奇想庵@goo

Sports, Games, News and Entertainments

[NFL感想] 2012 Week03 #nfljapan

2012年09月30日 22時23分52秒 | アメリカンフットボール


















Week 3
N.Y. Giants (2-1)36-7Carolina (1-2)
Tampa Bay (1-2)10-16Dallas (2-1)
Jacksonville (1-2)22-17Indianapolis (1-2)
Buffalo (2-1)24-14Cleveland (0-3)
N.Y. Jets (2-1)23-20Miami (1-2)
Kansas City (1-2)27-24New Orleans (0-3)
Cincinnati (2-1)38-31Washington (1-2)
St. Louis (2-1)6-23Chicago (2-1)
San Francisco (2-1)13-24Minnesota (2-1)
Detroit (1-2)41-44Tennessee (1-2)
Atlanta (3-0)27-3San Diego (2-1)
Philadelphia (2-1)6-27Arizona (3-0)
Pittsburgh (1-2)31-34Oakland (1-2)
Houston (3-0)31-25Denver (1-2)
New England (1-2)30-31Baltimore (2-1)
Green Bay (1-2)12-14Seattle (2-1)


アップセットの目立ったWeek3。起こるべくして起きたものもあれば、いくつもの幸運が重なって起きたものもある。代替審判の影響も少なからずあるが、これまで見た試合では片方のチームだけにプラスやマイナスが偏るのではなく、両チーム均等に災いをまき散らしている印象だが。

グリーンベイ、デトロイトとNFC北地区の強豪を撃破したサンフランシスコは、北地区で蚊帳の外に置かれていると目されたミネソタに完敗。この試合目立ったのは非常に冷静に攻撃をコントロールしたミネソタQBポンダー。ルーキーイヤーだった昨季は能力不足を感じたが、見違えるようなクォーターバッキング。これが本物かどうかは地区内の厳しい対戦を通して証明されるだろう。サンフランシスコは少し相手を舐めていたところがあったかも。優勝候補に挙げられるサンフランシスコだが、長い低迷をようやく抜け出し、注目されて迎える初めてのシーズンでもある。メンタルをいかにコントロールしていくかは、HCジム・ハーボーの手腕の見せ所と言えるだろう。

サンフランシスコと同じ立場なのがデトロイト。昨季久々に結果を残し、今シーズンに期待がかかるが、苦戦が続いている。大乱戦の中、14点差を追いついてオーバータイムに持ち込んだものの、同点を狙わずに行ったフォースダウンコンバージョンに失敗した。QBスタッフォードが負傷するアクシデントを乗り越えた同点劇だっただけに残念な敗戦。一方、初勝利となったテネシーはこの試合もRBジョンソンは不調。それでもキックオフリターンTDやファンブルリカバーリターンTDなど総合力での勝利と言えるだろう。また、QBロッカーは378ヤードと見事な成績を残した。

ヘッドコーチの手腕という点で濃厚に影響が表れたのがニューオーリンズ。第3クォーター途中で24-6と18点リードしながら追いつかれ、オーバータイムで星を落とした。カンサスシティのRBチャールズに233ヤード走られたとはいえ、試合のマネージメントさえしっかりできていれば逃げ切れた試合だった。ショーン・ペイトン不在の影響は予想以上に大きく、今後にも不安を残す試合となった。

ここまで開幕3連勝はわずか3チーム。ヒューストン、アトランタは妥当だが、サプライズなのがアリゾナだ。同じ開幕連勝のフィラデルフィアをホームに迎えた試合は、しかし、その強さを証明するものとなった。攻撃はWRフィッツジェラルド頼みで決して際立ったものはない。しかし、フィラデルフィアQBヴィックに対して5つのサックを挙げ、常にプレッシャーを与え続けた。前週のニューイングランド戦の勝利は相手のFGのミスに助けられたものだが、そこまで追い詰めた守備力はフロックではなかった。

判定などに助けられたところもあったが、ホームでのシアトルの強さも驚くべきものだった。攻撃はRBリンチ頼みで、ルーキーQBウィルソンはお世辞にも良いとは言えなかったが、守備の踏ん張りは素晴らしかった。強力なグリーンベイの攻撃を1TDに抑えたのは見事。凄まじいクラウドノイズは相手チームの脅威だ。

見ていない試合では、ピッツバーグの敗戦が驚き。QBロスリスバーガーは384ヤード、4TDと傑出した数字を残したが、ランは機能していない。第4クォーターに10点差をひっくり返されての敗戦で、守備にも不安が残る結果だろう。前評判の高かったオークランドはこれが初勝利。RBマクファッデンが113ヤード走ってはいるが、まだ攻撃は期待通りとは言えないようだ。

