猫と惑星系

押し記事 小石の結合塊の重力崩壊による彗星形成の証拠。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

太陽系は安定していますか

2012-09-30 13:18:21 | 惑星形成論
シミュレーション結果では、水星の軌道が彗星のように細長くなったり、太陽系とは似ても似つかない惑星系になります。以下、機械翻訳。 太陽系は安定していますか? 要約:問題の定式化からニュートンによって、そして3世紀の間に、天文学者と数学者が太陽系の安定性を実証しようと努めました。 これまでの20年間の数の実験にありがとうございます、我々は今太陽系での惑星の動きが混沌としていることを知っています。そしてそれは数何年もの何千万もを越えて、それらの軌道のどんな正確な予測でも禁止します。 最近のシミュレーションは惑星の衝突あるいは 放出が、太陽の寿命の終わりの前に、50億年以下の期間に可能であることを示しさえします。 . . . 本文を読む
コメント

エレクトリックボーイティザー

2012-09-29 18:18:48 | 懐かしいKARA
PANDORAよりかなり大人しい楽曲のエレクトリックボーイ KARA - エレクトリックボーイ(teaser) 通気性の悪い衣装にバテバテ . . . 本文を読む
コメント

Brown Eyed GIrls ガイン ティンカーベル

2012-09-29 17:45:03 | ガールズグループ
Brown Eyed GIrls のガインがティンカーベルになった。TinkerBell(팅커벨)、今までの雰囲気とは違い可愛くなったガイン。One Summer Nightも良いし Brown Eyed GIrlsからも目が離せない。 Gain(가인) _ TinkerBell(팅커벨) (Teaser) . . . 本文を読む
コメント

海王星以遠天体の偏光分析

2012-09-29 17:37:21 | 太陽系外縁部
海王星以遠天体は、大きい方が反射能が高い傾向に有るのですが、偏光分析でも大きい天体と小さい天体では違いが有る。以下、機械翻訳。 海王星以遠天体(136472)マケマケと(90482) オルクス の 偏光分析 要約:文脈。 我々は太陽系の天体の海王星以遠天体住民の表面の特性を調査します。 目的。 我々は矮惑星(136472)マケマケと共鳴する対象(90482)オルクスの表面特徴を調査します。 方法。 ESO - VLT の FORS2 道具を使って我々は マケマケとオルクスの線の分極化測定を実行しました。 . . . 本文を読む
コメント

ヴェスタ中惑星

2012-09-28 11:08:13 | 太陽系
画像版権:米航空宇宙局/ジェット推進研究所-カリフォルニア工科大学/カリフォルニア大学ロサンゼルス校/マックスプランク太陽系研究所/ドイツ航空宇宙センター/IDA ヴェスタは、小惑星だけどコア、マントル、地殻とキレイに分離してるので、惑星への成長途中で材料が集まらなくなった中惑星くらい。以下、機械翻訳。 巨大な小惑星の谷は発育不全の惑星を示唆しますhttp://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?release=2012-304 2012年9月26日 大型小惑星 Vesta の周りを囲む巨大な谷は実際に、たいていの小惑星のそれを越える地質学の複雑さを示唆して、断層線によって境界をなされた地形の落とされたブロックであるかもしれません。 谷の発見から去年NASAのドーン宇宙船からのデータで、科学者は(今まで)これらの異常な特徴の背後で物語を決定するために働いていました。 研究は Vesta がコア、マントルと地殻、通常惑星と大きい衛星のような、より大きい天体のために確保された構造物を持っているという主張を強くします。 谷の大規模なシステムが Vesta の赤道の地域を取り囲みます。 Divalia Fossa という名前のそれらの谷の最も大きいものは、グランドキャニオンの大きさを上回ります。 それは深く長さにおいての465km、幅においての22kmと5kmにかかります。 谷の形態学の複雑さは小さい衝突によって説明されることができません。 ドーンからの新しい測定が大きい衝突が小惑星の谷を作ることができたはずであることを示します、とデブラ・ Buczkowski 、地球物理学的な研究手紙の新しい新聞、アメリカ地球物理学同盟のジャーナルの代表執筆者であるメリーランド州ローレルのジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所に本拠地を置くドーンの参加している科学者、が言いました。 表面においての地殻の層は限界に広がっているように思われました、そして地殻の大部分が、我々が今日見る巨大な谷を去って、下方へ - 感動的なブロックのいずれかのサイドでの前方へ2つのフォールトの下方に落ちました。 . . . 本文を読む
コメント

