猫と惑星系

押し記事 小石の結合塊の重力崩壊による彗星形成の証拠。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

火星微量ガス周回機

2010-08-31 19:20:47 | 宇宙開発
画像版権:米航空宇宙局/ジェット推進研究所-カリフォルニア工科大学 火星の大気ってみかんの輪切りみたいな構造なのか?周回機が、大気の温度、ほこり、水蒸気、雲の垂直構造を明らかにするイメージ図らしい。 みかんかキャベツか2016年には分かります。以下、機械翻訳。 火星の大気の大きな絵をトレースします 2010年8月26日 火星が世界的に毎日の地図を提供するであろう旋回する2016年のミッションに関する道具の1つ、「極から極への」、温度の垂直の分配、ほこり、火星の大気での水蒸気と氷雲。 共同のヨーロッパ - アメリカのミッション、 ExoMars がガスのオービターを追跡する、は火星での可能な生命についてのわずかなガスの手がかりを探すでしょう。 もっと健全な、この ExoMars 気候と呼ばれる道具は決定的な文脈に大気が構造を変えることについてのその毎日の特徴分析を供給するでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

系外惑星の起源と言うより傾向

2010-08-30 19:44:20 | 系外惑星系
直接撮影される系外惑星とか「星周円盤から出来るにしたら遠すぎるやろ」と言う惑星と、原始惑星系円盤から出来る惑星の違い。金属量が少ないと惑星が出来ない理由がこれを読んだら分かるのか? ホットジュピターが多いとか、木星クラスによる主星の揺れしか検出できないとか、過去のデータをグラフ化して平均値か傾向を書いてるだけかも。以下、機械翻訳。 系外惑星の起源 要約:我々は惑星質量の天体を形成できる2つの方法を探究します。 1つは太陽系のようなディスクシステムにあります。 他が星と褐色矮星ができる密集している集まりにあります。 我々は太陽系にそれらのような諸国を持ち多惑星システムを発見するためにまだ有用な正確さを持っていません;遠いサイトから我々の現在の技術で、ただ木星の効果だけが検出されることができました。 我々は太陽の式星の傑出した、褐色矮星と系外惑星仲間の軌道の特徴(離心率と軌道長半径) . . . 本文を読む
コメント

8月のこけら葺き

2010-08-29 10:34:17 | 京都
今日も仕事で時間が無いので銀閣寺のこけら葺きのみアップします。 . . . 本文を読む
コメント

今週のイカロス

2010-08-28 11:49:18 | 宇宙開発
今週のイカロス君は、レンジング(距離と方向を測定)、RCD制御(Reflectivity Control Device=液晶デバイスによる姿勢制御)を行いました。 イカロスの横っ腹が地球に正対する向きになると、セイルのアルミ蒸着面と電波干渉してうまく通信できないそうです。ビーコン運用と言う8秒毎の電波の強弱でイカロスの状態を伝えるそうです。 16進数のデータと言う事は、1,2,4,8の組合せでしょうか?電波強度グラフでデータを読めるとは、紙テープの孔でプログラムが読める人以上です。 ビーコン運用以前に通信速度が落ちているので、通信開始前から時系列で姿勢変更を実施。 8月26日のイカロス 太陽からの距離:1.00AU 地球からの距離: 3140万km 姿勢:太陽角26.0度 自転周期=1.3rpm(1分間に1.3回転) . . . 本文を読む
コメント

川西湊町ビル

2010-08-27 19:00:48 | 国内旅行
オリンパスプラザ大阪を出てから四ツ橋線でなんばまで移動して、川西湊町ビルの珈琲艇CABINに行ってきました。 大阪地下鉄なんば駅の26-D(なんばウォークの西端)から地上に出ます。 道頓堀川の対岸からデッキ部をアップ。阪神高速の陰で船首部が暗い。 橋の上からデッキ部をアップ。今は暑いからもっと涼しくなってからが良さそうです。 . . . 本文を読む
コメント

星空の彩り

2010-08-27 18:19:46 | Weblog
野村不動産西本町ビルのオリンパスプラザ大阪に、飯島裕 『星空の彩り・OLYMPUS Eシステムで撮った星景』を見に行きました。 展示されている写真は、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還をE-SYSTEMで撮る と同じでプリントの大きさもA5程度と小さいので デスクトップPCの大きなモニターで見てる人は、わざわざ行く必要がありません。 ノートパソコンのモニターより大きい画像を期待していた私は怒りを覚えました。 . . . 本文を読む
コメント

飛ぶアオサギ

2010-08-26 20:16:37 | 
アオサギが居たので少し粘って見ました。おかげで飛行形態のアオサギを初めて撮影できました。 メインの建物よりアオサギを優先。それが『猫と惑星系』 これは、別のアオサギです。 池の反対から . . . 本文を読む
コメント

ナマカとハウメアの相互食

2010-08-25 19:30:40 | 太陽系外縁部
画像版権:多分カリフォルニア工科大学 準惑星ハウメアと衛星ナマカの相互食が見える時期なのでタイミングを解析することで、ハウメアの大きさが分かったり、ナマカの大きさ密度が分かったりするそうです。 ハウメアが、細長いので自転の間に25%光度変化が起こり、ナマカの影響は1%程度なので、本当に分かるのかと思いますが、光度曲線を何十本も解析するんでしょう。以下、機械翻訳。 (136108) 2003EL61 ハウメアとナマカ の相互のイベント 観察者のためのインフォメーション 純粋な偶然の一致によって、次の少数のために年準惑星ハウメア(Haumea) の周りの衛星 ナマカ(Namaka) の軌道は我々の視線にほとんど真横から見ています。 このタイプの形状は長い間続きません、なぜならハウメアがその283年の軌道で太陽中を旅行するとき、我々は異なった角度から連続的に ハウメア系を見るでしょうから。 . . . 本文を読む
コメント

パルサータイミングによる惑星質量測定

2010-08-24 20:00:32 | 太陽系
画像版権:デビットチャンピオン 位置天文学の極みの一つなのでしょうか?惑星相互の位置関係でパルサーの周期ズレが起こるので、パルサー基準で重さを逆算しているようです。 AstoroArtsさんが解説記事を書いてくれる事を期待して今日はこれくらいにしときます。以下、機械翻訳。 惑星を計りにかけること - 水星から土星まで パルサータイミング観察が、新しい方法で惑星質量を見積もることを可能にします。 国際的な研究チーム中心デイビッドチャンピオンで、今ボンの電波天文学のためのマックス・プランク研究所で、オーストラリアからの研究者と一緒に、ドイツ、合衆国、UKとカナダは、パルサーから無線信号を使って、我々の太陽系で惑星を計りにかける新しい方法を思いつきました。 4つのパルサーのセットからのデータが水星、金星、火星、木星と土星とそれらの衛星とリングとを比較検討するために使われました。 . . . 本文を読む
コメント

みなみ

2010-08-23 19:42:48 | 
室内飼いの我が家ですが、猫は外が気になります。 本来はこんな写真を貯めといて、ネタが無い時に使う予定だったのが、猫の写真を撮らなくなりました。 . . . 本文を読む
コメント