ルーキーQBで最も期待しているワシントンのグリフィスIIIはパス221ヤード、ラン85ヤードと孤軍奮闘しているが、守備が崩壊していて勝利が遠い。走り過ぎなのも不安材料。
インディアナポリスのQBラックは313ヤード投げ、相手ジャクソンヴィルのQBギャバートの倍の距離を稼いだが、RBジョーンズドリューが177ヤード走ったこともあり勝利はギャバートの下へ。

「パリティ(均衡)」と呼ばれるNFLだが、近年はプレーオフ出場チームの顔ぶれが大きく変わらなかったり、シンデレラチームは現れるもののその数も2、3といった感じで戦力の均衡を感じることが少なかった。
今季は開幕3連勝が3チーム、3連敗が2チームで、27チームが2勝1敗か1勝2敗となっている。本当にパリティなのかどうかはこの先を見てみないとなんとも言えないが、審判問題がようやく解消し、ここからが本当の開幕のようにも感じる。まだ十分に挽回可能な時期だけに、出遅れたチームもこれからの奮闘に期待したい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012.09.29 つぶやきし言の葉

2012年09月30日 02時19分04秒 | Twitter


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012.09.28 つぶやきし言の葉

2012年09月29日 02時19分05秒 | Twitter


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[サッカー感想]2012/09/21-09/27

2012年09月28日 22時19分20秒 | スポーツ
★ブンデスリーガ(第4節)

◆ニュルンベルク 1-2 フランクフルト・・・フランクフルトは自信がついたせいか守備も改善された印象。ただ次戦ドルトムントだけに、真価が問われるのは間違いない。ニュルンベルクは攻撃があまりにも単調。崩す意識に欠け、セットプレイ頼みでは限界もある。
乾はシュートの意識が高く、運動量もある。これをどれだけ持続できるかが今後の課題。一方、清武はチームとしての攻撃にうまく連動できてない。というか、チームとしての攻撃が機能していない。清武がいかにチームをリードしていけるかが鍵になりそうだ。

◆ハンブルガー 3-2 ドルトムント・・・昨年もCLとの両立に苦しんだドルトムント。この試合もロイス、ゲッツェが精彩を欠き、チャンスはあったものの決め切れない場面もあっておよそ1年ぶりのリーグ戦の敗北となってしまった。
ハンブルガーは前節、後半一人欠けながらもフランクフルトを追い詰めただけに精神的には強いものがあった。やはりファン・デル・ファールトという支柱の存在は大きい。それでも、ドルトムントは勝てた試合。3連覇よりもCLメインで戦ってもいいのかもしれない。

◆シャルケ 0-2 バイエルン・・・前半は互角と言って良く、シャルケもバイエルンに見劣りしない戦いを見せた。ただ今のバイエルンは隙がほとんどなく、クロースの好調さも際立っている。最後は地力の差が出てしまった感じ。どこがバイエルンを止めるのか。

◆ホッフェンハイム 3-1 ハノーファー・・・ハノーファーはオウンゴールで先制したものの、前節2得点のフシュティを出場停止で欠き、ヨーロッパリーグでの戦いもあって選手のコンディションは低調。まだ勝ち点のないホッフェンハイムは失点の直後に同点に追いつき勢いをつかんだ。
宇佐美は得点には絡めなかったが、左サイドで相手を圧倒しファウルを受けたりしていた。酒井宏樹の右サイドでの投入は宇佐美対策と感じるほど。まだ周囲との連動は欠けているのでそこが課題。酒井は出ただけって感じ。

◆ブレーメン 2-2 シュツットガルト・・・前半はブレーメンの一方的な展開で2-0。後半ブレーメンの運動量が落ちるとシュツットガルトが攻め、同点に追いついた。終盤両者に退場者が出てドローで終了。まだ勝利のないシュツットガルトはハルニクを次戦失ってしまった。
岡崎、酒井高徳は先発。岡崎はボールに触れる機会は少なくなかったが、怖さを感じさせなかった。酒井は昨期に見せた正確なクロスがほとんどなくなってしまった。監督・選手がほとんど変わらなかったのにどうしてこんなに機能しなくなってしまったのか。

kicker誌の評価:乾1.5、清武3.0、宇佐美3.0、酒井高3.0、岡崎4.5、酒井宏[評価なし](1~6までで少ないほど高評価)
乾は第4節のベストイレブンに選出された。

★ブンデスリーガ(第5節)

◆フランクフルト 3-3 ドルトムント・・・ドルトムントが2点をリードして前半を終えた時にはこんな展開は予測していなかった。同点に追いつかれ、相手のミスから勝ち越したのにまたも追いつかれるという悪夢のような試合となってしまった。サッカーは攻守が連動しているが、特にドルトムントのように全員で攻撃、全員で守備というチームは特に顕著だ。ドルトムントに対して引いて守るのではなく攻めることで活路を見い出すのは、昨期終盤のシュツットガルト戦を思い出す。ハンブルガーやフランクフルトが示した戦術にどう対応するか、緊急の課題だろう。
乾は珍しい(というか、初の)ヘディングシュートでゴールを奪った。3試合連続。マークが厳しくなってきたが、それでも結果を出し続けている。終盤疲労からミスが続いたが、ミッドウィーク開催で運動量も非常に多かったので仕方ないか。