高精細カメラ

2012-09-27 11:10:20 | 地上望遠鏡
画像版権:ジェミニ天文台/全米科学財団/米航空宇宙局/天文学研究大学連合 差異斑点探査器(DSSI)は、短時間露光の画像を多数重ね合わせることで、大気のゆらぎやノイズを消して天体の光だけを残せる装置の様です。ケプラーのデータから系外惑星が有りそうな恒星周辺を撮影することで地球クラスの系外惑星も直接撮影出来る。凄い。以下、機械翻訳。 冥王星とカロンのこれまでに最も鮮明な土地ベースのイメージ: 系外惑星 発見のための強力なツールを証明します 2012年9月26日 主要な惑星としてのその地位から不名誉にも階級を下げられたにもかかわらず、冥王星(そしてその最も大きい仲間、カロン、)が天文学者がジェミニの北の8メートルの望遠鏡で非常に高解像度の映像をプロデュースするのを手伝うために代理の 系外惑星系として最近ポーズを取りました。 再建的な斑点を映し出すことと呼ばれる方法を使って、研究者は、斑点撮像技術と組み合わせられるとき、系外惑星において大きい最先端望遠鏡の検証力をヒンティング処理する可視光線で冥王星とカロンの常に得られた最も鮮明な地上のスナップショットをとりました。 データは、二人の正確な直径を明らかにしている間に、冥王星とカロンのために同じく前の軌道の特徴を実証して、そして洗練しました。 . . . 本文を読む
コメント

SPICAのキムボアさん

2012-09-27 11:05:12 | ガールズグループ
ニコルのTwitterにアップされたYouTube歌がものすごく上手いので検索したら、SPICAのキム・ボアさんと判明。 他のメンバーも上手くてハーモニーも良い。K-POPとしては異色のグループ?カバーしてるの洋楽だし。韓国内だけではもったいない。でも、日本でもバックアップは難しいかな。 ステージ用の楽曲は、強い女性イメージさせる曲ばかりです。SPICAは、HelloVenusと新人賞を争っているのですが、歌唱力はSPICAが上ですね。 賞を取るには事務所の力とかも関係するのですが、イ・ヒョリとアフタースクールどちらが強いのか? 스피카 김보아 Take A Bow 커버 (Rihanna - Take A Bow) . . . 本文を読む
コメント

ユアラ誕生日おめでとう

2012-09-26 10:09:54 | ハローヴィーナス
今日9月26日は、HELLOVENUSのリーダー、ユアラさんの誕生日です。誕生日おめでとうございます。メンバーの『おめでとう』と本人のコメントがYouTubeにアップされているので、ブログにアップします。 満20歳です。若いなあ。 HELLOVENUS_Happy Birthday to Yooara (from.Member) ライムさんサングラス掛けてるので、めばちこ(ものもらい)でも出来たのでしょうか?大したことなければ良いけど。HELLOVENUS_Happy Birthday to Yooara (from.Yooara) . . . 本文を読む
コメント

地球型惑星の化学組成

2012-09-26 10:03:16 | 惑星形成論
原始惑星系円盤の化学的組成と動的進化から岩石惑星(地球型惑星)の組成を説明しようとシミュレーションしたけど、全惑星を同時に説明できる条件は見つけられなかった。水星にいたっては、再現できなかった。と言う話。条件だけでなくシミュレーションプログラムそのものにも問題が有るんでしょう。 今後の観測結果を反映すれば、条件もシミュレーションプログラムも良い物が出来てくると期待します。以下、機械翻訳。 地球型惑星の基本的な 存在量 の起源 要約:地球と地球型惑星の中の要素の 存在量は歴史と太陽系の形成について生命と手がかりのための最初の条件を提供します。 我々はボンドおよびその他の先駆的な仕事に従います。 (2010)そして岩だらけの惑星の質量の成分を調査するための惑星形成の 星周円盤モデル、化学物質均衡計算と 動的な シミュレーションを結合してください。 . . . 本文を読む
コメント

蔡依林 大藝術家

2012-09-25 20:41:11 | YouTubeで気になる
江南スタイルのパロディ(ガンマンスタイル等)をクリックしてたら、ハイテクかぼちゃ馬車に乗って現れるお嬢様を発見。蔡依林 (ツァイ イ リン 英文名Jolin Tsai)は、台湾の人気歌手だそうです。 舞踏会に魔術みたいな3DのCGという世界に興味がありますが、歌とダンスはカン・ミヨンのパパラッチの方が面白い。 蔡依林 Jolin Tsai - 大藝術家The Great Artist (華納official 高畫質HD官方完整版MV) . . . 本文を読む
コメント