猫と惑星系

押し記事 小石の結合塊の重力崩壊による彗星形成の証拠。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

惑星Xの論文の要約

2008-02-29 21:50:06 | 太陽系外縁部
今日は 6) 記者発表にて用いられた資料 が載ってます。向かって右が観測結果と理論の整合性の説明。以下、機械翻訳。 冥王星以遠外惑星の起源と海王星以遠ベルト構造 要約 海王星以遠天体(TNOs)は太陽系外縁部の衝突的に動的に発展された微小惑星体円盤の残りです。 海王星以遠ベルト(または、エッジワース-カイパーベルト)として知られているこの複雑な構造、円盤の特性、惑星構成、および他の進化論の過程に関する重要な手がかりを明らかにすることができます。 増大理論の予測と対照して、TNOsは驚くほど大きい離心率e、および軌道傾斜角i、異なった力学的なクラスに分類できます。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

惑星Xへの質疑応答

2008-02-28 21:37:32 | 太陽系外縁部
画像著作権: PatrykソフィアLykawka、神戸大学)  朝起きたら新聞の1面に第9惑星の記事が、ネット検索したら神戸大にプレスリリースがありました。 太陽系外縁部に未知の惑星?物凄く気になるのに国内ネタだからと諦めかけてたら英語が有りました。 各国のジャーナリストの質問に対する回答例を訳しました。ポルトガル語を除いて。以下、機械翻訳。 質問1。あなたが時間を見つけることができるなら、メールして戻って、簡潔に、あなたの仮定している惑星が非技術系の言語で説明するのを助ける現象をまとめることができて頂ければ、幸いです。 海王星以遠天体(略してTNOs)がエッジワース-カイパーベルト(EKB)と呼ばれる領域の海王星を超えて太陽の周囲を軌道を描いて回る冷たい天体であると思い出しましょう。 . . . 本文を読む
コメント

金星版巨大衝突

2008-02-27 01:54:38 | 太陽系
画像版権:ジェミニ天文台/Lynette Cook  金星が乾いているのは、出来た時からやという学説です。原始惑星の正面衝突やから月も出来ないし、自転速度も遅くなるということらしいが、ブログ始めたころ原始惑星が二度当たる説を訳した記憶があるけど、優位なのはどっちだ。以下、機械翻訳。 メガ衝突は金星を変更しましたか? 2008年2月26日 私たちがそれを知っているように2つの大きい原始惑星の間のメガ衝突は、金星を作成したかもしれません。カーディフ大学の科学者による新しい紙に従って。 金星は地球への姉妹惑星です。 . . . 本文を読む
コメント

梅雨のチャンドラヤーン

2008-02-26 18:48:00 | 月探査
画像版権:ISRO インドの月探査機チャンドラヤーンの打上が7月にずれ込むそうです。かぐやの観測結果が出てきてからの周回軌道投入になるのか?以下、機械翻訳。 7月第1の週まで押されたインドの月の任務 インドの最初の惑星の任務(チャンドラヤーン1)は、現在、任務人員がペイロード統合と打上関連の問題を整理するために残業するとき7月の1週間目に行われるために時期変更されました。 「私たちは6月の終わりを狙っています。」 「私たちは7月の1週間目にそれを作ろうとするでしょう」、匿名を条件にPTIが月曜日にここで言われる38億6000万ルピー(104億円)の月の任務に関連している先任の科学者。 . . . 本文を読む
コメント

猫じゃらし

2008-02-26 17:59:09 | 
いつも変化の無い写真を打破しようと、猫じゃらしを使ってみました。 . . . 本文を読む
コメント

お疲れさんユリシーズ

2008-02-25 21:24:52 | 宇宙開発
画像版権:ESA 良くがんばりました。基本計画の4倍がんばったんだから十分です。しかし、60Wの電源を切れないだけで止めを刺されるとは、いろんな意味で冷たい方程式だ。 黄道面から垂直方向に軌道を変更するにはかなりΔVが必要らしいけど、2回以上の地球、月、スイングバイでは足りないのかな? 火星探査機のぞみのスイングバイhttp://www.isas.ac.jp/j/snews/2003/08_01.shtmlを見たら出来そうな気がします。 太陽の極を見たい調べたいという需要もあるけど、太陽電池にも耐用年数があるからRTGと稼動年数が変わり無かったりして。 でも、軌道が小さい分、観測回数は増える。まず、深宇宙ネットワークの構築が先だな。以下、機械翻訳。 本来の終わりに来るユリシーズ任務 2008年2月22日 ユリシーズ、太陽の極、および私たちの星の周囲の宇宙への影響を研究する任務は終わっています。 . . . 本文を読む
コメント

冥王星3衛星の潮汐

2008-02-24 19:43:36 | 太陽系外縁部
永年共鳴による移動はあるのか無いのか?捕獲形成って言ってたやん。形成した後移動したの?以下、機械翻訳。 冥王星の3つの衛星の軌道へのカロンの潮汐の減衰効果 冥王星は最近、小さい衛星(ニュクスとヒドラ)がほとんど円軌道を持って、ほとんどカロン(冥王星の主要な衛星)と同一平面であると発見しました。 冥王星との潮汐の相互作用が彼らの離心率を減衰とすることができないくらい苦手であるので、これは驚くべきものです。 . . . 本文を読む
コメント

私の宇宙開発に対する考え

2008-02-23 22:00:06 | 宇宙開発
「宇宙開発に関する長期的な計画」に関する意見募集の結果について156件の意見が寄せられたそうです。 募集開始から締めきりまで2週間しか無かったから、しかたないのかもしれないけど少ないです。 私も「はやぶさまとめ」の「はやぶさニュース」で見つけたから 1週間しかありませんでした。でも、日頃の鬱憤が溜まっているから短文ならすぐ書けました。 子供の頃、鉄腕アトムを見ていたので、こんな21世紀にがっかりだよ。というのが根底にあるのですが、人間を宇宙を送り出すのなら目標は太陽系全域でないとダメ。 月とか地球からの補給を充てに出来る場所で満足してるようではいけない。 とはいうものの予算には限りがあり、科学技術レベルにも限界がある。 . . . 本文を読む
コメント (2)

捕まえたニュクスとヒドラ

2008-02-23 08:01:16 | 太陽系外縁部
ニュクスとヒドラの起源は巨大衝突じゃ無いやい。捕まえたんだい。と言う案が出ました。本当ならまだ衛星が見つかってない準惑星級天体にもムーンレット級衛星が山ほどまとわりついているはず。 リンドブラッド共鳴の詳しい説明は不明。以下、機械翻訳。 冥王星の小さい衛星、ニュクスとヒドラの起源に関して 冥王星の最近発見された小さい衛星はどのように形成されましたか? ワードとCanupは、ニュクスとヒドラがカロンを生産した衝突で形成して、カロンが外へ移住したときに、カロンとの回転共鳴に捕らえられて、最終的にそれらの現在の位置に輸送された上品な解決策を提案します。 . . . 本文を読む
コメント

今日は猫の日

2008-02-22 21:33:37 | 
猫の写真の在庫が無いのでトリミングしました。 . . . 本文を読む
コメント