◆ハノーファー 4-1 ニュルンベルク・・・ニュルンベルクは最初の失点こそ崩されたとも言えるが(ショートカウンターなのでビルドアップ時のミスだけど)、その後はディフェンダーのイージーミスの連発からの失点だった。攻撃の形の作れないままここまで来てしまったツケが出ている。特にビルドアップ時にボランチが機能していないため最終ラインでプレッシャーを受け、そこで奪われて失点という形だった。
ビルドアップ時に清武が下がって受けるという手もあるが、前線で崩せる選手も見当たらず、ますますセットプレイ頼みになりそう。ただ現状は清武も中途半端。リードされている場面で攻撃時にペナルティエリアに入るシーンが少なすぎる。前にいてもボールが来ない状況が辛いのは分かるが・・・。

◆シュツットガルト 0-3 ホッフェンハイム・・・開始早々、宇佐美の良いディフェンスからボールを奪い、宇佐美の見事な個人技でホッフェンハイムが先制。シュツットガルトは後半も立ち上がりに失点し、あとはグダグダ。ハルニクが出場停止で攻撃は機能せず。
岡崎は負傷もあって前半途中で交代。見せ場なし。高徳も宇佐美を止められず、良いところもほとんどなかった。ホッフェンハイムは開幕当初の守備の不安が払しょくされた感じ。ただ相手が酷かっただけかもしれず、評価はもう少し見てからか。宇佐美は1戦ごとに充実してきた。ゴールは見事だったし、その後も相手を危機に陥れるプレイをしていた。それだけに負傷による交代は残念。満足することなくより上を貪欲に目指していけるかどうかが課題だ。

kicker誌の評価:宇佐美2.0、乾2.5、清武3.5、内田3.5、細貝3.5、岡崎4.5、酒井高4.5(1~6までで少ないほど高評価)

★プレミアリーグ(第5節)

◆チェルシー 1-0 ストーク・・・マタ、オスカル、アザールを先発で起用したチェルシーだが、開幕当初の連動性は影を潜めた。オスカルは調子を上げてきたが、アザールは疲れ気味なのか精彩を欠いた。引き分けでもおかしくなかった試合だが終了間際にA・コールが決めて首位の座を守った。

◆サウサンプトン 4-1 アストン・ヴィラ・・・サウサンプトンは前節の大敗の影響か前半はピリッとしない内容。先制を許し初勝利は遠のくかと思ったが、後半の選手交代が機能して立て続けに得点を奪い試合を決めた。
アストン・ヴィラの攻撃は単発で、吉田の守備力を試されるシーンは特になかった。ビルドアップでもアーセナル戦ほどボールを触る機会がなくて、見せ場はほとんどなし。ディフェンダーが目立たないのはチームにとっては悪くない。

◆リヴァプール 1-2 マンU・・・サッカーでは強さと面白さは無関係。この日ホームで魅力的なサッカーをしていたチームはバカげたファールで勝ち点を失った。マンUファンを除くサッカーファンにとってがっかりな試合だった。
香川の移籍の是非をわずか数試合で語っても仕方ないのだけれど、少なくともここまでは試合ごとに失敗だったという感が強くなっている。チームを変えるために移籍したはずなのに、変わる気配がなくなってきているしね。時間が解決するのかどうかは神のみぞ知ることだけど。

◆マンC 1-1 アーセナル・・・マンCは1-0で勝たねばならない試合だった。ここまでクリーンシートがなく、レアル戦では2度勝ち越しながら最後は逆転負け。これを払しょくするには好調のアーセナルを封じたかった。負けてはいないものの、もうしばらく引きずりそうな印象だ。
アーセナルにとっては価値あるドローだろう。次節のチェルシー戦も楽しみだ。

★セリエA(第4節)

◆ユヴェントス 2-0 キエーヴォ・・・ドルトムントも負けたしユーヴェも波乱あるかなと思ったけど相変わらずの安定ぶり。ピルロを休ませ、前半はスコアレスだったが、クアリアレッラの2得点で余裕の勝利。セリエAでは抜けた強さを感じるなあ。

◆インテル 0-2 シエーナ・・・ミラノで勝てないインテルとミラン。なかなか得点できず疲れてきた頃に失点するという昨期よくあったパターンに。ターンオーバーがあったので疲労があったとも思わないのだが全体に精彩を欠いた印象。サネッティを休ませたからってわけでもないだろうに。
長友は右サイド。良くも悪くも目立たず。やはり左の方が自信を持ってプレイしているように見える。3-4-3に変えるという話も出ているようだが、それで勝てるというほど簡単な話には思えないのだが。

