猫と惑星系

押し記事 水星の捉え難い起源。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

小惑星表面氷

2010-04-29 17:56:33 | 太陽系
画像版権:G. P rez (カナリア(スペイン)の天体物理学研究所) 氷で覆われた小惑星発見の新聞報道で気がつきました。 メインベルト彗星とは違いチリを噴出していないので、完璧小惑星分類なのでしょう。 でも、最大小惑星のセレスにも水があるとかあったので今更感もあります。検出としては初めてなのかもしれません。表面にあると採取が簡単なので有人探査向きかな。 なんにしろ、小惑星探査が盛り上がれば良いんですが。はやぶさ2につながらないと、何の意味もない。以下、少し機械翻訳。 小惑星テミスは「霜で覆われた表面」を持っています . . . 本文を読む
コメント

松尾大社の山吹

2010-04-29 17:24:13 | 京都
風邪で撮影に行かない時期が長引き25日ぶりでした。御室桜は逃したけど、松尾大社の山吹は間に合いました。 . . . 本文を読む
コメント

見切ったわ。彗星噴出パターン

2010-04-28 19:06:04 | 彗星探査機ロゼッタ
画像版権: 天体物理学会アンダルシア(ルイザ・マリア・ララ) / MPS どこ?どこ?どこから噴くのか彗星表面。彗星探査機ロゼッタが壊れずにチュリモフ・ゲラシメンコの核に接近する航路発見か? 地上からの観測とシミュレーションから噴出パターンを見切ったようですが、ロゼッタとフィラエが実地検証になります。以下、機械翻訳。 彗星がほこりを発散するところは? 太陽系研究のためのマックス・プランク研究所の科学者が彗星の表面上アクティブな地域を識別します。 彗星を研究することは非常に危険であり得ます - 特に終了から上へ。 なぜなら彗星の表面でいわゆるアクティブな地域から宇宙に発散されたほこりの微粒子は宇宙探査機に損害を与えることができますから。 ドイツの太陽系研究のためのマックス・プランク研究所からの科学者が今ただ地球から入手可能な情報だけを使ってこれらの地域を見つけることができるコンピュータモデルを育成しました。 . . . 本文を読む
コメント

オールトの雲に伴星?

2010-04-27 19:49:36 | 太陽系外縁部
予想される伴星の軌道要素は、軌道半径15,000AU離心率0.5未満、軌道傾斜角103度。質量1~4倍の木星質量と具体的です。彗星の分布から逆算して導き出した結論なので、神戸大学の惑星Xとはかなり違います。アメリカのWISEであっさり見つかる大きさなので1年以内に結果が出そうです。以下、機械翻訳。 オールトの雲での木星質量の太陽の伴星の頑固な証拠 要約:我々は更新された 原動力 を提出します、そして太陽を示唆している外のオールト雲 彗星 証拠の統計上の分析が遠い - 連星の 木星質量伴星を持っています。 結果は外のオールト雲の一番奥の地域で質量の~1-4の M_Jup を旋回する伴星が存在するという推測をサポートします。 我々の最も制限付き予言は莫大なコーディネートを着て通常の軌道のオリエンテーションの角度が上昇的なノードω = 319度の莫大な経度に集中させられる . . . 本文を読む
コメント

WASP-17b

2010-04-25 19:47:52 | 系外惑星系
WASP-17bは直径が木星の1.5から2倍で重さが土星の1.6倍、推定比重0.13と、めちゃくちゃ膨らんでいます。中心星の自転方向と逆に公転しているので、他のガス惑星を系外に弾き飛ばした反動で、逆回転を始めたと考えられます。以下、機械翻訳。 超低比重系外惑星 私たちはWASP-17bトランジットの巨大惑星、現在知られている最少密度の惑星の発見を報告します。 木星の6-14%の密度で、1.6倍の土星質量にもかかわらず、1.5-2倍木星半径です。V=11.6と等しい F6恒星、WASP-17bがサブ太陽の金属量の周りの3.7日の軌道にあって、です。 ロシター-マクラフリン効果の予備の検出は、WASP-17bが逆転軌道(ラムダ~-150度)にあるのを示します、乱暴な歴史意味ありげな惑星惑星か星惑星の散ることを暗示しています。 . . . 本文を読む
コメント

