猫と惑星系

押し記事 水星の捉え難い起源。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

原始星にかんらん石の雨

2011-05-31 20:46:09 | 宇宙望遠鏡
画像版権:米航空宇宙局 / ジェット推進研究所 - カリフォルニア工科大 / トレド大学 原始星のジェットでかんらん石が出来るなら、原始惑星系円盤全体に降りかかるから、彗星に高温化で形成される物質が入ってるのが当然か。以下、機械翻訳。 スピッツァーは幼児の恒星の外の雲で結晶の「雨」に会います NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡は olivine(かんらん石) と呼ばれるごく小さい緑の結晶が発展途上の星に雨のように降っていると思われるのを見つけました。 2011年5月26日 カリフォルニア州パサディナ - NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡からの観察によれば、 olivine と呼ばれる緑の鉱物のごく小さい結晶は雨のように急成長している星の下にあっています。 これは、星を形成することについて、つぶれるガスとほこりまみれの雲で、このような結晶が観察された最初のときです。 天文学者がまだ結晶がどのようにそこに着いたか討論しています。しかし最もありそうな犯人は萌芽期の恒星から撃つガスのジェットです。 . . . 本文を読む
コメント

ドーン、ドーン、ドーン、ヴェスタ、ヴェスタ

2011-05-30 19:02:15 | 宇宙開発
ドーンジャーナルを訳しました。6月6日にはヴェスタに58万kmまで接近するそうです。 ドーンジャーナル 2011年5月27日 親愛なるDependawnble 読者の皆様、 それが ヴェスタに接近し続けるとき、ドーンは健康で、そして正しいコースについているままでいます。 そのイオン推進でシステムを押して、それがこれまでのところその惑星間の旅行の大部分のために持っているように、宇宙船はただ進んだ原始惑星のそれに次第にその太陽の軌道に合っています。 小惑星帯のこれらの2個の小惑星は、1個が非常に新しいという状態で、そして1個が非常に年をとっているという状態で、太陽中を旅行するとき、それらは今までに近寄ります。 地球と多くの他の太陽系の天体がそうするのとちょうど同じように、 ヴェスタは繰り返しそれを繰り返して、それ自身のよく知られた道を追います。 ドーンは、キセノンイオンの青緑の中心人物の頂点に太陽から離れて登って、(今まで)らせん状のルートをとっていました。 蓄積された合計2年半以上をイオンエンジンで押すことで、毎秒6.5キロ以上の速度の効果的な変更を提供して、調査はその惑星間の旅の最初の行程の終わりに近いです。 . . . 本文を読む
コメント

目標は小惑星

2011-05-29 19:56:57 | 宇宙開発
BBCの予想通りなら、はやぶさの成功は、各国宇宙局に対する黒船です。これからの探査目標は小惑星や。 オシリス・レックスのサンプリング方法は、窒素ガスを吹き付けて吸引するのと粘着シートみたいですが、エアエレメントみたいな円盤を小惑星に押し付けた後カプセルに入れているので、エアエレメントの中に表面を剥ぎ取るヤスリか鉋でも入っているのかと思います。 ロボットと人が小惑星に目標を定めます 地球低軌道と宇宙ステーションを越えて宇宙の人間の探究に関係があるこの前の週2つの重要な発表がありました。 最初はそれがその「キャンセルされた」オリオン概念に基づいて多目的のクルー車(MPCV)の開発を押し進めるであろうという Nasa によっての確認でした。 . . . 本文を読む
コメント

