の間、探査機の440N推力がある液体エンジンは、およそ3分間噴射された。 これで、チャンドラヤーン1号は近地点(地球に最も近い点)が465kmに上がり、チャンドラヤーン1号の現在の軌道が月の半分以上になった。遠地点(地球から一番遠い点)が267,000kmである。より多くの楕円軌道を始めた。 この軌道では、宇宙船にかつて地球を回るために、およそ6日がかかる。 . . . 本文を読む
コメント

ハウメアの光度曲線を集めよう

2008-10-29 19:22:25 | 太陽系外縁部
「衛星食による光度変化を積み重ねて、136108ハウメアの形状を割り出そう」ということ。2個の衛星の引力による摂動のおかげで6年間観測が継続できるて、運がいいぞブラウン博士。 後は世界中の協力が得られるかどうかにかかっています。shaowsが訳せないのでshadowのタイプミスとして影としました。以下、機械翻訳。 衛星の影は多いです。 2008年10月26日日曜日 去年の春に、私はカイパーベルト天体136108ハウメア(2003EL61)を地球から見ると衛星の軌道が真横から見える可能性があった(あなたはここでそれに関してすべてを再読できます)可能性に関して非常に興奮していました。 私が、その時そのようなことが二度起こるだけであると説明したので、それぞれが、驚くべき数のことを私たちに教える可能性のこの場合かつてだけのあまりに140年毎に周囲を軌道を描いて回って、持っています。 . . . 本文を読む
コメント

昼寝2

2008-10-28 18:17:09 | 
猫が無さ過ぎるので、昼寝をアップします。 . . . 本文を読む
コメント

チャンドラヤーン1号月への途中

2008-10-28 18:03:24 | 月探査
画像版権:ISRO  月まであと22万キロに上がったチャンドラヤーン1号。かぐやは、月を隅々まで調べるために極軌道を回っています。永久影のあるクレータ内に氷が無いことを発表しました。 チャンドラヤーン1号の任務順序によると19万9千km予定が16万4千kmになってることからどこかで余分に吹かすか、月周回軌道の方で調整するのでしょう。 おなじ高度100kmでも軌道傾斜角が違えば見える所が違う。と思ったらかぐやと同じや、センサーの差がもろに出る。以下、機械翻訳。 チャンドラヤーン1号は深宇宙に入ります。 地球から15万kmの距離標識を越えた後に、チャンドラヤーン1号は宇宙空間に入りました。 これは(2008年10月26日)朝今日操縦を上げる探査機の3番目の軌道の無事終了の後に起こりました。 . . . 本文を読む
コメント

ゆるキャラまつり

2008-10-26 19:01:39 | ゆるキャラ
彦根でゆるキャラまつりがあったので見てきました。 猫関連ですが、着ぐるみなのでカテゴリーはWeblogでお送りします。 . . . 本文を読む
コメント (2)

えいでんまつり

2008-10-25 19:46:33 | 関西の車窓から
叡山電鉄の修学院車庫で、えいでんまつりがあったので見てきました。 出町柳までは市バスで行き、改札を通ると「きらら」が止まってました。 . . . 本文を読む
コメント (2)

ヴェガ3段目テスト成功

2008-10-25 16:40:32 | 宇宙開発
画像版権: Avio 株式会社(イタリア) ヴェガのロケットエンジンテストは順調に進んでます。はやぶさ2も急いで作らなあかんで。 地名のカタカナ表記は、検索したりテレビからの情報で修正しているのですが、ロケット名の表記は機械翻訳のヴェガとおやじ記入のベガが混在しております。多数決ではヴェガになるので統一します。以下、機械翻訳。 ヴェガの固体燃料ロケットエンジン「ゼフィロ9-A」に対する初の検査は成功した 2008年10月24日 昨日、ゼフィロ9-Aモーターは、サルデーニャ(イタリア)にあるサルトディクィーラ内部力試験場において、正常にその初の燃焼テストを完了した。 これはヴェガ打上ロケットの資格取得飛行より前のエンジンに対する最後から2番目の燃焼検査であった。そして、2009年内に起こる予定だった。 . . . 本文を読む
コメント (2)

コローが見た星震

2008-10-24 20:04:09 | 宇宙望遠鏡
画像版権:CNES  微小な光度変化を捉えられるコローは、系外惑星の検出だけでなく恒星の振動も検出できます。コローが3恒星の星震を継続的に観測しています。以下、機械翻訳。 コローは、初めて他の星で直接『星震』を見る 2008年10月23日 地震学に類似した技術によって太陽を鳴らすことは、太陽の内部を理解するために、新しい時代を開けた。 コロー宇宙望遠鏡は今はこの技術を3つの星に適用した。そして、初めて直接太陽の向こうの星の内部を徹底調査した。 太陽の世界的な振動が発見されたとき、科学者は彼らが窓を太陽の内部に開けると理解した。 . . . 本文を読む
コメント