サーフィン ビーナス

2010-04-23 11:19:46 | 金星
画像版権:ESA   金星の雲の色は清らかに白い。だが、嵐のように荒れ狂い、その香りは硫酸の匂いがする。ヴィーナスエキスプレスは、ソーラーパネルの空気抵抗量をリアクション・ホイールの制御量から逆算する方法で、金星上層大気の状態を定期的に測定しています。 5月18日打上予定の、あかつきの仕事が増えるのか?以下、機械翻訳。 他惑星の大気で波乗りします 2010年4月21日 ヴィーナスエキスプレスが惑星の大気の弱々しいひと握りをとらえるために、そのソーラーパネルを帆として使用した「空気抵抗」キャンペーンを完了しました。 テストは、ほとんど180km暑い惑星の上に大気の密度を測るためにオービターを極めて美しく正確なセンサーとして使用しました。 5つの 空気抵抗 測定の間に先週、ヴィーナスエキスプレスのソーラーアレイとコントロール制度はフライトの方向に種々の角度において、 . . . 本文を読む
コメント

はやぶさ 帰還日時発表

2010-04-22 11:15:50 | 宇宙開発
『「はやぶさ」搭載カプセルの地球帰還は、平成22年6月13日、日本時間23時頃、着陸場所は豪州ウーメラ立入制限区域の予定です』と発表がありました。 まずは、オーストラリア政府に「ありがとう」とお礼を言いたい。そして、交渉に当たった関係者の方々ご苦労様でした。 日本と時差の無いオーストラリア、現地で回収に当たる方は、真っ暗な中でも足元注意で頑張ってください。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

恒星活動と熱い木星スペクトル

2010-04-20 12:15:32 | 系外惑星系
彩層活動星chromospherically active starsが、日本語の検索で掛からないので、詳しいことは不明ですが、接近して公転しているのでホットジュピターの大気に、コロナだけじゃ無くプロミネンスが当たるくらい活発に活動しているのかも。以下、機械翻訳。 恒星活動と熱い木星発光スペクトルの間の相互関係 要約:我々は熱い木星発光スペクトルの観察された特性とCa II H & K輝線を使って測定したホスト星の活動レベルの間に相互関係の証拠を提出します。 我々は、吸収(HD 189733、 TrES - 1、 TrES - 3)で水で標準的な、非反転 1D の大気モデルでよく記述される 昼側発光スペクトルを持っている惑星が 彩層活動星を旋回することに気付きます、他方高々度温度倒置と排気での水の存在と矛盾しない発光スペクトルを持っている惑星がより静かな星を旋回します。 . . . 本文を読む
コメント

冥王星糖蜜模様

2010-04-18 21:45:26 | 太陽系外縁部
画像版権:米航空宇宙局NASA / 欧州宇宙機関ESA / サウスウエスト総合研究所SWRI 暗い部分が有機物。白い部分が凍った大気。以下、機械翻訳。 NASA - 冥王星の神秘的な糖蜜模様 2010年4月16日:寂しい冥王星は我々の太陽系のエッジにおいて暗闇の中で浮きます。 それは非常にはるか遠くにあるので、ハッブル宇宙望遠鏡さえ細部を理解するのにてこずります。 にもかかわらず、冥王星は非常に面白いので、準惑星のファジーイメージさえ説得的です。 サウスウエスト総合研究所の研究者中心マーク Buie のチームが最近今日までの最も良いハッブルイメージを発表しました: データは驚くべき量の活動で氷で覆われた糖蜜色の世界を明らかにします。 Buie は1994年にとられたハッブルイメージ対2003を比較して、そして、南半球がうす暗くなった間に、冥王星の北半球が明るくなったことを見いだしました。 . . . 本文を読む
コメント

潮汐加熱だけじゃ物足りない

2010-04-17 19:26:04 | 系外惑星系
ホットジュピターの比重の少なさ(膨張)は、潮汐加熱だけじゃない。恒星からの加熱他全部検証しましょうということ。以下、機械翻訳。 潮汐加熱は、ふくれた系外惑星を説明するのに十分ですか? 一貫した計算が有限の最初の風変わりを説明する 要約:このペーパーで、我々は潮汐力が影響している短期系外惑星の一貫した進化と惑星の重力熱的進化を提出します。 反抗的に前の類似の研究に、我々の計算は完全な潮の進展に基づいて離心率、 軌道傾斜 とスピンでどんなオーダーにおいてでも正当な Hut モデルの方程式です。 我々は、分析的にもそして数値的にも共に、惑星系がほとんど円形の軌道(e < 0.2)で構成された場合を除いて、首尾一貫して完全な潮の方程式を解くことは正しい潮の進化の歴史を得るために義務的であることを明示します。 . . . 本文を読む
コメント (2)