★セリエA(第5節)

◆フィオレンティーナ 0-0 ユヴェントス・・・ユヴェントスの開幕からの連勝を止めたのはフィオレンティーナだった。試合内容は最初から最後までフィオレンティーナが優勢。守備でも高い集中力を発揮し危険なシーンはほとんどなかった。
ターンオーバーを使いながら連戦を凌ごうとしているユヴェントスだが精彩を欠く試合となった。それでも負けないことが強さの証。フィオレンティーナも惜しいFKを除くと決定機に欠けたのが残念。

◆キエーヴォ 0-2 インテル・・・インテルはホームとアウェイで全く違うチームのように見えてしまう。良い時間に得点できたこともあるが、ほとんど危ないシーンもなく敵地で完勝した。キエーヴォはどういう戦いを目指したのかもうひとつ見えずじまい。
長友は先制点に絡んだことは評価できるが、正直MFでは怖さを感じない。ゴールに向かって直線的なのは長所でもあるのだが、アイディアに乏しく面白みに欠ける。以前よりは改善しているけれど・・・。

★エールディヴィジ(第6節)

◆RKC 1-1 VVV・・・大津は1-1の74分から投入され、得点には絡めず。悪くはなかったが、先発だと守備とかどうなんだろうって感じも。少ないチャンスでも結果を残さないと。カレンもいるし^^;

★Jリーグ(第26節)

◆セレッソ 3-2 エスパルス・・・セレッソはホームで押していただけにどうしても勝ちたい試合だった。終了間際にシンプリシオのゴールで勝利し、今年のベストゲームと呼べる内容となった。残り試合、このような攻撃を続けて欲しいものだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012.09.27 つぶやきし言の葉

2012年09月28日 02時19分05秒 | Twitter


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012.09.26 つぶやきし言の葉

2012年09月27日 02時19分04秒 | Twitter


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アニメ感想:『人類は衰退しました』

2012年09月26日 21時13分54秒 | アニメ・コミック・ゲーム
原作は1巻のみ既読だったので、置いてきぼりにされるということはなかったが、万人受けする作品ではなかったろう。固定ファンに向けて作られ、固定ファンにさえ支持されればそれで構わないといった姿勢があったと言っても過言ではない。エンターテイメントとしては評価できないが、多数のテレビアニメが放映される中での差別化としては間違いではない。そもそも原作のテイスト自体が万人受けするものではないので、こういう作り方以外に手がなかったとも思われる。

全話見続けるほどには面白く感じた。放送を心待ちにするほどではなかったが。ストーリー性が希薄で、エピソード主体という構成は「空気系」の範疇と言えるだろう。ただ毒の濃さは不似合とも言えるけれど。

おおよそ時間軸を逆行するシリーズ構成はテレビアニメで稀に使われる手法だ(逆行ではなくランダムという場合もあり)。これにより、1話2話(多くが2話で1エピソード)は視聴者にとってかなり辛いものになってしまった。そこを乗り越えた先はこの演出は成功と言えただろう。

人類が衰退した世界の雰囲気、空気を味わうことこそがこの作品のテーマとも言えるだけに、それを醸し出すことには成功していたのではないか。ちょっと他では味わえないアニメであったことは間違いない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012.09.25 つぶやきし言の葉

2012年09月26日 02時19分05秒 | Twitter


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アニメ・秋の新番組2012【関西編】 #anime

2012年09月25日 22時23分50秒 | アニメ・コミック・ゲーム
10月からAT-Xが大規模な改編を行い、初回放送が夜、以降の再放送が異なる日の朝→深夜→夕方となる。(これまでは初回が朝で同日の夜、3、4日後の夕方、同日深夜だった。)この影響がどうなるかは分からないが、録画中心だった私にとってはちょっと使いづらく感じる。

また、朝日放送で深夜アニメ枠「水曜アニメ<水もん>」がスタートする。読売テレビの「MANPA」、毎日放送の「アニメシャワー」「アニメイズム」、関西テレビのフジ・ノイタミナ枠に続き、主要四波で深夜アニメ枠ができたことになる(毎日放送は月曜深夜にもアニメ枠がある)。

