猫と惑星系

押し記事 なぜ1I / 2017 U1(オウムアムア)がロッキー。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

二条城休城

2008-12-31 22:09:36 | 京都
ニュースで、二条城に大きな門松が据付られたと言ってたので、撮影に行きました。 二条城は休みですが、当ブログは休み無しです。 . . . 本文を読む
コメント

系外惑星系いろいろ

2008-12-31 17:18:36 | 系外惑星系
画像版権:ESO 系外惑星か原始惑星系円盤で記事を探していたらESOで訳してないのが有りました。 太陽系で言えば、海王星以遠でガス巨大惑星の発見や兆候が見られるのは、「中心星から遠い分、見やすいフィルター」を通しているせいもあるけど、 我が太陽系だけを見て発達してきた惑星形成論ではカバーしてない部分なのか、連星系の相方が惑星にしか成れなかった。と考えればいいのか。 観測されるのが「この惑星系は、絶対無二の惑星系なり」に対して、惑星形成理論は太陽系を基準にしているのでカバー出来てない。と考えます。それでは機械翻訳。 GAPに注意しなさい VLT器具は、若いガス円盤で惑星の存在をほのめかす 2008年9月8日 天文学者は凌駕されない詳細で若い太陽のような恒星の回りに惑星形成円盤をよく見ることができた。 . . . 本文を読む
コメント

スピリットとオポチュニティー

2008-12-30 20:50:51 | 宇宙開発
まだまだ元気な火星探査車、来年も次の探査目標に向かって前進します。太陽電池に積もったちりは、神風ならぬ火星の風が払います。以下、機械翻訳。 スピリットとオポチュニティー 5年の近くの科学と発見のマーズローバー PASADENA、カリフォルニア-彼らが火星の上で彼らの忘れがたい着陸の5回目の記念日に近づいて、NASAローバースピリットとオポチュニティーには前に大きい業績がまだあるかもしれない 2004年1月3日にパサデナ(カリフォルニア)でNASAのジェット推進研究所で喝采した何百人ものエンジニアと科学者のうち、オポチュニティーが先例に従ったときスピリットが問題なく、そして、21日後で着陸したとき、何もチームが2009年に両方のローバーをまだ操縦していると予測しなかった。 . . . 本文を読む
コメント

4タイプ生命星

2008-12-29 19:51:29 | Weblog
4タイプっていうけど2タイプだろ。地球のように海洋が液体のタイプと、エウロパのように海洋が氷で覆われているタイプ。 火星に生命が居るとすれば、大昔に海が有ったからだと思う。だから地球タイプ。SFじゃないから、シリコン生命体とかは、考えなくていいんだ。以下、機械翻訳。 提案される4種類の住むのに適した惑星 各々のタイプには、生物への家である様々な見込みがある 生物の起源と地球以外の世界の居住適性は、今日科学に向かっている最大のミステリーのうちの2つである。 多くの研究はこれらの話題を専門とした、しかし、確答の不足がまだある。 . . . 本文を読む
コメント

ディープインパクト帰る

2008-12-28 18:13:23 | 宇宙開発
画像版権:NASA/JPL ディープインパクトは、ハートレイ2彗星探査のために地球周回軌道に戻ります。 正確には、地球に、まとわり着きながら太陽の周りを公転しているでしょうが、図は地球を中心とした座標なので地球周回軌道に見えます。以下、機械翻訳。 エポキシ宇宙船は、家に向けて噴射する 2008年12月11日 NASA/JPL エポキシ宇宙船は、12月29日に地球接近通過を準備するために、今日、そのエンジンを噴射した。 . . . 本文を読む
コメント

毛繕い2

2008-12-28 16:56:51 | 
いつもの場所で、あさみが毛繕いを始めたので撮影しました。 . . . 本文を読む
コメント

恒星間粒子検出

2008-12-27 17:34:16 | Weblog
機械翻訳の画像解説。ほこりだらけの散乱スクリーンに埋め込まれた小石で散る光学光の幾何学。 可変ソースに関する例は、新星と、変光星とGRBの光学余韻です。 ブリリアント・ペブルズ:非常に大きい恒星間の粒の検出のための方法http://xxx.lanl.gov/abs/0812.3913 「順方向に散る言い換えれば、「小石」という半径ap~1mmのほこりの粒に相互作用させるが受ける波長λ~1μmの光子、小さい独特の回折角度θs~λ/ap~100秒角の主に中で。 . . . 本文を読む
コメント

きらめき星雲

2008-12-26 20:16:47 | Weblog
画像版権:ESO 星雲は、「あっしには、かかわりあいの無いこって」とスルーしていましたが、季節ネタでした。アストロノーツを見てからの翻訳なので、完全に出遅れ。以下、機械翻訳。 星のきらめくスプレー お祝いの季節は、この劇的な新しいイメージの形で欧州南天文台(ESO)で、天文学者のために来た。 それは、NGC 2264 ― クリスマス・トリー星団のきらめく青いお飾りを含む空の領域 ― として知られている地域のまわりで、渦巻いているガスを示す。 NGC 2264は、オリオン(狩人)のよりおなじみの姿から、遠く一角獣座(一角獣座)のはっきりしない星座の地球から、2600光年について嘘をつかない。 画像は、横切って30光年についてスペースの地域を示す。 . . . 本文を読む
コメント

多重星系高傾斜角惑星

2008-12-26 20:06:03 | 惑星形成論
最近、お気に入りの言葉「古在メカニズム」を、とりあえず訳しました。発見された4重星系HD98800で、惑星が存在する場合をシミュレーションしたら、高軌道傾斜角なら安定ということ。以下、機械翻訳。 マルチ星系の高軌道傾斜角惑星 古在メカニズムは、しばしば高傾斜軌道を不安定にする。 それは離心率と傾きの変化を結合させて、高傾斜角、低傾斜角への周回軌道、変わった軌道へ動かす。 4重星系HD98800(Verrier &エヴァンズ2008)の微惑星体の力の最近の研究において、安定粒子のかなりの数が、明らかに、古在不安定性を避けることができる内部の連星の一組について、周辺バイナリの極軌道にあった。 ここでは、我々はこの特徴を孤立させて、数と分析モデルを通して力を調査する。 . . . 本文を読む
コメント

低軌道傾斜角EKBO明るい

2008-12-25 20:45:29 | 太陽系外縁部
力学的に冷たいカイパーベルト天体の方が、反射能が高い。表面が常に新しいのか、組成の問題なのか。以下、機械翻訳。 低傾斜角古典的なカイパーベルト天体の高い反射能 私たちはスピッツァー宇宙望遠鏡を使用することで作られた15個の海王星以遠天体(TNOs)からの熱放射の観測を提示します。 13個の目標が古典的カイパーベルトのメンバーです:6力学的に熱い古典的天体、5力学的に冷たい古典的天体、および2力学的に冷たい内側の古典的カイパーベルト天体(KBOs)。 . . . 本文を読む
コメント