猫と惑星系

押し記事 小石の結合塊の重力崩壊による彗星形成の証拠。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

彗星探査機ロゼッタ レポート105

2008-09-30 20:31:10 | 彗星探査機ロゼッタ
画像版権:ESA  シュテインス接近通過後も観測データの送信は続いている。でも新しい画像の公開は無い。仮名手本忠臣蔵の塩谷判官の心境です。由良之助(画像)はまだか?以下機械翻訳 No. 105-重力マイクロレンズ現象観察 2008年9月23日12:51 2008年9月6日から9月19日までの期間の報告 報道期間は、主に科学データのダウンリンクを主な活動とする小惑星接近通過後活動の2週間にあたる。 小惑星接近通過段階の間、得られるすべての科学データは理由でうまく検索された、そして、活動は現在重力マイクロレンズ現象イベントのOSIRIS観察を続けている。 . . . 本文を読む
コメント (2)

宇宙最大ホットジュピターTrES-4

2008-09-29 19:02:06 | 系外惑星系
TrES-4はホットジュピター界最大。地球の20倍の直径がある。久々にTrES-4の記事をアップします。以下、機械翻訳。 新しい分光器で光度測定の分析、通過惑星系TrES3とTrES4 我々は、最近発見される通過している惑星TrES-3とTrES-4の親星の新しい分光器で光度測定の観測を報告する。 高解像度範囲に基づく詳細な質量分析は、TrES-3が[Fe/H]= -0.19 ± 0.08。Teff= 5650±75Kとlog g = 4.4 ± 0.1 とTrES-4のための[Fe/H]= +0.14±0.09、Teff=6200±75Kとlog g = 4.0±0.1。 有効温度の正確さは、いくつかの独立した一貫性チェックで支えられる。 . . . 本文を読む
コメント

木星のジェットストリーム

2008-09-28 19:59:08 | 木星系
遠い地球が消えて、冷え冷えとした惑星を見つめる時、はるか雲海の上を音もなく流れ去るガリレオは たゆみない木星の営みを告げています。今宵、当ブログがお届けするジェットストリーム。以下、機械翻訳 木星のジェットと赤道のスーパーローテーション編成 天体と同方向をとる物体の軌道運動の(スーパーローテーション)ジェットが赤道にあって、木星の上の対流圏のゾーン流れは、逆転して天体と同方向をとる物体の軌道運動のジェットを交替させることに組織される。 既存のモデルは、流れのドライバーとして、空気の差別的な放射性暖房か深い内部から発散している固有の熱流を断定する; . . . 本文を読む
コメント

チャンドラヤーンに乗るESA機器

2008-09-26 19:44:15 | 月探査
画像版権:ISRO/ISAC 久々にチャンドラヤーンの記事がESAに載ってます。搭載されるのはスマート1から改良された近赤外分光計SIR-2、X線分光計(C1XS)。 SARA(Sub-キロ電子ボルト原子反射分析機)はビーナスエキスプレスに乗ってる機器の改良型で、ベピコロンボにはさらに発展した機器を乗せる予定と、実績があるからちゃんと測定できるし、まだまだやりまっせと受け取れる記事です。以下、機械翻訳。 月の任務チャンドラヤーン1号のためのヨーロッパ全セットhttp://www.esa.int/esaCP/SEMM0RQ4KKF_index_0.html 2008年9月25日 3つの機器を分担することによって、ヨーロッパは大規模に月へのインドの宇宙機関のチャンドラヤーン1号飛行任務に参加している。 すべてのこれらの器具は、今は届けられて、テストされて、探査機と統合された。 . . . 本文を読む
コメント

週刊ネコジャンプ

2008-09-25 19:41:35 | 
ピントはお尻に合ってますが、同じくまりちゃんのジャンプです。 . . . 本文を読む
コメント (2)

極冠が片寄ってるのは何故

2008-09-24 20:42:27 | 太陽系
画像版権: ESA/Image Courtesy of F. Altieri (IFSI-INAF)とOMEGAチーム  極冠には低気圧が発生すれば雪が降り、高気圧では、放射冷却による霜堆積。表面積が多い分、霜が早く昇華する。その結果、雪が積もった地域の極冠が長く残る。以下、機械翻訳。 火星極冠の神秘を解決した 2008年9月22日 ESAの周回機マーズエクスプレスからのデータのおかげで、科学者は現在、よりよく、火星の残りの南の氷冠がなぜ置き忘れられるかについて説明することができる-火星の天気システムは責任がある。 そして、最大の衝突火口も ― たとえそれがまったく南極でないとしても ― 火星の上にある。 地球のようで、火星は極冠を凍らせた、しかし、地球とは異なり、これらの冠は氷だけでなくドライアイスで出来ている。 . . . 本文を読む
コメント

あさみ寝

2008-09-23 19:50:03 | 
ジャンプのチャンスをうかがうも捉えられず。またしても寝てる写真です。 . . . 本文を読む
コメント

探査機マルコ・ポーロ

2008-09-22 20:55:03 | 宇宙開発
何でか、マルコ・ポーロの記事が載ってる。イギリスでは、はやぶさは失敗扱いなのか?まだ、運用中なので失敗は、オーストラリアにカプセル落とせなかった時に言ってほしい。 姿勢制御を太陽輻射圧とキセノンでやってる段階で、世界標準的にだめなんでしょうが、まだ通信出来てるしメインエンジンは生きてるし、カプセルに砂が入っていてもイギリスにはあげない。以下、機械翻訳。 小惑星から岩サンプルを集めるロボット任務 欧州宇宙機関は、無人のロボットが地球の近くの小惑星に着陸して、ちりと岩の最高300グラムを採取する野心的な任務を計画している。 マルコ・ポーロ任務の詳細な計画は、ブレーメン(ドイツ)で、Stevenage、ハートフォードシアとOHBで会社のEADSアストリウムで作成されている。 計画がESAの承認を得るならば、任務は2017年に始まることができる。 . . . 本文を読む
コメント (2)

準惑星って何ですか?

2008-09-21 19:00:40 | 太陽系外縁部
太陽系外縁部に大きな天体が隠れている可能性は低いのか。大きさよりも分布の方が重要なのか? IAUの決定に不満があるのか?言いたい事が良く分かりません。 全天観測がどの程度進んでいるのか不明ですが、専門家が書いてると惑星Xの可能性も無くなりそうで、夢が消えます。以下、機械翻訳。 準惑星ってなんですか? 2008年9月20日土曜日 IAUが第5準惑星を公式に宣言した今、(サイズの順に:エリス、冥王星、マケマケ、ハウメア、ケレス)、我々の新しい準惑星は乾期にたぶん直面しそうである。 空の予備検索はほとんど終了している。そして、誰も彼らの背中の隠しポケットに入れるハウメアサイズの新天体を持たない(私が知る限り)。 我々は、多分しばらく5つの公式準惑星しか持たないだろう。 . . . 本文を読む
コメント

ジャンプ

2008-09-20 16:17:48 | 
やっと、飛行形態の猫を撮影できました。マニュアルなので思い切りピントを外してますが、シャッターを押してからの反応速度は及第点。タイミングは問題なし。 . . . 本文を読む
コメント (2)