10月以降の各枠は、

[MBS]
月26:20 さくら荘のペットな彼女
月26:50 ひだまりスケッチ×ハニカム

木25:30 K
木26:00 絶園のテンペスト
木26:30 武装神姫

土25:58 ジョジョの奇妙な冒険
土26:28 リトルバスターズ!
土26:58 CODE:BREAKER
土27:28 ソードアート・オンライン

[ABC]
水26:18 俺の妹がこんなに可愛いわけがない TRUE ROUTEスペシャル版
水26:48 新世界より

[関西テレビ]
火25:58 PHYCHO-PASS
火26:28 ROBOTICS;NOTES

[読売テレビ]
月 緋色の欠片 第二章
月 ぬらりひょんの孫~千年魔京~(ベストセレクション)
月 HUNTER×HUNTER

となる。

今季の特徴は、少女マンガ原作が3本とやや多い他はバランスが取れている印象。

随時更新予定。




9/9(日)
新世界より [CSテレ朝チャンネル]24:30


10/1(月)
緋色の欠片 第二章 [読売テレビ]25:58


10/2(火)
超速変形ジャイロゼッター [テレビ大阪]18:00

神様はじめました [AT-X]22:30

となりの怪物くん [テレビ大阪]26:10


10/3(水)
獣旋バトル モンスーノ [テレビ大阪]18:00

緋色の欠片 第二章 [キッズステーション]24:30

中二病でも恋がしたい! [サンテレビ]24:35

中二病でも恋がしたい! [KBS京都]25:00

えびてん 公立海老栖川高校天悶部 [サンテレビ]26:05

俺の妹がこんなに可愛いわけがない TRUE ROUTEスペシャル版 [ABC]26:18

新世界より [ABC]26:48


10/4(木)
銀魂 [テレビ大阪]18:00

中二病でも恋がしたい! [アニマックス]22:00

K [MBS]25:30

絶園のテンペスト [MBS]26:00


10/5(金)
BTOOOM! [AT-X]22:30

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ [AT-X]23:00

BTOOOM! [サンテレビ]26:15

神様はじめました [テレビ大阪]26:40

えびてん 公立海老栖川高校天悶部 [BS11]27:00


10/6(土)
バクマン。3 [Eテレ]17:30

中二病でも恋がしたい! [BSアニマックス]22:00

ジョジョの奇妙な冒険 [MBS]25:58

リトルバスターズ! [MBS]26:28

CODE:BREAKER [MBS]26:58


10/7(日)
クロスファイト ビーダマンeS [テレビ大阪]8:45

マギ [MBS]17:00

遊☆戯☆王 ZEXAL II [テレビ大阪]17:30

リトルバスターズ! [AT-X]20:00

BTOOOM! [KBS京都]24:00

中二病でも恋がしたい! [BS11]24:00

好きっていいなよ。 [サンテレビ]24:30

ToLOVEる-とらぶる-ダークネス [BS11]24:30


10/8(月)
アイカツ! [テレビ大阪]19:30

イクシオン サーガ DT [AT-X]20:30

えびてん 公立海老栖川高校天悶部 [AT-X]23:30

ToLOVEる-とらぶる-ダークネス [サンテレビ]24:35

好きっていいなよ。 [KBS京都]25:00

さくら荘のペットな彼女 [MBS]26:20

ひだまりスケッチ×ハニカム [MBS]26:50


10/9(火)
ToLOVEる-とらぶる-ダークネス [AT-X]23:00

となりの怪物くん [AT-X]23:30

CODE:BREAKER [BS11]24:00

ヨルムンガンド PERFECT ORDER [サンテレビ]24:35

ヨルムンガンド PERFECT ORDER [KBS京都]25:00

ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU [テレビ大阪]25:35


10/10(水)
ヨルムンガンド PERFECT ORDER [BS11]24:00

ガールズ&パンツァー [テレビ大阪]26:35


10/11(木)
ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU [AT-X]21:30

好きっていいなよ。 [AT-X]22:00

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ [BS11]24:00

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ [サンテレビ]24:35

武装神姫 [MBS]26:30


10/12(金)
さくら荘のペットな彼女 [アニマックス]22:00

ヨルムンガンド PERFECT ORDER [AT-X]23:30

好きっていいなよ。 [BS11]23:30

ジョジョの奇妙な冒険 [BS11]24:00

リトルバスターズ! [BS11]24:30

めだかボックス アブノーマル [テレビ大阪]26:10


10/13(土)
アイカツ! [BSジャパン]13:30

遊☆戯☆王 ZEXAL II [BSジャパン]17:30

K [AT-X]20:30

さくら荘のペットな彼女 [BSアニマックス]22:30

ガールズ&パンツァー [BS11]23:00

俺の妹がこんなに可愛いわけがない TRUE ROUTEスペシャル版 [BS11]23:30

K [BS11]24:00

絶園のテンペスト [BS-TBS]24:30

イクシオン サーガ DT [テレビ大阪]26:25

BTOOOM! [BS11]27:00


10/16(火)
PHYCHO-PASS [関西テレビ]25:58

ROBOTICS;NOTES [関西テレビ]26:28


10/17(水)
ガールズ&パンツァー [AT-X]21:00


10/18(木)
めだかボックス アブノーマル [AT-X]20:30

10/19(金)
絶園のテンペスト [キッズステーション]24:00


10/20(土)
ひだまりスケッチ×ハニカム [BS-TBS]25:00

武装神姫 [BS-TBS]25:30


10/21(日)
クロスファイト ビーダマンeS [AT-X]18:45


10/22(月)
アイカツ! [AT-X]23:00


10/24(水)
超速変形ジャイロゼッター [AT-X]23:00


10/27(土)
獣旋バトル モンスーノ [AT-X]19:00



★未定
ライチDE光クラブ
蒼い世界の中心で

★配信先行
生徒会の一存




BTOOOM!

