猫と惑星系

押し記事 なぜ1I / 2017 U1(オウムアムア)がロッキー。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

落ち葉と猫

2010-01-31 19:20:39 | 
雨で家に篭っていたため、在庫整理です。 秋に撮影して載せてない猫です。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

HAT-P-13系

2010-01-31 19:17:25 | 系外惑星系
エキセントリックプラネットの内側に、岩石惑星が回転していると仮定すると、潮汐力で軌道を傾けられても同一平面を回転する可能性が高い。と書いてある?以下、機械翻訳。 潮汐力でゆっくり傾いているシステムでの惑星の構造の確定 要約:HAT-P-13 を旋回している大規模な高離心率な仲間と一緒の楕円軌道に関する通過している惑星の最近の発見は、短期惑星の構造を探査する可能性を提供します。 これをする能力はシステムが、離心率がいつもの永年なタイムスケールの上に絶え間がなくて、そしてシステムの時代よりずっと長いタイムスケールの上に堕落するという意味で、準均衡の状態であることに頼ります。 均衡奇行が効果的に観察可能なシステムパラメータのだけの機能と短期惑星の未知のラブ数ですから、後者は惑星の離心率と半径の正確な測定で決意し得ます。 . . . 本文を読む
コメント

潮汐ロック水惑星

2010-01-30 19:56:38 | 惑星形成論
地球の場合、月の方が潮汐ロックされていて、地球は太陽に潮汐ロックされていないので、海洋がある惑星が潮汐ロックされるほど恒星に近づくことが出来るのか疑問です。金星のように、ほとんど自転が止まっている惑星に海が有ったら自転と公転が一致するようになるか?以下、機械翻訳。 地球型で潮汐ロックされている水惑星の大気の原動力 要約:我々はそれらの星、1つのサイドが常に恒星と対面し、そして他のサイドが常に暗いように、それらの引き寄せ軸についてすなわち、公転周期が、自転周期と等しい惑星の潮汐ロックされている地球のような水惑星の大気のシミュレーションを手渡します。 遅い、そして速い回転の効果を例証している極端なケースとして、我々は回転を持った惑星が1の現在の地球年とある現在の地球日と等しい期間であると思います。 . . . 本文を読む
コメント

あさみvsまり

2010-01-30 19:46:49 | 
今回は、まりちゃんの勝。食器棚の上に逃げたあさみと冷蔵庫の上のまりちゃん。 . . . 本文を読む
コメント

野良

2010-01-29 21:14:28 | 
梅の前に発見した野良猫です。人に危害を加えられないせいか、のんびりしてます。近づいても逃げません。 . . . 本文を読む
コメント

プロメテウス外見

2010-01-29 21:07:59 | 土星系
画像版権:NASA/JPL/宇宙科学研究所 両面焼き半熟卵は見たことないけど、フライパンでは片焼きになるので、オーブンか専用調理器が必要なのでは?それに、写真を見る限り失敗したゆで卵。 86 kilometers across at its widest pointを、最も長い部分で86kmと訳しましたが、ワキぺディアより小さいぞ(画素数×画素当り大きさで計算すると114kmでした)。egg-cellentといい、短文の割りに難しいぞNASA。以下、機械翻訳。 プロメテウス:両面焼き半熟 2010年1月28日 土星のフライパンで焼いた後の空の卵のように見えて、プロメテウスは2010年1月27日にNASAの周回機カッシーニにその穴だらけの、不整な表面を表示しました。 プロメテウスは、土星の一番内側の衛星の1つです。 それは139,353kmの距離においてガス惑星を旋回して、そしてその最も長い部分で86kmです。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

北野天満宮の梅

2010-01-28 19:04:15 | 京都
京都御苑では、白梅、紅梅ともあまり咲いてませんでしたが、北野天満宮に移動しました。有料の梅園内は、全くだめですが、本殿の周辺はそれなりに咲いてました。 . . . 本文を読む
コメント

月形成仮説

2010-01-27 19:13:08 | 月探査
月が出来たのは、ジャイアントインパクトじゃないやい。暴走した自然原子炉のせいだい。という仮説。月サンプルの高精度分析って、まだ、アポロやルナが持ち帰ったサンプルの分析が続いてたのですね。 同位体が、重元素が分裂した痕跡だとしても、月分の岩石を飛ばす爆発力は、原子炉と言うよりも核爆弾。そんなに上手いことウランが集まるものだろうか?壊れん程度に、火星クラスの原始惑星が原始地球にぶつかるのと、どっちが確率が高い。以下、機械翻訳。 月の形成のための代わりの仮説 要約:月のサンプルの最近の高い精度の測定が非常に高い度合いの基本的なものと地球のマントルと月の同位体成分の間の類似性を示します。 軽い、そして重い元素とそれらの同位体両方によって示されるこの類似性は、月の形成のために現在人気がある巨大インパクト仮説で和解することが難しいです。 . . . 本文を読む
コメント

京都御苑の蝋梅

2010-01-27 18:05:11 | 京都
日曜日の代休で、梅を撮影に行きました。 宗像神社の北側の蝋梅も少し咲いてましたが、北西の児童公園周りが、良く咲いてました。 . . . 本文を読む
コメント

抗争後

2010-01-26 19:49:48 | 
冷蔵庫の上をめぐって抗争後のあさみ。まだ、まりを睨み付けています。 抗争中は、カメラが間に合いませんでした。 . . . 本文を読む
コメント