ジュノー太陽電池パネル畳む

2011-05-28 18:39:16 | 宇宙開発
画像版権:米航空宇宙局/ジェット推進研究所-カリフォルニア工科大学/ケネディ宇宙センター 木星探査機ジュノーの太陽電池パネルが、テストを完了して折り畳まれます。木星周回軌道での発電量は、450Wと扇風機9台分です。色んな事を同時に出来ないでしょうから、観測データを溜め込んで、定期的に地球と通信するんでしょうね。以下、機械翻訳。 ジュノーのソーラーパネルがテストを完了します 2011年5月27日 カリフォルニア州パサディナ - それらが打上の後に宇宙に配置されるまで、木星へのそのミッションの間にNASAの木星探査機ジュノーに電力を供給するであろう3つの大きいソーラーパネルは、それらの光の最後のフォトンを見ました。 木星行きの探査機のパネルの最後のものがフロリダ州タイタスビルで、 Astrotech 搭載機器処理施設で飛行前のテストを完了して、そして5月26日木曜日、その発射形状の中に探査機の側面に向かって折られました。 ソーラーパワー充電式の探査機ジュノーは、30回いっそうガス巨大惑星の起源、構造、大気と磁気圏について見い出すべき木星の極を旋回するでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

火星=原始惑星

2011-05-27 11:35:22 | 太陽系
月が出来た原因として、火星くらいの原始惑星が原始地球に衝突したジャイアントインパクト説が有名ですが、火星は原始惑星から成長出来なかった原始惑星の生き残りです。 イトカワは、46億年前に形成された微惑星が壊れて出来た小惑星なので、微惑星クラスのヴェスタ、セレスがドーンの詳細観測で組成がある程度絞れたら、ダストから原始惑星までのシナリオの検証が出来上がり?以下、機械翻訳。 火星のために、速い形成が成長を妨げました ジャーナル「ネイチャー」の5月26日号で発表された新しい研究によれば、火星は、地球よりはるかにいっそう速く、太陽系の出生の後にわずか2から4百万年で発展しました。 赤い惑星の速い形成はそれがなぜそれほど小さいか説明するのを助けます、と研究の共著者、シカゴ大学においてのニコラス Dauphas とマイアミ大学(Fla.)においてのアリ Pourmand 、が言います。 火星はおそらく太陽系で他の小さい体で衝突によってそのフルのサイズ50から1億の年以上になった地球のような地球型惑星ではありません . . . 本文を読む
コメント

オシリス・レックスの予定

2011-05-26 11:58:37 | 宇宙開発
米航空宇宙局/ゴダード宇宙飛行センター/アリゾナ大学 アリゾナ大学が主導する小惑星サンプルリターン、オシリス・レックスは2016年打上げで2023年帰還予定。はやぶさ2より後です。 持ち帰るサンプルの重さは、56グラム以上なので、大きな手で鷲づかみにするのでしょうか。 2016年NASAは、小惑星への新しい「サイエンス」ミッションを開始する NASA は2016年に小惑星に探査機を発射して、そして自動化された部門をもっと良く我々の太陽系の形成と生命がどのように始まったか説明することができたサンプルを引き離すために使うでしょう。 起源 - スペクトルの解釈-物質身元確認 - 安全 - レゴリス探査機、あるいは OSIRIS - レックス、と呼ばれるミッションは地球に戻る小惑星からのサンプルを運ぶ最初の合衆国のミッションでしょう。 「これは地球低軌道を越えて我々の範囲を延長して、そして遠い宇宙の彼方の中に調査するためにオバマ大統領によって概説される目的を満たすことにおいて重要なステップです」、とNASA長官チャーリー・ボールデンが言いました。 . . . 本文を読む
コメント

エンケラドスの液体水の証拠増

2011-05-25 18:23:55 | エンケラドス
画像版権:米航空宇宙局 / ジェット推進研究所 / 宇宙科学研究所 ネーチャーニュースにエンケラドスの液体水の証拠が増えたニュースが載ってたので訳しました。 化学組成と、潮汐加熱を効率的に熱変換するには、地下大洋が有利ということで液体水が有るはず。 ジェットが結晶化した雪が125m積もっている地域も有るので長期間活動しているエンケラドス。決定的証拠は、次期探査機(タンデム)待ちですか。以下、機械翻訳。 エンケラドスの液体水のために証拠が増します あいまいな印象にもかかわらず成功している液体のキャンプ。 証拠は、土星の氷で覆われた衛星エンケラドスの表面下に液体水が隠されて横たわるという考えを支持して成長しています。 若干の科学者が特有いく筋もの衛星面から噴出しているのを見られた氷の結晶が、それがエンケラドスについて暗示するであろうすべてを生命の可能な住居として、地下水情報提供者によって入れられる間欠泉のような特性であることを希望します。 . . . 本文を読む
コメント