○公式サイト
http://www.btooom.com/index.html

○放送スケジュール
[AT-X] 金22:30 (10/5)
[サンテレビ] 金26:15 (10/5)
[KBS京都] 日24:00 (10/7)
[BS11] 土27:00 (10/13)

○原作
コミック/井上淳哉「月刊コミック@バンチ」新潮社

○スタッフ
■監督:渡邉こと乃
■脚本:黒田洋介
■キャラクターデザイン:岸田隆宏
■音楽:井内啓二
■アニメーション制作:マッドハウス

○キャスト
◇坂本竜太:本郷奏多
◇ヒミコ:三森すずこ
◇平清:大川透
◇吉良康介:沢城みゆき
◇織田信隆:中村悠一
◇鷹嘴:高橋名人

○主題歌
◆OP:「No pain, No game」ナノ
◆ED:「アオゾラ」May'n

○Twitter
@BTOOOM_anime

○コメント
爆弾を駆使するオンラインゲームのプレイヤーが突然リアルなゲームを強いられる。最速はTOKYO MXで、AT-X、サンテレビは1日遅れ。




CODE:BREAKER

○公式サイト
http://www.code-breaker.jp/

○放送スケジュール
[MBS] 土26:58 (10/6)
[BS11] 火24:00 (10/9)

○原作
コミック/上条明峰「週刊少年マガジン」講談社

○スタッフ
■監督・シリーズ構成:入江泰浩
■キャラクターデザイン・総作画監督:秋谷有紀恵
■副監督:迫井政行
■セットデザイン・美術作画監督:菱沼由典
■美術監督:西俊樹
■色彩設計:岩沢れい子
■編集:定松剛
■撮影監督:出水田和人
■CGプロデューサー:井野元英二
■音響監督:若林和弘
■音楽:服部隆之
■音楽制作:ランティス
■アニメーション制作:キネマシトラス
■製作:CODE:BREAKER製作委員会

○キャスト
◇大神零:岡本信彦
◇桜小路桜:日笠陽子
◇刻:鈴村健一
◇平家将臣:木村昴
◇天宝院遊騎:豊永利行
◇八王子泪:斎賀みつき
◇人見:三木眞一郎
◇雪比奈:津田健次郎
◇藤原寧々音:ゆかな
◇藤原総理:中田譲治
◇神田:甲斐田裕子
◇あおば:仙台エリ
◇桜小路剛徳:辻谷耕史
◇桜小路ゆき:氷上恭子

○主題歌
◆OP:「DARK SHAME」GRANRODEO
◆ED:「シロイカラス」鈴村健一

○Twitter
@anime_CB

○コメント
「異能」を用いて悪を裁く「コード:ブレイカー」たちの戦いを描いた少年マンガのアニメ化。MBSが最速放送となる。




K

○公式サイト
http://k-project.jpn.com/

○放送スケジュール
[MBS] 木25:30 (10/4)
[AT-X] 土20:30 (10/13)
[BS-TBS] 土24:00 (10/13)

○原作
オリジナル

○スタッフ
■監督・キャラクターデザイン:鈴木信吾
■シリーズ構成:GoRA
■シリーズディレクター:金澤洪充,工藤進
■総作画監督:古田誠
■メカデザイナー:大久保宏
■プロップデザイナー:岸田隆宏
■メインアニメーター:内田孝行,中井準,大久保宏,井元一彰
■美術監督:野村正信
■色彩設定:斉藤友子
■撮影監督:福士亨,大泉鉱
■CGIディレクター:長嶺義則
■編集:丹彩子
■音響監督:高橋秀雄,田中亮
■音響効果:田中秀実
■音響制作:ドリーム・フォース
■音楽:遠藤幹雄
■音楽制作:スターチャイルドレコード
■アニメーションプロデューサー:岸本鈴吾
■アニメーション制作:GoHands
■製作:k-project

○キャスト
◇伊佐那社:浪川大輔
◇夜刀神狗朗:小野大輔
◇ネコ:小松未可子
◇周防尊:津田健次郎
◇宗像礼司:杉田智和
◇櫛名アンナ:堀江由衣
◇草薙出雲:櫻井孝宏
◇八田美咲:福山潤
◇鎌本力夫:中村悠一
◇淡島世理:沢城みゆき
◇伏見猿比古:宮野真守
◇雪染菊理:佐藤聡美
◇十束多々良:梶裕貴
◇アドルフ・K・ヴァイスマン:柿原徹也
◇國常路大覚:飯塚昭三

