猫と惑星系

押し記事 小石の結合塊の重力崩壊による彗星形成の証拠。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

WFIRSTの独立した審査チームから調査結果を受け取る

2017-10-27 19:25:05 | 宇宙望遠鏡
ワイドフィールド赤外線測量望遠鏡はプロジェクトの変更を求められてる。外部のアドバイスを入れて完成度の高い計画に成ったらゴーサインが出る。以下、機械翻訳。 2017年10月20日 NASA、WFIRSTの独立した審査チームから調査結果を受け取る NASAは、ワイドフィールド赤外線測量望遠鏡(WFIRST)プロジェクトの独立した外部レビューから報告書を受け取った。このレビューは、使命が範囲と必要な資源に関して十分に理解され、実行可能であることを確実にするためにNASAによって委託されたものです。 報告書の結果に応じて、NASAはWFIRSTプロジェクトの変更を検討しています。検討されている外部レビューと修正の結果は、以下の覚書にまとめられています。 . . . 本文を読む
コメント

時間分解WISE / NEOWISEコッド

2017-10-11 10:18:05 | 宇宙望遠鏡
WISEやNEOWISEで取得した画像データを足したり引いたりラジバンダリすると暗い褐色矮星が浮び上る。以下、機械翻訳。 時間分解WISE / NEOWISE Coadds (2017年10月6日に提出) 私たちは、WISEとNEOWISEミッションからの3.4ミクロン(W1)と4.6ミクロン(W2)の観察の最初の〜3年を使って、完全空の時間分解コッドを作成しました。WISE調査戦略の結果、典型的な空の場所は6ヶ月ごとに訪問され、1回の訪問で12回以上の曝露で観察され、これらの曝露は約1日の時間間隔にわたる。 . . . 本文を読む
コメント

NEOWISE再活性化ミッション3年目

2017-09-03 16:26:09 | 宇宙望遠鏡
冷却材の無いWISEも使いよう。太陽系内に限っては十分に役に立ちます。以下、機械翻訳。 NEOWISE再活性化ミッション3年目:小惑星の直径とアルベド (2017年8月30日に提出) 地球近傍小惑星広視野赤外線サーベイエクスプローラ(NEOWISE)の再起動ミッションは、地球近傍の小惑星と彗星の熱赤外線を観測して3年目を迎えました。NEOWISEは、3.4 μmと4.6 μmの太陽系物体の同時観測を収集し、その視野を通過します。これらのデータは、内部の太陽系内の物体からの総熱放出の決定、ひいてはこれらの物体のサイズの決定を可能にする。本稿では、調査の3年目に検出された170個の地球近傍小惑星NEOと6110のメインベルト小惑星と、関連する光学的幾何学的アルベドの小惑星直径の熱モデル適合を示す。 . . . 本文を読む
コメント

ジェームスウエッブジェームスウエッブ宇宙望遠鏡による氷衛星の海観測

2017-08-26 21:39:06 | 宇宙望遠鏡
ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が打ちあがったら氷衛星の海から出る噴煙や蒸気が観測できる。以下、自動翻訳。 2017年8月24日 NASAのWebb望遠鏡は私たちの太陽系の "海の世界" NASAのジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、NASAのガリレオとカッシーニの軌道観測者による以前の観測に加えて、木星の衛星のエウロパと土星の衛星のエンケラドスの「海洋世界」を研究する赤外線機能を使用する予定です。Webb望遠鏡の観測は、氷の衛星に将来の任務を導くのにも役立ちます。 可能な分光法は、エウロパの水プルームの1つから生じる。これは、Webb望遠鏡が返すことができるデータの例です。 クレジット:NASA-GSFC / SVS、ハッブル宇宙望遠鏡、ステファニー・ミラム、ジェロニモ・ヴィラヌエバ このスペクトルは、NASAの惑星スペクトルジェネレータ . . . 本文を読む
コメント

ジェームズ・ウエッブ望遠鏡の日除けの機械的整合性

2016-09-25 16:56:59 | 宇宙望遠鏡
何回もテストして宇宙空間で問題なく開くのを確認している。以下、機械翻訳。 2016年9月24日 NASAのウェッブ望遠鏡 日除け への機械的な調和 ウェッブ望遠鏡 日除け のテストユニット 点検のために開かれて、NASAのウェッブ望遠鏡 日除け 。 この写真で、エンジニアと科学者がこのフルサイズのテストユニットの上に 日除け 層を調べます。 クレジット:ノースロップグラマン株式会社 / アレックス・エバース NASA のジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は地球から150万kmの仲が良い共時性で折り畳めて、そして展開するであろう仕組みによって注文製の、凧形状 日除け によって引き起こされた大男を持っています。 . . . 本文を読む
コメント