ケプラー発見多惑星系

2011-05-24 18:37:04 | 宇宙望遠鏡
画像版権:ダニエル・ファバッキー 恒星の前を系外惑星が横切る事による恒星の減光を利用して、系外惑星を見つけているケプラー宇宙望遠鏡。思ったよりたくさんの多惑星系を発見しています。 原始惑星系円盤の中で惑星が形成されることから、最初は同一平面を公転しているのでですが、ガス惑星が有ると強力な重力で散乱されるため、離心率だけでなく軌道傾斜角まで変化するためフラットな惑星系でいられないそうです。 ケプラーが見つけた多惑星系には、ほとんどガス惑星が無いそうです。天王星のような氷惑星が限度。ガスが無くなってから形成されたのか?太陽系に生まれて良かった。以下、機械翻訳。 ケプラーの多数の惑星のシステムの驚くような成果 マサチューセッツ州ケンブリッジ - NASAのケプラー宇宙望遠鏡は、それ自身が多作の惑星ハンターであることを証明しています。 ただ最初の4ヵ月のデータの中で、天文学者が1,200以上の惑星の候補の証拠を発見しました。 それらについて、408が複数惑星を含んでいる惑星系で存在します、そして人たちの大部分が我々の太陽系と非常に異なっているように見えます。 . . . 本文を読む
コメント

往き易いNEO

2011-05-23 11:28:31 | 宇宙開発
アメリカでは、有人小惑星探査に向けて、出きるだけ短期間に往って還れる小惑星をリストアップ中。 低軌道(LEO)からデルタV4.5km/s未満で65個。ちなみにイトカワ-地球間はデルタV2.2km/s。サターン5型級のロケットならオリオン宇宙船を送り込めるのでしょうか。 着陸船が不要な分たくさん岩を持ち帰れる。 以下、機械翻訳。 極端に低いデルタ-V天体と人間の探究に対しての小惑星 要約:地球近傍小天体(NEOs)へのミッションはNASAの新しい「柔軟なパス」アプローチで重要な渡航先です。 NEOsは科学のために、それらが提出する危険のために、そしてそれらのリソースのために同じく重要です。 この選択が大いに有効搭載量を NEO に増やすことができるとき、我々は目標選択基準としてLEOからNEO待ち合わせ場所まで極端に低いデルタ- Vの重要性を強調します。 . . . 本文を読む
コメント

ハートレイ第2彗星スピンレート下がります

2011-05-22 12:21:38 | 太陽系
去年の地上望遠鏡の20夜観測で、103P / ハートレイ第2彗星の自転が遅くなっていることが判明。EPOXIの写真でも分かるようにガスやら水蒸気やらを噴出してるので、回転軸まで変化してても驚きません。以下、機械翻訳。 研究者利益 ハートレイ第2彗星への新しい洞察 ハートレイ第2彗星のイメージが2.1メートルの望遠鏡において2010年9月3日にとられます アリゾナ州ツーソン近くのキットピークの国立観測所で。 赤いこのイメージが示す CN ガス(シアン)がいっそう豊富である地域。 イメージは、取り去ることによって、強化される ジェット特徴プレゼントを強調するために背景の基礎となります。 北が上で そして東が左にあります。 イメージは横切ってほとんど80,000kmである、そして彗星核です どちらが解決されないかがセンターにあります。 赤い筋は星の小道です。 2011年5月16日 - 惑星の「サイエンス」研究所研究者による新しいペーパーによれば、変化している自転のレートを持っている倒れている彗星核が初めて観察されました。 103P / ハートレイ第2彗星の最近のNASA EPOXI 宇宙船近接飛行から収集された情報と同様、これらの調査結果は、研究者がもっと良く彗星とそれらがもしかすると人間の太陽系探究を助けることにおいて果たすことができた役割を理解しようと努力するとき、新しい洞察を提供することを予想されます、 . . . 本文を読む
コメント