○主題歌
◆OP:「KINGS」angela
◆ED:「冷たい部屋、一人」小松未可子

○Twitter
@anime_k11

○コメント
現実と異なる現代日本が舞台の異能者バトルアニメ。最速はMBS。




PHYCHO-PASS

○公式サイト
http://psycho-pass.com/

○放送スケジュール
[関西テレビ] 火25:58 (10/16)

○原作
オリジナル

○スタッフ
■総監督:本広克行
■監督:塩谷直義
■ストーリー原案:虚淵玄(ニトロプラス)
■脚本:虚淵玄(ニトロプラス),深見真,高羽彩
■キャラクター原案:天野明
■キャラクターデザイン・総作画監督:浅野恭司
■ドミネーターデザイン:石渡マコト(ポリゴン番長)
■色彩設計:上野詠美子
■美術監督:衛藤功二
■3D監督:佐藤敦
■撮影監督:荒井栄児
■編集:村上義典
■音楽:菅野祐悟
■音響監督:岩浪美和
■アニメーション制作:Production I.G
■制作:サイコパス製作委員会

○キャスト
◇狡噛慎也:関智一
◇常守朱:花澤香菜
◇宜野座伸元:野島健児
◇征陸智己:有本欽隆
◇縢秀星:石田彰
◇六合塚弥生:伊藤静
◇唐之杜志恩:沢城みゆき
◇槙島聖護:櫻井孝宏

○主題歌
◆OP:「abnormalize」凛として時雨
◆ED:「名前のない怪物」EGOIST

○Twitter
@psychopass_tv

○コメント
ノイタミナ枠。近未来の警察機構の物語。




ROBOTICS;NOTES

○公式サイト
http://roboticsnotes.tv/

○放送スケジュール
[関西テレビ] 火26:28 (10/16)

○原作
ゲーム/5pb.

○スタッフ
■監督:野村和也
■シナリオ監修:松原達也,林直孝
■シリーズ構成:花田十輝
■キャラクター原案:福田知則
■メカデザイン原案:石渡マコト(ポリゴン番長)
■アニメキャラクターデザイン:久保田誓
■キーアニメーター:高橋英樹
■プロップデザイン:竹中真吾
■メカニックデザイン:胡拓磨
■美術監督・美術設定:立田一郎
■色彩設計:田中美穂
■撮影監督:小西庸平
■編集:植松淳一
■音響監督:若林和弘
■音楽:阿保剛,林ゆうき
■アニメーション制作:プロダクション I.G
■製作:チュウタネロボ部

○キャスト
◇八汐海翔:木村良平
◇瀬乃宮あき穂:南條愛乃
◇愛理:釘宮理恵
◇神代フラウ:名塚佳織
◇日高昴:細谷佳正
◇大徳淳和:徳井青空
◇伊禮瑞榎:本田貴子
◇長深田充彦:上田燿司
◇天王寺綯:山本彩乃
◇瀬乃宮みさ希:井上喜久子
◇澤田敏行:三木眞一郎
◇君島コウ:森川智之

○主題歌
◆OP:「純情スペクトラ」Zwei
◆ED:「海風のブレイブ」fumika

○Twitter
@robotics_notes

○コメント
ノイタミナ枠。『CHAOS;HEAD』、『STEINS;GATE』に続く、5pb.とニトロプラスのコラボレーション企画「科学アドベンチャーシリーズ」の第3弾。




ToLOVEる-とらぶる-ダークネス

○公式サイト
http://www.j-toloveru.com/

○放送スケジュール
[BS11] 日24:30 (10/7)
[サンテレビ] 月24:35 (10/8)
[AT-X] 火23:00 (10/9)

○原作
コミック/作画:矢吹健太朗,脚本:長谷見沙貴「ジャンプスクエア」集英社

○スタッフ
■監督・シリーズ構成:大槻敦史
■キャラクターデザイン:岡勇一
■音響監督:明田川仁
■音楽:渡辺剛
■アニメーション制作:XEBEC
■製作:とらぶるダークネス製作委員会

○キャスト
◇モモ・べリア・デビルーク:豊崎愛生
◇金色の闇:福圓美里
◇黒咲芽亜:井口裕香
◇結城リト:渡辺明乃
◇ララ・サタリン・デビルーク:戸松遥
◇西連寺春菜:矢作紗友里
◇ナナ・アスタ・デビルーク:伊藤かな恵
◇結城美柑:花澤香菜
◇古手川唯:名塚佳織
◇籾岡里紗&セリーヌ:柚木涼香
◇ペケ:新井里美
◇お静:能登麻美子

○主題歌
◆OP:「楽園PROJECT」Ray
◆ED:「ファールプレーにくらり」分島花音

○Twitter
@toloveru_com

○コメント
スピンオフ・続編にあたる作品で、アニメ化は3期に相当する。最速はTOKYO MXで、BS11が2日遅れ、サンテレビは3日遅れとなる。




アイカツ!