月面から紫外線星カタログ

2016-07-05 10:28:04 | 宇宙望遠鏡
中国の月探査機 嫦娥3号に搭載された紫外線望遠鏡による紫外線星カタログの公開。科学の分野だけでも情報公開が進むのは良いこと。天然の衛星とはいえ宇宙空間に設置された望遠鏡なので当ブログでは宇宙望遠鏡カテゴリーに分類しときます。以下、機械翻訳。 月面設置の 紫外線 望遠鏡調査からの NUV 星 カタログ 。 最初のリリース 星のカタログが Lunar ベースの紫外線の望遠鏡(LUT)調査プログラムから抽出した我々が提出するアブストラクト。 LUT の観察可能な空エリアは月の北極の周りに円形のベルトです、そして調査プログラムは銀河面の地域を含むおよそ2400の deg2 で望ましいエリアをカバーします。 データは時折の軽い汚染、人工の源、宇宙線、平らなフィールド目盛り測定、測光学などに対処する自動のパイプラインで処理されます。 最初のリリースバージョンで、カタログは Tycho - 2と共に十字によって識別された情報提供者がカタログに入れる高い自信を提供します。 . . . 本文を読む
コメント

セカンドミッション

2016-03-11 20:48:14 | 宇宙望遠鏡
1月末のケプラー2ミッションと同じ絵ですが翻訳したら中身が違ったのでアップします。以下、機械翻訳。 NASAのK2ミッション:ケプラー宇宙望遠鏡のセカンドチャンス磨きします エンジニアは遠隔測定画面の周りに集まって、気分は緊張しました。彼らは5000万人以上のマイル離れ不自由宇宙船からのデータのストリームを見ていた - これまでであっても光の速度で、それは宇宙船に、バック移動する信号に対してほぼ9分かかったこと。 エンジニアは安定化し、宇宙船を制御するための革新的な方法を開発しました。「第三の輪」として日を使用するこの技術は、ケプラーが再び惑星を探索するだけでなく、超新星に若い星の発見をすることがあります。 クレジット:NASAエイムズ/ Wステンゼル ケプラーの第二の光:どのようにK2ワークス これは、2013年8月下旬で、コロラド州ボルダーでボールエアロスペースで約5人の従業員のグループは、それが生きるか死ぬかどうかを明らかにするために、NASAのケプラー宇宙望遠鏡を待っていました。深刻な誤動作がコースをオフに漂流することなく、ターゲットで尖った滞在する能力の惑星狩りケプラーを奪っていました。 . . . 本文を読む
コメント

ケプラー2ミッション

2016-01-31 11:30:13 | 宇宙望遠鏡
リアクションホイールが2個しか生き残ってなくて1軸は太陽輻射圧で安定させているケプラー宇宙望遠鏡。それでも234個の系外惑星を見つけてる。銀河系内に惑星が溢れてるせいもあるけど、見る方向も含めて構想が良いんでしょうね。以下、機械翻訳。 一度不自由ケプラー望遠鏡はちょうど正常に表示されています、ありがとうございました 科学者たちは、彼らが第二のケプラーミッションのうち、いくつかの新しい惑星を何とかできると思っていました。これは、234の候補者とカウントで既にです。 とき4リアクションホイールの第二は、ケプラー宇宙望遠鏡が壊れたで破った惑星狩りマシンがトーストだったように、それが見えました。リアクションホイールは、惑星が過去を点滅させるのを待つスペースの同じ広がりを見つめ時間の長い、長い期間を保留イメージャを、安定させるために必要でした。 . . . 本文を読む
コメント

ユークリッド。ダークマターを探る

2015-12-28 20:07:01 | 宇宙望遠鏡
年末に宇宙ネタが枯渇しました。ダークエネルギーとダークマターを調べるミッションを翻訳。 ユークリッド ダークスペースミッション製作準備 2015年12月17日 ユークリッド、ESAの暗い宇宙ミッションは、宇宙船とその有効搭載機器が作られることができるという信頼を提供して、その初期的なデザインレビューにパスしました。 「金属を削減し」始める時間です。 「これはミッションのために本当に大きいステップです」、とジュセッペ Racca 、ユークリッドのプロジェクトマネージャーが言います。 「すべての要素はまとめ上げられて、そして評価されました。 我々は今ミッションが実行可能である、そして我々が科学をすることができることを知っています。」 . . . 本文を読む
コメント

TNOと類似天体の調査

2015-05-20 16:40:18 | 宇宙望遠鏡
将来の大口径遠赤外線宇宙望遠鏡による太陽系外縁部の観測限界予想。100AUにおいてWISEよりかなり小さい天体まで見えます。惑星XもCALISTOなら見つけられる。以下、機械翻訳。 TNOs と親類の組織の遠赤外線調査 要約:30と50の AU の間に居住する小さい太陽系組織はしばしば 海王星以遠天体、あるいは TNOs と呼ばれます。 将来の 極低温の大口径赤外線の宇宙望遠鏡観測所(CALISTO ;ゴールドスミスおよびその他。のような調査能力を持っている遠赤外線(FIR)のミッション 2008) 申し出 TNOs と穏健主義者の大きさまで下がっている親類の住民の、そして「太陽」から100AU を超えている距離に向かっての本当に人口を探ることについての初回の可能性 . . . 本文を読む
コメント