○公式サイト
http://www.aikatsu.net/

○放送スケジュール
[テレビ大阪] 月19:30 (10/8)
[BSジャパン] 土13:30 (10/13)
[AT-X] 月23:00 (10/22)

○原作
オリジナル

○スタッフ
■企画・原作:サンライズ
■原案:バンダイ
■監督:木村隆一
■シリーズ構成:加藤陽一
■キャラクターデザイン:やぐちひろこ
■スーパーバイザー:水島精二
■美術監督:大貫雄司
■色彩設計:大塚眞純
■CGディレクター:谷口顕也
■撮影監督:宮川淳子
■編集:笠原義宏
■音響監督:菊田浩巳
■音楽:MONACA
■制作:サンライズ

○キャスト
◇星宮いちご:諸星すみれ
◇霧矢あおい:田所あずさ
◇紫吹蘭:大橋彩香
◇神崎美月:寿美菜子
◇星宮りんご:能登麻美子
◇星宮らいち:瀬戸麻沙美
◇光石織姫:松谷彼哉
◇ジョニー別府:保村真

○主題歌
◆OP:「Signalize!」わか、ふうり、すなお、りすこ
◆ED:「カレンダーガール」わか、ふうり、すなお

○Twitter

○コメント
中学生の少女がアイドル養成の名門校に入ってアイドル活動に励むスポ根サクセスストーリー。




蒼い世界の中心で

○公式サイト
http://aoisekai.net/anime.html

○放送スケジュール

○原作
コミック/作画:クリムゾン,原作アナスタシア・シェスタコワ「レッドロード」

○スタッフ
■製作総指揮:クリムゾン
■監督:柳沢テツヤ
■脚本:クリムゾン,扶桑高雄
■キャラクターデザイン:藤井まき,神田岳
■総作画監督:藤井まき
■プロップデザイン:宮豊
■美術監督:海津利子
■色彩設計:鈴城るみ子
■撮影監督:笠井亮平
■編集:櫻井崇
■音響監督:辻谷耕史
■音響制作:ダックスプロダクション
■音楽:岸本友彦
■アニメーション制作:フィフスアベニュー
■プロデュース:エスウッド
■協力:マイクロマガジン社,マンガごっちゃ編集部
■製作:teamクリムゾン

○キャスト
◇ギア:岡本信彦
◇ネル:三森すずこ
◇テジロフ:下野紘
◇ティル:内山昂輝
◇オパール:橘田いずみ
◇ラムセス:門田幸子
◇マルクス:斧アツシ
◇ゼリグ:子安武人

○主題歌
◆OP:「retrospective world」ギア(岡本信彦)&テジロフ(下野紘)

◆ED:「0と1の花」オパール(橘田いずみ)&ネル(三森すずこ)

○Twitter

○コメント
最も危険なWEBコミックといわれるファンタジーのアニメ化。TOKYO MXで、第1話が10/20、2話と3話が来春放映予定となっている。




イクシオン サーガ DT

○公式サイト
テレビアニメ「イクシオン サーガ DT」スペシャルサイト

○放送スケジュール
[AT-X] 月20:30 (10/8)
[テレビ大阪] 土26:25 (10/13)

○原作
オリジナル

○スタッフ
■監督:高松信司
■シリーズ構成・脚本:大和屋暁
■キャラクターデザイン・総作画監督:竹内進二
■プロップ・メカデザイン:小川浩
■美術監督:小濱俊裕(美峰)
■美術設定:青木薫(美峰)
■色彩設計:歌川律子
■制作:ブレインズ・ベース
■音楽:藤田淳平(Elements Garden),藤間仁(Elements Garden)

○キャスト
◇火風紺:江口拓也
◇エレクパイル・デュカキス:神谷浩史
◇セングレン:中井和哉
◇マリアンデール:福山潤
◇エカルラート姫:三上枝織
◇ペット:細谷佳正
◇バリアシオン:梶裕貴
◇レオン:杉田智和
◇ギュスターヴ:鈴村健一
◇KT:斎賀みつき
◇アルマフローラ(謎の女):新谷良子
◇ジャグラバーク卿:遊佐浩二

○主題歌
◆OP:「」ゴールデン・イクシオン・ボンバーDT

○Twitter
@IXION_SAGA_DT

○コメント
カプコン原作の異世界ファンタジー。最速はテレビ東京で、AT-Xは1日遅れ、テレビ大阪は6日遅れ。




えびてん 公立海老栖川高校天悶部

○公式サイト
http://ebiten.jp/

○放送スケジュール
[サンテレビ] 水26:05 (10/3)
[BS11] 金27:00 (10/5)
[AT-X] 月23:30 (10/8)

○原作
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012.09.24 つぶやきし言の葉

2012年09月25日 02時18分34秒 | Twitter


コメント
この記事をはてなブックマークに追加